三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。
ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まだ第1話ですけどね。1話目はライガーでした。次は何かな。というか、早くキングスカッシャーが使いたいぜ。

・けんぷファー
 ナツルのファーストキスは生徒会長の雫に奪われました。私も奪われたい、と思った時点で、かなり末期な私。
 というか、それ以外に書くことがないな。何気に、雫もナツルのことが気になっているようで。好きな女の子をいじめる男の子のような振る舞いですが。ナツルにかまって欲しいから、ナツルにちょっかいをかけているんでしょうね。そんな雫がかわいいと思いました。

・にゃんこい!
 ・・・潤平、悪いことはしていないはずなのに、なぜ犬のおやつを食わされることに。いや、水野が間違えて持ってきたのが原因ですけど。
 凪のおかげで、水野と2人仲良くデート、と思いきや、そんなにうまくいくはずもなく。加奈子も何かと潤平を連れて行きたがりますし。凪は潤平の想いを知って、水野と恋人同士になるようにがんばってますけど。どうも空回り気味。潤平の気持ちを多少とはいえ水野に言ってますし。ある意味、余計なお世話だけど、潤平の場合はそれくらいやった方が良いかもしれません。そうじゃないと、いつまでも進みそうにないし。
 しかし、やっと水野の勘違いが解けたから。水野、ずっと潤平と加奈子が付き合ってると思ってたし。まあ、他の女性と仲良くしている姿も目撃してますけど。郵便配達員とか。そして、新キャラのツインテール少女登場。水野との関係はどうなるのやら。しかも、相手には呪いを看破されてるし。水野には聞かれてるし。相変わらず、不幸だなあ。まあ、お化け屋敷で水野に抱きつかれていたから、その反作用みたいなものか。

 さて、スパロボやって寝るか。
スポンサーサイト
 早速やりたいので、日記をさっさと書き上げたいところ。

・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 杉崎、扱いはかわいそうだが、文章を書く才能は凄いと思った。
 新聞部に対抗して、生徒会の活動を世に知らしめるために、創作活動を開始してました。書いているのは杉崎ですが、内容を決めるのは生徒会のほかのメンバー。誰も彼も作品に性格が表れていました。くりむはお嬢様学校みたいな話、深夏は熱血バトルもの、真冬はボーイズラブ。そして、知弦さんは・・・女王様・・・。改めて書いてみると、知弦さんが一番やばかったような。真冬も大概ですが。ベッドシーン直前で杉崎が力尽きかけたのを、泣き落としで最後まで書かせましたからね。知弦さんの洗脳に恐れおののいてましたけど、真冬も結構あくどいです。深夏は自分で書いている分、マシですが。
 結局、原作であったRPGは真冬が妙なコマンド入力をしないと始まらないシステムを追加したせいで、出来なくなってましたし。たぶん、パスワードを写し間違えたんじゃなくて、作っている時にコマンド入力を間違えたんだと思う。アニメは無理ですし、杉崎案の小説は18禁になりかねないし、最後はプロモーションムービーに。真冬のプロモーションをどこかで見た気がするのは気のせいでしょうか。2年位前のアニメでさ。
 まあ、オチは予想通り。プロモーションを見て感動しても、次の日には元に戻っていると思ったわ。

 さあ、スパロボだ!
 昔のビジュアルノベルゲームなら問題なく動きそう。最近のムービーとか多用するのは難しそうですが。試してないけど、月姫とかひぐらしなら動くんじゃないかな。まあ、XPのディスクを持っているのなら、他のOS仮想化ソフトを使った方が良いと思いますけど。確かに企業用だわ。

・NEEDLESS
 クルスによる回想。第1話の逃げている場面の直前までの話でした。
 レジスタンスの事が描かれてましたが、クルスはレジスタンスに正式に所属していたわけではないようですね。アルカは彼に近づくな、と言ってましたし。ただ、クルスが姉の近くにいたいから、姉の力になりたいから、レジスタンスの手伝いをしていた感じですね。このことから、アルカ自身はクルスを死なせないようにしていた気がします。死なせないために、レジスタンスに近づいて欲しくなかったんでしょうし。それでも、クルスは近づき、最後は自分の正体に気づいてしまいましたが。
 それにしても、クルスが死んだか、と思われる終わり方の直後にあのEDはあんまりだ。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 クリスマスの話か。
 裕人がバイトで疲れている場面からして、裕人が倒れるんじゃないかな、と思っていたら、予想通り倒れました。ついでに、裕人が気づいた時の美夏の目が泣きそうな目だったな、と思っていたら、泣いていたことが発覚。これがツンデレか、と言いたい所だけど、彼女はツンデレではないと思うな。
 今回、一番不遇だったのは春香の父親だと思いますね。娘2人は裕人にべったりな上の、下の娘には嫌われたし。そりゃ、裕人に八つ当たりもしたくなる。まあ、奥さんに止められますが。しかも、奥さんは奥さんで自分の体にリボン巻いたりしてるし。父親は娘がそんなことをしているんじゃないだろうな、と問い詰めた直後なのに。まあ、そんな事が思いつく父親もどうかと思いますけどね。実行している母親も同じですが。
 そういや、冬コミは行くのかな。

 調べものしていたら、こんな時間か。先に書いてから調べものするべきだったかな。
 インストールしていないことに気づいた今日。とりあえず、ダウンロードはした。

・そらのおとしもの
 第2話で飛び立っていったパンツが戻ってくるとは。
 最近、このアニメはなんて言っていいのかがわからなくて困る。大真面目に、格好良く、変なことを平気でやりますからね。今回もEDがやたらと渋く、映像では主人公の回想でしたけど、回想されるのが散っていった仲間ではなく、燃えていったエロ本ですからね。散っていった仲間を悼むような映像と歌だけど、回想に出てくるのは様々なエロ本。どこを突っ込めばいいかわからん。
 そもそも原因はそあらが智樹の見たパンツが全部爆発するようにイカロスに頼んだことが原因ですけど。智樹もなぜか家中にパンツを飾るし。おかげで、家が爆弾ハウスになってるし。やっていることがむちゃくちゃすぎるだろ、こいつら。
 最後に出てきたのは何者だ。

・聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 こうして、魔剣アリアのマスターはセシリーとなったわけか。主従ではなく戦友ですが。
 アリアのオークション会場で悪魔になった男が登場。魔剣を手にすれば救われる、と黒衣の男に唆されただけですが。おかげで、悪魔かさせられてましたが。彼もまた戦争の犠牲者で、戦う事によって、何かを守るはずだったんでしょうね。どこかで願いが砕かれ、気がついたら堕ちていた。何かに裏切られていたのかもしれません。彼を救うには騎士として戦い、騎士として死なすことだったのかもしれない。セシリーがそれを意識していたかどうかはわかりませんが、悪魔になった彼を人として扱い、人として殺し、人として敬意を表した。故に彼は死の瞬間に救われたと思う。そうでなければ、自分を殺した女と言ったセシリーの名前を忘れない、とは言わないはずだから。
 人を守るために人を殺す覚悟。この矛盾を飲み干してこそ、騎士か。セシリーはやっと騎士になれたのだろうか。

 インストールは明日かな。
 64bitOSを使っているわけですが、普通に使う分には全く問題がないですね。Office2003も問題なく起動しましたし。ただ、東方がちょっと変な事になってますが。ゲーム自体は問題なく起動するし、プレイ出来ますけど。

・アスラクライン2
 こうして、少年は1つ前に進む。
 加賀篝が助けたかった2人の少女。琴里とクリスティア。その2人を失った加賀篝。初登場は凄く嫌な奴だったのに、ここに来て良い奴に思えてくるから困る。こいつのせいで哀音(第一生徒会会長の玲士郎のベリアル・ドール)がいなくなった事を考えるとね。琴里もクリスティアも愛情を失い、失われながらも、最後まで加賀篝を守ってましたね。その生き方に心打たれ、やっと智春が覚悟を決めた。まあ、操緒の魂を削っている事は操緒自身は気づいていたようですけど。操緒も、奏もそうですが、智春を守るためには命を懸ける事は厭わない。結局、ぐだぐだ悩んでいるのは男だけで、女の方が精神的に強いな、と思わせる話でした。
 科学部部長の目が気になるな。いや、コアラのぬいぐるみ姿のままだったけどさ。あの意味深長な表現は何だ。

・夏のあらし!春夏冬中
 ハットハムサンドがどうして、スチームアイロンになるんだ。どう考えても食べ物じゃないだろ。
 潤の家が舞台でした。一は楽しそうに人の部屋をあさってましたが、目的のものはあれしかなかったわけか。潤は自分が女だと感づいたのでは、と危惧してましたが、危惧する理由もわからないが、そんなわけないよな。年頃の男が友達の家でがさ入れをするのは、なあ。あれしかないわな。私はやったこともやられたこともないけど。私が気づいたのは、一がベットの下を調べた段階ですけど。ちょっと遅かったかな。
 それにしても、カヤさん、結構抜けてますね。写真を隠したら昔の写真に夢中になり、下着を隠したら風呂を洗い始め、シュークリームを置いたらアラシに食べられ、食べられないように持っていたら潤に潰される。はて、かなり運が悪いような。というか、アラシに食べられるのは読めただろうに。なぜ皿に置く。思いっきり、食べる気満々だったよ。というか、なぜさっさと食べないかな、この人は。
 しかし、久しぶりにあったな。漫画じゃなくて活動写真でしたが。黒き獣というから、何かと思ったら、セーラームーンかよ。確かに、黒かったけど。

 辞書登録に夢中になっていたら、またこんな時間。
 欲しいものが売っていなかったので代わりに買ってきました。しかも64bit版です。秋葉原のソフマップで買ったら、なぜかリトバスの小毬の下敷きとポスターが貰えました。どうしろと、というよりも、なぜ?
 しかし、IE8の64bit版はソフトが対応してないから、Flashが見れないとはな。しばらくは32bitの方で我慢しよう。

・WHITE ALBUM
 緒方さんが神崎社長に出した交換条件って、まさか理奈を神埼社長のところに移籍させることか。
 冬弥の与り知らぬところで色々と動いてますね。マナも美咲さんや彰と会ったおかげで、冬弥の恋人が由綺だ、と信じるかと思ったんですが。強情にも認めようとしてくれませんね。挙句、あまりにも冬弥の事を悪く言うから、はるかの気を悪くさせますし。実際に会わない限り、信じなさそうだな。
 そんな中、理奈の移籍話は消えず。移籍決定のようですし。移籍先は続き、という事になったけど、話の流れを考えるとな。緒方さんは神崎社長から手に入れた絵画を偽者と気づいて、思いっきり落書きしてますし。しかも、それを返せ、と神崎社長に言われて、代わりにスタジオと・・・。という流れがあるからなあ。
 どうでもいいけど、緒方さんは神崎社長の嘘を見抜いていそうなんだけどなあ。むしろ、それ幸い、と思って乗っているような気がする。もしくは、偽者と気づいたから返却したかったんだろうか。
 
・とある科学の超電磁砲
 アニメオリジナルの話は続きますけど、ちゃんと話は進んでいるんですよね。都市伝説にかこつけて、レベルアッパーの話も出てきましたし。他の都市伝説が脱ぎ女(木山・暑いとよく脱ぐ)やら能力無効能力(幻想殺し・要するに当麻)だったのは面白かったんですが。伝説というより実在してるよな。
 というわけで、上条当麻登場。そんな彼が助けようとしていたのが木山。卵の特売のために押し付けられたのが美琴。変な関係だな。あと、当麻もそんなに仲が良い友達というわけでもないのに、美琴に良く押し付けられたな。まあ、いきなり脱ぎだしたので、逃げ出してしまっただけですが。周りに勘違いされるし。当麻の次は美琴が。確かにいきなり目の前で脱がれたら、別の意味で怖いな。
 というか、出会ったころから、ずっと美琴は当麻に会ったら喧嘩を売ることにしていたのか。そして、いつも無効化されるため当麻は負けないのね。買っているかどうかは別にして。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 何を言われても行く道は1つしかなく。
 大総統が、いや、ホムンクルスが目をつけていることをばらしましたね。目をつけられていることに気づかなければ、平穏に過ごせますが、見張っているぞ、と脅しをかけるほうがよほど怖い。それを実行したわけですね。エドやアルだけでなく、ロイにも。誰が味方で誰が敵かもわかりにくい。アームストロング少佐は信頼できますけどね。軍上層部から見ればちっぽけなメンバー。それでも、何とかできると信じて、今は動くしかないのだろう。グリードの中でグリードを乗っ取ろうとするリンのように。今は雌伏の時なんだろうな。
 来週は、日曜17時からやるにはやばそうな話だよな。

 さてと、もう少し色々とインストールしてみるか。
 炬燵布団を出しただけですけどね。布団があるだけでも結構暖かいものですよ。

・11eyes
 頼れる先輩、陰陽師にして剣士草壁美鈴。彼女が憧れた先祖。70年前に失踪したというが、赤い夜の中で彼女と剣を合わせた黒騎士じゃないだろうか。あと、EDで出てくる二刀流の女性の事なのかな。
 さて、そんな彼女に剣を教えてもらおうとする駆。ゆかを守りたい一心からでしょうけど、美鈴には最初は断られてましたね。次は入門試験とも言えるべき事をさせられてましたが、一向に上達せず。いきなり強くなれるわけない、とわかっていても、敵を倒すためにも一気に強くなりたい、と思っているからでしょうけど。まあ、眠っているだろう能力が目覚めるのを待つしかないんでしょうね。そう考えるのも変な気がしますけど。
 新たな仲間も現れたし。少しは赤い夜での戦闘は楽になるかな。主に美鈴が。

・真・恋姫†無双
 公孫讃、ある意味で死亡フラグだったな。もう出番もないだろうし。最後に影の薄さを挽回してましたけど。変な太陽光のおかげで見れなかったけどね。
 というわけで、袁紹との宝剣をめぐっての良くわからない勝負のオンパレード。やたらと変な勝負ばかり。エロかったのは最後のと胸でうなぎをはさんで捕まえる、くらいかと。今回に関しては、趙雲は比較的まとも。貝合わせもちゃんと説明していたし。むしろ、その言葉を他の何かと勘違いしていた孔明の方が変でした。たまにこんな趙雲も良いな。
 で、肝心の宝剣は袁紹が袁術に渡してしまったというオチ。宝剣を巡る旅は終わらなさそうです。

・DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
 契約者を殺す契約者か。対価は折り紙を折る事。
 先週の予想通り、ヘイが契約者としての力を失いましたね。もともと契約者ではなく、戦士でしたから、十分戦えているようですけど。相手が能力者だとどうしようもないみたいですが。
 そんな中、蘇芳が契約者として覚醒。人が死ぬのも殺されるのも殺すのも嫌だった彼女の目の前で大量の人が殺し殺され、その大半は契約者によってなされる。その事実を理解したとき、彼女の中で何かが覚醒した。紫苑が渡したお守りに何か関係がありそうですけど。彼女にとって命を奪う代名詞である銃が出てきましたし。一体、どういう原理なのやら。ヘイの契約者としての力も吸収していたみたいですし。
 しかし、マオが復活か。てっきり、組織によって記憶のデータを消去されたとばかり思っていたけど。素直に嬉しいね。そして、インを殺すと宣言したヘイに何があったんだ。

・クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者
 結局、借り物の力では勝てない、という事ですね。エレナの勝利か。
 ・・・ダメだ。書く事が思い浮かばない。あえて書くなら、アレインの出番が多くて嬉しかったです。来週は師弟同士のタッグ勝負。エキドナとアレイン、どちらの師弟コンビが勝つのやら。というか、エキドナとアレインにはどんな関係があるんだ。考えてみれば、エキドナもエルフだし。

 さてと、明日は出かけるし。ちょっとは早めに起きる努力をするかな。
 今週は昨日までは精神的に大変な仕事だったので、相対的に楽に感じましたね。来週も比較的楽そう。再来週は面倒そうだけど。

・けんぷファー
 生徒会長である雫の一挙手一投足を見ていれば、それなりに楽しめるアニメだという事がわかりました。やはり、生徒会長が一番だという事か。私の目に狂いはなかったな。
 正直、それくらいしか思いつかない。まあ、ナツルが女姿の時のために下着を買いに行ったら、生徒会長や沙倉に出会って、ラブコメみたいな展開になる話。何気に生徒会長までナツルに気があるように振舞うものだから、余計に混乱が。
 とりあえず、次回のミスコンでひとまず決着がつくだろうけど。もう、生徒会長が出てくるなら何でもいいです。

・にゃんこい!
 男か女か、どっちか良くわからなかったんですよね。女のような気がするけど、男かなあ、と思っていたものです。結論は女でしたが。一ノ瀬凪。あまりにも中性っぽい姿から、初恋の人に男と思われて、それ以来、男勝りになっていった可哀想な方。
 そんな彼女の実家は極道のお屋敷。しかも、我らが主人公の潤平は彼女からの決闘を無視して、彼女に風邪を引かせた直後なので、生きた心地がしてませんでしたが。しかも、彼女の飼い猫からは依頼を受けるし。まあ、この依頼が、凪に恋をさせてくれ、という事でしたが。この依頼と凪が雷を怖がっているあたりから、何となく彼女が女性だという事を気づけましたけど。潤平が彼女が女であると気づく直前くらいに。結局、潤平の優しさに惚れたのか気に入ったのか。自分にない美しいものに惹かれる、といっていたが、どこに惹かれたのやら。住吉の場合は胸でしたが。
 しかし、凪の飼い猫のジョセフィーヌの関西弁が若干、うつっていたな。潤平も。微妙な発音のおかげで、耳障りだった。それと、凪の家の爺、雷に打たれまくっているのに、なぜに生きてる。

 明日は少しのんびり過ごすかな。まあ、1週間分の朝食と夕食のおかずを作りますけど。
 早速、64bit版を購入して人柱になりたかったところですが。ちょっと別に急いで買う必要のあるものがあったので、そっちを優先させるつもり。ただ、中古でしかまず見つからないものなので、次の日曜に探しに行って売ってなかったら、DSP版ではないWindows7を買ってきても良いかな。

・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 深夏さん、なんて事を言うの。なんて事を言うの。ラノベで富士見ファンタジア文庫よりも先に別の出版社のラノベを言うなんて。というか、インデックスはとある魔術の禁書目録の事だというのはわかるけど、もう1つの作品は何だろう。
 新聞部の取材を通して、杉崎のちょっとばかり触れられたくない様な過去の話が顔を出してきましたね。本人はその過去を乗り越えているのか、新聞部の取材であっさりと認めて、その記事を見ても特に気にしてないようでしたが。生徒会のメンバーも杉崎から二股をかけられた女性が幸せだと聞いた時点で、もう気にしないみたいですし。なんだかんだで、生徒会メンバーの絆の深さを垣間見た気がします。
 それにしても、相変わらず知弦さんの女王様っぷりが素敵だ。新聞部を完全に見下しているあたり、力関係がはっきりしてますね。あと、意外と真冬もいい性格してるな。

 ちょっとサガ2やってから寝るか。
 ワイヤレス用のキャラを鍛えています。本来は2周目に入りたいところですけどね。とりあえず、刀をマスターしたので、次はエクスカリバー用に大剣をマスターしたいなあ、と思いつつ、基礎能力を上げているところです。素早さと魔力は早くカンストさせたいところ。

・NEEDLESS
 第四波動はエネルギー吸収。クルス、よくわかったな。
 エネルギーというか、主に熱量を吸収し、照射しているだけなんですね。問題はそれをうまく戦闘で使いこなせるかどうか。左天は使いこなしてましたけど。時に熱を奪い、放射する事で気圧の変化を引き起こし、風まで操っているように見せかけてましたし。相当、戦闘が巧いとしか言いようがない。フラグメントの秘密がわかったからといって、容易には勝たせてくれそうにないですね。
 さらにもう1人の四天王のアルカ。クルスの姉でしたが、クルスすら騙していたようで。しかも、能力は左天すら凌駕しているんじゃないかと思わせるくらい強力ですし。照山と同じ炎のフラグメントのように思えますが、セトの剣を溶かし、炎のフラグメントを持ち、熱耐性を持つはずの照山すら溶かしていることを考えれば、単純に炎とはいえそうにないですね。むしろ、分子構造を操っているように思えてしまう。
 弟のクルスの命すら奪おうとしたその時、我らの神父の登場か。クルスの命を一度救った以上、自分の目の前では死なせるわけにはいかないという事か。第四波動を覚えているから、アルカのフラグメントにも対応できるかな。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 乃木坂家と肩を並べる名門の天王寺家か。娘の声は釘宮でしたが。おかげで、とらドラ!ネタや灼眼のシャナネタなど、電撃文庫でかつ釘宮ネタが出てきましたね。他のネタはわかりませんでしたが。
 そんなお嬢様の下で春香へのクリスマスプレゼントのために裕人がバイトしてましたね。彼女の無茶なわがままに振り回されてますが、姉や担任教師や、いつの間にやら春香の妹の美夏にまでふりまわされていたおかげか、彼女のわがまま程度なら対処できてしまうあたりに哀愁が漂っている気がします。というか、美夏も裕人を振り回す方なんですね。挙句、せっかくバイトしたのに、姉と担任教師が天王寺家で暴れて屋敷を7割近くも破壊したので、バイト代はわずか5円。というか、屋敷の修繕費や警備員の治療代を差し引いて赤字が出ない事の方が驚きですが。一体、いくら稼いだんだろう。
 結局、春香へのクリスマスプレゼントはどうするんだろう。それとヒロインよりその妹の方が出番が多かった気がする。

 ・・・やべ、明日も仕事なんだから早く寝ないと。
 マイクロソフトの公式ページから、今使っているPCのソフトや周辺機器がWindows7で使えるかどうかがわかるソフトがダウンロードできたので、ダウンロードした。インストールしようとしたが、なぜかインストールできず。私のPCは普通にVistaを使っているだけなんですが。なんでさ。

・そらのおとしもの
 ひよこもさばける生徒会長。ふふ、本当に素敵だ。というか、一家に1人は欲しいね、こんなハイスペックな人。
 頼れるかどうかイマイチよくわからない、空飛ぶ変態こと英四郎がイカロスの秘密に迫ろうとする話でした。智樹かそあらはいつもどおりでしたけど。なんというか、ラブコメ担当。川に落ちて下着が透けてたし。見ていた智樹が殴られるのは理不尽な気がしなくもない。生徒会長の美香子は恐怖を担当してましたけどね。ひよこだろうが、巨大魚だろうが、さばける彼女は良い奥さんになれると思います。
 英四郎はそんな中、イカロス相手に色々と実験をしてましたね。数学の問題を解かしたり。1人で買い物に行かせたり。イカロスのスペックを徹底的に調べていたり。愛玩用のはずなのに、不必要なまでに戦闘用のスペックが高いのが気になっていたんでしょうけど。それもこれも、智樹へ害を与えるんじゃないかという理由でしたが。何気にみんなに心配されているんですね、智樹は。そして、気がついたら、イカロスの中では英四郎が智樹のマスターになってる。まあ、確かにそんな感じですけど。

・聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 死を恐れない事と死の恐怖に立ち向かうことは違う。多くの騎士はわかっていなさそうだけど。そういう意味では人を殺す事を恐れたセシリーは正しいのかもしれない。ただ、助けが入らねば彼女が死ぬところでしたが。
 別段、予想通りでもなんでもなく、当然の帰結として、前回の最後に登場した女性は魔剣でしたね。あえて属性をつけるとすれば風属性。魔剣形態時には一振りで風を巻き起こす。その威力ゆえに戦争中は彼女を求め合い、仲間同士ですら殺し合いをしたようですが。彼女自身は優しい心の持ち主のようですが。人を殺す剣でありながら、必ずしも人を殺めたくないような雰囲気でした。人を殺したくないセシリーに素直に交換を持っているようですし。彼女がセシリーの剣となるのはそういう理由からかな。
 リサに対して同じ存在のような言い方をしたのはなぜか。そして、神を殺すとはどういう意味なのか。ルークも神を殺す剣を求めているようだし。前回の話を見る限り、神は悪魔を指しているような感じだし。なぜ、それを求める。

 もうこんな時間か。ちと無駄に時間を過ごしたか。
 前回の記事のタイトル。どう見ても、サガを21周クリアしたように見える。正確にはサガ2を1周クリアしただけですが。間に句点くらい入れようぜ、私。

・アスラクライン2
 ミサオが消してしまいかねない恐怖が、トモハルの決断を鈍らせているな。
 コミカルな話かと思いきや、終盤で様変わり。もともと話は後半に入っていたわけですから、あまりコミカルな話ばかり続けるわけにも行きませんか。前半はただのラブコメだったのに。ミサオは嫉妬しているようでしたが、トモハルはカナデではなくミサオを選びそうな気がする。ミサオに対して、恋人が出来ないのはミサオのせいとか言っているのも、彼女への軽口だろうし。ついでに、彼女なら許してくれるだろうという甘えもあるかな。だからこそ、彼はミサオを失うのを恐れるわけですが。カナデはカナデでトモハルを守るために命を賭ける気ですし。愛されてるね、トモハルも。
 アスラ・マキーナの研究所の戦い。窮地に陥ったトモハルを助けた影は彼の兄か、それとも、カガカガリか。ニアを人質にとった学生連合の奴もどうかと思いますけど。やっている事が見事に悪役。いずれトップになるとか言ってる時点で小物。来週あたり、早々に退場しそうな予感。

・夏のあらし!春夏冬中
 OP前が一番笑えたわ。サンドイッチを頼んだのに、どうしてルービックキューブが。確かに色とりどりではあるけど。食べ物じゃないだろ、それ。
 今回は感覚的には2話構成。やよゐの通じる相手を探す事と、ハジメがアラシを好きになった理由を探す事。
 前者は意外な結末でしたけど。まさか、癒し系の年上男性のペットの犬が通じる相手とは。今までの苦労はなんだったんだろう、と思うくらいに。具体的に言うと探偵の。毎日2人分の生気を吸われ、犬(やよゐの通じた相手)には吹き飛ばされ。踏んだり蹴ったりだな。ハムチーズサンドを頼んだら、ルービックキューブが配達されるし。まあ、彼にはそういうギャグの方が似合うな。
 後者はハジメがアラシを好きになった理由をアラシが知る為に過去に行く話。まあ、そこでアラシがハジメと一悶着起こした事がハジメがアラシに惚れる理由だったわけですが。このアニメでは散々使われていた手法なのに、気づかなかった。いや、アラシの性格なら忘れていてもおかしくないなあ、と本気で思ってしまって。アラシにとってはなんでもないことだけど、ハジメにとっては強烈な印象を与えただけかもしれないし。そんな方向だと思い込んでしまった。不覚。
 そういや、ハジメって科学っ子だったんだ。そういや、時間回帰の話とか、やけに詳しかったよな。

 今日はもう寝るかな。
 まだ2周目がありますけどね。ある方法を使えばアイテムの引継ぎも出来ますし。エクスカリバーと魂の勾玉を全員分揃えるために4周するのも良いかもしれない。

・WHITE ALBUM
 リナが緒方プロダクションから独立。ユキが1つのプロダクションにつき1人しか出れない音楽祭に出るために。という事は、リナとユキがここで争う事になるのか。
 トウヤの父親の病状もまた悪化してますし。ヤヨイさんはトウヤにユキの事を諦めろ、と言いたいようだし。アキラはトウヤの父親が倒れたのは自分のせいだと責めてるし。うん、相変わらず暗いわ。トウヤも父親が倒れてからは何か変わった気がするし。緒方さんのライバルの神崎社長も何やら考えを隠しているみたいだし。緒方プロダクションもトウヤもユキもどうなるのやら。幸せな結末が思い浮かばないよ。
 そういや、神崎社長の娘なんだよな、マナは。なぜ苗字が違うんだ。

・とある科学の超電磁砲
 オリジナル展開が続いていますが、本編の内容が姿を現しましたね。能力のレベルがデータと違うのはなぜか。
 今回も楽しませてくれました。本編である禁書目録の方にも出ていない学びの園が舞台でした。まあ、お嬢様学校が固まっている学区なんですが。常盤台も園中の1つ。初春と左天は黒子に招待されて入る事ができたわけですが、そこで見事に事件に巻き込まれてます。左天が濡れた制服の代わりに常盤台の制服を着てしまったばかりに。常盤台中学に歪んだ恨みを持つ少女に眉毛を悪戯されてしまうし。結果的に、そんな彼女の心を開かせたのも左天でしたけど。彼女の眉毛に悪戯し返そうとして、相手も変な眉毛だったから、あっけに取られて適当に慰めるから。そして、そんな左天の眉毛は1週間はそのまま、と。オチがついて良かった。それにしても、今回の犯人、眉毛の手入れとかはしてなかったんだろうか。まずは試してみようよ。
 相手の認識をごまかす能力か。監視カメラにうつったりしたらばれるのに、どうやって学びの園に侵入したんだろう。明らかに制服が違うし。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 エルリック兄弟とホムンクルスの親玉との邂逅。リンのグリード(強欲のホムンクルス)化か。原作を読んだのはこの辺くらいまでかな。
 ホムンクルスのおとうさまによって、一時的に錬金術を封印されて思わぬ苦戦どころか、完全な敗北になってましたが、スカー達のおかげで何とかなってませんね。リンは望んで賢者の石を手にしてましたが、エルリック兄弟は捕まりましたし。スカーに真実を教えられただけでも十分かな。とはいえ、エドの立場が危うくなりそう。だから、北に行ったんだっけ。
 リンは自我を失ってはいないか。グリードが気に入るくらいの強欲だしな。体を明け渡しても、心は明け渡す気はなかったということか。

 サガ2クリアしたから、攻略ページを見ていたら、こんな時間か。さてと、サガ2で闘技場にでも挑戦するか。
 やるべきことをやってから、昼寝をしたのが良かったのかな。17時に寝て、起きたのは20時だったけど。

・11eyes
 死んだはずの姉と姉がいたところに置かれた手紙。主人公が悪魔を呼び起こしたか。悪魔というのは赤い夜の支配者達のことなのだろうか。
 相変わらす、見ている人を置いてきぼりにしている気がします。実際、主人公も置いてきぼりだから、それはそれで当然なのかもしれない。赤い夜にとらわれているのは主人公だけではないようですし。そして、主人公以外は何らかの力を使い、彼らに対抗している。今回助けてくれた人は刀使いで陰陽師。もともとの素養はありそうな人ですけど。主人公の見えない片目が赤い夜やら主人公の能力に関わってくるのだろうか。
 主人公のバイト先の新人。何者だ、彼女は。傷が一瞬で治っていたし。彼女も赤い夜の関係者か。

・真・恋姫†無双
 先週も書いた気がしますが、趙雲が良い味を出してます。
 本物の劉備が登場しましたね。どうやら、前作で劉備を名乗っていたのは彼女から剣を奪っていた偽者だったようです。その剣は公孫讃が盗賊から奪い返していたようですけど。というか、公孫讃も昔の学友が持っていたものくらい覚えておけよ、とは思うけど。というか、公孫讃って誰だっけ。
 それにしても、黄忠さんは恐ろしいな。偽者の劉備は二度と近づかない方が良さそう。そうじゃないと、命が危ない、というレベルではないし。
 しかし、湯気と太陽光が邪魔な話だったな。

・DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
 今回は主役は蘇芳というわけか。だったら、あのOPも納得がいく。
 蘇芳が行動を起こし始めましたね。ヘイを見つけるために偽者の手配書まで作り出しましたし。おかげで、ヘイに見つかりましたけど。ついでに胸まで触られましたけど。そして、紫苑ではない事がばれましたね。そのためか、ヘイは蘇芳を守るように動いている気がしますけど。ヘイと一緒にいろんな組織から追われてるし。ロシア、イギリス、あと日本もか。ヘイはアメリカに雇われているようだし、インを失っている節もあるし。この2年間に何があったんだろう。流星のかけらを探すのもそれが関連しているのだろうか。
 それにしても、相変わらず、契約者としての対価が面白いな。男とキスをしなければならないとか、マジックの種を明かさなければならないとか。真面目なものから笑えるものまで。対価に一貫性がないところが好きです。
 ヘイの星が消えたということは、契約者としての能力を失った、という事なんだろうか。

・クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者
 ・・・聖なるポーズ。信仰している神様は絶対に聖属性じゃないだろ。むしろ、性・・・。ああ、だから、せいなるポーズか。
 クイーンズブレイドの幕開け。女王は因縁のあるもの同士を戦わせる組み合わせを行ってますが、目的がイマイチ不明確。その人の中に隠された裏の顔を表に出したがっているようですが。なぜ、そんな事をしようとしているのかがわからない。ついでにリスティを操ろうとしている事もわからない。メローナが次回予告とEDをやっているのは、出番がないからだというのはわかります。というか、EDが一番面白い気がしてきた。
 エレナは昔、いじめていた使用人と。トモエは出会った神官と。前者はともかく後者はそんなに因縁がないと思うんですけどね。

 明日は休みだし、もう少し起きていても良いが。もう寝るか。
 HDDケースを買ってきたので、昨日、引っ張り出した内臓HDDを格納。無事に認識したので成功。あとは中のデータを入れ替えて、デフラグすれば完了。妹にでも押し付けるかな。もしくは、ノートPCを使っている人にでも。

・けんぷファー
 好きな女性が自分の女性姿を好きで、男性姿にライバル宣言。変な関係だな。
 というわけで、変な三角関係が勃発しました。ナツルと佐倉の間で。それに茜も入るはずだから、四角関係かな。もう、何が何やら。その原因は、ナツルを百合扱いした新聞部とナツル(女)がナツル(男)と付き合っているという噂を流したドS生徒会長にありますが。佐倉はともかく茜まで混乱するのはどうかと思う。
 それにしても、ナツルのクラス、むしろ、女子部は全体的に変な奴が目立ったな。変な奴が多すぎて、新聞部の奴がまともに見えてしまう。悪い意味でのジャーナリストだったけど。事実を曲解しているというか、誇張していると言うか。好きだけどさ、ああいうキャラは。

・にゃんこい!
 水野視点ではジュンペイとカナコ(幼馴染)は付き合っている事になるのか。ジュンペイにとっては不幸な勘違いでしかないな。
 前半では郵便配達の手伝い、後半では水野との出会いの回想。全く関係なさそうでちゃんと繋がってましたね。郵便配達の手伝いはいつものように猫の手助けをしつつ、綺麗なお姉さんと一緒にいたため、いろんな人に怒りを買ったり(カナコ)、弱みを握られたり(妹)、勘違いされたり(水野)となかなか大変な事に。水野はジュンペイはカナコと付き合っているから、あの郵便配達の人は恋人じゃない、と別のところで勘違いしてますけど。妹には弱みを握られた感じですけどね。やはり、ギャグ漫画の主人公はこのくらい不幸じゃないとね。それに、綺麗なお姉さんの胸に顔をうずめられた人が不幸とは思わない。
 後半では水野との出会い。一番予想外だったのは、彼女が意外と成績が良い事だろうか。入学式において、新入生代表で挨拶してましたし。てっきり、おばかキャラだと思ってました。いや、本気で。そういう意味では本当に意外でした。ジュンペイとの出会いは色々と予想外でしたが、まさか、猫を助けるために木に登って、木から落ちて、受け止めようとして転んだジュンペイの上に着地するとは。正直な話、その部分を見ただけでは、ジュンペイが惚れた理由がわからんかった。その後のやり取りで何となくわかったけどさ。
 最後にさらに新キャラの登場。水野の部活の先輩だが、ジュンペイを気に食わない様子。来週もやっぱり楽しみにしてしまう。

 もうこんな時間か。明日は特に用事はないけど、さっさと寝るか。
 認識してくれなくなった外付けHDDがあったので、ケースをはがしてHDDを取り出して、内臓HDDを挿して読み込むのを使ったら、普通に認識されました。どうやら、HDDではなく、HDDからUSBに繋ぐ部分に問題があったようです。おかげで、閉鎖されたサイトの小説が取り戻せた。閉鎖される前に圧縮ファイルでダウンロードできるようになっていたから、回収しておいたんですよね。まあ、全部じゃないんですが。他の小説もダウンロード出来れば良かったのに。好きなサイトさんでしたから。私が小説を書こうと思ったのは、あのサイトがあったからだし。泉蓬寺学園はもうないんだよね。

・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 知弦さんになら洗脳されても良い、本気でそう思いました。
 本当に感想がこれだけでも良いかな、と思ってしまうくらいに知弦さんが印象に残ってます。OP前の図書室に電撃文庫が大量に入っている、というネタすらをも忘れるところでしたね。というか、富士見ファンタジア文庫の作品のアニメなのに、ライバルの電撃文庫を普通に許可するあたりが、この作品のノリをあらわしている気がします。少量の自虐ネタは良い。あまりに多くなると鬱陶しいですが。
 今回は生徒会長くりむによる中間テストに向けての勉強会。かけらもしていなかった気がしますけどね。なぜか、国語の勉強でも遊戯王が始まったり、鉛筆と消しゴムで攻めとか受けとか始まったり。気がついたら、知弦さんがくりむと鍵を洗脳してたり。ああ、知弦さんが素敵だったんで、もうどうでも良いですね。
 結局、くりむはノートを書いたのにもかかわらず、勉強せず、反省もしなかったので知弦さんに怒られてましたが。見るものの背筋を凍らせる怒りっぷりの知弦さんも素敵。
 ・・・もうダメだな、私の脳が。

 明日は帰りに内臓HDD用のケースを買ってくるか。
 3ヶ月に1度の割合で変動がくるんですよね。アニメで曜日を確認する生活をしていると。今週からはある程度固まっていきそう。

・NEEDLESS
 第四波動か。これが一番の必殺技で他のは補助程度なのだろうか、左天にとっては。そもそも、フラグメントはなんだ。遺伝子がどうとか言っていたら、遺伝子を読み取り、相手のフラグメントを吸収するとでも言うのか。
 シメオン四天王左天がとうとう参戦。いくつものフラグメントを使い、ブレイドのゼロですら覚えてる事ができない。正確には覚えているけど、使い方がわからない状態。左天による車の例はうまかったですね。確かに車を手に入れても、免許がなければ乗れないし、どうやって動かすかがわからない限り、宝の持ち腐れ。まさに今のブレイドがその状態ですね。1人のニードレスには1つのフラグメントしかないわけだし。いくつものフラグメントを使っているように見えても、何か種があるはずなんですよね。ブレイドの覚える能力のようなものがあるはず。クルスは気づいたようですが。ちなみに、最初は温度(熱)を操っているのかと思っていた。
 最後の四天王もかなり強そうだし。セト・ソルヴァ・照山の3人がかりでも苦労しそう。なぜ、あんなややこしい罵倒が図ったかのようにハモったのかが一番気になりますが。仲良いなあ、この3人。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 同人誌は売るものじゃなくて、作る事に喜びを得る物か。そうだな、そうだよな。信長は良い事を思い出させてくれた。
 裕人と春香が協力して同人誌を作る話でした、途中で勘違いした父親が春香の部屋のドアを破壊したりしてましたけど。奥さんに見つかって説教されていたようすが。しかも、ワインコレクションを裕人の家族に飲まれるというオチまで。というか、あれは奥さんがわざと一番良い酒、というか、自分の旦那が大切にしている酒を出したんだろうな。お仕置き代わりに。
 そして、即売会当日。椎菜が裕人の姉や姉の友人に押し倒されていましたが、そんな事は全く気づかないまま、同人誌を売ってましたね。春香のイラスト集がなかなか売れなかったのは、絵がうまい下手もありますが、買ってもらおうという想いが強すぎるのが原因だろうな。手に取っただけで売り子さんが立ち上がったら、一般参加者としては引いてしまう。中身を見たら、買わなきゃならない気がするからね。最後は信長の助言を受けた裕人が宣伝したおかげで数部は売れたようですけど。というか、数部は売れたんだな。やはり、価格設定は重要か。まあ、オンリーだから、好きな人同士が集まるからかな。

 辞書登録に夢中になっていたらこんな時間か。外付けHDDの解体は後日に回すか。
 全部寝不足に決まっている。そう考える私は大概バカなのかもしれない。でも、体の不調は寝不足で説明出来ると思うよ。

・そらのおとしもの
 EDが相当シュールで笑ってました。だって、パンツが空を飛んでいるだけじゃなくて、鳥みたいに群れで飛んでいたし。シュール過ぎて笑いが止まらなかったよ。
 というわけで、パンツが空を飛ぶ話でした。しかも、オチが主人公がそあらの犬柄のパンツにトラウマを持っていたから、無意識の願望でそあらのパンツを空に飛ばしていたようです。イカロスが旧式のカードを渡した時にちゃんと説明を聞かないから。聞いていても同じ結果になったような気がしますが。原因の把握がちょっと早くなっただけで。結局、くまさんパンツに落ち着いたところがまた面白い。主人公の好みはくまさんパンツだったのか。
 しかし、生徒会長が素敵過ぎる。主人公を鬼畜だからといって見直すあたりが良い。

・聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 一度使用すると砕け散る刀か。いつもの事というが、なぜなんだろう。
 冒頭で悪魔の存在について語られ、この作品の世界がどういった類のものかを説明してましたね。その力はまさに神と呼べるものだったんでしょうか。そんな悪魔相手に刀身が燃える刀で勝負を挑んだルーク。難なくとはいえませんが、無事に撃破。セシリーの鎧まで壊れて胸を見られるというアクシデントはありましたが、大きな怪我もせずに終了。というか、鎧の下に着る服まで破れていたのか。
 後半ではシリーがルークに刀を作ってもらおうと躍起になってましたが、資金面から諦める羽目に。そりゃ、刀とて無料なわけないし。手間隙を考えれば安売りできるものでもないですし。名匠と言えるだけの技術を持ってますし。セリシーでは変えないのは仕方がないことか。その代わりになりそうな剣が近づいてきてますけど。
 ルークが刀を人のために鍛えないのは、自分の刀を使いながら死んだ人がいるからなのだろうか。そして、ルークが聖剣を鍛える事を偉いさん方は望んでいるのかな。

 うーん、やっぱ、どこか調子が悪いなあ。いつもの事だけど。
 Physx用に当初使っていたグラボを追加してみました。電源の面で不安がありましたが、今のところ問題なし。そりゃ、使わない限り、電力が必要になる事もないですしね。使うようなゲームをやったらどうなる事やら。そんなゲームをする予定はないですが。故に無意味。
 次に手を入れるとしたら、電源かなあ。Antecが1300Wを出してくれれば良いのだが。ええ、相変わらずの無駄なオーバースペック志向です。

・アスラクライン2
 科学部部長と第三生徒会会長にそんな過去が合ったとは。
 クロガネの前の持ち主が第三生徒会長トオルで、クロガネの中にいたのがトオルの姉だというのか。その姉と科学部部長のトキアは仲が良かったというか、恋人だったんだろうか。故に突然失ってしまった事がショックだったんだろうな。何の前触れもなく、突然消え去ってしまったから。トモハルにとっては、ミサオを突然いなくなるのでは、という不安が大きくなる話でしたが。
 結局、トキアとトオルは互いを心配するあまり、距離を置いていたようですが、無事に仲直りは出来たようです。途中から、これなんてのろけ話、と思ったけどさ。
 それにしても、トモハルはどうしてナオタカに会いたいのだろうか。確かに、彼が色々な謎の答えを知っていそうだけど。
 
・夏のあらし!春夏冬中
 風呂はアラシとカヤのおかげで何とかごまかせたのか。アラシの言う事は良く聞くからなあ、ハジメ。
 前回に引き続いて、旅館の話。温泉というサービスシーンが盛りだくさんな話かと思いきや、そんなになかった気がします。むしろ、マスター達が麻雀をやっている場面の方がよほど面白かったし。まず最初に俺は強い、とか言い出した奴が負けまくるのは基本。見事に探偵が負けてました。家賃が払えないくらいに。自棄になるからそんなことに。
 アラシはアラシでジュンにハジメの事をどう思っているか、と問われて戸惑ってましたけど。彼女自身、夏の間でしかいられない事がネックになっているようです。彼女が恋を知らない事が、ハジメの想いに応えられない事でもあるのでしょうけど。応えた所で、夏が終われば消えていく。まあ、ハジメもその事はわかっているんでしょうけど。
 で、ハジメはそんな事は露知らず、いつもどおり彼の良かれと思うまま行動してました。ジュンを無理やり風呂に入れようとしたかと思いきや、肝試しでスタート地点から動いていないジュンを、怖いからと勘違いして一緒に行こうとしているところは、なかなか男らしい。

 明日は早いからちょっと早めに寝るとして、まだ時間はあるし、何をしたものか。
 漫画もこの前買い込んだので、大変な事になってますが。

・天体戦士サンレッド9巻
 いつもどおりの話でした。
 今回はレッドとかよ子さんの話が多かった気がしますね。かよ子さんの代わりに町内の餅つきにいったり。かよ子さんが風邪を引いたので看病してたり。結局、どっちにもヴァンプ将軍が絡んでましたけど。しかも、ヴァンプ将軍がちゃんとフォローしてるし。こいつら、本当に敵同士なんだろうか、と思うくらいに仲が良いです。レッドに風邪うつしたりしてるし。
 あとは、アントキラーの意外な一面でしょうかね。チューリップを精根かけて育てようとしていた姿にはちょっと見直しました。チューリップの球根を腐らせたときは落ち込んでましたし。次の日には立ち直って、後輩をいじめてましたけど。

・鋼殻のレギオス3 センチメンタル・ヴァイス
 レイフォンが過去と向き合う話か。そして、廃貴族の登場。
 別々に過ごしているレイフォンとリーリンを通して、レイフォンの過去がやたrと強調されてましたね。レイフォンが追放された本当の理由。武芸者、正確には天剣授受者が人間ではないという事を気づかせてしまったから。それが原因だったようで。そして、武芸者は剄を使わずには要られない本能。レイフォンは結局戦う道しかないのだろか。
 グレンダンの方でもリーリンを中心に何かが動き始めてますし。女王と出会ってしまったから何でしょうが。まあ、当人達は何もわからず、日々を過ごしていくしかないんでしょうね。
 しかし、サヴァリスさんは本当に戦闘狂だなあ。

・鋼殻のレギオス4 コンフィデンシャル・コール
 ナルキが第17小隊に一時的に参戦する話。そういや、アニメでは参加してませんでしたね。
 廃貴族がシャーニッドが昔いた小隊の隊長に取り付いたり、その隊長が違法な薬物に手を出していたり、廃貴族を求めてグレンダンのサリンバン教導傭兵団が来たり。何かと新キャラの多い話でした。まあ、このシリーズは毎回誰かしら新キャラがいる気もしますが。
 何かを守るには力が要る。力がないからそれを求めて努力する。それでも足りない時は外道に走る。なんというか、そんな言葉しか思いつきませんね。シャーニッドの親友だった男にして、第10小隊隊長であるディンはまさにそんな感じでした。都市を守るために力が欲しいのに、力を得る前に時間切れ。だからこそ、違法薬物に手を出すものの、レイフォンに敵わず、廃貴族に魅入られる羽目になりました。結局、彼を愛したダルシェナによって幕引きされましたが。
 そういや、よっとレイフォン以外の過去、今回はシャーニッドの過去が表に出てきてましたね。

・鋼殻のレギオス5 エモーショナル・ハウル
 合宿の話。
 いやはや、フェリとニーナがピューラーを奪い合う姿が微笑ましかったです。恋する乙女は譲り合うという考えはないようです。どうやって、相手よりも気に入られるかが重要なんですね。取り合いなんてしていたので、手伝えないまま終わってしまいましたが。というか、シャーニッドはなぜにピューラーを持っていたのかが気になります。顔を洗いに行った帰りのはずなのに。
 そんなのんびりとした雰囲気も後半に入って一転。レイフォンがメイシェンやナルキに過去を打ち明け、さらに大怪我をし、治療直後にサリンバン教導傭兵団とともに汚染獣と戦闘。まあ、サリンバン教導傭兵団の汚染獣との戦い方を第17小隊に見せられた事はレイフォンにとっては良い事のようですが。レイフォンを中心にすえて、17小隊のメンバーが援護を出来れば、レイフォンが死ぬ確率、怪我をする確率は減りますし。結果的にレイフォンへの負担は減りますし。それに仲間なのだからお互い協力したいでしょうしね。
 全ては順調、と思われていた時、ニーナが行方不明となる。

・鋼殻のレギオス6 レッド・ノクターン
 リーリンとニーナの仮初の出会い。
 それ以上に気になったのは汚染獣の親とも言える存在の出現ですかね。汚染獣を支配しているとはいえ限定的なものでしたが。最後は子飼のはずの汚染獣がツェルニに向かってましたし。どうも、本来の役目とは違う行動を取るようになったようですね。汚染物質で生き残る、という事は、汚染物質を減らすこと。ならば、本来の役目は穢れた大地を浄化する事だったのだろうか。現に人語を解する汚染獣の周りは花が咲き、清水が流れていたのだから。
 リーリンはリーリンでマイアスでゴタゴタに巻き込まれてましたね。サヴァリスとニーナのおかげで、無事に解決してましたが。なんというか、汚染獣から逃げた武芸者よりも、サヴァリスさんの方が極悪に見えるのは気のせいでしょうか。逃げた武芸者のロイは哀れとか小物とか言う言葉がぴったりですけど、サヴァリスさんは、非道? いや、そこが素敵なんですが。
 次がツェルニとマイアスの武芸大会か。

・東方儚月抄底巻
 下ではなく底だったとは。
 なんというか、月の民、中でも綿月姉妹は無敵でした。片方は魔理沙のファイナルスパークやダブルスパークをものともせず、さらにレミリア相手には太陽の神様を呼び出してあっさりと勝利。もう片方は紫の作戦を読み、月へと侵入しようとした紫を発見、捕らえて地上に送り返してました。あの紫が土下座までしてましたし。最強ランクの紫すらをも圧倒する月の民とその技術。兵隊の兎は弱そうなんですけどね。まあ、全部、紫の作戦でしたが。
 最後に笑ったのは紫という話。レミリアを1つ目の囮とし、さらに自分自身も囮にして、その作戦に気づいた幽々子が本隊。紫の思惑通りに取り返してこなさそうなものであるお酒を盗んできましたね。幽霊は死んでますから穢れがなく、月の都でも目立ちませんし。紫の作戦勝ちか。囮にされたほうは良い迷惑だったかもしれませんが。それなりに楽しんでいたようにも思えますが。
 結局、いつもどおりか。

 サガ2するか。
 昨日は友達と飲んでいたので、酔っ払って帰ってきました。アニメをネット配信のアニメを見るつもりだったけど、酔いに負けて寝てました。おかげで、今日は見るアニメが大量になってしまった。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 第1期の内容はなんとなく覚えているんだけど、名前が覚えだせない。春香と美夏と詩菜と信長は覚えているんだけど、他のメンツは。メイドに至っては声優の名前で覚えてるし。
 相変わらずでしたね。第2期とはいえ1話目なので、新しいメイドのアリスを出しつつも、メインメンバーを全員無理やりに登場させてました。しかも、場所が温泉という事で、ラブコメみたいな展開もありましたね。主人公が時間によって男湯と女湯が変わるのに気づかずに女湯に入って詩菜に見られたり。考えてみると、詩菜とはそんなことばっかり。どうやら、詩菜はそういうキャラのようです。
 最後は春香と一緒に能登(春香の声優・劇中アニメで春香の好きなキャラの声優)のイベントに行ってましたけど。なぜ、温泉街でイベントがあったのかがよくわかりませんが。偶然にもほどがあるだろ。あと、春香と声が似ているのは当然か。

・11eyes
 どんなアニメなのかはさっぱりわかりませんが、OPは気に入りました。よし、CDは買う。
 内容は現実と異世界を強制的に行き来してしまう主人公の話かな。いきなり異世界に飛ばされて、一度は戻ってこれたが、二度目はどうなるか、というところ。さらに、自殺した姉までそれに関わっている節もあるし。結局、日常と非日常と主人公の経歴と交友関係を描いただけで終わってますね。物語として始まるのは次かな。一体、どんな話なのやら。OP前の主人公が幼少の頃に殺される場面も謎ですし。
 で、赤い髪の女性は何者ですか?

・真・恋姫†無双
 第1話が馬超の話というのは予想していなかったわ。
 というわけで、第2期が始まりました。相変わらず、義勇軍として活躍していました。そんな中、劉備(本物)が訪れるところから話が始まりそうですが、今回は第1期の復習っぽかった。
 いきなり、馬超が張飛に真名で呼ばれていない事を気にし始めて、自分が真名で呼ぼうとして苦労する話。原因は趙雲の法螺話だったわけですが。相変わらず、大真面目で大嘘を言いますからね。エロネタに走る事もありますし。黄忠さんは流しましたけど。
 最後は全員の真名を確認して終わり。でも、私は関羽と張飛と趙雲の真名しか覚えてないし、覚えられなかったな。

・DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
 期待通り。EDが西川というのも素晴らしい。いや、スタッフさん、わかってる。
 第1期の2年後のシベリアでの話。英国の諜報部員である契約者も出てきましたし。いきなりヘイに殺されてましたけど。前作を見ていたからこそ、結構重要な役回りになるんじゃないかな、と思いきや、あっさりと退場。このあたりの容赦のなさが好きです。告白されて幸せ絶頂だった女の子が次の日に能力者になってるとかさ。
 とりあえず、主人公は蘇芳なのかな。女性につける名前か、これ。

・クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者
 全員の顔見せと新キャラと女王の力を見せ付けたところか。
 なんというか、メローナ(釘宮)がかませ犬だった。1人で女王に喧嘩を売って、いきなり返り討ちにされて水晶に閉じ込められるとか。本当、何やってんだろ、彼女。おかげで、女王がリスティを使って悪巧みを始めそうだし。
 それにしても、初めての街で興奮しているノアに振り回されるアレインさんが素敵です。

・WHITE ALBUM
 弥生さんは、緒方さんの何かしらの策略に気づいていて妨害しようとしているのかな。
 どことなく、ぎこちない関係がありますね。どこにしても。トウヤとユキもそうですが。他でもチラホラと。マナやハルカも。緒方さんとユキもある意味で距離がありますし。ミユキさんの方もね。何よりも、父親とトウヤもか。父親は何かをトウヤに伝えたがっているのに、伝えられてないようだし。その割には1人で死ぬとか言い出してるし。なんというか、ぎこちないメンツばかり。誰も彼も相手に何かを隠しているよな。

・とある科学の超電磁砲
 黒子、それ自業自得。
 当麻が冒頭で登場しましたが、特にこれといったものもなく。いつもどおり、美琴の攻撃を防いでました。そんな感じ。
 その後は美琴と黒子の日常を描いてましたね。黒子の美琴へのストーキング行為が発覚して、寮の中で能力を使って怒られていたりしましたが。おかげで、プール掃除をさせられてましたし。というか、寮監何者だよ。レベル4の黒子をあっさりと落とし、レベル5の美琴すら半泣きにさせるって。長い時間をかけて、恐怖感を植えつけているとでもいうのか。
 結局、黒子がメインでしたね。媚薬を美琴に飲ませようとして、自分で飲んだり。1人で空回ってました。まあ、彼女はいつもそんなものですね。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 ホーエンハイムの夢を使った総集編。
 それにしても、夢の中とはいえ、ピナコ(ウィンリーの祖母)はでかいなあ、身長が。どうして、あんなに縮んでしまったんだろうか。
 あと、OPとEDが切り替わってましたね。何やら気になる伏線がたんまりと。

 明日はちょっと部屋の整理をしよう。雑誌とかが詰みあがったままだよ。
 まだ始まっていないのもありますけどね。一部は2話目も始まりましたし。今期は第2期が多いですが、それでも、楽しみなものは楽しみです。

・けんぷファー
 相変わらずの中の人(声優)ネタだな。悪くはないけど、連呼されてもなあ。
 剣の使い手たる生徒会長は敵のけんぷファーでした。という事は、青のリングを持つ、剣のけんぷファーは別にいる事になりますね。しかも、けんぷファーはけんぷファーを呼ぶようですし。しかも、佐倉が人にあげたぬいぐるみにメッセンジャーが宿る確率が高いようですし。ある意味、佐倉のぬいぐるみを探せばすぐに見つかりそうですね。
 会長は紙の一部の色が反転か。うむ、美しい。そして、あの性格は好きですね。

・にゃんこい!
 幼馴染とのフラグが立ちましたね。
 相変わらず、このアニメは面白いです。今回は主人公の幼馴染の話。小学生の頃は仲が良かったけど、中学、高校では仲が悪くなっていたようです。原因は小学生時代にあるようですが。結局、誤解だったようで。ついでに、現状は弱みを握られたが故に下僕状態。しかも、好きな女の子からは仲が良い扱い。ああ、主人公の想いはちゃんと通じるのか不安になってきた。しばらくは、幼馴染に振り回されそうですけど。ただでさえ、猫にも振り回されているのに。
 しかし、学校を追い出された猫が家に来るのはなんとなく予想できたな。来週はこの猫の新しい飼い主を探す話も兼ねるのかなあ。

 明日は14時集合とはいえ、そろそろ寝るか。
 なぜ、TBSは魔法少女リリカルなのはA'sを再放送しているのだろうか。普通は無印からだと思うのだが。映画と被るからなのか、ゲームの宣伝のためなのか。ホント、何でだろう。あと、TBSのアニメにはありがちですが、画面は4:3でしたね。

・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 知弦さんが素敵過ぎる。やべ、萌えた。
 というわけで、富士見ファンタジア枠です。原作は気にはなったけど、手にとっていない作品なので楽しみにしてました。内容としては日常を延々と描いているだけですが。それがなかなか面白いですね。本当にダベっているだけですし。何の事件も起きませんし。ただ、話して、ちょっと仕事をやって、お互いをからかいあって、下校時間を迎えたら帰る。本当に日常だよ。しかも、主人公が生徒会に入った理由が、人気投票で選ばれる生徒会役員でハーレムを作る、という理由なのがさらに良い。彼女達の補佐として、学年末試験トップが生徒会に入れるから、そのために、学年最下位から学年トップに跳ね上がる彼が素敵です。
 ちなみに、他のアニメのネタを清々しいまでにやってくれるのがさらに良い。うん、生徒会でするかどうかはともかく、私も大学生の頃はあんな感じの会話をやってましたから、日常を描くという意味では至極真っ当だと思いますね。クラナドにひぐらしにドラゴンボールにハルヒに自虐ネタまで。まさか、原作小説のアマゾンのレビューまでネタにするとは。

 乃木坂春香はバンダイチャンネルか。公式でなぜ誘導されないんだろう。
 乃木坂春香の第2期は今日からウェブ配信だと思っていたんですけどね。まあ、明日も確認しますか。予約しているのは生徒会だけですし。というわけで、今日はアニメは1本のみ。

・NEEDLESS
 現実がパラダイスだと、パラダイスを見せるリリス・テンプテーションは効かないと言う事か。そんな馬鹿な。
 リリス・テンプテーションにより、ディスク以外が完全に夢の世界に入ってました。それぞれがそれぞれの望む夢ばかり。クルスのはやたらと真面目なのに、他のメンツがギャグに走っているのはきっと気のせい。ブレイドに至っては、周りに女の子と、まあ女の子と、見た目幼女がいたため、現実がパラダイス。故に無効化して、油断していたセツナを撃破。同様に、ミオと梔も撃破し、彼女達のスリーサイズを確認してました。さすが、ブレイド。どんな時でも自分の欲望に忠実だ。というか、そんなにスリーサイズと下着の好みが知りたかったのかよ。ツッコミが追いついてなかったよ。
 最後に最後に5分待ってやる、と言いながら、5分以上待っていたと思われる左天登場。次は彼との勝負か。
 それにしても、OPは前の方が良かったな。勢いがあって。今のは勢いがちょっとね。あと、美郷あきって誰だ。どこかで見た記憶はあるのだが。

 さてと、軽くサガ2やって寝よう。
 竜神様からにくとロンギヌスを手に入れて、小手を手に入れた。ほぼ満足。靴の方が良かったかもしれませんが、許容できる範囲。さて、また能力上げの作業に戻ろう。

・そらのおとしもの
 全く期待していなかったけど、思ったより悪くなかった。
 空から契約者の願いをかなえる愛玩ロボットが落ちてきた時は、エロでラブコメですね、とか思ってましたが。まさか、世界征服を望んで、世界中から人が消えるとは思わなかった。直前までは金を出したり、うまいものを出したり、透明人間になって覗きをしたり、時を止めてやりたい放題やったり、素っ裸になって走り回ったり。ギャグのノリだったのに、急にシリアスになるから驚いたわ。だからこそ、評価したわけだが。結局、夢オチにすることで解決されましたけど。ありかよ、そんなの。あと、何で主人公は素っ裸で走り回ったんだろうか。
 とりあえず、空飛ぶ変態とそれに保険をかける幼馴染の生徒会長が素敵なので問題なし。
 そういや、私の救世主さまはどうなったんだっけ。

・聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 原作を知らないので楽しみにしてました。
 今のところは満足。騎士になったばかりの少女セシリーと謎の刀鍛冶にして刀使いのルークの話。主人公はルークですかね。騎士になりたてのセシリーの剣の腕の低さを露呈させつつも、だからといって、人を守るために立ち向かっていく様はなかなか良いものです。斜に構えたようなルークと良い感じで対比されて。そのルークもセシリーに庇われた事と、彼女の芯の強さに何か思うところがあったようですし。故に何やら切り札らしき事を行ってましたが。彼の刀鍛冶には一体どんな秘密があるのやら。
 リサって、剣や刀を鍛える時の槌か何かか。

 寝る前にサガ2かな。
 しばらくは雨か、とか思っていたら、台風が近づいてきているようで。電車が止まらない事を祈る。

・アスラクライン2
 1順目の世界が崩壊した理由はそういうことか。
 何気に14話からでしたね。1話ではなく。話数に関しては前のをそのまま続いているという事ですね。前回の終わりに納得していなかったのですが、これなら最初から2クールにして欲しかったという思いもありますが。
 さて、再開1話目は科学部部長の登場。といっても、なぜかコアラのぬいぐるみ姿でしたが。しかも、トモハルを1順目の世界の遺跡であるラクロアの遺跡に案内するかのように動きますし。そんな遺跡に学校のプールの排水溝から行けるのはどうかと思いますが。そして、前の世界での記憶に触れてましたね。1順目の世界のトモハルとヤヨイの記憶に。どうやら、ブラックホールを制御する実験の失敗で異世界とつながり、世界が滅ぶ。その滅びを避けるためか、それともただミサオを救うためか。どっちなんだろうか。
 しかし、第一生徒会長たる佐伯、もしや、ミサオの姿が見えなくなってる?

・夏のあらし!春夏冬中
 ハジメの妄想作文で何気に登場人物の説明をしているところが良いですね。
 というわけで、第1話。アラシ、カヤ、やよい、かなこが揃ってからの話はほとんどなかったので、何やら新鮮です。だからといって、何か変わるわけでもないですが。マスターにしろ、ハジメにしろ、ノリは全く変わってないし。海に行こうと言い出し、意気投合しているのに、考えている事が全く違うところが相変わらずというか。片や男漁り。片やアラシの水着姿見たさ。そして、約1名、困ったのが。まあ、水着を着るとばれますからね。男か女かは。
 というわけで、ジュンの受難が始まってました。ハジメに悪気がないのが困り者ですが。いい加減、女である事を告白した方が良いと思うのだが。そうでないと、いつまで経っても心が休まらないと思うな。海ではアラシにばれただけで済みましたが、今度は旅館で同じ部屋だし。どうなるんだろう、風呂とか。ハジメの性格上、絶対に一緒に行こうとするはずだし。
 それにしても水を被ると女になるか。それは違う漫画だからさ、アラシさん。
 そういや、第1期ではあった、漫画説明ネタがないな。

 さてと、寝る前に何をしようかな。
 オリジナル小説のページを一部変更しました。やっとタイトルが固まった。でも、話は固まらない。メモばかりが増えていく。
 この前の連休中の晴れた日は思いっきり寝過ごして、布団を干し損ねたのでありがたかったです。やっと布団を干せたわ。ついでに、土曜日には出来ない洗濯も少々。満足。

・WHITE ALBUM
 話が思い出せない。正確には登場人物が思い出せない。トウヤの親父が倒れたのは覚えているけど。
 というわけで、後半戦スタート。半年振りの続きです。トウヤの父親が倒れたという事が、すぐにユキにも伝わってましたね。その結果、トウヤがユキにプレゼントした電話を設置できていない事まではわかっていないようですが。ついでに、約1名、風邪を引いてるし。名前が思い出せないけど。そもそも、何で風邪を引いてたんだっけ。
 ついでに、桜団のメンバーにも新キャラが。いや、前からいたのかもしれないけど、記憶に残ったのは今回が初めて。あのグループとは違い、ソロのようですが。ついでに、リナはグループ相手には格の違いを見せてましたね。本人が意識しているかどうかはわかりませんが。挨拶をするというのは、時として、それだけで存在感を与えるものなんですね。

・とある科学の超電磁砲
 期待の新作。
 何も言う事はないです。期待通りです。今回は美琴や黒子の能力見せ、といったところでしょうか。美琴の強さは前作では活かされるところが少なく、黒子に至ってはほとんど出番がなく。そういう意味では、今回は活躍してましたね。特に美琴のレールガンはその際たるもの。レールガンとして見たのは久しぶりだわ。
 というわけで、第1話。メインメンバー4人の説明。特にこっちにしか出ていない2人である初春と佐天。禁書目録の方の後期OPでいた気もしますけど、きっと気のせい。初春はジャッジメントでレベル1。佐天は初春のクラスメートでレベル0。ついでに高レベル持ちにちょっとばかり偏見を持っているようですが。美琴に会ったら見事にその偏見も砕かれてました。さらに強盗に捕まりそうになった子供を助けようとする行動力もありますし。彼女が蹴られたからこそ、美琴がキレたわけですし。何気に一番の功労者。
 来週も楽しみだなあ。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 クセルクセスが滅んだのは国民が賢者の石の材料にされたせいか。そりゃ、滅ぶわな。そして、その賢者の石を使ってホムンクルスを作ったわけか。さて、誰が国民を材料にして賢者の石を作ろうとしたかが問題になってきそう。
 グラトニーの腹の中でエドが真実の一端に触れていたこと、ロイはロイで大総統がホムンクルスになった話を聴いてますし。どうやら、この国は大総統になるべき人材を集めて、ホムンクルスにした上で大総統にさせているようだし。そこに絡んでくるのがお父様か。何者だろう、奴は。
 エドはアルの体と再会し、現世に舞い戻るか。エドの決意がまた一段と強くなったな。
 しかし、エンヴィーの賢者の石を使って、真理の門を開けて、現世に戻ってくるとは。なかなか無茶な真似を。まあ、そのままだと、死んでいただろうから、無茶でも無謀でもするしかないんでしょうね。

 さて、寝るまで何をしようかな。
 今日が中秋の名月だったという事を昨日知った。どうも9月という印象が。10月の時もあるんだな。

・バスカッシュ!
 まさか、スラッシュとの勝負がOP前で終わるとは。てっきり、OPがないと思っていたから、OPが始まった時はちょっと驚いた。
 まあ、なんと言うか、バスケで本当に世界を救ってしまいましたね。最後に立ちふさがるのがアイスマンというのは良かったのですが、最後はアイスマンと2人でアースダッシュから飛んできたレジェントバレットをゴールに叩き込んでました。使い方はヤンの予定とは違いましたが、世界を救う事は出来ましたね。そして、それぞれ別々の道を歩んでいく。ココの足も治せたようですし。エクリップスの3人も解散して、ルージュはバスケに、ヴィオレットは保母に。1人だけアイドルのままでしたが。スラッシュは赤ん坊のようになってましたけど、今後どうなるのやら。ダンとアイスマンがバスカッシュではなくバスケで決着をつけようとしたところで終了。結局、この2人の決着はつかないままか。ついでに、ダンが誰と結ばれたかは明確にしないままでしたし。アラン(フローラ)は冒険者になってるし。国に帰ろうよ。
 まあ、ハッピーエンドか。ナビもダンに新しい靴を持ってきたことで生存が確認されましたし。ヤンがどうなったかは知りたいところですが。あんなに凶悪な顔でレジェンドバレットを発射していたのに。あの後、どうなったのやら。サウザントは普通に街を歩いていたけど。死んでないと思うけど。
 最初の方が面白かったような気がしてならない。

 改変期だったので、夜中のアニメが全然なかったとは。来週は新番組があるけど。今日の夜からは新番組のオンパレードだな。
 結局、今週は調子の悪いまま過ぎてしまった。調子がよかったのは、風呂に入って、夕食を摂った後くらいまでかな。短い時間だな。

・けんぷファー
 今期の新作アニメ第一弾。
 あまり期待していなかったので、さほど気にならず。ラブコメとバトルとエロを混ぜた感じなんだろうか。とりあえず、私好みのキャラが出てくる事を望む。
 まだ第1話なので話の全容がつかめるはずもなく。主人公と同様に戸惑ったまま。突如、けんぷファーとして選ばれた主人公。けんぷファーになれるのは女性だけだから、強制的に女性に変身させられるのもいかがなものか。最初から女性を選べよ、といいたくなります。もう1人は性格が変わってますが。味方はあと1人要るようですが、、こちらは変身すると何が変わるのやら。
 全体的にオタク向け。オタク向けのネタを聴いて笑えるかどうか。特に田村ゆかりボイスと堀江由衣ボイスの喧嘩とか。

・にゃんこい!
 なぜか、『CHOKOビースト!!」』という漫画を思い出した。接点はないのですが。
 期待はさっぱりしてませんが、なぜか気に入った今期のアニメ第2弾。いきなり、猫の声がわかるようになった、と言い出す主人公が最高です。友達がそんな事を言い出したら、普通は流しますね。私は流します。
 まあ、猫地蔵を壊してしまったため、そんな呪いにかかったわけですが。というわけで、その呪いを解くために猫から100の頼みを聞かなくてはならないようで。今回で1つは終了。猫の平穏を荒らしまくっている人を捕まえるという事でしたが、主人公にとっては予想外、見ていた私はなんとなく気づいたけど、そんな人が犯人。主人公の想い人でした。猫好きという時点であやしいと思ったんだよ。ただ単に、猫との付き合い方を知らなかっただけなんですけどね。無事に解決したので、残り99です。猫アレルギーの彼にとってはしばらくは大変な日々ですね。というか、猫アレルギーの息子がいるのに、食卓に猫を近づけるなよ。
 次回も楽しみだな。

 ゆっくりしていたらこんな時間かよ。RPG大辞典とかWikipediaとかについ夢中になってしまっていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。