三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日、やっと感想を書けました。それでも、まだ読んでいない本が部屋にはたくさん。その状態にもかかわらず、鋼殻のレギオスを買ってきたのは私。さて、今年中に読み終わるかな。

・タユタマ -Kiss on my Deity-
 ・・・美冬は?
 何か、オウリュウとの決着がついてしまいましたね。狡猾な彼がこの程度で死んだとは思えませんが。ユーリとアメリの関係もすっきりとしてませんし。ユーリのほうはともかく、アメリの感情に区切りがついてませんからね。まだ、オウリュウがアメリを利用する気がしてならない。
 それにしても、鵺も賢いな。美冬が使いこなせないノートパソコンを使うどころか、自分なりに応用をかけて、タユタユの場所まで示せるようにするとは。あの中で、一番順応率が高いんじゃないだろうか。子供だからか。
 で、美冬は?

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 くろがね屋のメンツの人間離れっぷりに笑うしかない。というか、バスの前の部分だけで走れるのは不思議。
 なんというか、機械獣との戦闘があまりにもばっさり切られていてちょっと消化不良です。私が見たいのはマジンガーZVS機械獣なんですが。次回に期待かな。甲児1人ではどうしようもない状況になってますし。同時に複数の拠点を攻撃されたら、マジンガーZだけでは対処できませんからね。マジンガーチームが結成されるかどうかの分かれ目か。
 それにしても、暗黒時もすっかり馴染んでしまってるな。

・神曲奏界ポリフォニカ CrimsonS
 嘆きの異邦人の目的が発覚か。世界の再創造。・・・世界の滅亡並みに性質が悪くて、ありがちやのう。
 フォロン達の周りでは全体的に動きのない話でしたね。嘆きの異邦人は四大楽器をそろえて、いざ行動開始ですが、フォロン達は学院長からの要請を受け、さらに、嘆きの異邦人の目的を聞く。動きといえば、これくらいですね。相手方も楽器を揃えただけですし。ただ、細かいところで伏線めいたことがチラホラ。ついでに、ペルセの恋が前途多難のようで。フォロンとコーティの間の見えない絆に焦ってますし。すっかり、入る隙間がない。
 しかし、学院長も本当に性格が悪いな。しかも、はっきり言って、あっさりと認めるから、余計に性質が悪い。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 どうでもいいことではなかったか。エドがアルに聞けなかった事は、鎧姿になった弟が自分を恨んでいるかどうか、ということだから。
 アルの悩みもはっきりと口に出して吐き出したら、あっさりと解決しましたね。正確にはウィンリィにスパナで殴られながら、泣きながら説教されたせいですが。やはり、女性強い。エドもアルも言う事を聞くしかない。というか、整備ミスを謝ってないと、この人。
 来週はまさか・・・うわ、またきつい話か。

 さてとグローランサーグローランサー。でも、買ってきたレギオスも読みたいな。
スポンサーサイト
 感想を書こう書こうと思っていたら、すっかり後回しになっていたよ。そろそろ忘れそうだよ。

・とある魔術の禁書目録SS2,16,17
 SS2は、当麻がほとんど出てこない話。15巻よりかは出てきましたが、全体的に少なめ。代わりに、彼の周りにいる人々、彼と全く接点のない人々の物語が乱雑に組み合わさっていた感じですね。時系列で並べれば、当麻がインデックスと出会う前の物語から下手すると本編の先の物語までありましたね。幻想殺しや吸血殺しと似たような話もちらほら匂わせつつ、全体的な陰謀の話まで。やっぱり、アレイスターがよからぬ事をたくらんでいそうです。あとは、レベル5の新キャラが登場したくらいですかね。
 16巻では後方のアックア戦。当麻の話というよりも、天草式の話でしたね。長く断絶していた、神裂と天草式がアックア戦で1つになりました。このくだりは、何度読んでも泣きそうになりますね。無力感に苛まれている天草式が自分の考えの過ちに気づいた神裂の援護要請に応えるだけなんですが。どうも、こういう場面には弱いんですね。
 17巻は、後方のアックア戦の数日後。当麻が完全復活しているのが不思議ですが、いつものことなので、気にしないでおきましょう。舞台を英国に移して、チラホラと話に出てきた英国内部のお話ですね。ここでも、見事に厄介毎に巻き込まれるのが当麻。今まで出てきたゲストキャラ達とロンドンを駆け回ってました。そして、最後は戦乱の予兆とともに、後方のアックアことウィリアム=オルウェルの帰還。英国を揺るがす戦闘の幕開け。おいしいところを完全に持っていってますね。あと、神裂がすっかり噛ませ犬に。

・神代の島の魔法戦士
 久しぶりに読みました。今回は東の国のお話。古代の日本をモチーフにしていましたね。蛇の神様がヤマタノオロチのようだったり、三種の神器をモチーフにした武器でそれを打ち破ったり。まあ、そんな本編よりも気になったのは、リウイパンチが一度とはいえ、受け止められて、破られたことですけどね。ジーニですら防げず、暴れ狂う精霊すらをも殴り飛ばした彼のこぶしが受け止められたのには驚きました。2度目の勝負で倒しましたけど。あと、リウイが女性になったのには驚きだ。

・嵐の海の魔法戦士
 なんというか、結局、男は女に弱い、という話だった気がします。今回出てきた海の一族の後継者リッケは恋人には逆らえなさそうですね。実際、生涯奥さんに頭が上がらなかったそうですし。それでも、彼が航海で得た勇気は今後とも彼の力になったろう。臆病であるが、場の雰囲気に流されず、本当に大切なことを言える勇気を持っているわけですし。
 しかし、ある意味で水野良らしい、策謀があったな。あと、リウイは活躍は少ないはずなのに、印象に残ったな。
 おっと、大事なことを忘れていた。シヴィルの旅の仲間の暗黒神の司祭エメルの挿絵があったけど、えらくエロく思えたのは私だけか。これは、実に良い。

 漫画も小説もまた買い込んでいるけど、ちゃんと読んでいるのはこれだけなので、これで。
 来週のために頑張っただけですが。来週も来週でやる事が出てきそうですけどね。
 まあ、なんと言うか、ユニットバスのカビがなかなか落とせないことを除けば、ユニットバスの掃除がすみました。掃除を忘れていて、水垢塗れになっているところを綺麗にする方法を考えないといけませんが。とはいえ、髪の毛が詰まって、体を洗っていると排水溝の蓋が浮き上がってくる現象がなくなったのはありがたい。ついでに、電球が切れたので交換も出来たし。東芝製がパナソニック製に変わるのは致し方ないこと。

・ハヤテのごとく!!
 おかしいなあ、見たはずなのにイマイチ覚えていない。ヒナギクが歩いている場面は鮮明に思い出せるのですが。
 前半と後半で別々のお話。前半は以前登場したシスターとワタルとの話。後半は桂先生が恋人を探すために社交会に参加する話。前半はそこそこいい話なのに、後半は完全にコメディ。生徒会の3人娘が久しぶりに登場したくらいですか。それとクラウス。
 で、何でまたマリアさんが恋人がいない事を気にしているんでしょうか。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 この世界、サッカーがあったんだ。でも、ゴールを動かして敵のボールを防ぐのはありなんでしょうか。
 今回は格闘家の夫婦喧嘩に巻き込まれるお話。それ以上、書きようがないよ。詐欺師の暗躍もありましたが、お互いがサッカーをやりながら、本音でぶつかり合い、さらに詐欺師との戦いのおかげで、無事に仲直り。結果的に詐欺師はこの夫婦の喧嘩を終わらせてますね。当人は捕まりましたけど。やはり、悪い事は出来ないものです。
 で、バロン達は何をやっていたんでしょうね。

・Pandora Hearts
 やはり、オズをアビスに落とそうとした集団のリーダー(ギルがかばった奴)はオズの父親ではなかろうか。
 着実に登場人物が増えてきましたね。前回登場した少女はギルの家の使用人のようですし。さらにはその家の当主まで出てきた様子。誰しもオズとアリスの力に興味があるようで。チェインですら、アヴィスの意思を念頭にアリスを食べたがってましたし。人間からもチェインからも、モテモテですね。オズとアリスのコンビは。
 オズはアリスを制御できるのだろうか、と思っていたら、予告であっさりと制御していることが発覚。もう少し、楽しませてよ。

・バスカッシュ!
 アイドルグループが本編にやっと参戦。しかも、バスカッシュにまで参戦。
 というわけで、OPにしか登場していなかったアイドルグループが登場しましたね。しかも、1人はバスカッシュ参戦に注目を浴びせるために、ダンにキスまでして、わざとスキャンダルを起こしていたりもしましたが。そんな彼女もダンの優しさにちょっと見直していそうですけど。ダンをめぐる色恋沙汰は、進まなさそう。アイスマンに惚れているリーダーの恋路のほうが気になりますね。
 試合結果は引き分け。とはいえ、ダン達はともかくアイドルグループには負けと同じようで。彼女たちがこのために集められた、というのはどういうことだろうか。

・戦国BASARA
 家康、謙信に引き続いて信玄まで。九州も信長に押さえられたし。どうなる、この戦国の世は。
 怒涛の急展開とはこのことか。OP前に九州が壊滅。OP直後に家康が光秀に討たれ、さらに謙信の下には濃姫と蘭丸が刺客として登場。謙信を護ろうとしたかずがをかばったが故に、謙信は命を落とす。信玄もまた民を護ろうとする信念を利用され、光秀に討たれる。信長軍の手段を選ばぬ戦法に東国の連合は壊滅しつつありますね。残りは政宗だけか。
 というか、本当にメインは幸村と政宗なんだな。家康はともかく、信玄や謙信まであっさりと死なせるとは。

・黒神 The Animation
 ・・・何か、予想通りだったんですが。
 レイシンの目的はクロを救うこと。母親を殺したのは霊石の封印が絡んでいたからこそ。母親も望んでいたことですし。ヤクモもは遅れてきたから、重要な部分を知れなかっただけですね。やっぱり、クロが真神の生まれ変わりかよ。
 そして、今回はレイシンの回想がメインでしたね。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 何で、エレンなんだろう。まあ、ツヴァイの言ったとおり、特に意味はないのだろう。
 アインとツヴァイの逃避行。・・・逃避行でしたね。なんだろう、話は覚えているし。パスポートを破り捨てる場面とか、トイレでごろつきを殴り飛ばす場面とか覚えているのに、書きようがないな。
 自分自身を確立できないアインに対して、名前を与えることで、新しい自分を確立させようとしたツヴァイ。新しい名前を手に入れ、新しい生活が始まるかと思いましたが、そうも行かず。アインはサイスに、ツヴァイはクロウディアに捕まりましたね。そして、ツヴァイはアインを取り戻すためにサイスを殺すことに。それは、アインと戦うことになる。彼に彼女が倒せるのだろうか。

・けいおん!
 梓の登場によりOPにも変化がありましたね。要所要所で梓が入ってます。いない部分も多々ありますが。音楽の方も変わったようですが、あいにく、私にはわかりませんでした。まあ、OPの演奏場面で、澪だけ離れているのが、今見ると違和感がありますね。
 新入生の登場ですが、彼女はなかなか軽音部ののんびりした雰囲気になじめないようで。危うく、別のバンドに参加するところでしたが、新歓の時に生まれた気持ちを無視できずに、何とか戻ってきましたね。そりゃ、音楽が好きなで、練習がしたいのに、毎日お茶して雑談しているだけだったら、辞めたくもなりますね。澪だけじゃないか、練習しようとしていたのは。まあ、みんな、家で練習しているのでしょうけど。
 結局、無事に戻ってきましたけどね。澪と同じようにいじられるポジションですが。いきなり顧問からは猫耳を渡されますし。その猫耳をつけたのをリツに見られて、必死に言い訳する澪には萌えますけどね。

 私、この程度の文章を書くのに、何時間かかってんだか。
 なんか、DVDを読み込んでくれないのですが。録画用は読み込んでくれるんですけどね。自分で書き込んだものすら読み込めないとは。せっかく、Windows7の64bit版をダウンロードしたのに。

・蒼天航路
 感覚的には、おじいちゃんがおじいちゃんがぁ。
 チョウカクの死亡と黄巾の乱の終結。劉備はすっかり出番がありませんが、曹操にその名前を聞かせただけでも十分でしょう。孫堅の方も曹操の恐ろしさを目の当たりにし、漢王朝の状況を確認できただけで十分なんでしょうね。
 しかし、味方ごと焼き払って、敵の戦意を挫くとは。確かに、ここで食料を奪い返されていたら、漢は滅亡していた可能性があるよな。ここで全てを焼き払ったからこそ、乱は勢いを失ったわけだし。とはいえ、そこまでわかっていたからといって、味方ごと焼き払う曹操は凄いが。これが、曹操を悪人として描かれることが多い理由の1つか。
 それにしても、カコウトンは格好良かったな。自分が相手の指揮官の止めを刺したのに、あくまでチョウカクが倒した事にしていたんだから。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 強敵現るか。ガイウスよりかは与し易い気もしますけど。
 勝ち戦の連続だったゲイル族の初の敗北。アルサルは自分のミスだと、ひたすらに自分を責めていましたが、アロウンに殴られて正気を取り戻した模様。確かにアルサルが相手を甘く見ていた面もありますが、ゲイル族全体がそんな雰囲気でしたし。アルサル1人を責める人はいません。それにもかかわらず、自分を責め続けるのは傲慢というもの。彼1人で戦っているわけでもないのですから。
 ここからどう逆転するんだろう、と思っていましたが、その前にオクタヴィアさんがちょっとピンチですね。あと、やっぱあのアザラシ妖精は戦闘要員ですね。

・鋼殻のレギオス
 そりゃ、ニーナもいきなりマイアスに行っていたとか、よくわからない異空間にいたとかは、説明しようにも出来ないよな。
 ニーナは無事に帰還するものの、彼女がどこにいたのかが気になり、どこかぎこちない雰囲気。主にフェリですけど。どうも、レイフォンと一緒に楽しそうにしているニーナを見るのが嫌なようで。恋する乙女は大変ですね。当事者のレインフォンはもっと大変そうですが。そんなフェリはレイフォンを呼び出す人質として、都市対抗戦の直前に拉致されてしまいますし。ちょうどその頃リーリンとサヴァリスがツェルニに到着するし。主要人物が同じ場所に集まった事になるわけですね。リーリンが預かり物をレイフォンに渡したとき、何が変わるのかが楽しみです。それと、レイフォンをめぐる恋の話も。

・クイーンズブレイド
 ナナエル、やっている事は自分勝手なことばかりですけど、決して悪人になれない人ですね。しかも、意外と強かった。レイナを苦しめたあの3人を蹴散らしちゃいましたし。ついでに、巻き込まれるハチエルやレイナは結構大変かも。
 そういや、ナナエルの羽が左右で非対称なのはなぜ。

 もう3時か。寝よ。
 ただし、グローランサー(PSP)のですが。しかも、キャラメイクすら終わってませんが。ついでに、更新したのは5/27ですけどね。
 人事担当者が事業所で一番最後だったのは問題かもしれません。というわけで、今日は健康診断を受けてきました。血圧と視力が昨年より下がっていたことと身長と体重が変わらないまま、ということくらいしかわかりませんが。血液と尿の検査結果が気になりますね。

・戦場のヴァルキュリア
 セルベリア、やはりいいキャラです。
 さて、冒頭にも出てきたセルベリアですが、予想通りヴァルキュリア人の末裔でしたね。しかも、銃弾を剣で叩き落すという荒業まで見せてくれました。あんなのが敵じゃ勝てる気がしません。なんで、彼女が帝国についているのかはよくわかりませんが。王子と昔何かあったんでしょうか。自分の民族の遺跡を破壊されながらも、ついていくのはよほどのわけがあるんでしょうね。
 それにしても、ウェルキンは昔から変わらないんですね。美人に声をかけた理由が顔の骨格が気になるからだし。今でも、アリシアとファルディオが遺跡に埋まっていて、無事に帰ってきたのに、トカゲの育児方法を尋ねてるし。まあ、どんな状況でも自分のペースを貫けるのも才能ですけどね。

・宇宙をかける少女
 つつじに続いて、イモちゃんまで・・・。と思ってましたが、キャラ的につつじは生きていそうですね。イモちゃんは・・・。
 いろいろと分岐点になる話でしたね。軌道喫茶エニグマがネルヴァルの手の内にある事が明かされたり、月の評議会はネルヴァルが占拠したカークライトに直接攻撃を決定。実際に実行してますし。イモちゃんが自己を犠牲にした特攻を行わなければ、確実に壊滅していたでしょうし。高嶺さんはナミとの戦いの結果、元に戻りそう。
 その頃、ベンケイとつつじは無事に任務完了。というか、ベンケイはすっかり巻き込まれキャラになってますね。つつじに言いように使われ、やけくそで動いているだけの気がします。なんだかんだでいいコンビだと思いますけどね。現在、つつじは行方不明ですが、予告で見覚えのある服が見えたし、彼女は大丈夫でしょう。それにしても、彼女はぶっ飛びすぎである。
 いつき達の目的は秋葉を助けることとカークライトの内部の調査。第一の目的は果たしましたね。ほのかも地球には何とか降下できそうですし。つつじとベンケイのコンビも無事に回収。イモちゃんという犠牲はありましたが、今のところ、順調に事は進んでいるわけか。
 さて、秋葉はエニグマに今も残るメモを見る事が出来るのだろうか。

 まさかRC版が入っていたら、正式版がインストールできなかったとは。IE8は問題なく出来ていたから、全く気にしてなかったわ。
 来週にはいきなり崩壊しそうで怖いのですが。まあ、昨日今日と早く帰れるのは素晴らしい事です。おかげで、のんびりとアニメが見れます。そして、のんびりしすぎて、寝る時間は同じまま。

・シャングリ・ラ
 國子を逃がした少女たちすら皆殺しにするとは。だんだん、凄惨になってきたな。無残とはそういうことか。
 死刑が確定した國子を助けるために、他の囚人たちが一致団結して脱出用の気球を完成させる。もともと國子が逃げ出すために考えていた案を、國子を目の敵にしていたレイナまで一緒に、というか、率先して手伝っていたのが印象的でした。國子の言動を見て聞いて、考えが変わっていったんでしょうね。結末は悲しいものでしたが。これも、國子を最大限に利用するための礎というのか。
 それにしても、モモコさんを除く男性陣は役に立っていませんね。
 そして、日食の中でのミクニとの出会いが意味するものは。

・咲-Saki-
 PCが暴走しても、コードまで暴走して体には巻きつかないと思うんだ。
 決勝戦の前夜の話。話そのものに動きはありませんが、決勝戦での対戦相手に感情移入しやすくするための話でしたね。主に風越の。鶴賀は副将と大将が強敵であることを印象付けましたし、龍門淵は、1つだけコメディでしたね。というか、最強は一日中寝ていたというオチでした。決勝戦では小野ボイスの執事が必ず連れてきそうですけど。というか、執事=小野という方程式でも出来上がってしまったのだろうか。
 どこも弱くはないんだよな。最後に勝つのはどこだろうか。正直。咲達が必ず勝つ、とは思えないんですよね。

 ふむ、少しグローランサーをやるかな。
 ふと思ったので、64bit版をダウンロードしてみた。ダウンロードしつつ、だらだらしていたらこんな時間だよ。

・アスラクライン
 ナツメ、何人の女性と同居するつもりだ。
 まあ、本人は巻き込まれているだけですけどね。しかも、幽霊1人と悪魔2人ですし。普通の人間がいませんね。本人にとってははた迷惑きわまりなさそう。それだけ、頼りにされているんでしょうけど。
 というわけで、奏及び新キャラの金髪ツインテールが登場。うーん、萌えない。困った。たびたび話題に出る割に、第三生徒会の会長や科学部がメインにならないのはどうしたものか、と思いつつ見てましたね。今回は悪魔狩りを行う悪魔との戦いですか。しかも、新キャラのラックイーターの姉である可能性があるわけで。どうして、悪魔である彼女が悪魔を狩っているのか。さらに、アスラマキーナ、
いや、アスラクラインの登場。
 ん、マキーナではなくクラインとはどういうことだ。

・夏のあらし!
 ハジメとジュンの入れ替わる話か。また、階段から一緒に転げ落ちて戻って終わりだろうな、と思っていたら、マスターや探偵を巻き込んでややこしいことになったし。
 ハジメとジュンが逆になってましたけど、ある意味でいつもどおりでしたね。特に入れ替わったハジメ(姿はジュン)をトイレに行かせまいとする時のジュン(姿はハジメ)はまるでいつものハジメのようでした。それに比べて、ジュンの姿をしたハジメはいつものハジメでしたね。語尾が変な事になってたし。
 で、来週はどうなるんだ。
 あ、今週はDr.スランプアラレちゃんと・・・キン肉マンでしたね。

 プレイするかどうか難しいところ。頭が重いし。寝るべきか。
 精神的に落ち込む原因はアニメを見ていない事、と勝手に結論付けました。いや、先週はアニメをほとんど見れなかったら、週の後半にすごく落ち込んでさ。今週はちゃんとアニメを見ようと思ってね。

・神曲奏界ポリフォニカ CrimsonS
 フォロンに全てを告白して、泣く一歩手前だったコーティの顔にKOされそうになりました。いや、マジで、あれは可愛いって。
 まあ、その後は本来の大きくなったコーティが見れて満足です。ついでに本気モードの学院長の格好良さにも満足。って、話そのものよりもそんなところばかりに目がいってました。
 しかし、コーティが昔は敵側だったとは。まあ、そんな過去を受け入れたフォロンとの間に生まれた絆は、そう簡単には切れないだろう。その生まれた絆から生まれた神曲だからこそ、コーティを本来の姿に戻したのだろう。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 相変わらず、こんな話もあったなあ、というノリで見てます。
 今回は研究所潜入編。アルが戦った方は今後も何かと出番があったので覚えていましたが、エドが戦った方はすっかり忘れてました。そういや、兄弟だったんですね。すっかり忘れてました。そこにエンヴィーやラストが出て来ることも。忘れているからこそ、何かと楽しめるんですけどね。エドがスカーと同じ事をやった事とか。相手を壊す、という意味ではあれ以上の攻撃はないんですよね。生身の人間相手にやると洒落になりませんが。
 うーん、エドがアルに話せなかったことって何だったかな。結構、どうでもいい事だったと思うのだが。

 洗い物して、風呂入って、寝ますか。
 朝一に投票所に行ってやる、と思いながら、なかなか実行できません。投票開始時間よりも先に目覚めたのに、右手がしびれていて悶絶していたら二度寝してしまって、投票開始時間を過ぎていたというオチ。しかも、寝ぼけていたから、投票したい人を間違えていそうです。というか、最近、推薦ばかりで公認がないのはどうにかして欲しい。無所属名乗れば得票が増えるのかな。

・タユタマ -Kiss on my Deity-
 最近、美冬に萌える場面が少なくて困ります。ベッドの中で鳥に突っつかれている妹なんか見せられても、こっちは萌えないんだよ。風呂場のシーンがサービスシーンにすらなってないし。
 まあ、そんな鳥も奥さんと仲直りして、おしどり夫婦に戻ってましたけどね。鳳凰なのに鴛鴦という表現もどうかと思いますけど。途中からなんとなく思っていたのですが、本当にそのとおりだったとは。雄の方の怯え具合を見ていたら、まさか浮気か、と思っていたら、本当に浮気だったし。巻き込まれた方は不運だったとしか。
 残りは龍だけか。これが一番強敵のようだな。

・鋼殻のレギオス
 だんだんレイフォンとリーリンの物理的距離が近づいてきますね。次の都市戦はマイアスとツェルニのようですし。
 マイアスの方もツェルニの方も、それぞれがそれぞれに出来る事を行ったおかげで何とかなったようですね。サヴァリスは一時的とはいえリーリンを危険な目にあわせたので、危うく女王様に殺されかねない状況に陥りそうでしたが。リーリンが運良く自分の身を護れたので助かってますね。
 ニーナもリーリンのおかげで廃貴族を抑えられた上に、無事にツェルニにも戻ってこれましたし。レイフォンもカリアンに言われて何かに気づけたようですし。結果的に全部うまくいったのかな。
 ・・・要所要所に入るあの話。リーリンが祈った時に出てきた女性もいたよな。やっと2つの物語が交錯するのか。

・けいおん!
 新歓か。懐かしいなあ。
 軽音部にも新入生が入ってきましたね。今後は彼女もバンドの一員として行動するのかな。発売されるCDのメンツを気にしてしまう。
 とりあえず、今回も澪ですね。1人メイド服を嫌がり先生にさらわれていった時とか面白くて好きです。。その後、メイド服姿でなかなか部室に入れないあたりも素敵です。極めつけは、1人だけ他の部員と別のクラスになって、知り合いが見つかった時の喜びようと言ったら。なあ。

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 本当に衝撃的な事実発覚だ。あしゅら男爵をあんな姿にしたのが女将だったとは。というか、あの女将はDr.ヘルの5大軍団の軍団長全員に自分に逆らえないようにしていたのか。恐ろしい女だな。
 やっとマジンガーZ奪還ですね。生身でも機械獣と渡り合えてしまう人間がちらほら出てくる方が恐ろしいですけどね。今回のスナイパーは凍らせてましたし。なんというか、ロボット同士の戦いは少ない代わりに、人間同士の駆け引きや生身で機械獣と渡り合う時の駆け引きとかは見ていて面白いですね。無駄にドキドキしてしまう。
 暗黒寺の巻き込まれっぷりはちょっとかわいそうに思えてきた。

・黒神 The Animation
 クロはカタカナだったから、レイシンもてっきりカタカナで表記するのが正しいと思ってました。まさか、漢字だったとは。クロも実はあるんじゃ。
 なんというか、レイシンは強いですね。完全なシンクロでテラを共有した状態のクロとケイタすら圧倒。契約者を手に入れたレイシンはこれほどまでに強いとは。しかも、その契約者は茜さんと来たものだ。茜さんは自分の意思でレイシンとともにいるわけですが。レイシンの目的は必ずしも世界に害を与えるものではない、ということなんだろうか。
 ・・・クロの隠された力。もしや、クロに真神の力が宿っている、というわけではないよな。クロの母親のお告げがクロの体に真神が宿り、暴走する未来だとしたら。そのために、クロを殺そうとしたから。いや、まさかな。だとしたら、レイシンがクロを殺そうとしているのが・・・本当に殺そうとしていたか。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 ツヴァイの過去がとうとう発覚したか。
 組織がファントムを邪魔と感じ始めましたね。そのために、わざわざ組織の人員すら犠牲にして罠に嵌めてますし。博士の方は逃げたようですが、アインは負傷してしまう。ツヴァイはクロウディアの護衛をやっていたので、無実は証明可能ですね。ただ、本人はアインといる事を望んだ以上、敵対するしか道はないわけですが。
 クロウディアが求めたのは自分を信頼してくれる部下か。あんな女性にあんな風に求められたら、あっさりと落とされそうですけど、ツヴァイはそれどころではなかったな。この記憶を取り戻したことが、彼にどういう行動を取らせることになるのか。終わりまでは突っ走るだけか。

・バスカッシュ!
 デストロイではなくただのパス。少しは加減しようよ、アイスマン。
 まあ、パスをしているのにみんなから疎まれて、そのたびに追い出されていたらトラウマにもなるわ。そのトラウマを払拭したのがダンですが。本人はそんな気持ちに全く気づかず、ただの負けず嫌いから、真正面から彼のボールを受け止めましたが。おかげで、アイスマンの味方へのデストロイがパスだったということに気づけましたけど。ハルカだけは最初から気づいていたようですけどね。これで、このチームも少しはチームワークが揃って来たかな。
 それにしても、ハルカは靴の上からでも足さえ見れば、行動理由まで理解してしまうのか。たぶん、アランが女性だということも気づいているんじゃないかなあ。

・戦国BASARA
 あの3人、子安(佐助)も驚く頑丈さ。半分、ギャグキャラみたいなものだから死なない扱いなんだろう。
 それにしても、松永は何をしにきたんだろう、と思ってしまうくらいあっさりとやられましたね。いいとこといえば、周りを爆破したときくらい。後は毒で動きが鈍っている小十郎を押していたくらいしか。毒が消えた後はあっさりと破れましたけど。そのくせ、死に際だけはなかなかに格好良かったな。
 これも1クールか。そろそろ終わりが近づいてきたようだな。

 久しぶりに歌詞が思いついたから、それを一気に書き上げようとしていたら、グローランサーをする時間どころか、アニメを見る時間まで圧迫してしまったな。そして、小説の感想に加えて、スパロボZ(セツコ編)の感想も書かないとな。
 なのに攻略日記ではないというオチ。
 二次創作内スパロボ関係のオリジナル歌詞追加。題材はスパロボZのセツコの後期BGMである『涙拭う翼』です。まあ、公式の歌詞があるそうなんですが、気にしない方向で。聞いていたら、歌詞が頭に浮かんだから、文字にしてみたくてね。
 個人的には『流星、夜を切り裂いて』に匹敵する出来ですね。
 どこに投票するかいまだに決められませんでした。まあ、一番マシだと思った人に投票しよう。。どうでもいいけど、女性であることを前面に出されると投票したくなくなるのは私が男で、女性蔑視をしているからなのかな。
 うーん、地方選と衆院選は違うと思うんだけどな。どうして、前哨戦にしたがるかな。

・ハヤテのごとく!!
 冒頭のヒナギクだけで十分です。
 とはいえ、今回は久しぶりにいろんなキャラが見れましたね。タマにイスミにサクヤに。久しぶりに見れましたね。ま、あヒナギク好きの私にはあまり関係ありませんが。
 とりあえず、ナギがタマに見せたというアニメやゲームを全部わかった人はいるのだろうか。ナデシコやエヴァ、ガンダム、ファイファン、ドラクエくらいはわかるが。途中から18禁ゲームが混じっていたのは気のせいか。それともPS2版のFateの事か。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 カペンシスが格好良く見えた。そんな話ですね。
 ただのバカキャラかと思いきや、意外と機械に詳しかったカペンシス。さらに自分の作ったロボットに愛情を注いでいるあたり、彼の科学者としての誇りを感じます。でも、バカキャラでしたが。
 カペンシスが作ったロボットだから、カペッチェ。バロンのネーミングセンスはともかく本人が喜んでいるのなら、それでいいのか。
 で、今回出てきた科学者は再登場する気か。

・シャングリ・ラ
 國子、再び入所か。
 國子が友達をかばって収監された刑務所に再び投獄。そこは、彼女が知っている場所ではなくなっていた。國子が出て行ってから、別の人が仕切っている上に、國子を痛めつければアトラスランクが増えると言われてますしね。
 とはいえ、その程度ではめげないのが國子の強さか。爆弾雨の雹を避け切るという荒業を見せてくれますし、自分を痛めつけていた少女をかばって3日間も食事を摂らずに、直射日光の下にいましたし。どういう育てられ方をしているんだろう。そして、あの女の真意は何だ。もう、國子を殺す気でいるし。

・咲-Saki-
 のどかの戦う場面はあんなにあったのに、主人公である咲の勝負場面は完全にカットですか。そうですか。
 なんというか、のどか無双。点差が開いているのにもかかわらず、攻めの姿勢を崩さない。これがペンギンのパワーでしょうか。むしろ、なぜ観客がもっと早くペンギンを気にしなかったかの方が気になるところ。
 決勝戦は順当のメンツ。敦賀学園はOPで黒い気を出している少女が所属する学校なのかな。

・戦場のヴァルキュリア
 物語の本質はこれか。
 ダラクス人とヴァルキュリア人の戦いの歴史。その最後に起こった災厄。その災厄を弔うための遺跡。歴史から姿を消したヴァルキュリア人。うーん、そのヴァルキュリア人の末裔の可能性があるんだよな、帝国の銀髪の女性が。そうでなければ、彼女の血液で遺跡の扉が開いた理由が説明で出来ないし。アリシアが触れたら開いたのは、彼女が遺跡そのものを稼動させたからだと思う。
 軍人としての規律といっても、ファルディオ自身も無視しているような気がする。

・宇宙をかける少女
 高嶺さんの復帰フラグはまだか。
 なんというか、ベンケイがいいようにこき使われているような気がします。あと、ベンケイのパートナーもがんばって入るけど、風音の手のひらの上で踊っているだけの気がする。風音最強だな。そして、その風音の指示にあわせて、それぞれがそれぞれに出来ることを始める。レオパルドの強化と秋葉の救出のために動き始める。
 まあ、その前に自治会長が倒れないかが不安です。もうダメそうだし。
 そして、暗殺兵器に貫かれたナミの運命は。

・Pandora Hearts
 アリス、ブレイクが言った意味は、そういう意味じゃないよ。いきなり笑い出すから何事かと思ったけど、全力で勘違いしてるよ、この子。
 というわけで、今回はブレイクの出番が多くて満足です。目の前にオズがいない、と言っている時の顔とか口調とか最高ですね。登場場面はアリスが寝ていたベッドの下から、いなくなる場面では棚の中。空間を捻じ曲げているとしか思えない移動方法です。
 肝心の話は、オズのトラウマに踏み込むようですね。彼があんな性格になったのはなぜか。ブレイクが薄気味悪いと評した性格。どうも父親が関係しているようですし。
 しかし、オズの妹はどこに行ったんだろう。

・蒼天航路
 孫堅の登場か。これでやっと揃い始めてきたか。
 なんというか、曹操のやりたい放題っぷりが目立ちますね。袁紹の馬を貰っていく時とか。前線に行かないから、使っていいよね、的なノリで本当に使ってますし。その後も、渡された部隊を必要数だけに確実に淘汰させてますし。その上、任地に行く前に砦を落とすわ、前線にたどり着いたら、そのまま戦闘に入るわ。一般兵がよく着いて行ったなあ、と思う。
 劉備はまだまだ動く気配はないか。曹操の配下に入るつもりだし。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 オクタヴィアが相変わらず素敵です。彼女が敵なのが残念です。
 闘技場での共闘の結果、モルガンとは友情が芽生えているようですけど、彼女たちは敵同士のままなんでしょうかね。いい人なのに。
 それにしても、アロウンはなかなか魔王と見なされることがないですね。言い伝えどおりの格好をしている割には。賢者の方はみんなすぐにわかるのに。挙句、今回は大切な真紅の剣を包丁に変えられそうだったし。

 インターネットの調子が悪いな。すぐにDNSエラーが出るのはどういうことだ。
 個人的にかなり参加したいのですが。何で、みんな、やりたくないんだろう。大体、死刑を出すのがいやなら、死刑制度に反対して、刑法改正の流れを作ればいいのに。
 まあ、仕事が忙しいのはわかりますけど。それでも、行きたいよな。

・バスカッシュ!
 なんと、先週放送された分。
 結局、ダンは宝石を送り返しましたね。しかも、オープンシティバスケの二次審査中に乱入して、ボールにつめて送り返すという、ダンらしい方法。よほど気に食わなかったようで。さらに、ルールでガチガチに固められたオープンシティバスケより、ダンが乱入してきたことにより始まったバスカッシュの方がみんなお好みのようで。特にストリートに慣れていたメンツは生き生きし始めましたね。挙句、実況までノリノリに。
 結局、ストリートバスケを行ってしまったが故に、アマチュアはほとんど逮捕されましたが、いつものメンツはちゃっかり撤収。さて、バスカッシュとオープンシティバスケの対決開始だ。

・アスラクライン
 ヨウはシュリとユカリを完全に間違えているようだ。事故のショックで混同してしまったのだろうか。
 操緒が幽霊になった理由。シュリがあの姿になった理由。ヨウがあんな振る舞いをする事になった理由。それら全ての原因となった飛行機事故。結局、ただの事故なのか、何か他に原因があるのか不明なままですが。それ以前から、世界は二順目を迎えていたようですし。謎ばかりが深まっていきますね。
 ユカリはいつまでシュリとしての演技をしていき続けるのだろうか。

・夏のあらし!
 ぬ、今回の読み物はわからんかった。なんだったんだろう。
 全体的に、ジュンの話でしたね。彼女がなぜ女性が嫌いなのか。自分の周りの女性になんとなく反発を覚えているからなんでしょうね。特に姉に。カヤを見ていたら、女性に対する反発を和らいでましたけど。
 それにしても、アラシ、口が軽いな。あと、悪気なくイラン事をやっているような。そして、探偵は何をやっているのやら。

・クイーンズブレイド
 珍しく貧乳キャラだ。でも、戦闘教官アレインがすごく素敵。それ以外どうでもいい。
 しかし、なんだったんだろ、あのメイド。レイナと同じくらいの強さのような、そうでなさそうな。むしろ、レイナはまだまだ弱い方なのかな。

 寝るか。明日はアニメ三昧かな。
 世襲議員の立候補の制限なんて、有権者を馬鹿にしている制度だということが、なぜわからん。
 馬鹿な有権者が無能な世襲議員ばかりを当選させているから、政治が悪くなる。だから、俺たちは世襲議員を公認するのを止めるんだ、という風にしか見えない私はおかしいのでしょうか。世襲だろうがそうでなかろうが、言っていることに共感すれば投票すればいいわけですし、実績を残せなかったら、投票しなければいい。それだけだろう。そこに世襲であるかどうかが関係するのかい。世襲議員ばかりが当選しているのではなく、投票に行かない人が多いから、一部の後援会に支えられた議員が当選するんだろう。投票率が50%なら、投票に行かなかった残り50%が相手の候補に投票すれば、世襲議員は当選できないだろうに。
 さてと、うーん、次の選挙は誰に投票すべきか。

・戦国BASARA
 小十郎が、熱い男です。そして、お館様はもっと熱かった。
 小十郎の政宗に対する忠義の厚さが滲み出ている話でしたね。伊達軍の武将が人質になったことを知って、切り捨てようとした小十郎。救おうとした政宗。手負いの政宗を生かせるわけには行かないと、力ずくで政宗を止めた小十郎。そして、政宗の願いどおり、1人で助けに行く。さらに信玄に至っては、小十郎とともに行かなかった幸村を怒鳴り、説教し、行かせましたし。もともと、幸村もついて行きたがってましたしね。そのくせ、行かなかった言い訳ばかり並べるからぶん殴ったんだろう。
 さて、幸村は間に合うのかな。松永との勝負に。
 
・神曲奏界ポリフォニカ CrimsonS
 プリネ・・・いい性格しているよな。ダングイスを見て、条件反射で靴を投げるって。
 そろそろ話の本筋が見えてきそうですね。ライカが出てきてから、裏で動いていた黒幕が姿を現し始めましたし。それどころか、いっせいに攻めてきましたし。1人は人質をとり学院長に、1人はフォロンとコーティを狙い、1人は伝説の楽器を狙い、そして最後の1人が結界で舞台を整える。フォロンたちは逃げ切れるのやら。そして、コーティの正体を知ったとき、フォロンとコーティの絆は・・・。
 フリーマーケットでフォロンがコーティに買ったブレスレットとユフィンリーがフォロンに伝えた言葉が重要になってきそうですね。

 ・・・キャラメイキングくらいなら出来るかな。
 ちょっと他にいろいろとやることがあって、アニメを見る時間もこれを書く余裕もなかったです。まあ、ついスパロボZに夢中になっていたのもありますが。

・鋼殻のレギオス
 ニーナが失踪して、レイフォンが焦って、汚染獣を退治することでその事実から逃げようとしてますが、結果として、フェリまで過労で倒れさせてしまうか。レイフォンも疲れがたまっているし、もはや、レイフォンに頼るのは限界か。
 行方不明のニーナはなぜか他の学園都市であるマイヤスに。そこでリーリンと出会いましたが、この出会いが意味するのは何なのやら。2人ともレイフォンの知り合いですが、その事は互いに知りませんし。ニーナなら気づいてもおかしくないのですが。
 カリアンは覚悟を決めて、レイフォンを頼らずに汚染獣と戦う決意をする。傭兵団の力も借りるようですが、厳しい戦いになるのは間違いないはず。レイフォン抜きで切り抜けられるのか。
 それにしても、フェリのレイフォンへの言葉。あれって、告白に近いよな。

・けいおん!
 先生、クリスマス前に振られたのか。まあ、恐怖物のDVDをクリスマスプレゼントに用意するのはどうかと思いますが。
 それにしても、相変わらず、澪が素敵過ぎますね。もうこの一言だけでこのアニメの感想の9割は出来ると思います。もう最高。律にいつもからかわれている姿とか最高です。いいぞー、律、もっとやれぇ、と言ってやりたいですね。
 唯もちゃんと姉をやっているんだな。バランスのとれたいい姉妹だな。まあ、妹は一家に一人欲しいくらいの完璧さだな。姉、何もやってないなあ。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 鬼が涙を流すと、死期が近くなると言うことなのか。
 鬼剣士ロクシーの名を騙る女性の登場。彼女はロクシーに憧れ、ロクシーになりたかっただけですが。彼女は何度も鬼になり暴れていたようですね。バロンも彼女との戦いの折に鬼化してしまいますし。そんなバロンを見捨てずに、助けようとした仲間がいる限り、バロンは鬼にならずに済みそうですけどね。
 ロクシーに憧れたロクサーヌは鬼化した状態で涙を流してしまったが故に死の一歩手前に。そうなってしまうと、もう救えないんですね。

・Pandora Hearts
 姿は変われど、昔の誓いは変わらないか。再びオズとギルは主従関係に戻ったか。
 アリスの夢に出てきたうさぎ。あれがアヴィスの意思の仮の姿だとしたら、本体はあの最後に出てきたアリスに似た水色の髪の少女か。もしや、第1話で出てきたアリスに似た少女、オズの首を絞めていた少女も彼女か。いったい、何者だ。アリスもあの少女も。
 しかし、アリスに蹴り飛ばされて階段から転がり落ちたのに、無傷か。オズすげぇ。

・ハヤテのごとく!!
 ヒナギクに萌えてました。以上。


 いや、だって、それ以上、書く事ないし。ハヤテとのスーパーでの買い物とか一緒に料理を作っているときとか、お茶を入れようとして、手が触れ合った時とか。ねぇ。
 それにしても、マリアさんはハヤテをいじめたくて仕方がないようで・・・。

・タユタマ -Kiss on my Deity-
 美冬に萌え・・・、いや、さすがに今回は無理か。
 とりあえず、現状はユーリの周りの女性に次から次へと三強が取り付いていっている感じですね。今回は妹に。兄の力になりたいと言う彼女の想いに鳳凰、正確には雄の方だけですが。雌の方がどうも敵のようですね。雄はやたらと怯えていましたし。もしかして、かかあ天下?

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 衝撃的な展開が続きすぎて、どうしていいのかわかりません。
 甲児を尋問していた刑事さんはあしゅら男爵の変装だったようで。本物はくろがね屋で寝てましたね。何であんなところで休息していたか不思議ですが。しかも、警察署内はあしゅら男爵の部下で制圧。熱海の警察、もう壊滅しているけど大丈夫なんだろうか。ついでに、くろがね屋の女将がある意味であしゅら男爵の生みの親とか言い出しましたし。もう、何が何やら。

・黒神 The Animation
 レイシンが契約者を得たと聞いて、茜さんかな、と思ったら、そのとおりでした。
 契約者を得たレイシンの力はすさまじいものがありますね。ミカミを一撃で葬り去るとは。ほぼ無傷だったのにもかかわらず、わずか一撃。エクセルにとっては2度も同じ相手に自分の契約した元神霊を殺されたことになりますが。かなり押してはいたんですけどね。
 同じように気になるのはクロの力ですね。殺されそうになった瞬間に発動して相手の元神霊を完全に殺してましたし。しかも、その時の記憶はない感じですし。プニプニは怯えていますし。地面にはクレーターが出来てますし。まるで、レイシンと同じ力を持っているような感じですね。
 それにしても、ジョイジョイが食べたいが故にヤクモの傷を治したんだよな、彼女は。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 ツヴァイの過去か。
 ツヴァイはアインの暗殺に運悪く巻き込まれてしまったわけですね。その時に発現した生存本能が目に留まり、ファントムになったわけですか。その過去はツヴァイからは抹消され、夢という形でしか現れてきませんが。
 そして、組織間ではなく組織内部の権力闘争にファントムは利用され始めてますね。博士側のアインとマッキェネンが取り込もうとするツヴァイ。さて、どちらが生き残るのやら。次の仕事、本当の黒幕は誰だろう。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 やっぱり、人間の命が賢者の石の材料でしたか。
 そういや、記憶力がめちゃくちゃいい女性とかいましたよね。懐かしいなあ、という感じで見てました。一度読んだ本の内容は忘れないとか、かなりの才能だと思うのですが。下手なものを彼女に読ませると大変なことになりそうです。
 次はアルフォンスと似た連中が出てくる話か。そろそろ、強欲の彼が出てくる時期でもあるな。

・クイーンズブレイド
 もう見るの面倒だな、このアニメ。
 トモエとレイナが初めて出会いましたね。とはいえ、新キャラのメナスにレイナは操られてましたが。全体的にトモエは頼りになるけど、レイナは頼りにならないなあ、という印象。まあ、レイナは成長途上と言うことでしょう。
 それにしても、シズカにちょっと萌えてしまった。本人目の前で本人の事を酷評する場面で。あの場面は面白かったわ。メナスをあほの王女様扱い。実際、そんな感じでしたけど。

 ぬぅ、グローランサーをやりたいのに、時間が。明日は早いし。寝よう。
 4時間半睡眠が一番仕事中眠くなりません。さすがに遅くなると力尽きる可能性もありますが。というか、6時間とか寝ると、なぜか仕事中眠くなる。変な話です。

・蒼天航路
 戦国時代の幕開けですね。
 曹操や劉備をはじめ、漢の実力者たちが動き始めてますね。北のトウタク、全国に散らばる太平道を率いる張角。変革の時代が始まりましたね。もはや、漢はすでに死んでいる。そのことを知らしめれば、我こそが新しい時代の覇者、という者が乱を起こし始めましたね。実際、曹操はそれを狙ってましたけど。乱を持って乱を制す。いわば、漁夫の利を狙うわけですね。
 劉備も張角の考えには賛同できず、独自の道を歩むつもりですし。まだ動く気配はないですね。準備期間中でしょうか。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 また押しかけ女房が1人。彼女の大切なアザラシの服を燃やしてしまったがばかりに。
 というわけで、アザラシの妖精も加わり、よりアロウンのハーレムは豪華になりましたね。本人はどうも手を焼いているようですが。とはいえ、今回のは完全にアロウンが悪いのですが。そして、アロウンに仕える事になった彼女は、いろいろとやってましたが、家事に関してはどれもうまくいかず。でも、蟹を倒していた姿を見る限り、戦闘だと役に立ちそうですね。
 攻めてきた帝国軍は見事撃破しましたし。今のところは順調ですね。ところで、帝国軍の金髪美女のオクタヴィアが気になったのは私だけでないはず。

 さてと、明日もある意味仕事か。面倒だな。雨降らないかな。
 おかげで、昨日はネットに繋げなくて困ってました。代わりにスパロボをやってましたけど。

・シャングリ・ラ
 草薙、ミクニ様の前でも普段どおり。というか、彼は天然なのでは。普通に会話しているし。ある意味で大物なのかもしれない。
 世界の炭素経済を揺るがしたオロチを退治することで、それぞれ別々にいた人たちが繋がっていきそうですね。オロチ退治を主導した少女、オロチの逃げ道を感覚で捉えた國子。そして、草薙も護り刀を通してミクニとの繋がりを得た。草薙の話から、ミクニが國子と出会うのもそう遠くないことなのかもしれない。
 それに、草薙の刀は解析不能。同じものをミクニも持っているか。一体、あの刀は何なんだ。

・咲-Saki-
 予選開幕。対戦相手が3チームもあるんですね。麻雀ですから。このシステムだと、決勝で出会う、まだ名前の出てきていない高校が何か引き起こしてくれそう。
 第1試合の途中まで。花村の出番のところで終わらせてましたね。たぶん、咲と2人で圧倒して戻ってきそう。ついでに、花村の試合を観戦しているトウカが確信して戻っていきそう。
 しかし、先鋒に先攻逃切りの優希、2番手が勝負強いマコ、3番手が確実に点を積み上げる部長か。そして、終盤に花村、咲でぶっちぎる戦法とも読めるな。バランスの良いメンバーだな。

・戦場のヴァルキュリア
 第7正体の名誉の前にアリシアの名誉が悪くなっている気がする。男子トイレのドアに手をかけ、固まっているところを見られたし。
 ウェルキンはなんだかんだでちゃんと考えているから、アリシアが心配するほど取材に失敗することはなかったと思うんですけどね。確かに普段の彼を見ていると不安になるのはわかりますが。それでも、アリシアよりかはまともな対応がとれる気がする。まあ、アリシアの対応は軍人としてはすごくまともな対応でしたけどね。取材を受けると聞いて、前もって考えていたとしか思えない。
 それにしても、第7小隊は一癖も二癖もある人が多いという事が今回の話で発覚。野菜について語りたがるやつに、歌いたがる人に、男好きの男に、年頃の少女。ついでに、周りがけんかしていても、冷静に食事をするイサラと羽豚を抱きしめている少女。面白い面子だな。第1小隊が見劣りしてしまう。まあ、あっちも隊長はちょっとずれている方ですけどね。

・宇宙をかける少女
 来週は期待できそうだ。
 今回の話はOP前に全て凝縮されている気がします。まさか、開始1分程度で奪われたミラーをあっさり奪い返すとは予想してませんでしたね。秋葉がさらわれた状態だというのに、こんなに笑わせてもらうとは思いもしませんでした。
 秋葉はネルヴァルにさらわれたままですが、レオパルドコロニーに風音が来ましたし、イツキをはじめとする怪奇課の活躍で、レオパルドコロニー内での生活もやっと安定してきたようですね。インフラの整備に苦情の処理に。スール姉弟は大変だったんだろうな。出てきた瞬間から目の下に隈があったし。
 それにしても、とうとう言われてしまったな。イツキが空気を読めないって。そして、秋葉とナミの2人を手に入れて、ネルヴァルは何を求める。単純に人間を部品扱いしていない点はクサンチッペとは別の考えがありそうですが。

 寝よ。
 選挙運動のチラシを見ていて、たまに思う事があります。基本的には聞いていて心地よい言葉が並んでいますが、逆に言えば、それによって起こりうる悪いところが全く書かれていないのが気になりますね。
 何が言いたいかというと、ホントにそれできんのか、という疑問なんですが。それに、何気に下水道が市全域に敷設されていない以上、それをするのが一番重要だと想うんですけどね。まずは社会インフラの整備だろうに。

・アスラクライン
 ナツメの体調不良は本当にただの風邪でしたね。特に意味はなかったらしい。せいぜい、奏に座薬を入れられるという恥ずかしいプレイが待っていたくらいですね。座薬を入れたらすぐに治ったあたり、あの座薬は相当強力そうですが。
 そして、シュリさんが自分のことをユカリと名乗っていた理由がわかりましたね。どうやら、双子の姉の名前を名乗っていたようですし。その双子の姉が、前回出てきたヨウのアスラマキーナ・シロガネに乗っているようですね。それを救うために、スタンピーザを求めていたわけですが。手違いでクロガネが食べてしまいましたね。それにより、クロガネの能力が強化されたはずなんですが。現状では、ミサオを完全な実体に出来たくらいですね。それでも十分強力ですが。それをうまく使えば、アスラマキーナに囚われた人たちを生き返らせることができるかもしれない。
 とはいえ、いきなり幽霊が転校してきたら、みんな、どう反応していいかわからないよな。特に説明する先生は大変だ。

・夏のあらし!
 カヤ視点の昔の話。同時にカヤの初恋の話になるのかな。
 とうとうカヤにも通じる人が出来ましたね。彼女と通じる人は女性だけですので、ジュンが女性だと証明できましたね。それをわかっているのは、今のところはカヤだけのようですけど。ついでに、ジュンが女性という存在を忌み嫌っていることも表現されてましたね。なぜ、ジュンが女性を嫌っている根本的な原因は明かされていませんが、どうも女性の感性とか行動原理が受け入れられないようですね。それが、女性である自分を受け入れられないわけなんでしょうけど。
 それにしても、過去に介入することはあらしとカヤでは真逆の考え方をしてますね。あらしは放っておけないと言って、過去に介入し、カヤは過去を変えてはいけないと過去に飛ぶことすら嫌っていますね。この作品に関して言えば、現在のあらしやカヤが過去に行って、行動する事も含めて歴史が作られていますけど。第1話がそれを一番証明しているね。
 今回は・・・ハレンチ学園か。読んだ事も見た事もないが。

 このペースを守れれば、生活パターンが作れる。
 もう暑い部類でした。さすがに立夏を過ぎているので文句が言えませんが。それでも、日が沈めば涼しくなってくるものですね。どっちかというと、寒くなりそうですが。
 そろそろビールがおいしい季節ですね。三ツ矢サイダーでも可。

・タユタマ -Kiss on my Deity-
 まあ、OPを見た時からわかっていたことですけどね。
 というわけで、アイリが敵になりましたね。アイリ自身が敵になったという自覚はないでしょうが。彼女は彼女なりにユーリの事を想っているからね。その感情を利用した三強を責めるべきか。応龍と鳳凰、どちらがアイリを利用しているのか。
 それにしても、自慢じゃないが三強で一番弱いって、それは自慢じゃないだろうに、鵺。むしろ、自慢したらダメだろ。まあ、逃げ足と状況の判断は早いようですから、彼女がいる限り美冬は安全でしょうけど。本人は不本意ですが。

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 相変わらず、衝撃的な展開が続きますね。まさか、光子力ビームを撃つまで15分以上かけるとは思わなかった。
 マジンガーZを使って、Dr.ヘルの軍団と戦った結果、騒動の責任を取らされる形で刑務所に放り込まれてしまいましたね。甲児は。どうも、あの刑事に目の敵にされてしまったようで。あれは、相当怒ってますね。なくなったパイルダーも探し出そうとしてますし。というか、どこに行ったんだ、パイルダー。戦いが終わった後、甲児たちは外に飛び出ていたようですし。
 しかし、Dr.ヘルも知っているあの女将は何者だ。明らかにマジンガーZの構造も知っていましたし。

・黒神 The Animation
 何しに出てきたんだろう、銀孤一族の彼とその契約者は。
 案の定、レイシンの復活。さらにナムという元神霊の登場。彼女の一族は歴史をただひたすらに記録していくのが仕事のようですね。それゆえに、決して戦いには介入しないようですね。その彼女の語る歴史によって、いろいろと明かされましたけど。ドッペルライナーシステムが実は人間と元神霊によって滅ぼされたもう1つの種族、真神の呪いだったり。その復活を阻止するために、ドッペルライナーシステムが必要だったり。これでは、単純にドッペルライナーシステムを破壊するわけにはいかなさそうですね。
 その力をめぐって、元神霊が集う。レイシンもそこにいるわけか。そして、新たなパートナーを得て、エクセルの復帰か。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 マルコって、確か暗殺されたよな。あいつらに。
 今回の話はエド達にとってはしばしの休息でしたね。道中でマルコと出会って、賢者の石を作るための資料の保管場所を手に入れ、さらに故郷に帰って、オートメイルの修復。エドやウィンリィの家族の話は重いものがありますが、全体的には暖かい印象。安心して見れましたね。
 まあ、来週は・・・またきつい話なんですが。賢者の石の材料は確か・・・。

・神曲奏界ポリフォニカ CrimsonS
 裸ワイシャツにあのポーズ。どうみても、ペルセは狙っているとしか思えない。あと、いくらなんでも、象が踏んでも壊れないはひどい。どんだけ、コーティは頑丈なキャラなんだ。
 それにしても、今回は良い話でしたね。ペルセとプリネの絆の強さを感じましたね。きっと父親の育て方が良かったんでしょうね。プリネが精霊と融合していた事を知って、心が乱れても、プリネが苦しんでいると知るやいなや、すぐにプリネのところに向かってましたし。彼女たちの絆は、その程度のことでは壊れないんですね。まあ、紆余曲折はありましたが。
 そして、萌えシーンも多い。具体的にはペルセとプリネのために神曲を作ったフォロンに詰め寄るコーティとか。さらに寝床の事についても責めてましたし。あの時のコーティの笑顔はかなり萌えますね。

 ・・・そういや、ラノベの感想も書いてないな。そろそろ書かないと、忘れる。
 半年近くは医者に通っていた気がします。まあ、ここ2,3年は通っていなかったので仕方がないといえば仕方がありませんが。週に1回しかいけないし。そういうわけで、時間がかかったんですよね。虫歯はあるわ、歯石は被いわ、歯茎はやばいわ、とそんな感じだったので。でも、ちゃんと歯医者に行って、指導を受けるとかわるね。歯磨きしても歯茎から出血しなくなったよ。

・ハヤテのごとく!!
 ヒナギクに萌え死にそうでした。いや、ホントに。
 もう、なんというか、ヒナギクに萌えていたら、気がついたら本編(エンディング)が始まっていましたからね。え、ナギ? 誰それ。
 しかし、ヒナギクも早とちりというかなんというか。まあ、ちゃんと名前を言っていないのが問題なんですが。ハヤテも。名前さえ出しておけば、勘違いせず済んでいるはずなんですけど。まあ、わかってしまっては面白くないから仕方ないですね。
 それにしても、ヒナギクの母親。ハヤテで遊ぶ気満々ですね。何だか、マリアさんと同じ匂いが。そのマリアさんは変装して学校に忍び込んでますけど。誰がナギの面倒を見るのでしょうか。

・Pandora Hearts
 ブレイクに萌えようとしていたら、出番が少なくて悲しんでました。
 予想通りというかなんというか。やはり、レイヴンの正体はギルでしたね。なんとなくそんな気がしてましたけど、改めて言われると何だか感慨深いものが。まあ、OPであんなに意味深長な扱いをされていたら、誰だってそんな気がしてきそうですけどね。
 というか、オズのギルとの思い出、ギルを虐めているようにしか見えなかったんだけど、気のせいかな。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 なんか、変なプリーストが出てきちゃったよ。
 戦うプリーストと行ってますけど、あれは本当に神父さんとか牧師さんとか言える類じゃないと思うのですが。どちらかというと騎士ですね。彼の友人は本当に神父さんぽかったのですが。その彼は人をゾンビにする術を得て、暴走して、村1つを壊滅させてましたけどね。確かにゾンビになれば全ての病から解放されますけど。死んでいるのと何も変わらないじゃないか。
 しかし、プリーストのジュダ、彼は本当に男色の気があるのだろうか。

・けいおん!
 相変わらず、澪に萌え狂っておりました。
 というか、何で彼女は自分のクラスの出し物を知らないんでしょうか。文化祭が始まるまで彼女は何をやっていたのやら。普通、お化け屋敷になったくらいは知ってるでしょうに。
 そういえば、最後の最後までゆいの声は嗄れたままでしたね。ライブの時も何だか嗄れた声が聞こえてきましたし。声優さんも大変ですね。

・バスカッシュ!
 人の胸に名前をつけるなよ。
 スポーツを通して殿堂入りし、月にいけた男の登場。この男によってストリートバスケは公式のスポーツになるわけですか。そして、選手以外がやれば即逮捕という事に。面白くなってきましたね。アイスマンのライバルも登場しましたし。結局、あの3人でチームが出来そうな気がします。まだ、プロへの選抜は終ってませんが。
 ダンだけ、やたらと気に入られたので一足飛びに合格してますけど。せっかくの契約金は小切手の意味を知らなかったが故に破り捨ててますが。おかげで、さらに彼の人気がアップ。確かに何も知らずに見たら、あれは潔いですからね。
 ・・・ダンの事をネット上に書いていたのは、妹のココなのか。

・戦国BASARA
 忠勝散る、か。
 今まで争っていた東国のメンツが1つになりましたね。奥州は筆頭が銃撃による傷で意識不明の昏睡状態に陥り、休養中。家康は織田に裏切られ、忠勝を失い、信長打倒の旗に集まる事に。これで慶次が西国を纏めてくれれば何とかなりそうですけど。まだまだ一波乱ありそうですね。まあ、出番のなかった西国のメンツがどんな風貌か気になるところ。
 しかし、今回は、予告だけの登場か。忍法など使われなくても見るのに。

・クイーンズブレイド
 やっぱり、エロアニメですね。その良くわからない光が邪魔です。
 エレナのクローデットの勝負開始。妹とはいえ、相手が次期当主ということもあり、手加減していたクローデットですけど、本気を出したらあっさりとエレナを倒しましたね。姉さん、強すぎるよ。そして、あの天使、いい性格してるよな。

 ぬ、風呂に入っていないのにこんな時間か。さっさと風呂に入って寝よ。
 久しぶりに晴れたな、と思いながら、ベランダに出たら、綺麗な月が見えました。ついこの間まで三日月かと思いきや、もう満月に近いんですね。というか、満月だったんでしょうか。それにしても、綺麗な月でした。

・鋼殻のレギオス
 レイフォンが見て欲しかったのは傭兵団の戦い方。自分の戦い方は他の人の手本にはなれないけど、傭兵団の戦い方は手本になるのがわかっていたからなんでしょうね。自分も17小隊の一員として、17小隊の仲間と一緒に戦いたいからこそ。
 全体的にそういう話でしたが、手術直後なのに、汚染獣を6体倒しきったレイフォンが凄いですね。無双にもほどがあります。手術した箇所の傷口が開いても汚染獣を倒せるくらいの力は残ってましたからね。
 そして、ニーナは廃貴族と邂逅し、行方不明か。17小隊の行く末が見えてきた直後に隊長が行方不明とは。なんというか、レイフォンが来てから、次から次へと事件に巻き込まれていきますね。17小隊も。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 なんというか、こわ。
 あのマッドサイエンティスト、いい感じに出世してきましたね。アインとツヴァイという2人のファントムに、ファントムを活用した作戦の立案。確実に出世街道を歩んでいますね。彼にとっては、出世するっと言うよりも、自分が発案した演劇を演じさせている感覚のような気がしますが。結果的に出世しているだけのような。目的が不透明すぎて、不気味です。
 それに対して、彼女の地位は相対的に低下して言っているようにも思えるし。組織の力関係が微妙に変化していってますね。それに伴い、アインやツヴァイの扱いもどう変わっていくのやら。
 マフィアの世界もある意味で似たようなものか。裏切りと利用し合い。石頭のトニーは部下に裏切られて死亡か。警官もグルだったようだし。長生きするかな、彼らは。

 ミンサガでもして寝るか。
 途中で乗り換えた駅で、駅員に当り散らしている人もいました。結局、誰が不運かというと、巻き込まれた人全員なんでしょうね。駅員も運転手も乗員も。全員、そろって運がなかったというわけでしょうね。そして、私もその1人。途中で地下鉄に振替乗車してました。

・蒼天航路
 張飛無双か。
 曹操が休んでいる間は劉備の話でしたね。まあ、曹操も最後に予想通りにやってくれましたけど。曹操に媚を売っている面子が心配で心配で仕方なかったんですが、、まあ、予想通りでしたね。案の定、処刑されてた。それでこそ、曹操という感じですが。贈られた財産を金に買えて領民に与えるところも含めて。
 劉備はというと、関羽の心を掴み、見事に義兄弟の契りを結べましたね。関羽と義兄弟の契りを結んでいた張飛も結果的に義兄弟に。張飛はしぶしぶなったような雰囲気もありますが。それでも、彼自身も劉備の魅力に惹かれはじめているのでしょうね。だからこそ、義兄弟になったわけですし。
 曹操はまだ行く末を見つけられず。ライバルとなる劉備もまだ方法を模索している最中か。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 なぜかビデオに取れていなかった。真っ暗な画面が30分も続くなんて。何でだ。まあ、とある手段でちゃんと見れましたけどね。
 アロウン達もとうとう攻勢に出ましたね。とはいえ、相手側も奇襲を読んで罠を仕掛けてましたが。その罠を見切り、逆に見事に撤退。なかなか、激しい戦いは起こりませんが、まだ前哨戦なんでしょうね。これから、どういう策謀を張り巡らして仕掛けあうのだろうか。魔王と将軍の読み合いはちょっと楽しみですね。
 しかし、カニ笛を吹いたら、海から出てきた女性は何だろうね。人間じゃなさそうだし。妖精か。それとも、精霊か。

 もうこんな時間か。さっさと寝るか。
 ゴールデンウィークは全体的にミンサガをやっていた記憶しかないです。仕事したり、大学時代の友達に会いに大阪に行ったり、仕事したり、PC内部をちょっと弄っていたりしましたけど。まあ、ミンサガやってました。

・アスラクライン
 ナツメの体調不良の理由が気になりますね。操音というより、あのロボットを呼び出している事と何か関係が有るのでしょうか。
 今回はシュリさんの話。細かいところで笑える場面も多いですが、全体的にシリアスな雰囲気。というか、このアニメそのものがそんな感じですね。前回は手を組んだ第二生徒会とは今回は敵対しそうな雰囲気ですし。シュリが住んでいる教会にいた少年のような女性もロボットを持ってますし。しかも、第二生徒会に仕事を依頼した本人か。仕事の内容がシュリが持っていたカバンを持っていくこと。さてはて、中身は一体何なのやら。
 というか、わからん事が多すぎる。多分、当事者のナツメもそんな感じ。なぜ、シュリが記憶を失っている間は、自分の事をユカリと思っているのかも不思議ですし。姉妹か二重人格か。どっちにしろ、同じ体に2つの人格が埋め込まれているのは間違いないよな。

・夏のあらし!
 ・・・ジュンって、もしや女性か。だとしたら、なぜに男の振りをするのやら。というか、カヤは女性としか繋がらないと言っていて、実際にジュンと繋がっている以上、女性なんだよな。
 しかし、マスターの私物のメイド服。全員分あるのが凄いな。大きさ、全部違うのに。一がやるとキモイが、マスターがやると・・・なんか違う。一とは違う方向でイヤですね。客減りそうです。
 それにしても、今回は多かったな。キャプテン翼にるろうに剣心に、聖闘士星矢か。最後のは最初はドラゴンボールかと思ったんですが。総受けと言われた瞬間、何かわからなくなりましたが、まさか、これとはね。

・シャングリ・ラ
 オタクの振りをしたいのなら、あまりオタクっぽい格好はしないほうがいいと思うな。逆に目立つ。あの街ならいろんな服装があるから、大概の服装は溶け込めるはずだし。
 邦子と草薙の出会い。戦いの中ではなく、街中だからこそ、いきなり武器を突きつけあう事にはなりませんでしたが、最後は分かり合えないままでしたね。邦子の言っている事も正しいですし、草薙の言っている事も正しい。どちらも間違っていないからこそ、ぶつかってしまう。結局、武器を突きつけあうしかなかったのだろうか。というか、サンプルのステルス装置(周りに完全に擬態できる機械)を奪われた草薙は大失態なのでは。
 しかし、邦子のばあさん。何で、魔法少女のフィギュアにそこまで焦る。もしや、ばあさん。髪型も似ているしなあ。

・咲-Saki-
 合宿か。一日中、麻雀を打つのもきついな。頭使いそうだし。
 基本的に一年生の弱点の指摘とその克服方法でしたね。特にタコスの人は点数計算が苦手なのもそうですが、集中力の意地にも役立ちそうですね。計算ドリルは。序盤だけ勝てるというのは、集中できるのが序盤だけ、というのもありそうですし。他の2人に関しては、集中力も能力もあるけど、雰囲気に弱いというか、雰囲気頼みというか。その辺りの克服が重要になるわけですね。こっちの方は、克服するのが大変そうですけどね。そして、唯一の男子はひたすらに打つ事が重要そう。
 しかし、わかってはいても、1人だけ別の部屋と言うのは辛いものがあるだろうなあ。一緒の部屋はそれはそれで辛そうだけど。

・戦場のヴァルキュリア
 戦いは誰だって怖い。だから、勇気を振り絞って、前に進み続ける。それは、蛮勇のような気がしますけどね。多分、戦場ではそれが必要なんでしょう。死ぬ事への恐怖を乗り越えるために。
 それにしても、今回もウェルキンの作戦が当たりましたね。自分は本隊に残るのは仕方がないとして、別働隊に第1小隊とアリシアを配置し、作戦開始。彼の言ったとおり、猪突猛進のアリシアに引っ張られる形で第1小隊も奇襲攻撃をかけれましたね。ファルディオがアリシアの緊張も見事にほぐしたり、援護射撃を行ったりと、フォロー出来ていたからでもありますけど。それを見越した上での配置だったんでしょうね。まあ、ご都合主義と言われればそれまでですが。
 次で従軍記者も登場か。少しずつ、メンツが揃いつつあるな。

・宇宙をかける少女
 操られていても、一応、しゃべるんですね。高嶺さん。てっきり、黙ったままかと思ってました。
 何はともあれ、無事にレオパルド復活。ボナパルドことベンケイにミラーを2つも奪われてますけど、1枚だけでも何とか主砲は使えるようですし。その点は安心。ただ、今度は秋葉が攫われてしまいましたが。一難去ってまた一難。
 レオパルドコロニーにも人がすみ始めたけど、あのレオパルドのソウルシャウトのたびに避難するのは大変そうだな。まるで、初代マクロス。レオパルドの方もまんざらではない様子だし。やはり、ブレインコロニーというのは、本能で人が住む事を願っているのか。
 しかし、秋葉も凄い事をするな。躊躇っていたレオパルドを蹴り飛ばして、コロニーと合体させるなんて。まあ、これで、レオパルドも吹っ切れただろうな。

 ミンサガが終ったら、サガフロ2再開かな。攻略日記はまだ終ってないし。でも、グロランもでるしな。PSP版の前に、PS版で復習しておきたかった。
 そういや、立夏ですから、今日から夏なんですね。旧暦では。その割には冷たい雨が降り注いでいるので、ちょっと肌寒いですね。窓を閉めると蒸し暑いのですが。
 それにしても、せっかくの子供の日だというのに、雨とは。こいのぼりが上げれないじゃないか。

・タユタマ -Kiss on my Deity-
 美冬に萌える話でした。色々と反省したり、子供に優しくしたり、ユーリの事を理解しようとしたりしているところが素敵でした。
 それにしても、美冬があっさりと人ならざるものを受け入れた上に、対抗策まで編み出しているのにちょっと違和感が。いくらなんでも、理解が早すぎると思います。
 三強(漢字がわからないのでとりあえず当て字)の一角である、鵺の小隊はOPにも出てくる黒髪の少女でしたね。根は純粋というか、無邪気なものですから、美冬が面倒を見ている限りは、今後悪い事はしなさそうですね。
 ましろといい、鵺といい、現代の下着にはいたく興味があるようで。おかげで、ユーリが大変な事に。

・けいおん!
 もう、澪が可愛すぎて可愛すぎて・・・。自分で作った歌詞なのに、自分で恥ずかしくて歌えないとか言ってる姿とか最高です。結局、彼女がヴォーカルを担当する事になってますけど。
 しかし、軽音部、顧問なしでよく半年近くも活動してましたね。誰も見咎めなかったのが不思議。無事に、かつて軽音部に所属していた先制の弱みを握って、顧問になってくれたから良かったものの。というか、リツ、鬼か。

・バスカッシュ!
 バスカッシュという名称のつけ方は無理があると思うのですが。
 結局、あの3人の勝負は警察の介入により水入りになってしまったようですね。ダンだけはまだ勝負に拘ってましたが、他の2人はやる気なし。特にアイスマンにいたっては満足してしまったようですし。おかげで、1人だけ勝負しようと躍起になっているダンだけバカみたいです。
 と、彼1人熱くなっている間も、ハルカによって事は進められてましたね。とうとう3on3の勝負が始まりました。ストリートバスケに興じるギャングたちの最強チームとダン・セラ・アイスマンの3人のチームの勝負。最初はこの3人のチームワークは悪いだろう、と思っていたのですが、意外と良いですね。まあ、突っ走るダンをフォローしきれるかどうかにかかっていると思いますけどね。
 しかし、あの町の人たちはよほどバスケが好きなんですね。街が壊れて気にするのはえらいさんだけで、住人の多くは楽しんでみているような気がする。

・戦国BASARA
 ・・・鎧武者の形をしたスーパーロボットがカタパルトから発進した挙句、空を飛んでいたのは気のせいでしょうか。
 というかさ、織田の鉄砲隊がどうとか言う前に、生身で竜巻を起こす人間の方がよほど恐ろしいような気がするのですが。むしろ、鉄砲隊が来ても、あまり役に立たない気がします。鉄砲の弾なんて、信玄に吹き飛ばされるのがオチだよ。
 そんな、鉄砲隊によって長政は死に掛かってますけどね。明智の謀略による援護に見せかけた鉄砲隊によって。本来、家康の援護に向かうはずだったのですが。この行為が、今後、どういう動きを見せるのやら。慶次は信長を説得しようとしているし、謙信はそれを止めようとしているし。ある意味、いつもと変わらないのは幸村だけか。

・神曲奏界ポリフォニカ CrimsonS
 フォロンがやっと戦う気になりましたね。
 同じ学校の仲間であるダングイストとは戦えない、と言ってましたけど、逆に言えば、そうでない者。特に、同じ学校の仲間を傷つけ、利用したものは許せない。だから、負けたくない。その想いが、戦う事への迷いを断ち切り、神曲を通して、コーティに力を与えたか。やっと、フォロンがコーティとともに叩く事になったか。
 とはいえ、黒幕は未だに黒幕のまま。一体、何が目的なのやら。今回のところは、コーティの正体を確認したかっただけのようだけど。

 明日は何をしたものか。
 いつの間に、今日がみどりの日になったんだろう、と思いながら仕事をしてました。そして、家に帰ってきて、のんびりしていたらこんな時間。まあ、5日と6日は休日出勤せずに済みそうです。だから、のんびりする予定。

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 相変わらず、ナレーションが鬱陶しいです。悪くはないんだけどね。このままじゃ、話よりもナレーションが印象に残ってします。
 やっと機械獣との戦いが終ったかと思いきや、あしゅら男爵の次にブロッケン伯爵の登場。長い夜はなかなか終ってくれませんね。次で終りそうですけど。相変わらず、次への繋ぎ方が上手いと思います。ロケットパンチ、ルストハリケーン、ブレストファイアーと来て、最後は光子力ビームで終りそうですね。
 そして、案の定、爺さんの死亡。それにより、甲児の怒りが爆発し、マジンガーを悪魔へと変える。どうも、甲児の性格がキレると凶悪になるのは、マジンガーZを神にも悪魔にもなれると言う事を表現させるためか。人が死んだ事を悲しみ戦えなくなった甲児が、次の瞬間、街の破壊してでも敵を倒そうとしてましたし。
 それにしても、十蔵博士は最後の最後まで元気でしたね。死んでからも元気でしたし。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 年上のお姉さんの色気にメロメロになってました。一体、私は何を見ていたんだろう。
 ツヴァイが仕事のために子供まで殺せるようになって来ましたね。アインの射撃能力もさることながら、人を殺すと決めたときのツヴァイの冷徹な行動の方が恐怖心を覚えますね。あと、印象深かったのは、遊園地で後日殺す事になる子供を見つめていたツヴァイを見ている時のアインの目つきでしょうか。鋭いというか冷たいというか。どんな想いで見つめていたのだろうか。
 妻と子供を殺して、本人を殺さなかったのは、それが一番ダメージを与えるとわかっていたからなんだろうな。

 さてと、何をしたものか。
 ちょっと大学時代の知り合いに会いに大阪に行ってました。朝の7時半に電車に乗り、次の日の朝9時に最寄り駅に戻ってくるという強行軍でしたが。肉体的には疲れたけど、精神的には回復。それにしても、昨日今日の話なのに、相当前の話に思えてくるから不思議。

・ハヤテのごとく!!
 はて、ヒナギクの出番がなかったような。・・・感想書くのやめようかな。
 まあ、今回はメインヒロインの面目躍如といったところでしょうか。ここ最近はヒナギクに出番を取られて、メインヒロインっぽくなかったナギがメインでしたね。ナギに惚れている少年(西沢弟)との交流やハヤテとの主従関係の話。まあ、こんなものか、といったところ。せいぜい、ナギって、そういや電車に乗った事がなかったんだなあ、程度の感想しかないや。
 ヒナギクが出ないだけで、こうも記憶に残らないものなのか。

・蒼天航路
 いきなり曹操無双が始まった時はどうしようかと思った。皇族の護衛をばっさばっさと倒してしまいましたし。しかも、説教しながら。
 まあ、十常待の謀をあっさりと見破り、逆に十常待を追い詰められそうでしたが、帝が役に立たなかったので、曹操は地方に飛ばされましたね。上奏文も提出できたものの、帝があの様では。どことなく、曹操が帝の評価を改めたような気がしますね。
 どうでもいいが、曹操を目の届かないところに行かせるのは自殺行為のような気がするんですけどね。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 まさか、アヴァロン城の城主がアロウンだったとは。
 というか、新しい島に行ったというより、本来いるべき場所に還った、というわけなんですね。アロウンにとっては。リアンノンにとってもご先祖様のいた場所に戻ってきた事になるし。ここが本拠地になるわけなのかな。敵も攻め始めてきたようだしね。戦いはこれからか。
 それにしても、アロウンの顔は皆知らないんだね。まあ、大昔に封印していたから仕方がないといえば仕方がないことか。でも、肖像画くらい残っていてもいいと思うのだが。

・鋼殻のレギオス
 電子精霊ツェルニの事はニーナに任せるのが一番か。
 レイフォンを欠いた17小隊は、新しい仲間を引き入れるものの、ニーナの敗北により隊全体の敗北になる。彼女自身も強くはなっているでしょうけど、少しばかり自分の力を過信していたんでしょうね。作戦も本来はレイフォンを囮に使う予定だったんでしょうけど。彼がいない以上、もう少し作戦を変えるべきだったんだろうけど。ニーナの作戦ミスか。勝てない試合ではなかったと思うのだが。
 レイフォンはレイフォンで手術後、すぐに汚染獣との戦いへ。傭兵団と手を組み、戦いに挑む事になるが。チームワークはなさそうだし、病み上がりだし。今のレイフォンで大丈夫か。
 それにしても、レイフォンの見舞いに来て、先にニーナが学校を休んで花を持ってお見舞いに来たことを知って、レイフォンに八つ当たりをするフェリ先輩が最高でした。せっかく持ってきた花を渡せず、隠し続けているところとかね。可愛すぎる。

・Pandora Hearts
 オズの事で喧嘩をしているのに、当人は全く気にしていない辺りにオズの大物さを感じる。ただ単に暢気なだけかもしれませんが。
 今回は違法契約者の末路をオズに見せ付ける話でしたね。刻印の針が1周してしまえば、アヴィスに問答無用で落とされるようですね。救う事は最早出来ない。なぜかアリスはその事を知りませんでしたが。オズと契約したのが初めての契約だと言ってますし。彼女が行ったとされる悪行と彼女の失われた記憶が何か関係しているんでしょうかね。
 それにしても、石田彰は本当にいいキャラだ。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 鬼手になった原因の光の雨。人によっては手ではなく顔だったりするんですね。
 幼馴染がそういう被害に会った時、友達をかばい、一緒に旅をしていた壷職人の方は立派ですね。だからこそ、悪徳商法に引っかかっても、バロンは彼らのために動いたんでしょうね。自分と同じ被害者。そして、彼を救おうとする友達。少し、自分に重ね合わせたんでしょうね。
 それにしても、彼らは拾ったものを壷に入れて売り歩くんじゃなくて、田舎に伝わる秘伝の漬物を入れて、売り渡ったほうがいいと思うんですが。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 傷の男登場か。それ以上の感想はないが。
 それにしても、雨の日だというのに、傷の男と戦う気満々の大佐には驚きです。湿気が自分の弱点だという事くらい知っているはずなのに、何をやってらっしゃるのやら。危うく、何も出来ないまま殺されるとこだったでしょうに。そんな大佐にちょっと萌えた。そして、エドやロイの代わりに戦ったアームストロング少佐に燃えてました。やっぱ、このアニメは少佐が一番いいよ。

・黒神 The Animation
 奇跡のシンクロ。両手に紋章が現れることにより、テラが循環してより強力に、というけど・・・。あれって、クロのテラをケイタと共有するだけだから、絶対量は変わらないような気がするのですが、気のせいでしょうか。
 とはいえ、2人の想いが完全に1つになったからこそ、発生した奇跡ではありますね。テラを使いこなしたが故に森羅を撃破し、思いを1つにしたからこそ、ライカも撃破。ちょっとばかり展開が速すぎる気もしますが。
 マスタールートが完成したのにも拘らず、クロとの完全なシンクロの成功により、生き延びる事が出来たケイタ。彼の目的はドッペルライナーシステムの管理ではなく破壊か。。それこそ、運命に抗う最大の方法ですね。そんな中、レイシンの復活。やはり、ラスボスはこうでなくちゃ。
 ところで、急に新キャラが出てきたんですが、彼女は一体誰でしょうか。キャラ的にかなり好みのタイプっぽいのですが。

 さてと、明日は家を出るのが少しだけ遅くても大丈夫だし。ちょっとミンサガをやるか。
 いつものようにYouTubeを利用したクイーンズブレイドの無料配信を見ようとしたら、年齢制限がかけられていました。仕方がないのでアカウントを取る羽目になったよ。面倒だな、というか、ニコニコ動画以外では取りたくなかったんだが。

・戦場のヴァルキュリア
 ファルディオもウェルキンに負けないくらいの変な奴だと思いました。友達思いの良い奴だとも思いましたけどね。
 今回はウェルキン達にとっては束の間の休息。物語全体としては帝国や自国の将軍の顔見せと言ったところでしょうか。帝国は帝国で、兵士の命を駒としか見ていないし、自国は自国で自分の身を守る事しか考えていないし。どっちの軍でも一兵卒には辛いものがありますね。まあ、これが戦争であり、軍隊なんですが。
 ウェルキンの性格では、義勇軍はともかく軍隊は肌に合わなさそうですね。相手の性格を理解したからこそ、下らないイヤミを無視して、相手の戦力外通告を受け入れたんでしょうね。巻き添えを食らいたくないでしょうし。
 結成当初はバラバラだった第7小隊も、だんだんと団結してきましたね。

・宇宙をかける少女
 ナミは精神が不安定といえども、自分の意志でネルヴァル側についている。対して、高嶺は精神は安定しているが、あくまで洗脳しているからこそ。洗脳がとければ、味方に復帰するという事か。
 それにしても、いきなりだったな。まさか、さくらが被っていた帽子みたいなものが実は異星人だったとは。バブルがはじけて、異星人との交流はなくなってしまったものの、彼だけは残っていたんですね。しかも、かつてのブレインコロニーとの戦いも知っていたわけですし。ただ、彼が隠すように言われていた軌道喫茶エニグマがどこに消えてしまったのかが、今後、重要になってきそうですね。
 しかし、ナミが避難民が集まっているコロニーに攻め込もうとした瞬間、レオパルドやらベンケイやらが突如乱入と言うのには笑ったわ。取り込み中になんか色々と出てきちゃったよ。木星からベンケイが頑張ったおかげで。レオパルドが受けた精神攻撃が回復していないのは問題ですが。
 そろそろ、バラバラだったメンバーが揃いそうだな。

・クイーンズブレイド
 YouTubeでわざわざアカウント登録したのに、前半部分しか放送されず。何嫌がらせか何かですか。仕方がないのでGyaOに変えたら変えたで、うまく再生されない。挙句にウィンドウズメディアプレイヤーを最新にしろとか言ってくる。殴っていいのかな、これ。デュアルディスプレイのサブ画面の方だと真っ暗になるし、メインでもなかなか上手く再生されないし。音しか聞こえない。犯人はブラウザだったようですけどね。互換モードにすれば、何とかなるか。
 というわけで、紆余曲折ありましたが、無事に見れました。もう、見れたことに満足して、話がろくに頭に入ってこないです。レイナがリスティに置いていかれて、改めて、リスティのいう一人前になり、リスティに認めてもらうよう決意を新たにする、というところかな。主人公の挫折としてはありがちだけど、それ故にわかりやすい。
 ところで、今回の話、そんな規約に引っかかるようなものでしたかね。

 さてと、明日は朝からちと出かけます。帰ってくるのは日曜の朝の予定。アニメはPSPに転送済みなので、新幹線の中でのんびり見ようと思います。
 仕事が良いペースなのか、悪いペースなのか、イマイチわからない状況です。上手く明日で終ってくれれば良いのですが。結局、資料は作れても、その後まではまだ手が出せないので。その資料を作るのも大変なんですけどね。

・シャングリ・ラ
 ミーコ、普通にミクニ様に気に入られてますね。女官がどうか難しいところですが。ただ、ミクニ様とモモコが同じピアスをつけていたのが気になりますね。
 さて、今回の話で、一体何があって東京近辺が樹海になってしまったのか、その秘密の一端が明らかになりました。と言っても、爺さんたちの真実を脚色が入っているので、どこまで本当かわかりませんが。第2次関東大震災が起き、それに伴う災害の発生により、世界有数の都市は壊れ落ち、アトラスという楽園を造ることになり、地上には残された瓦礫と人々が。というところでしょうか。まあ、アトラスに入れたのにも拘らず、アキバがないという理由で戻ってくる凄い方々もいますが。よほどアキバが好きだったんでしょうね。相変わらず、この都市はいい感じに混沌としてますけど。こういう雰囲気は好きですね。そりゃ、こういう状況なら闇市場になるのがわかるくらいに。今でもそういう状況だし。
 それにしても、他の場面では色々と面白い部分が。実は折檻を受けるのが好きだったという彼とか。非番の日にアキバに来ていた彼とか。よりにもよって、邦子に会う羽目になるとは。

・咲-Saki-
 ・・・これ、本当に麻雀アニメ?
 なんというか、竜門淵の最強っぷりがひたすらに強調されていた気がします。咲や花村をも簡単に完全に完膚なきまでに打ち破ったプロの麻雀打ちすら破ったとか言い出してましたけど。聴けば聴くほど、準決勝で負けそうな気がしてなりません。いや、だって、そういうものでしょ。
 強いといえば、6年連続で優勝していたという風越女子もですけど。ここも咲達に最終的にあっさりと破られそうな気がしてならない。なんというか、基本じゃん。
 しかし、メイド喫茶は知っているが、麻雀喫茶というのは、なかなか悪くないアイディアのような気がしますね。まあ、卓が1つしかないと、やりたい時に出来なさそうですけど。あと風紀上の問題か。

 さてと、寝ますか。ミンサガはポケットドラゴンが手に入ったし。ジュエルビースト退治はそろそろ防具の組み合わせを考えないとな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。