三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。

2009/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 何か、最近、左肩に違和感がある。今日、起きた時とかひどかったし。頭まで重かった。寝違えたかな。枕変えるべきなのかな。

・NEEDLESS
 神父は女好きでしたか。でも、どう見てもロリコンです。本当にありがとうございました。
 そんな神父様の強敵になりそうな少女隊の登場。といっても、今回は出番がありませんでしたが。神父様はそんな魔の手が迫っている事なんて露知らずに情報も止めて遠足中。危険なブラックスポーートを遠足。ちょっと調子に乗って肉を焼きすぎた事を除けば問題なく目的地に到着。途中で自称記憶喪失の少女も出てきましたが。記憶喪失を自称する少女よりも、そんな少女に手を出そうとする神父様の方が危ないです。危険です。
 なんだかんだで、情報屋の下にたどり着き、ブレイドの正体が発覚。ついでに情報屋が少女なのでまたブレイドが壊れそう。
 そういえば、イブはどうしてブレイドの弱点が女の子だと言う事が気に喰わなさそうなんだろう。

・蒼天航路
 曹操と劉備の出会いか。そんなことよりも、顔見世に孔明が登場してましたが。OPで見た事がなかった人がまた1つ減ったな。
 そして、呂布に兵も城も奪われたのが劉備。城を守っていたのは張飛ですけど、彼はちょっとバカだからなあ。見事に敵の策略に引っかかってました。あの3人の中では一番常識人に見えるんだけどな。ちょっと頭が。まあ、劉備は焦ってませんが。いつもどこか余裕がありますね。
 そういうわけで、曹操のもとに行ってましたけど。そこで見事に曹操の策略に引っかかってましたが。危うく命を差し出すところでしたけどね。曹操は劉備をどう扱うつもりなのやら。カクカは殺したほうが良いと思ってるし。ここから、曹操と劉備の戦いが始まったのか。

 左肩、湿布はったし、大丈夫かな。明日は空の境界を買ってくるか。
スポンサーサイト
 ニコニコ動画にあがっているミンサガのやりこみ動画を読んでいたら、ミンサガがやりたくなるから困る。

・GA 芸術科アートデザインクラス
 やっぱ、キョージュは良いわ。ノリは良いし、格好良いし。
 今回はノダがメインだったのかな。突然鬼ごっこを始めてましたが、まさか朝の星座占いが11位で、鬼ごっこをすればラッキーだからといって、やり始めていたとは。途中で色鬼になってましたけど、それで問題なかったのかが気になります。本人が楽しんでいたからそれでいいのでしょうけど。
 ついでに美術部も登場。キサラギの2歳年上の幼馴染も登場。彼女を今の学校に案内し、キサラギが今の学校に入る決断をするきっかけを作った人です。まあ、あの埴輪と鶏だけのかいそうのどこに入るきっかけがあったのか気になりますが。
 気になると言えば、美術部の部長もバカっぽくて気になりますね。なかなか良いキャラだ。自爆っぷりが特に。
 はて、美術部の話題はどこに。あ、顧問の声が高山みなみでした。

・戦場のヴァルキュリア
 あれ、イサラ・・・?
 相変わらず、第7小隊は目の敵にされているようで。ダモン将軍とあの女王を売ろうとした大臣が手を組んだ描写もあるし。おかげで、危険な任務を命じられますし。しかも、せっかくの精霊祭りを戦場で過ごす羽目になりますし。お祭りが台無しだ、と思いきや、全員、各々のやり方で楽しんでましたけど。イサラも贈り物をされたり、ロージーにお守りをプレゼントしたり。そのお守りは結果的にロージーの命を救いましたし。だと言うのにな。
 いや、彼の恋が実ることを祈っている以上、諦めちゃダメだ。急所は外れてたんだし。OPにもいるし。

 寝るまで少しは時間があるけど。何するかな。
 やっと仕事が楽になってきた。というか、何度も書いている気がするけど。まあ、しばらくは楽なはず。

・咲-Saki-
 風越、完全に狙い撃ち。というか、衣の戦い方はえげつないな。
 休憩時間にそれぞれ戦う気力を取り戻してましたね。モモだけは、なんだか死亡フラグめいたものを立てていた気がしますが、きっと気のせいでしょう。咲も和に会って、励まされて、戦う力を取り戻しましたし。これで、衣と戦う準備は完了。
 と思いきや、相変わらずの衣無双。風越を狙い撃ちにして、屈辱の0点。少しでも誰かが上がろうとすると敗北確定。さりとて、自分から動く事もままならない。なんという嫌がらせ。確実に心を折る気満々。
 まあ、咲はそれを読んでいたかのごとく、風越に点が入るように動いてましたが。衣の読みに対して、更なる読み。面白い勝負が見れそうだ。

・シャングリ・ラ
 武彦が公社の手先だったとは。しかも、いなくなったし。川に落ちたけど、ありゃ、死なないフラグだ。
 武彦を失いながらも、國子の戦いは終わらない。ダイダロスの対策を考えるために行動。放っておくとすぐにでも町は侵食されますから。実際に、練馬はそれで崩壊したわけですし。そのために、秋葉原にまた爆撃機を買いに行ったのは予想外でしたが。さらに、秋葉原を本当に全部買っていたカリンにも驚きですが。さらに、カリンのところにミクニ達が来たのも驚きですけど。よく考えると、結構動きのあった話ですね、今回って。
 ミクニと國子とカリンの繋がったか。まあ、こうやって見ると、カリンが凄く常識人に思えてきますが。サヨコやミクニの行動に驚いたり、國子の依頼に驚いたり。何だろう、彼女、凄くかわいく思えてきた。
 そういや、地上に出てきた草薙の出番はあれだけだったのか。

 早めに寝れるときに寝よう。
 昨日、ちょっとした理由でROに入っていたら、結局グローランサーをやる時間はなかった。いつになったら、旅に出れるんだ。

・化物語
 蝸牛の話がもう1話あるとは思わなかった。
 というわけで、まよいの話2話目。案の定、OPはまよいでしたね。なかなかぶっ飛んだOPでした。色々と遊びすぎでしょう、これ。褒め言葉ですが。
 蝸牛ということで、道に迷ってしまう呪いにかかっているようですね。ひたぎの力を借りても目的地にたどり着けませんでしたし。GPSを使おうとしたら、いきなり圏外になりますし。幽霊クラス、と言われてましたが、甘く見れる相手ではなさそうです。憑かれたまよいの方も、何かしら理由があって憑かれたんでしょうけど。両親が離婚して、離れ離れになった母親に会いに行けない、というところに理由がありそうですが。
 それにしても、小学生相手に本気で喧嘩しまくってるな、この主人公。しかも、クラスメイトに見られるし。
 あと、ひたぎも、子供嫌いにもほどがあるだろ。全員死ねばいいって、人類滅ぶから。

・かなめも
 水着と歌しか記憶に残ってないよ。
 プールに行きたいのはわかりますし、せっかく着た水着を着たいのもわかる。だからといって、何も水着で新聞配達をしなくてもいいと思うな。むしろ、よく通報されなかったなと思う。しかも、水着姿で勧誘まではじめるし。気がついたら、ミカまで水着だし。どっちの新聞も購読者が増えてそうですけど。いいのか、こんなんで。
 どうでもいいが、ハルカは女だから良かった、ではなく、女でも通報したほうがいいと思う。あれはもう犯罪のレベルだと思うんですが。代理やかなに対しては特に。今回の場合はかなの水着の試着。男だったら、逆に抑えるよ。女だからリミッターがないと思うんだ。

 ふぅ、月曜日からこれか。寝よ。
 だらけていただけだけど、なぜか充足感のある1日。変な感じ。

・宙のまにまに
 さそり座やいて座か。悪くない星座ですね。ちなみに、かに座とうお座(特にかに座)はいじめられるので注意。理由は聖闘士星矢を見るといい。
 今回は雨の日の天文部の活動の話。梅雨の時期は何かと雲が多いですからね。星が見えないと、一部の天文部員には致命的なようで。死に掛かってましたね。プラネタリウムに行く事によって回復してましたけど。危うく、担当の人以上の解説を始めるところでしたが。なかなか有意義な時間だったようで。お客が天文部員だけというのはどうかと思いましたけど。
 プラネタリウムか。そういや、あんまり行った事がないなあ。

・CANAAN
 カナンが戦う理由とマリアが写真を撮る理由か。
 カナンの過去が若干明かされましたね。彼女恩人はアルファルドに殺されていたようですね。その憎しみからカナンは彼女を殺そうとしますが。あっさりと返り討ち。憎しみでは勝てない相手のようですね。実際、カナンの恩人を殺してますし。殺した理由が気になりますけどね。彼女は無駄に人を殺すとは思えない。
 マリアはカナンを否定するような態度を取っていたことを悔やみながら、何とか持ち直してました。彼女が写真を撮る理由を思い出したのが大きいでしょうが。目を背けたくなるような現実を直視すると決めてカメラを持ったのに、目を背けてしまいましたが。カナンとの友情を取り戻す事が出来るかな。そして、あのバイト店員との出会いは何をもたらすのか。

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 ブロッケンさんは一体いくつの体を用意しているのでしょうか。まさか、あれでゴーゴン大公を倒すとは。まだ死んだとは思えませんが。
 前回の敵の記憶から過去の話の回想。あしゅら男爵の昔の姿とかが見れて新鮮でしたが、今のあしゅら男爵とはあまり似ていない気がします。記憶の中の敵と言えども、よくわかったな。あしゅら男爵の正体。男のほうはまだしも、女のほうは似ていないと思うんだが。肌の色とか。何でわかったんだろう。
 この段階ではまだミケーネは敵なんだな、Dr.ヘルにとっても。てっきりゴーゴン大公と手を組むと思ったから意外。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 マリア焼死か。殺したように見せかけているだけですが。
 ヒューズ准将殺しの犯人として、マリアで決定されましたね。実際はうまく脱獄してますが。あのアルフォンスと戦っていた骨とマスタング大佐には繋がりがありますし。わざわざ自分で殺させるために脱獄の手引きをするような男じゃないですからね。失敗した時のリスクが大きすぎる。それに、彼は何気に甘いし。
 しかし、マスタング大佐の部下も大変だな。約1名、どんどん押しかけ居候が増えて大変そうだ。知らない人を1人連れてきたかと思いきや3人になってるし。彼がストレスで倒れない事を祈ります。

 久しぶりにドキばくを読んだが。やはり面白いな、この漫画。早く連載再開しないかな。
 会社帰りの電車の中で読んでいるのですが、最近は疲れているせいかなかなか読めません。まだまだ残っているのに。

・君が主で執事が俺で 3巻
 漫画版の最終巻。まさか、森羅様ルートではなく、ベニスルートとは思いもよらなかった。2巻の頃からベニスが目立ってるなあ、とは思っていたけど。まさか、こんな結末だったとは。
 展開としては、錬の父親の登場と森羅様の演奏会。その2つを絡ませつつ、全てハッピーエンドに繋げてましたね。錬が父親に対して、初めて反抗したときの言葉で森羅様が励まされていたり。その直前に、森羅様の言葉で錬が立ち直ったり。互いに支えあっている姿は家族そのものですね。執事やメイドに目を奪われがちですけど、これは家族を描いた作品だったと思います。
 それにしても、最後はギアナ高地で修行か。これは声優ネタだな。

・らき☆すた らき☆すたオンライン
 結局のところ、らっきー☆ちゃんねるが一番面白い。
 らき☆すたのメンバーでオリジナルのオンラインゲームをするという話。オンラインゲームなのに、普段と全く変わらないあたりが不思議。普通は少しは態度が変わるものなんですが。無駄に丁寧語になったり。私は初期のころはそんな感じでしたけどね。
 で、勝者は意外にもゆたか。格好良いより、可愛い方が強いと言うことを思い出させてくれました。
 それにしても、大人約2名。ダメな大人の見本になってどうする。

・待ってて、藤森くん 3、4巻
 3巻はドラマガ連載分に書下ろしを加えたもの。改めて読んでみると、中学生の頃から彼が苦労しているのがよくわかります。苦労はしているけど、不幸な感じがしないのが魅力でもありますが。周りにいる人たちに振り回されていても、彼らが悪い人ではないと言うことが明確ですしね。近くにいると、うっとうしいと思いそうですけど。あそこまでやられると、逆に羨ましくもありますが。あんな学生時代を送ってみたかったって。そして、敵役の教頭がひたすらに嫌味なキャラとして描かれているのが印象的。まあ、組織には1人くらいはいた方が良いのですが。
 4巻で最終巻。生徒会長選挙の話。さりげなく辻宮常磐が大活躍。ついでに、ちょっと余計なこともしてますけど。なんだか、読めば読むほど、彼女が気になっていくと言う作品だった気がする。
 ま、この巻でやっと里見の出生の秘密がわかりました。なにやら色々と複雑な家庭でしたが、要約すると和美と姉弟でした、というだけの事。そういった事情を知らないまま、彼は吉野を選びましたけど。初恋の女の子と幼馴染の女の子。ここまで羨ましい主人公も珍しくないけど、ちゃんと決断した主人公は珍しい気がする。
 そういえば、名門の家の苗字が、一部作者の別作品であるトロイメライと重複しているけど、何か関係があるのだろうか。ちょっと気になる。

 ちょっとコンビニに行ってから、グローランサーでもするか。
 やっと自分の納得できる味を出せた。肉じゃがの話ですけどね。今まではしょうゆが少なかったのか。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 オガムのおじいさん、長生きだな、と思っていたけど竜だったんだ。眠っていたのか、不死の妙薬でも飲んでいたか、どっちかだと思っていたけど、違ったか。
 アロウンが倒れた上に、アルサルが行方不明になるわ、頼みのオガム、モルガン、オクタヴィアの3人が別行動中という最悪の状況下でアヴァロンが攻め込まれてましたね。ところが、リアンノンの指揮の下、士気が見事に回復。ガイウスとも対等に戦えてますね。向こうの援軍が早いか、アルサルの帰還が早いか、難しいところ。まあ、アロウンという友達を助ける、という自分の気持ちを理解したアルサルに敵などいない気もしますが。
 それにしても、ラスティミサイルはひどいだろ、スィールさん。

・ハヤテのごとく!!
 ヒナギクに萌えてました。温泉での1人での暴走っぷりが最高です。
 ナギの両親の関係がわかったのが今回の話か。両親ともになくしていたとは。というか、大富豪なのに、何で新婚旅行が近場なんだろう。逆に大富豪になるとそうなるものなんだろうか。
 そういや、珍しくハヤテの傷の治りが遅かったな。多分、キスシーンにあわせるためなんだろうけど。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 サイスの思惑通り、と言ったわけか。
 とはいえ、クロウディアも頭が切れますからね。案外、サイスとまだ手を組んでいるかもしれない。そこが掴めないから困る。サイス、志賀、クロウディアの3人の駆け引きに翻弄されるほうはたまったもんじゃないが。志賀は自分の兄貴を殺してますし。直後のサイスへの言葉を考えれば、志賀の兄貴に惚れていたと言う言葉は偽りじゃないんだろうけど。
 レイジは誰の手のひらの上なんだろうか。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 ダンジン、最近、ちょっと目立っているような。
 おっさんこと聖騎士のジェダ復帰。相変わらず、ぶっ飛んでます。ついでに、なぜかもててるな。不思議。ついでに、戦闘らしい戦闘もなく、息抜き間と思われる。嵐の前の静けさ、と言ったところか。
 それにしても、この間は雪山で次は夏の海か。色々と極端な世界だな。

・Pandora Hearts
 オズの妹、エイダ登場。なかなかスタイルの良い金髪美少女に成長してました。
 というわけで、そんな彼女との再会だったわけですが、オスカーのおかげで、わざわざ通っている学校に忍び込むと言う方法を取ってましたけど。挙句の果てに、折角の再会はアリスに邪魔されるし、そのままアリスとギルによるオズの取り合いが始まったし。何しにきたんだ、あんたら2人は。というか、ギルがオスカーにかなわないのはわかるが、アリスも敵わないと見える。
 懐中時計と同じ音色を奏でる人は誰なのやら。あの音楽の正体がわかれば、少しは真実に近づけるのだろうか。

・大正野球娘。
 やはり、負けたことが尾を引いていたようだな。そして、やっぱ、彼の頭は春だなあ。
 なんだかんだで、2名離脱しかかってましたが、1名ですみましたね。やはり、新聞部との掛け持ちは難しいようです。そんな事は露知らず、晶子さんは家に引きこもってるし。そもそも、最近、野球を始めた人と長年練習をしている人が勝負したら、負けるに決まっているだろうに。もしや、アン先生はその事に気づかせるために練習試合をさせたのか。
 ここから先は今までとは違う。彼女たちは負けの悔しさをばねに、厳しい練習に耐えられるのだろうか。

・プリンセスラバー!
 セイカも難しい采配だな。安易に認めれば伝統ある社交部の格式を下げることになるし、頑として認めなければ有馬が嫌いだから認めない、という話にされてしまうし。大変だなあ。
 結果だけ見れば、可もなく不可もなく。哲平にパーティを開かせて、それで決すると言うことに。でも、社交部には白石ボイスの彼がいることを考えれば、哲平が入っても問題ない気はしますけどね。どう見ても、彼は格式を下げてるって。武道をやっていた哲平の方がよほど礼儀作法をわきまえていると思うけどな。まあ、求められる礼儀作法の種類が違うけど。。
 しかし、相手が天然だと大変だな。シルヴィアもツッコミしすぎで疲れないだろうか。

・バスカッシュ!
 セラ、いつまでアランの胸を触っている気だったんだろうか。サウザントが来た時も触っていたし。
 ダンが謎の巨人と出会ってましたね。彼との勝負に彼との会話。そして、彼が掘り起こしている石。謎が深まっていくばかりです。彼が投げる球もちょっと特殊でしたし。アイスマンが腕をなくしたのも伝説に近かったからでしたし。彼の地には何があるのやら。そんなことを思っていたら、伝説殺しの暗殺者が登場しましたし。これ、何のアニメでしたっけ。
 それにhしても、ダンの言葉は時々意味がわからん。

・狼と香辛料II
 ロレンスが隠しておきたかったこと、ホロが知ってしまったか。ロレンスも悪気はなかったんだと思うのだが。まだ、一縷の希望にかけていたのか。
 ロレンスとホロとの楽しい時間は過ぎ、真実を知ってしまったホロがロレンスを疑い始めたか。ホロは予想外の真実を知って、動揺しているだけなんでしょうが、ちょっと激しいですね。ロレンスも落ち着いてもらおうと、頑張ってましたが、所詮、ロレンスはロレンスですし。こう、肝心なときに微妙に役に立たない。今回もそんな感じ。ホロを好む若い商人もいるし。さて、どうなる、この2人の旅路は。
 ロレンスがまた欲を出して、商売に失敗しそうな気がしてならない。

 洗い物してから寝るか。最近、この時間帯まで起きていることが普通になってきた。
 ヴァーチャルコンソールにファイナルファンタジー3が追加した件について。衝動的に買ってしまったよ。最近、古いゲームを買い込んでいるなあ。

・NEEDLESS
 勘違いで喧嘩を売るとは。
 まあ、シメオンの一番偉い人と同じ名前だから仕方がないのか。作中ではニードレスが生まれた理由が説明されてましたが、そんなことを無視して、主人公は喧嘩中。ギドは敵の攻撃でアフロヘアになったりしてましたが、無事でしたね。というか、直撃受けた理由が、ブレイドが敵の攻撃を避けたからだし。ブレイド、他人を守る気全くなし。
 結局、・・・本名忘れたけど、内田は仲間になりましたね。シメオンと敵対しているもの同士ですし。間違えて殺そうとしてました引け目もありそうですし。クルスの新しい仲間でもあるけど。
 どうでもいいけど、罪のないゴロツキ、という言葉には違和感を感じる。何か間違っているような、合っているような。

・蒼天航路
 呂布との戦いは曹操の作戦勝ちかな。とか思っていたら、呂布が劉備のところに攻めてるし。
 そんなことは露知らず、曹操は現在の漢帝国の皇帝である劉協の下に。劉協は曹操を見極めようとしていましたが、見極められるような存在ではなかったようです。対して、曹操も天子になる気は全くないので、劉協を支えつつ、利用する気なんでしょうが。劉協は聡明ではあるけど、曹操には敵わなさそう。
 問題は、呂布に攻め込まれた劉備がどう動くかだよな。

 もうこんな時間か。寝るか。最近、調子が悪いし。
 普通に仕事でした。ついでに、勤務先は東京。見事に曇っていてわからないままでしたね。というか、雨が降っていた気がする。

・GA 芸術科アートデザインクラス
 GAって、芸術科アートデザインクラスの略じゃなかったんですね。ずっと、その略称だと思ってました。芸術科のAクラスという意味だったのか。ずっと勘違いしてた。
 今回は主役の如月の受験前の話が印象的。というか、最後にオチが用意されていたことに驚き。まあ、世話になった方は他界されてましたけど。気休めでもからかいでも、力になったことは間違いないんだし。というか、そのおばあちゃんの孫も如月も何でだまされるかな。普通に考えて、菅原道真やアリストテレスの時代に鉛筆があるか、あったとしても、こんな場末の文房具屋に売ってるわけないだろうに。純粋な人たちだな。
 しかし、夢か。授業を受けていたら、気がついたらノートが白紙だったと言うことがしばしば。どう見ても、寝てました。本当にありがとうございます。学校とかで寝るとそんな感じですよね。耳元で変なことをささやけば、本当にそのとおりの夢を見るのか試してみたいのですが。
 ・・・どこかで聞いた漫画家だと思っていたら、ろーぷれぐるぐるの作者だったのか。
 
・戦場のヴァルキュリア
 人物関係がややこしいことになってきたな。ウェルキンが一言多いから。せっかく、アリシアと仲直りできたのに。
 まあ、ウェルキンは交友関係に関しては良いんですけどね。部下に心配されて、アドバイスを受けますし、妹にも心配されて、手料理を作ってもらったり。ただ、本人が生物学に夢中になりすぎて、恋愛に関しては全くのダメなのが原因なんですが。なかなかうまく行かないものですね。
 そんな中、約1名うまくいきそうなのがいますけど。個人的に、イサラとの仲がうまくいくことを祈ってる。頑張れ、ラマール。

 早く帰ってきたのに、寝る時間は一緒か。早めに帰宅すると、ついついだらけてしまうんですよね。
 サガシリーズがやりたくて仕方がない。

・咲-Saki-
 衣無双。
 なんというか、他の3人(主人公含む)が衣の無双に圧倒されていただけの気がします。ただ、風越だけはちょっと可哀想な気がしてきた。だって、彼女だけ、衣のプレッシャーに気づいてないし。要するに彼女だけ場違い。それに比べて、鶴賀は強いな。とはいえ、これで衣が止められるのかどうか。
 満月が出たら強いとか、どこの妖怪か。

・シャングリ・ラ
 何か、凄く暗い話になってきたな。
 蛭子の憑代にミーコが使われたり。むしろ、使えたんだ、という気持ちでいっぱいです。ちょっと蛭子が可哀想だと思った瞬間。そして、予想通り、蛭子がミクニに手を出そうとしたら、ミーコが蛭子に抗って、止めに入ってましたね。ありがちゆえに燃える展開です。ついでに、ミクニもミーコと出会って、人に頼るばかりではなく、自分で行動し始める勇気を持つようになったんだな、とちょっと成長を実感。まだ、人に頼る部分もありますけど。
 國子は凪子がアトラスの初代総裁である事を確認した上で追放。。その後は、池袋からの砲撃の正体の確認。正体は遺伝子操作で生まれた植物でしたが。ついでにモモコが大学で植物を研究していたことが発覚。どうして、あの道に入ったのかが気になります。
 そういや、植物の駆除方法はわからないままか。燃やそうとすると、それに反応して銃撃戦になるし。草薙は軍を止めたし。どうなるのやら。

 ちょっとあることで手間取っていたらこんな時間か。寝よ。
 ボーっとしていたら1日が終わってしまった。そんな感じ。RPG大辞典倉庫Lv5まである事を発見してしまったことがそれに拍車をかけた。せいぜい、パンの耳を切って、揚げた事だけが、何かしたという記憶。

・化物語
 ひたぎが狙っているとしか思えません。何だ、あの色仕掛け。健全な高校生は色々と落ち着かないよ。
 というか、今回はひたすらに会話ばかりでしたね。ひたぎの掴めない性格がよく現れていた気がします。それに、翻弄されつつもついていける暦も凄いですが。ひたぎのお礼にエロ関係を言えないあたりが、高校生らしい。そして、裸エプロンを薦めるあたり、ひたぎがよくわかりません。 
 ついで、新キャラ。今度は小学生。道に迷っているようなので、暦が手助けしようとするも、拒絶される。最後は殴られたので、ガチの喧嘩に発展。見事に暦が小学生の女の子を撃破して、高笑い。ダメだ、このアニメ、変な人間しかいない。
 OPはメインになるキャラクターが歌うことになるのか。だから、最初の時はなくて、解決編である2つ目の時はあるのかな。なかなか、面白い試み。エンディングがテーマソングになるのも含めて。

・かなめも
 かなの最初の笑顔がどんなんだったかが気になる。
 ミカとの練習後の笑顔も独特でしたけどね。なんというか、お釈迦様。笑えるけどね。悪くはないんだけど、笑える。まあ、あの笑顔ならお客さんに怖がられることもないでしょうけど。
 それにしても、代理も腹黒だな。かなの笑顔でライバルの拡張(勧誘)をダメにしようだなんて。ちょっと、かながかわいそうに思えた。彼女、本当に小学生か。
 そういや、なんで学校行ってないのかな、と思っていたけど、夏休み中だったのか。いいなあ、夏休み。

 ・・・ボーっとしている間に、グローランサーやろうぜ、私。
 アルセウス欲しさに見に行きました。
[劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール プラチナ アルセウス 超克の時空へ]の続きを読む
 見てから1週間。だいぶ、落ち着いてきたので。パンフレットも買えたしね。
[ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破]の続きを読む
 私にとっては現役なんですけどね。スーファミ全盛期に小学生だったもので。そんなわけで、評価の高いゲームを買い込む。知り合いに写真を添付してメールを送ったら、スクウェアの古き魂が形になったような作品群、と返信されてきた。さて、私が買ってきたスーファミソフトは何でしょう。ついでに、GBサガ3部作も全部買ってきてます。

・宙のまにまに
 戸松も似た感じのキャラが多いな。ツンデレと思いがちだけど、気が強い女性キャラ、というべきかな。
 というわけで、朔に惚れている強気な同級生、姫の登場。最初は美星と朔が付き合っているんじゃないかと思ってましたが、思い込みと判明。朔とお近づきになるために、天文部に入ってましたが。恋する乙女は無敵だなあ。
 美星の両親に何かあったのかな。両親によろしく、と言われたとき、一瞬ながら固まってたし。

・CANAAN
 カナンが目の前で人を殺した事がマリアにはショックだったのか。
 カナンとマリアの楽しい1日。とはなってくれませんでしたね。途中までは楽しんでましたが、途中で思わぬ邪魔が入ってしまい。おかげで、カナンはマリアを助けるためにマリアの目の前で人を殺すことになってしまいました。その事がマリアにはショックで、カナンを拒絶してしまいましたし。2人の友情は修復されるんだろうか。
 って、映画館で上映ってマジか。

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 EDは変わったけど、OPが変わっていなくて、2クールこれで行くんだ、と思っていたら、OPが変わって驚いた。そして、OP直後のあしゅら男爵のモノローグにも驚いた。何が言いたかったんだ、しゅら男爵。というか、あしゅら男爵が主人公でもいい気がしてきた。
 今回はミケーネ帝国の軍人が登場し始めましたね。手始めに戦闘頭脳が出てきましたが、ミケーネ以外を滅ぼす気満々なので、Dr.ヘルが全部破壊しましたけど。マジンガーZを奪い取るところまでは問題なかったんですけどね。その後、その思考がミケーネ以外を滅ぼす事がわかったので、破棄決定でしたね。Dr.ヘルも何気に大変ですね。ついでに、何やらミケーネの軍人が復活したようですし。
 女将と甲児が親子だと言うのがなんとなくわかったな。特にパイルダーでマジンガーZを取り戻し、ブレストファイアーで敵を撃破したあたり。まあ、そういう風に演出したからなんでしょうけど。
 それにしても、ボスボロット。期待通り。奪われたマジンガーZに向かって行って、あっさりと蹴り飛ばされるあたりが良い。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 ヒューズが死んだ事が、とうとうエドに知れたか。
 エドの周りの人は優しい人が多いですね。ヒューズもそうですが、そのヒューズの奥さんもそうでしたし。アームストロング少佐もマスタング大佐も。みんな、エドにはヒューズが死んだことを気づかれないようにしてましたし。知ってしまえば、自分のせいだと自分を責める事がわかっていたから。前に進むことを止めるとわかっていたから。実際、一度は立ち止まりそうでしたし。その背中を押したのは、ヒューズの奥さんでしたが。ヒューズの死を無駄にしないためにも、前に向かわないと。
 そういや、ロス少尉が冤罪を着せられるんだっけ。確か、マスタング大佐が彼女を逃がすために一芝居うつんだよな。

 寝るか。
 最近、やたらと腕や足がしびれます。起きた時にしびれるのは寝ている最中に体で圧迫したためだろうけど、電車で座っていたら、片足だけしびれたのはなぜだ。鞄を太ももに乗せていただけなのに。これも血圧が下がったせいか。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 アルサルの父親を殺したのがアロウンだったとは。ただ、普段のアロウンと違うようだけど、何があったんだ。
 ガイウスとの最後の戦いが近づいてますね。相手が最大戦力を整える前に奇襲攻撃をかけようとしますが、逆に敵の罠に嵌ってましたね。おかげで、アロウンが神聖魔法を使い、その姿を見て、アルサルはすべてを思い出してしまいましたし。敵の狙いはこれではなかったと思いますが、予想以上の効果を発揮してましたね。まあ、アロウンは何となく気づいていたようですけど。
 アロウンを失い、アルサルが抜けた彼らにガイウスと戦える力があるのだろうか。

・ハヤテのごとく!!
 相変わらず、ヒナギクは格好良いなあ。
 とはいえ、ヒナギクの出番が少なくてちょっと残念です。せいぜい、マリアさんとの会話でちょっと落ち込んでいたり、ハヤテの背中を押したりしているくらい。それでも、印象に残るくらい、存在感があるんですけどね。
 しかし、ナギの母親が登場か。ついでに、ハヤテが温泉でなぜか酔っ払ったナギの介抱をしたり。相手が裸でも全く気にしていないあたり、ハヤテは成長したな。
 どうでもいいけど、ロザリオとバンパイアのみぞれの声って誰だっけ。ついでに、みぞれの母親の声も誰だっけ。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 サイスマスターの計画が着々と進んでいるな。
 どうやら、彼はインフェルノを内部から破壊したい様子。というか、狙いはクロウディアなんでしょうか。どこを狙っても、最終的にはインフェルノもクロウディアも壊せそうですが。やっぱ、裏切られて捨てられたのが、よほど腹に据えかねたんでしょうね。当たり前ですけど。
 サイスマスターが本気で牙をむき始めたし。どうなるかな、レイジとキャルは。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 バロンが全く出てこない話だったな。ずっとイルベクとヒリアのラブコメだった気がします。そして、貧乏くじを引いたのが、ハルセン。最後の最後まで損な役回り。頑張れ。きっと、いつか良い事あるよ。
 しかし、カンナやらケルンやら、ゲストキャラが復活していたな。再び出てくるかどうか怪しいところだけど。出てきそうな、出てこなさそうな。

・Pandora Hearts
 ヴィンセント、確実に敵だな。
 とうとう、ジャックがオズに名乗りましたね。どっちかというと、アリスを止めるために、やむなくオズの体を借りて、オズが敵でないことを示すために、言わざるを得なかった感じですが。オズが自分の力を使いこなしていたら、まだ名乗ることはなかったんだろうな。相当な無理をしたようなので、オズの中からは消えてしまいましたが、再び会えるようなことを言っていたので、多分大丈夫でしょう。彼も、自分の親友を助けたいようですし。敵となってしまった親友を。
 オズの復活が世に知れることになったし、これで行動に制約がなくなったかな。と言うことは、そろそろ妹の登場か。

・大正野球娘。
 1回すら持たずに敗北か。力の差は歴然としているな。
 そんなことよりも、小梅に惚れた男が面白かった。春だからか、とか何とか言ってましたが、彼の頭の中が一番春でした。彼、いろんな意味で大丈夫でしょうか。キャラ的には晶子の許婚よりも好感は持てますけどね。まあ、晶子の許婚の考え方が古いとかは思いませんが。あの頃は、多分あれが普通。最近の不況のせいで、考え方が変わってきただけだろうし。
 今回の敗北は彼女たちに何をもたらすのか。ま、きっと、この敗北をばねに復活するんでしょうけどね。

・プリンセスラバー!
 個人的にはセイカが好みです。
 それにしても、良い脇役が登場ですね。哲平が名門の家の出だからと言って、一番最初に媚びを売る男。そのくせ、憎めなさそう。しかも、声が白石か。うん、いろんなアニメに出るようになってきましたね。頑張れよ、白石。ちなみに、担当のキャラの名前はハルヒコでしたっけ。
 前回助けたお姫様に、許婚に専属メイド。いくらなんでも同じ学校に揃いすぎだろ。最後のはわかるけど。金持ち学校なのはわかったけど、なぜに外国の貴族やお姫様までいるんだろうか。でも、ライバルが出てくるのは良いことですね。ヒロインですけど。

・バスカッシュ!
 バスカレないから、人殺しはしない。ダンらしいな。
 ダンにとっては、剣や槍よりもバスケットボールのほうがよほど武器になるようですね。
 というわけで、アンダーグラウンド。地中深くの街にやってきました。アイスマンはなにやら縁のありそうな街。こんな街でも犯罪者扱いされるダン。というか、犯罪者になっていない方が少ない気がする。そして、ミユキの苗字に反応する謎の科学者サウザント。今までの伏線が少しばかり明らかにされそうな予感。ダンの命を狙っている人もいるそうですし。伝説と言う言葉が1人歩きして、ダンは巻き添えを食ってるだけの気がしますけど。投獄は彼の責任であることが往々にしてありますが。

・狼と香辛料II
 なんだか、不安にさせるサブタイだなあ。
 嵐の前の静寂、と言うことで何事もなかったわけですけどね。ホロに気を持つ彼がホロの正体を知ったら、どうなるのかが気になるくらい。対して、ロレンスは錬金術師と会って、ホロの故郷の事を調べてましたし。最初こそ、錬金術師を恐れてましたが、あっさりと打ち解けてましたね。昔話や伝承で。竜やら魔法やらの話で盛り上がるのは子供時代までですから。後は、オタクにでもならない限りは、そんな話しないしね。
 というか、通常の中世ファンタジーだと錬金術師は恐れるものか。アトリエシリーズや鋼の錬金術師を見ていたら、胡散臭い職業だと言うことをすっかり忘れてたわ。中世では胡散臭い職業だったからね。今で言う科学者なんですがね。時代の変化って凄いね。

 明日はポケモンの映画でも見に行くか。ポケモンをもらいに。
 夜寝ていたら、1時間毎に目が覚めたり、朝はずっと眠かったり、終日からだがダルかったり。どうも、体調が芳しくないので、まずは体を朝方にしていくことにするか。

・NEEDLESS
 今回はイヴの話。って、あれ、子安さんはどこに。
 なんだか、子安の声をほとんど聴けないまま終わってしまった気がしますが、気にしないでおきましょう。2話目だというのに、シメオン四天王が1人、物質を透明化できる右天(イヴの命名によれば田中)が撃破されていた気がしますが、気にしないでおきましょう。というか、まだ2話目なのに四天王が1人いなくなって良いんでしょうか。このペースだと、5話目には四天王がいなくなっちゃう気がするんですが。まあ、たぶん、大丈夫だろうな。
 それにしても、5000キロカロリーの飲み物は凄いな。ドッペルゲンガーの能力を使うためには仕方がないんでしょうけど。いったい、何が入っているんだろう。ついでに、頭からぶっ掛けられると無駄にエロいのだけはわかりました。
 ニードレスの説明がOP前だけで終わったのはちょっと驚いた。

・蒼天航路
 劉備の王道が始まるわけか。
 曹操と呂布がとうとうぶつかりましたね。反曹操のための旗としての呂布ですが、そううまく行くのやら。ジュンイクは呂布に負けましたが、曹操は負けてませんし。呂布と曹操では見ているものが違うしね。そして、そこが、大きな分かれ目になる気がするな。
 しかし、劉備の軍隊はまだまだ曹操には及ばないな。関羽と張飛だけではこの先戦っていけないだろうに。

 ・・・RPG大辞典倉庫を読んでいると時間を忘れるな。明日も仕事なのだから、早く寝ないと。
 新作アニメも一巡したかな。これ以上は増えないはず。というか、1週間に何本見ている、私。

・GA 芸術科アートデザインクラス
 今期の新作、最後の作品。
 個人的にはキョージュが好みです。というか、それくらいしか、感想が思いつかない。全体的に、4コマのネタを連発している漢字。面白いかどうかで言えば、面白いんですけどね。ひだまりやけいおんのように、もう少し、全体としての流れが欲しいと言うかなんと言うか。ちょっと惜しい。
 ま、2話以降も期待してますけどね。
 それにしても、最後に出ていた提出したピクトグラムは受けた。迷走中なんて、まさに描いている本人の描いている最中の気持ちそのまま。そして、なぜかサテライトキャノン禁止、というピクトグラムを思いついた私。

・戦場のヴァルキュリア
 ロージーがダルクス人が嫌いな理由がわかりましたね。匿ったダルクス人に発作的とはいえ、両親が殺されたら、嫌いにもなります。でも、彼女自身は優しい人間だから、完全に嫌えないようですが。
 ロージーの話がメインになっていたはずなのに、そこかしこで恋愛要素がちりばめられていた気がします。ファルディオといい、その副官といい。特に副官の方は、イサラを必死に励まそうとしていたり。なんか、いじらしいですね。ファルディオは告白してましたけど。
 楽しい時間はあっという間。いつまた、命がけの任務が命じられるかわからない。その時のためにも、今はしばしの休息を。

 ・・・自民党がダメというより、自民党に所属する政治家が低レベルと化したか。自分たちで担ぎ上げた総裁をどうして、最後まで支えようとしないかな。主君が愚君であるのなら、それを命がけで諌めるのが日本人ではなかったのか。
 人気作品のはずですが、空いてました。GWに出勤した甲斐があったと言うもの。見た映画はエヴァですが、感想は後日。色々と衝撃的過ぎるので、まとめるのに数日おかないと。あと、売り切れていたパンフレットをどうやって手に入れるかが問題。

・CANAAN
 なんとなく、前日談の話(ゲームの話)がわかりました。敵にしろ、カナンやマリアにしろ、その時に何かあったのだろう。何があったかはゲームをやるしかなさそうですが。アニメの人気が上がれば、アニメになるかなあ。
 なにやら、マリアが撮影したものは、カナンと敵対する組織にとっては問題となるものだったようですね。おかげで、命を狙われることになりましたし。体の一部に蜘蛛のような痣をもってましたし。身のこなしやおつむの弱さを考えると、何かしらの改造を受けていたのだろうか。そのあたりが気になるところ。
 それにしても、中田譲治がタクシーの運転手。ちょい役じゃないか。なんともったいないことを。そして、無駄に格好良いところが素敵。

・宙のまにまに
 残り少なくなってきましたが、今期の新作。
 自分の好きなことに対して真っ直ぐなヒロインとそれに巻き込まれる幸薄そうな主人公との話のようです。主人公の不幸っぷりがたまりません。
 ま、今回は1話目ということです、主人公とヒロインの再会と和解がメインでしたけど。そりゃ、子供の頃に本を人質に取られて、つれまわされていたら、苦手意識も芽生えるだろうけど。挙句に骨折までさせられているし。ついでに、引越しの時にはお別れの挨拶もなし、だったら、思い出したくもないな。ま、最後のは主人公の勘違いで、それに気づいたおかげで、和解は出来ましたけど。結局、主人公(朔)はヒロイン(美星)が子供心に好きだったんでしょうね。だから、お別れの挨拶に来ないことや怪我させたことを謝ってくれなかった事(実際は相手が入院中で出来なかった)にいじけていただけなんでしょう。
 さて、来週はどんな展開になるのやら。しかし、極端とはいえ、母親って息子のハレの日を記念に残したがるよなあ。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 シンの国の連中の登場か。ついでに、新章と言うこともあって、OPとEDが変更されてましたね。
 軍事の錬金術に対して、医学の錬丹術。常に外敵の危険がある国家と、それがない国家との違いでしょうね。さらに、医学に特化すると言うことは、為政者が不老不死を求めている証でもありますし。そういう意味では、王位継承者を目指すために、不老不死のために賢者の石を求めてくるのは間違ってないな。
 あー、相変わらず、エドが美形だと思われてるなあ。ついでに、声が・・・いや、見間違いか。

・化物語
 しがらみを断ちたかったか。人なら誰しも思うことだから、悪いことじゃないだろう。
 なんというか、神様の適当っぷりには笑いましたが。まさか、ひたぎから取った体重を本人に返さず、間違えて主人公に返しているし。そりゃ、主人公も体が重いわ。それでも、ひたぎのヌードや下着姿を見た代金だと思えば。というか、思春期の少年にあれはきついと思うな。見てみたいけど、見せ付けられると恥ずかしいと言うか、なんと言うか。ちょっと心の中で同情したわ。うらやましいと言うよりも、可哀想に思えたよ。

・かなめも
 もう、ツンデレの釘宮は不要だとあれほど。
 かなの自転車の練習および始めての新聞配達。自転車の方はなかなかうまく行きませんでしたが、新聞配達は悪くなかったようで。時間はかかったものの、途中の夕立においては、雨宿りをしていた事は、新聞を受け取る側としてはありがたいものです。あの雨の中、突っ切られると、逆に新聞がぬれて読めなくなるからね。最初から雨なら対応策もとっているでしょうけど、通り雨には対応できなさそう。
 どうでもいいけど、学校に行かなくていいのかな。

・咲-Saki-
 衣に動きがない事が怖い。
 案の定、モモのステルスは和には通じてませんでしたね。盤面をデジタルに変換している和にとっては、気配遮断によるステルスは何の意味もなさなかったようです。和の勝利はデジタルに徹したことで、トウカの敗因はデジタルに徹し切れなかったことですね。モモは健闘した方ですか。少なくとも、トウカを完全に封じてましたし。これも、部長への愛の力か。
 最終戦ではその部長もなかなか侮れないようで。咲の3連続のリンシャンカイホウを止めてましたし。個人的には風越が可哀想で仕方がないのですが。魔物(衣)退治に来たのに、もう1人魔物(咲)がいるとか。うん、可哀想としかいえませんね。鶴賀の部長も負けてばかりの人ではなさそうですし。まだまだ楽しめそうですね。
 そういや、OPとEDが変わってたな。

・シャングリ・ラ
 人間関係がだんだんややこしくなってきたな。
 メデューサ、ディグマ、アトラス。これらをめぐる人々の罠の張り合い。メデューサを止めたり、ディグマの付き人を逮捕したり、肝心のディグマは変なところで再会してたり。凪子はアトラス建設の初期リーダーであったのは間違いなかったり。色々と謎が明かされつつ、深まっていってますね。カリンもお金がなくなって、ゼウスにハッキングして、ばれたので逃げ出してますし。この結果、國子と再会するのだろうか。
 その國子は草薙の実家で草薙と出会ってましたが。迷いのない國子に対して、迷いだした草薙の対比。とはいえ、國子も迷いながら進んでいたわけですし。その答えに、どう答える気なんだろうか。そろそろ草薙の格好良いところが見たいところ。

 明日から仕事か。やけに久しぶりの気がするな。まあ、3日行けば3日休みだ。
 なんというか、政党選挙だから仕方ないけどさ。候補者本人よりも、入っている政党とその党首しか見ていないのは問題だよな。結果的に、政治家が政党の党首の威を借りるだけの三流以下に成り下がっているとしか。政治家ならば、自分の信念でもって当選してみせよ。それが出来て、一人前だろうに。
 ま、結局、有権者が悪いんですけどね。政党ばかりを見て、候補者本人を見ていなかったわけですから。さて、どこに投票すればいいんだ。小選挙区といい、比例といい。というか、こうなったら、中選挙区復活させようぜ。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 ドライは無邪気だなあ。
 アインが見事に復活していましたね。ゴドウ組とインフェルノが近づくのを防ぐのが目的であって、暗殺そのものは狙っていなかったようですけどね。まあ、シガと手を組んでいるのですから、上を殺すのは止したかったのか。それとも、わざと殺さなかったのか、怪しいところですけどね。
 ツヴァイはアインが生きている事を確信したようですし。クロウディアの立場が悪くなってきましたし。レイジはどう動くのやら。

・Pandora Hearts
 アリスのツンデレ度がアップしていて、ちょっと萌え狂いそうになりました。
 アリス、というか、ビーラビットの力はオズでも使えるようですね。使うというより、子供が駄々を捏ねて、八つ当たりしているだけでしたが。それに、チェシャ猫の世界だったから使えただけかもしれませんし。
 そんな相手の世界にもかかわらず、ブレイクは大暴れしてましたけどね。チェインを滅ぼすチェインと契約している彼にとっては、チェインは敵ではない、ということでしょうか。何よりも、自分の責任で自分のために戦っているのが大きいのかもしれませんが。自分のためだからこそ、揺らぐことのない絶対の自信かな。とはいえ、彼の体はボロボロのようですけどね。
 そういや、ジャックはオズに名乗らないままだったな。

・大正野球娘。
 もう9人集まったのか。もう少し時間がかかると思ったけど。個人的には姉より妹の方が好みです。
 しかし、仲間になりたいけど、自分からは言い出せない。なんとなく、その気持ちがわかるな。こう、誘って欲しいけど、誘われない。だから、誘ってもらうように行動するあたり。自分で言い出せないいじらしさ。何だろう、自分でも似たようなことをしていた気がするなあ。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 カペンシスが珍しく格好良い話。
 というか、カペンシスが格好良くなる話って、何週かに1回の割合である気がしますね。大体は機械が絡んだとき。
 今回は飛行船。空飛ぶ船の話でしたが。血のつながりのない親子の愛情や同じ夢を持つ者に対する寛大さや。今回出てきた発明家は、両親に愛されて生きてきたのが良くわかりますね。それでいながら、親を助け出すための手段を冷静に考えられるところとか。最後には自分の母親を人質に取った奴らが、自分と同じ志を持っていると知ったら、手を取り合ったところとかね。ご都合主義のようだけど、それがいい。

・ハヤテのごとく!!
 ハヤテ、あの言い方じゃ、ヒナギクが嫌いだ、と言っているようにしか・・・。急いでいるのはわかるけどさ。それと、電車から人が飛び降りている、というか、走行中にドアが開いているのに、止めない電車の運転手が凄い。
 どうでもいいけど、ヒナギクの胸はもう手遅れだと思うな。だからこそ、温泉の効能に目をつけたんだろうけど。というか、温泉に入ると、ピンポイントで理数系に強くなるってのが一番凄いわ。

・プリンセスラバー!
 いきなり思い話から入って驚いた。開始5分もたたないうちに両親が死んだことを実感させられるとは思わなかった。
 それにしても、良い子安ボイス。でも、子安ボイスなので、主人公の両親を殺した黒幕が彼なんではないかと疑ってしまいます。だって、子安ボイスだし。あと、その娘の金髪が、胸の大きなセイバー(Fate)にしか見えない私はおかしいですかね。ちょっとFate分を抜いたほうがいいんでしょうかね。

・バスカッシュ!
 ミスターパーフェクト。馬鹿すぎる。たぶん、彼なんだろうけど。言わないお約束か。
 ダンがもう少し我慢していたら、簡単にたどり着けたんでしょうけど。彼の性格を考えれば、町を歩かせたのは間違いだったようですね。車の中でおとなしくさせて置けば良かったのに。おとなしくしているとも思えませんが。結局、月にたどり着いたのに、とんぼ返りさせられましたね。いったい、ダン達が見た遺跡は何だったのやら。
 銃弾よりデストロイの方が強力なのね。というか、義手だったんですか。

・狼と香辛料II
 第2部開始。まだまだ、何も始まってませんが。
 前作では色々と陰謀に巻き込まれてましたが、今回もそうなりそうな雰囲気ですね。とはいえ、第1話からそんなものに巻き込まれても困りますが。今までのことを思い返しつつ、これからどうなっていくかを匂わせていましたね。ロレンスとホロの2人旅はいつまで続くのやら。なにやら、ロレンスの意味深長な回想まで入ってましたし。
 今回のOPで出てきた人たちはどう関わってくるのだろうか。

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 初恋と悲劇の物語の幕は下りたか。
 なんというか、あしゅら男爵って意外と用意周到ですよね。殺人アンドロイドをけしかけたら、シュトロハイムの館にいくと考えて、あらかじめシュトロハイムの館のコントロールに仕掛けを入れておくあたり。しかも、それに兜剣造を使ってますし。これで、どうして勝てないのかが気になります。詰めが甘いんでしょうけど。今回もドナウに攻撃されてましたし。準備はいいくせに、勝ち急ぐからなんだろうな。
 神か悪魔か。ドナウを倒した時のマジンガーはまるで悪魔のロボットだったな。

 ドラクエ9発売ね。ロマサガ3以降と言えども、サガ信者たる身には関係のない話。そんなものよりも、DSリメイクのSa・Ga2の方が楽しみ。
 明日からちょっとばかり帰省します。というわけで、ROにも課金しました。ま、実家ではポケモンばっかりやっている気がしますが。

・蒼天航路
 趙雲が美形過ぎる。しかも、強い。もう、一般兵はこっちに来ないで、って感覚でしょうね。
 曹操は叛乱を起こしていた黄巾党を見事に味方につけてましたね。特に相手の指導者達との会話は圧巻でした。曹操の度量の大きさを見せ付けられた気分です。まるで、あの程度の民を背負えずして、天下など治めることは出来ん、と言わんばかりの感じですね。そして、彼は奸雄の道を歩んでいく。
 対して、劉備は趙雲を味方につけてましたね。当初は公孫讃に仕えようとしていましたが、公孫讃が袁紹の手の者かと疑っているので、どうにも仕えられなさそう。劉備は全く疑っていない上に、趙雲に惚れてますからね。これで、劉備を支える武将が揃った訳か。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 自分の墓を荒らしに行くアロウン。何か、変な感じですね。墓所のガーディアンには襲われてますし。
 ガーディアンロボやらオーガやらと戦ったり、帝国側ではガイウスが失脚しそうになり、最後の勝負を挑みかねない様子だったりしましたが、そんなことはどうでも良いです。アロウンの墓所に飾られていた壁画。12人の精霊とアロウンは言ってましたけど、壁画に描かれていたのは12人と消された1人。その消された1人はアロウンではないのだろうか。精霊として出来損ないだからこそ、魔王になったのか。いや、魔王と呼ばれる存在になったのか。アルサルの父親を殺した精霊の正体も気になりますが、アロウンの正体も気になるところ。
 それにしても、スィールがまともに出てくるのは久しぶりの気がするな。あと、返り血を浴びたオクタヴィアを美しいと感じた私は変なのだろうか。

 狼と香辛料Ⅱとうみものがたりが重なったので、うみものがたりを切り捨てました。まあ、実家から帰って来た時は、アニメの消化が大変そうだ。
 HDD交換によって、色々と最初からやり直しているので、適当にいじってました。IE8が不安定になったので、スレイプニールをちょっと弄っていたり。ウォークマンを弄っていたり。まあ、IE8はリセットをしたら、スムーズに動くようになりましたが。もうしばらくサブとして使ってみて、問題ないようなら、IE8に戻すかな。見た目はIE8の方が好きなので。すっきりしていてね。スレイプニールは昔のIEみたいにごちゃごちゃしていて、ちょっとね。

・戦場のヴァルキュリア
 ロージーがダラクス人を嫌う理由か。少しだけ明らかになりましたね。悲しい出来事と引き換えに。
 帝国に占領された町、ファウゼンは無事に解放できましたね。相手の将軍も最期まで彼らしい戦い方で抗ってきましたが。頼みに列車砲を乗せた車両が爆破されながらも、列車砲は動くからこそ、逃げ出したダラクス人を撃つぞ、と脅し、義勇軍が攻めてきたら実際に撃ちましたし。ここまで徹底した非情な軍人だと、嫌悪感を抱く前に敬意さえ表せそうです。非情といわれようと、残酷といわれようと、国家のために尽くしているのでしょうしね。
 対して、ウェルキンはこれが戦争だということを理解しながらも、攻めることが正しいとわかっていながらも、ダラクス人が人質にされた時は迷ってましたし。軍人であると同時に日常の感覚を捨て切れないのがウェルキンらしいですね。
 新しいOPで思いっきりネタバレされた気がする。

・NEEDLESS
 今期期待のアニメ・・・えーと、何個目だ。
 いや、もう、主役の声が子安武人というだけで楽しみでした。見てみたら、子安が実に楽しそうでした。うん、最高。
 話の流れも第1話にして、なんとなくながらもわかりましたし。というか、最初から色々とばらしすぎの気がしますけどね。いきなり黒幕がわかってますから。ただ、主人公のブレイドの正式な名前は『アダム・ブレイド』で、黒幕も『アダム』ってつくんですよね。これって、どういうことだろうね。ついでに、『ニードレス』が何か説明されていない気がします。説明は来週ですかね。
 クルスの姉は生きていて、敵になって出てきそうだな、と思うのは私だけですかね。

 うーん、IE8の調子が戻ってきたな。
 何でかは知らないけど、画面が綺麗になった気がします。あと、フリーソフトも新しくなっているのがいくつもあるので、新たにダウンロードしたり。おかげで、こんな時間だよ。

・シャングリ・ラ
 3人とも名前に『國』の一文字が入っているんだな。
 アトラス潜入作戦。相手方の擬態兵器の前にメタルエイジがなす術もなく倒されていってましたね。國子だけはとっさに気づきましたが、他の人は完全に惑わされてました。最初に出てきた小物のときはさほど脅威には移りませんでしたが、植物や建物に兵器を擬態させるとなると恐ろしいものですね。敵に気づかれないまま、敵を殺せるんですから。
 そして、そんな軍隊のやり方に、草薙は疑問を覚える。國子はアトラスの初代総裁が自分の祖母である凪子である事を知って、動揺する。凪子がアトラスを出て、地上に戻った理由は如何なるものなのか。メタルエイジを作ったことがそれと関係があるのか。気になるところ。

・咲-Saki-
 存在感がないにもほどがあるだろ。
 いやはや、鶴賀学園の桃子もやってくれますね。自分の存在を少しずつ減らしていき、後半戦に突入してからはまったく気配を感じさせない。モニター越しなら気づくのに、すぐそばだと気づかない、というむちゃくちゃな状態に入ってますね。人間業じゃないと思うんですよ。というか、麻雀とかもう関係ない気がしてきます。対するトウカは目立ち互いゆえに、デジタルの思考を捨て始めているせいか、一気に相手の土俵に転がり込んで窮地に陥ってますね。ただ、のどかなら、このステルス戦法を敗れる気がしてならない。

 いきなりIEが落ちたな。何事だ。 
 インストールは続くよ、どこまでも。そんな感じです。とはいえ、周辺機器のドライバやWindowsのアップデートはあらかた終わったので、次はフリーソフトのインストールですね。色々と実用性のあるものを選び出して、引っ張り出さないと。

・化物語
 西尾維新の作品は独特だと聴きます。新房監督の作品の作り方が独特なのは知ってます。2人を合わせたら、そりゃ、もっとよくわからなくなる。何この文章と映像と声を組み合わせた演出は。
 というわけで、第1話から、そんな世界に引き込まれてました。話そのものはまだ導入部なので、さっぱりわかりませんが、期待は持てそうです。何より、ヒロインのいたぎが良い。これはまさに良いツン・・・デレのないキャラはツンデラとは言わん。こういうキャラはなんて言ったっけ。
 民間伝承等をモチーフにした伝奇物かな。うん、こういうところから見ても、好きなジャンルになりそうだ。

・かなめも
 いきなりおばあさんが死んで、天涯孤独の身になるところから始まるとは。ちょっと予想していなかった。
 そんな主人公・・・名前はかなで良かったんだっけ、が新聞配達屋で住み込みで働く話ですね。基本どおりに変なやつらばっかりというのが良いね。みんな、良い人だけど。レズがいたり、大酒飲みがいたり、小学生が一番偉かったり、競馬好きがいたりしますけど。誰も彼も何かしらの悩みがありそうですけど、全部笑いに変えてくれそうなので、楽しみです。
 どうでもいいが、酒を飲んだ後に自転車に乗ると、飲酒運転になるんだけどなあ。

 2時か。Windows7のインストールは後日でいいか。というか、RAID用のドライバはVistaので大丈夫かな。それにしても、OSを入れたばっかりのPCはサクサク動いて良いなあ。
 というわけで、色々とインストールしてます。時間かかるなあ。

・大正野球娘。
 今期期待の新作。
 まだ第1話なので、面白いかどうかを明確には判断できませんが、個人的には期待通りですね。何でまた野球を始めようとしていたのが疑問だったんですが、それもすぐに明らかになりましたし。男尊女卑(大正時代はそんな感じ。というか、今でもあんまり変わっていない気がする)を隠さない男の野球選手を見返そうと思って、始めるのか。さてさて、彼女たちで勝てるのかな。
 しかし、ボールが頭に当たって、気絶したら水をぶっ掛けて叩き起こすか。・・・今はそんなことは流石にしないよね。

・真マジンガー 衝撃!Z編 on television
 OP直後の映像が前回とまったく一緒だったのは気のせいですか、今川監督。
 展開がむちゃくちゃすぎる。シュトロハイムに会っていたら、剣造博士が最後の最後に出てくるし。もう、何がなんだか。女将がシローの母親というだけでも衝撃的なのに、シュトロハイムが元婚約者だとか、剣造を殺したのが女将さんだとか。もう、何がどうなっているのやら。
 そして、何しにきたんだろう、あしゅら男爵は。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 うーん、私の好きな場面がカットされていたな。肉屋の親父(エドとアルの師匠の旦那)がワニのキメラ相手に大暴れする場面がさ。
 黒幕の顔見せがありましたね。ウロボロスの刺青を持つホムンクルス達の親。グリードは彼に反逆したがゆえに殺されましたけど。そして、その強欲さは製作者の裡に戻されたというわけか。ついでに、大総統がホムンクルスだということも明かされましたね。エド達は知らないままですけど。
 来週から新章か。

・CANAAN
 今期、一番期待している作品。タイプムーン信者と言ってはばからない私が、このアニメを期待しないわけないだろう。
 といっても、相変わらず、謎と伏線が多いので、第1話ではわからないことばかりですけどね。共感覚というのが何か関連してきそう、ということくらいでしょうが。あと、たぶんカナンもこの感覚を持っていると思う。それと、ぬいぐるみの頭をかぶっていた人たちは無理やりこの感覚を植えつけられて、脳と体が許容できなくなった人たちなのかな。
 というか、元になったゲームをやってないんですよね。やるべきなんだよなあ。
 しかし、第1話からバトル場面があると盛り上がりますね。今後とも楽しみです。

 さてと、ポケモンをやりながら、もう少しインストール作業を続けますか。
 ドライバが見つけられなくて、OSがインストール出来ません。おかげで、久しぶりのネカフェ。

・ハヤテのごとく!!
 イスミの家族か。・・・イスミがしっかり者に見えてくるから不思議。
 それにしても、長生きするな、この家系。ハヤテのような男から血をすって若さを保っているからか。あの婆さんみたいに。というか、ひい婆さんしか血を吸っていない気がするけど。イスミもすわないといってたし。
 どっちかというと、あの婆さんを退治したほうが世のためだよな。

・うみものがたり~あなたがいてくれたコト~
 こういうアニメなのか。魔法少女とはね。
 やはり、石になっていた亀がいなくなった長老でしたか。ついでに、空の巫女は邪悪なオーラをまとった占い師でしたか。ずっと巫女だと思っていたけど、占い師の家系だったんですね。いや、勘違い。
 迫力のないバトル場面だった気がするな。

・アラド戦記~スラップアップパーティー~
 EDは悪くないけど、OPがダメすぎる。何がやりたい。歌はまだいい、ムービーがダメだ。歌は前のほうが好みなだけど。
 なにやら、ややこしい姉妹の話でしたね。おっさんはあっさりといなくなってますし。温泉には無事に入れたみたいですが。その直後にバロンを殺すように言われた姉妹に教われてましたが。2人ともバロンに惚れたため、殺されることはありませんでしたが。というか、依頼者が誰だったか、最後までわからずじまい。いいのかなあ。
 そういや、すっかり忘れていたバロンに倒された敵の妹が出てきましたね。姉は炎で妹は氷、生きていたころは仲が悪そうだ。

・Pandora Hearts
 アリスだけでなく、ギルも100年前の人間だったとは。
 ジャックがギルに名前を名乗ったのは知り合いだったからか。オズに対しては名乗っていないはずだし。助けたのはアリスのためでしょうけど。そして、アリスが何者なのかをオズに理解させるためでもある。アリスは一度死んでいるわけか。殺したのは・・・ヴィンセントか?
 しかし、ブレイクの能力はいったい何なんだ。ついでに、新しくなったEDにいた金髪美人はもしやオズの妹。

・バスカッシュ!
 アイスマンの左手がやばそうだな。
 バスカッシュの決勝戦。無事に勝利できましたね。途中からの雨で滑りやすくなった時はどうなるかと思いましたけど。ガンツがのんびり昼飯を食っているせいで、後半になっても雨用の靴が届きませんでしたが。それに比べて、相手は空を飛んでますし。飛んでいいものなんですかね。そこが気になります。おかげで、序盤は一方的な展開でしたね。靴が新調されてからは、ダン達の一方的な展開でしたけど。よく追いついたな。
 しかも、最後はダンがパスして、セラのダンク。ゴール前でのダンのパスは誰も予想していなかったんでしょうね。そして、勝利の裏でセラの父親はその強引な手法を繰り返した結果か、殺される事に。
 ・・・指一本触れられない、と言われたから2本で触れたんだろうな。

・Phantom ~Requiem for the Phantom~
 ・・・銃の使い方をマスターするの早すぎだろ、ドライ。マジで天才だったとは。
 黒幕が段々と見えてきましたね。インフェルノというか、クロウディアと他の幹部での軋轢が少しずつ増えていっている感じがしますが、それを狙っていたのか、サイスマスターとシガは。そして、インフェルノを内部から壊すつもりか。対ファントムにはファントムを当てれば良いわけだし。とはいえ、あのっ傷で生きていたのか、アイン。
 それにしても、料理といい、銃といい、あの年齢にして、あのスペックかよ。その割には普段は子供っぽいけど。そりゃ、レイジが早く普通の生活に戻してやりたい、と思うのも無理はない。

 さてと、家に帰るか。サポートディスクを探すか。もしくは、フラッシュメモリを買ってくるしかないのかな。
 次の金曜から月曜日まで・・・。仕事が終わるかな。残りは離職票と算定月額標準と給与計算の前準備。4日で終わるのか、これ。

・蒼天航路
 前半エロく、後半は熱かったです。
 これ、本当に地上波のアニメなんだろうか、と思うくらいの表現でしたね。特に前半は。なんというか、肝心なところが見えないから余計にエロく感じました。なんというか、董卓といい、呂布といい、魅力あるよな。実際にいると恐怖の対象でしかありませんが。
 後半は篭絡された呂布と董卓との戦い。水関では圧倒的な強さを見せた呂布も1人では董卓にはかなわない様子r。なんというか、董卓の強さを最後の最後まで思い知らされた気分です。
 そして、龍がまた1匹、天に昇った。

・ティアーズ・トゥ・ティアラ
 対帝国への連合を作るわけか。
 最初の交渉相手はゲール族と祖を同じくするもの。そして、あの吟遊詩人の部族。
 族長がいないと言うことですが、なにやら、吟遊詩人が率いている節がありましたね。部族の中でも彼は一目置かれていると思われますね。アルサルとの一騎打ちに勝ったものの、アルサルの心意気には負けてましたが。怪我していると見せかけて、弱みを突くつもりが、肩を外し対等の条件で戦いを挑んできたアルサルには別の方向で敵わないと感じたんでしょうね。試合に勝って、勝負に負けた感じでしょう。
 結局、彼は帝国とゲール族、どちらに着くつもりなのやら。

・クイーンズブレイド 流浪の戦士
 最終回に戦闘教官アレインが出てくるとは。それだけで満足です。
 まあ、最終回らしい最終回でしたね。3人の敵相手に、今まで出会ってきた仲間が助けに来るあたりは、わかりやすくて好きですね。ついでに、最大のライバルメローナとの決着もつきましたし。最後は巨大化して大暴れしてましたが、目をレイナに突かれ、女王によって石にされましたし。なんだか、呆気なかった。
 ・・・うーん、ナナエルはオチ担当だと信じて、最後まで楽しみにしてたんだけどな。第2期の序盤まで待つしかないのか。

 む、のんびりしすぎたか。明日はPC改造もあるし、早めに起きるつもりだったんだが・・・。
 まあ、薬で症状は抑えてますけどね。ただ時たま異様に眠いのは・・・いつものことですね。朝飲んだ薬の副作用が夕方に来ても困るし。
 明日で1週間が終わり。土日は家でゆっくりするか。

・戦場のヴァルキュリア
 ダラクス人の町か。なぜにロージーを連れて行く。というか、次回予告でロージーの本名が明かされていたような。
 帝国に占領された街の解放戦。OPで出て来ていたのにも関わらず、出番がなかった男の登場ですね。占領された街のレジスタンスのリーダーにして、ダラクス人。初対面でいきなり悪態をついてきたロージーが気になっているようする。ダラクス人が嫌いだと言いながら、迷子になっているダラクス人の少女を見ていたら、助けようとしているあたり、完全に嫌っているわけではなさそうですが。昔、何かあったのだろうか。
 それにしても、列車砲か。戦車無しのゲリラ戦でウェルキン達は勝てるのだろうか。捨て駒にされても、結果を出して生き残ってきたとはいえ、今回の敵はいくらなんでもなあ。

・宇宙をかける少女
 神楽さん、いくらなんでも軽すぎます。そんな謝り方じゃ、相手がナミじゃなくても怒るよ。そんな、「ごめん」の一言で済まそうとしても。
 なんというか、駆け足の最終回でしたね。展開は悪くないのですが、急ぎすぎの気がしてなりません。ここ数話はそんな感じでしたが、今回は特に。気がついたら、生徒会メンバーはクサンチッペとそれなりに友好関係結んでいるし。ベンケイはすっかりつつじの尻に敷かれて、ラーメンを作り始めてますし。後者はわかりきっていたことですが。あと1クールくらい作れたんじゃないかと思う。
 それにしても、高嶺さんの出番が・・・。声優の都合かと本気で思ってします。
 あ、そうそう、イグジステンスがなかなか面白いですね。箱の中で愚痴を吐くあたりが。秋葉を探している時に『今度のクイーンは世話が焼けるな』とか箱に書いてあったし。意外でした。
 ついでに、ネルヴァルはレオパルドの性格をよくわかってるな。でも、まさか、あまりにも予想通り過ぎてちょっと驚いただろうね。プリンス・オブ・ダークネスを自分ごとを撃て、と言ったら、大喜びで撃って来た時は。まあ、ネルヴァル自身は無事でしたが。桜のおもちゃにされるかと思うと、無事ではないかもしれませんが。

 そろそろ、ROに課金するかな。
 最初は鼻が詰まっていただけだと思うんですよ。結果的に、寝ている間に喉も痛めたんですが。さらに鼻の調子が悪いので、鼻炎薬を会社で飲んだわけです。副作用で頭がフラフラになりました。しかも、鼻の調子が戻ったと思いきや、喉の調子が悪化してました。しかも、体調不良を自覚したせいで余計に。
 今日、株主総会の反省会だったんだけどなあ。おかげで、飲まされる事も食わされる事もなかったけど。・・・なんか、損した気分。

・シャングリ・ラ
 K・Dこと近衛大地が格好良かった。彼、たぶん、元空軍のパイロットだろうね。しかも、國子を熱苦しい、と評していながら、自分も何気に熱かった。ちゃんとパラシュートで脱出している辺りがさらに魅力を増しますね。
 というわけで、メタルエイジによるアトラス攻略戦の開始。残りの1クールはその話がメインになるのかな。アトラス側でも日本政府側でも色々と動きがあるようですし。さらに、この内乱により二酸化炭素市場にも何かしらの影響が出そうですし。ますます目が離せなくなってきたな。
 それにしても、ミーコはミクニの親をちゃんと出来ているな。

・咲-Saki-
 これが何のアニメかわからなくなってきました。
 それにしても、トウカが段々危ない人に。序盤から1人だけ大暴走してましたね。のどか相手に。他の連中は眼中にない、と言った感じですが、思わぬ伏兵に苦戦しそうな気がしてならない。具体的に言うと鶴賀。
 のどかの方はいつもどおり、を心がけることでとうとうリミッター解除。トウカが待ち望んでいた相手の登場です。しかも、他の3人に何もさせない、という芸当まで繰り出してますし。もしかして、めちゃくちゃ凄いことなんでしょうか。
 とはいえ、まだ半分。勝負はここからか。堅実な打ち方を勝ち上がってきたメンツ。その堅実さで誰が勝つのやら。

 鼻をかみすぎたせいか、なんだか鼻の粘膜がやばいような。
 のっけから、関西に住んでいない人にはわからない話題。関西の私鉄で使える後払い式のタッチ型のIC乗車券の事です。ちょっと、今使っているのとは別に東京三菱UFJの口座を作る事になったので、PiTaPa搭載型のICクレジットも作ろうかと思ったんですが、私、Suica搭載型のスーパーICカードを持っているんですよね。もしかして、作れないのでは、と思えてきました。とはいえ、一度作る、と決めた以上は作る。さて、どのクレジットカードと併用しようか。関東に池田銀行の支店がもっとあれば良かったんですが。

・アスラクライン
 エクスハンドラー・・・元演操者にして、罪人か。第三生徒会長の額に浮かんでいた紋章。そして、哀音を失った玲士郎の右手にも浮かんでいたことを考えると、彼女もまたかつてアスラマキーナを持っていたということか。そして、失ってしまった。
 アスラマキーナの悲しい宿命が最後の最後に明かされましたね。戦えば戦うほど、魂を削り、心をすり減らし、感情を失っていく。奏で戦わないで、と言っていたのは、操緒の感情が消える事がわかっていたからか。そして、その事を結果的に誰も智春に教えなかった。知っていたら、彼は玲士郎と哀音を止めていただろうし。自身がクロガネで飛行機を支えると言う無茶も出来なかったかもしれないし。あの場の全員を助ける事を考えたら、教えないと言う判断は正しい。
 結局、多くの謎は2期に持ち越しか。今回は第1期最終回と言うこともあって、第1から第3生徒会長まで出番があった上に、シュリさんまで大暴れ。・・・六夏会長だけ、まともに活躍していない気もしますけど。
 ・・・Wikipediaでネタバレに触れてきた。スパロボ参戦時にはデモンベインやフルメタル・パニックと相性が良さそうだ。

・夏のあらし!
 今回のような、時間転移ネタは好きです。最後の最後に見れたのはうれしいですが、ちょっと交錯しすぎて、ちょっとごっちゃになりました。まあ、カヤさんが根に持つタイプで、ハジメ並の技量を持っていることがわかりましたけど。ハジメと同じようにさくらんぼ爆弾を作っていたし。被害を受けるのは自分でしたけど。
 それにしても、この最終回。あっけに取られましたね。登場人物の服装がさ。何このコスプレ祭りは。ねぇ、何のネタだったの。あと、やたらと、OPのポーズにこだわっていた気がしますね。
 しかし、塩を欲しがっていた人は、結局、塩を手に入れたのかな。ついでに、今回は罪と罰か。なぜに。

 ・・・ふむ、Vista32bitと7の64bitのデュアルブートが一番良いようだな。VistaはXPでもいいわけですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。