三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。

2009/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最終章。いつもどおり、追記で。
[劇場版 空の境界 第7章 殺人考察(後)]の続きを読む
スポンサーサイト
 忘れていたわけではないのですが。あ、パンフレット買ってないや。というわけで、いつもどおり、追記で。
[劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~]の続きを読む
 冬コミ2日目に参加してきました。欲しい同人誌も企業のグッズも手に入ったので満足。あえて言うなら、同人の東方のグラスがちょっと欲しかったかな、と思うくらい。

・そらのおとしもの
 小悪党は、目的を達成する前にどうでも良い相手をなぶるから負ける。ニンフをなぶらず、さっさとイカロスを倒しておけば目的を達成できたのに。
 というわけで、このアニメも最終回。予想外のタイミングで最終回ラッシュでした。まさか、見ているアニメで2クールのものが超電磁砲しかないとは思わなかった。っと、話がずれてますね。このアニメもクォリティが高いくせに、バカな事をやる傾向が強いので気に入っているんですけどね。終わってしまうのはちと寂しい。そして、最終回は今までの馬鹿馬鹿しさはどこに行ってしまったんだろう、と思うほどの展開でした。
 ニンフが他のエンジェロイドに騙され、イカロスに罠をはってしまう事に。ニンフ自身は自分のマスターに褒められたいだけですので、その事を責める事は出来ませんが。実際は、マスターはニンフを廃棄処分にするつもりだったようですけど。ニンフのマスターはある意味、悪役として憎める行動を取ってくれるので、ある意味好きですね。やはり、悪役は悪役らしくないとね。
 ニンフはイカロスが壊されると智樹が悲しむ。智樹が悲しむ姿を見たくないから、反射的にイカロスを殺そうとするエンジェロイドに攻撃。マスターの命令を受けたエンジェロイドを攻撃するという事は、無意識のうちに、マスターに刃向かってしまったわけですが。しかも、悲しいかな。電子戦用。戦闘用の前には為すすべもなく、羽根をむしられるという悲惨な事に。ただ、結果的にニンフが、敵の目標をイカロスから自分に移した事で智樹たちの到着が間に合ったわけですが。そう考えると、ニンフ大活躍か。その後は、エンジェロイド2人と智樹たちが紡いだ絆の強さを見せ付けられましたね。智樹はイカロスが戦闘用なのを看破していて、兵器みたいで嫌だと、イカロス自身が兵器である事を嫌っている事を察した上で、伝えていた事が発覚。何気に、智樹はイカロスをちゃんと見ているんですね。あれだけ、嫌がっていたのに。ニンフの鎖を切る時に至っては、下手にきれば、ニンフの首についている爆弾が爆発する、というのにもかかわらず、全く気にする事もなく叩っ切ってましたし。ニンフを見捨てるよりかは、共に爆発した方がマシだと思ったわけでしょうか。友達を助けるのに命を賭けるのは当然だと思ったのにか。というか、あればエネルギーの残量ではなく、爆発までのタイムリミットだったわけですか。
 あ、ちなみに、敵のエンジェロイドは全能力開放のイカロス無双の前に為すすべがありませんでした。結果的に、ニンフをいたぶって帰って行っただけの気がする。というか、天上の主は、これを見てどう思っているのだろう。

 予想以上に時間をかけてしまったな。とりあえず、アニメに関する感想はこれで最後。次の新作アニメが始まった頃に戻ってきます。良いお年を。
 蒼天航路とNEEDLESS、同じ録画方法なのに、容量が違うのはなぜだろう。NEEDLESSの方が小さく、話数も少なかったので、3枚で済んで良かったけど。蒼天航路は4枚使いましたからね。

・アスラクライン2
 世界を救うよりも、操緒と奏のどちらかを選ぶ方が難しそうだな。というか、奏を選んだんじゃないのかよ。
 塔貴也との最後の戦い。イグナイターを手にし、圧倒的な力で智春を追い詰めるも、朱浬という頼れる援軍登場。彼女の登場で精神的に追い詰められた気分が吹っ飛んでましたね。なんだかんだで、智春は朱浬さんを頼りにしていたわけですね。最初から、途中でいなくなったとはいえ、最後まで智春を引っ張ってくれてました。
 仲間の援護の下、最後の戦いの場へ。お互いにアスラ・クラインとしての力を完全に使い、勝ったのはクロガネ。未来を求め、前に進んでいこうとする力は、過去に絶望し、逃げ出そうとする力に勝る。想いの強さが、ぎりぎりのところで差になったのかな。
 しかし、クロガネがイグナイターを使った時、操緒は大丈夫かな、と思っていたら、普通に智春の後ろにいた時は笑った。
 そして、世界は救われ、人々はそれぞれの生活に変える。一巡目の世界とのつながりは消え、ベリアルドールは人間に戻り、救えなかった人たちとの思い出を胸に生き続ける。というか、一巡目の世界とのつながりが消えたから、ニアが5年前の姿に戻ったのはわからんでもないが、だとしたら、一巡目の世界の血縁である奏とかの存在も消えかねないと思うのだが。

・夏のあらし!春夏冬中
 ・・・あれ、いつもどおりだ。せいぜい、塩を欲しがっていた人にちゃんと塩が届いた事くらい。
 まさか、最後の最後に、また激辛フルーツが出てくるとは思いませんでしたね。一とカヤが作って、さらにアラシまで作って。この3人はキウイで作っていたけど、グラサンはパパイヤで作って復讐しようとしていたし。なぜか、アラシだけ無事なのが、日ごろの行いのせいなんだろうか。一とカヤは自業自得ですし。グラサンは悪意のない(やよゐと加奈子製作)のわさび入りキウイサンデーを食わされた後、一に激辛パパイヤを食べさせていただけですからね。というか、緑が足りないからって、なぜサンデーにわさびを混ぜようとする。
 結局、未来にいけようが、過去に戻れようが、人は前に進んで生きていくしかない。別の選択肢を選んでおけば、というのは、過去に戻ればやり直せるというものではないのだろう。

 ・・・あれ、今29日? 冬コミ1日目? 実感が湧かない。いや、今日は仕事ですけど。
 通信教育がやっと終わった。寝る前に年賀状を書いて終わりかな。

・WHITE ALBUM
 ぎりぎりで理奈は間に合ったか。失格になってしまったけど。
 冬弥の懺悔に反論しようと必死になっていたら、復活。冬弥って、結果的に女神の力になっている事が多いよな。彼自身は何もしていない事の方が多い気がしますが。
 そして、時間稼ぎをしていた由綺が歌いだした直後に、明星祭に到着。番組をぶち壊すほどのインパクトを伴ってのデュエット。おかげで、失格でしたが。それでも、2人に後悔はないのでしょう。由綺は明らかに理奈を待つために時間を稼いでいたようですし。きっと来る、そう信じていたのか。
 しかし、冬弥の女神の原点はめのうではなく由綺か。最初から最後まで。めのうは由綺から貰ったものを探しているときに出会っただけか。そして、刷り込まれてしまい、トラウマとして、丸ごと忘れてしまった。罪な男だな。
 みんな、それぞれの道を歩む。冬弥が選んだ道は何処か。そして、その先には誰がいたのだろう。

・とある科学の超電磁砲
 ・・・まあ、サービス回です。レギュラー、準レギュラー全員が水着でした。ついでに、なぜかカレーを作ってました。いや、いくらお嬢様だからって、カレーくらいは作れると思うんですが。常盤台はレベルが高すぎて、カレーの作り方は教えてないんでしょうか。
 まあ、そんな事よりも上条さんが出てきましたけどね。って、彼が美琴の頃を覚えているって事は、まだ夏休みになっていないという事か。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 まさか、ヨキの回想で半分くらい使われるとは。考えてみると、今回のアニメではあの話はやってなかったっけ。
 おいうわけで、マルコやスカーとの再会。さらに、キンブリーお付の軍人はキメラ。キメラという事で、エド達がキンブリーと一緒に来た軍人だとわかっているけど、殴り飛ばしてました。まあ、キンブリーは味方とは思ってませんしね。スカーも味方とは思ってませんが。実際、スカーを処刑しようとするのは傍観するつもりでしたし。ウィンリーが話をしたい、と言わなければ、そうなっていたでしょうし。
 スカーがウィンリーを攫ったように見えるのはフェイクかな。作戦か何かか。

 マクロスと空の境界の映画の感想は今年中に書きたいのだが。
 クリスマスは1人で過ごしていましたが何か。珍しく、ケーキが食べたくなったので買ってきて食べてましたけどね。1人で1,500円のケーキを。・・・もう少し安いので良かったかも。いや、値段以上のおいしさだったとは思うけどさ。

・11eyes
 先週の話は途中から全部、駆のアイオンの瞳で見た未来でした。・・・もういいや。
 実はシオリが時空を超えられるとか、体は人形とか。菊理はシオリから真実を伝えられていたから、駆を殺して自殺したとか。色々と明かされましたが、なんだかなあ。
 シオリの欠片を使い、時空を狭間にリーゼロットを封印して、世界の終焉は無事に回避。駆とゆかと美鈴は操の力によって平和な世界に帰還しましたとさ。雪子と賢久が幸せに暮らす世界に。
 それでも、駆のアイオンの瞳には黒い月が見える。
 何だろう。きっと、ゲームをやればもう少し納得できそうな気がする。そんなアニメ。

・真・恋姫†無双
 春から新シリーズ決定。これで勝てる!
 それにしても、孫権とか孫策とか全く出番がなかったな。あと、袁術が意外と活躍。まさか、張三姉妹と歌で勝負するとは。カクカと袁術とそのお付と。これ、いつのマクロス、と本気で思ってしまった。最後は劉備の歌で勝負がつきましたけど。張三姉妹が本当に歌いたかった歌を思い出させたわけですが。でも、何でみんな劉備が歌った歌を知っていたんだろう。
 そして、我らが華蝶仮面(趙雲)の出番はオチのみ。張三姉妹相手に延々と話し出し、仮面を渡すも拒否されるという悲しい役どころ。それにしても、華蝶仮面の仮面、格好良いのに。

・DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
 紫苑が作ろうとしたのはもう1つの地球。蘇芳が両親と仲良く過ごす世界か。
 相変わらず、謎が謎のまま終わってしまうアニメでしたね。第1期の時も思いましたが、ゲートって結局なんだったんでしょう。インが何者なのか。ヘイはインを殺せたのか。それすらもよくわからないままですし。蘇芳と蘇芳と一緒にいることを望んだジュライは共に紫苑が生み出したもう1つの地球に行ってしまいましたし。謎が増えたまま終わっちゃったよ、このアニメ。
 蘇芳に記憶を定着させるための流星核。ヘイの力を奪った代物でもあるわけだし。いったい、何なんだ、これは。

・クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者
 意気揚々と出てきたラスボスの扱いがひどすぎる。
 レイナが今まで戦ってきた仲間の技を使い、さらには仲間の想いを受け、アルドラを撃破。と思ったら、アルドラに取り付いていた堕天使登場。アルドラから力を奪いつつ攻撃、と思いきや、ナナエルの持ってきた聖乳を落とされ、そこに闘士達全員でフルボッコ。石田彰ボイスの良いキャラだったのに。扱いがひどすぎて笑った。
 こうして、レイナが女王になり、闘士達は元の場所でそれぞれの生活を、戦いを始める。
 で、沼地の魔女はなんだったんだろう。

 ・・・映画の感想も書かないとなあ。
 だから、何?
 そんな感想しか思い浮かびません。むしろ、今の日本だと、ある意味において、聖誕祭は12/23になりますしね。誰もこの表現は使わないけどさ。というか、そうか。今日はクリスマス・イヴか。本当に意識に端にすら上ってこなかったわ。冬コミまで後何日だろう、としか思ってなかった。
 え、クリスマスを中止にするかって?
 中止する以前に、クリスマスという予定がないのですが。親からプレゼントを貰わなくなってからは。

・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 あれ、今回で最終回だよね。
 中目黒がマジで出てきて真冬が鍵みたいになった事を除けばいつも通りです。いつもどおり、グダグダな会議をやって、鍵の昔の話をちょっと回想して終わってました。生徒会のメンツ・・・というか、会長さんだけは第二期とか劇場版とか考えていそうだけど、無理じゃないかなあ。まあ、第二期が始まったら見ますけどね。というか、原作を買ってこようかしら。最初は要らないかなあ、と思っていたけど、最近は買ってもいいかなあ、という気にはなってきた。
 それにしても、あんなに行動力抜群な真冬は始めてみた気がする。鍵も引くくらいの行動力。本当、似ているなあ、鍵と真冬は。あと、誰だよ、鍵にギャルゲー薦めた前生徒会副会長(注:現会長)は。彼女のせいで、今のこの状況が。まあ、鍵が立ち直った事を考えれば良い事だったのかな。あれでも、鍵なりに生徒会のメンバーが幸せになって欲しいんだろうな。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 秋穂さん、怖すぎ。玄冬さんが頭が上がらんわけだ。
 こちらも最終回。第3期があるかどうかは売り上げしだいというのはシビアですね。というか、第1期は売れたんだ、という感想も。
 というわけで、レギュラーと準レギュラー総登場。温泉まで来て、マイペースに部屋でアニメを見る信長はある意味凄いと思う。お前、何しに来たんだよ、と思うけど、普段とは違った気持ちで見れるのも良いのかも知れない。あとはサービスシーンの連発か。入浴と浴衣での卓球。まあ、サービスシーンでした。入浴はともかく卓球でぶつかってこけたり、相手の胸に顔をうずめたりする事はそうそうないと思うんですけどね。
 その後は、春香がいなくなって、裕人たちが探しに行って、夜の雪山で2人で暖め合うと言う展開。避難した山小屋が旅館の裏側というのもお約束。そんな状態でメイド隊に踏み込まれるのは、驚愕と共に恐怖でもあるな。というか、葉月さんの用意した熊のきぐるみの防寒具。発信機付とは何気に役立ちますね。むしろ、発信機がついているから、裕人が着いてくるのを許可したんでしょうけど。
 しかし、椎菜のおみくじ。来週は恋愛運が好調って。来週・・・ねぇ。このアニメ、今週で終わりやん。

 うーん、寝るには早いし。やりたい事がたくさんありすぎて、何をするか悩むな。
 爆発した理由がわかりません。しかも、会社で。そんなに腹を立てるような事ではなかったんですけどね。ストレスも溜まってないはずですし。何でだろう。せめてもの救いは、就業時間が終わった後だという事ですかね。残っている仕事は仕上がりましたし。集中力は完全に切れてましたけど。

・そらのおとしもの
 いつかやると思ってましたって。極刑って。あんたらは鬼か。少しは庇ってやれよ。
 イカロスを笑わせるためにデートに行く話。デートと言っても、智樹とイカロスとニンフの3人でしたが。両手に花とはこのことか。まあ、智樹は保護者にしか見えませんが。
 そして、動物園で要らん事をやってしまう、イカロス。智樹が喜ぶ、と思い込んで暴走した感じですが。なんというか、感情の抑制が効いていない感じでしたね。ニンフの何気ない言葉でリミッターを解除してしまいましたし。ニンフと智樹が手を繋ぐ姿がそれほどショックだったのか。褒められたかったのかな。
 機能停止寸前のニンフのもとに舞い降りたエンジェロイド。タイプγ。彼女たちの目的はニンフの処分か、イカロスの回収か。どっちにしろ、智樹は怒りそうだな。

・聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 シーグフリードが何をしに来たのか、さっぱりわからないのですが。それとお付の女性騎士もあっさりとセシリー・アリアコンビに負けてるし。
 というわけで、最終回。ルークの刀をやっとセシリーが手にする事が出来ました。ものの数分ですけどね。魔剣アリアは途中の戦いで力を使いすぎて、一事撤退。丸腰でルークの下に向かうも、ルークはシーグフリードに敗北し、刀が折れる。
 なんというか、格好つけないで、このチャンスにシーグフリードはセシリーとルークを殺しておくべきだったんですよね。格好つけて、待っているから負ける事になる。傷をおして、セシリーを守るための刀をリサとともに鍛えるルーク。出来上がった刀を使いこなすセシリー。第1話の頃とは比べ物にならないほど剣の腕が上がったんですかね。変わってないように思えますが。ルークの想いを受け取り、負けられない気持ちもあったのか。シーグフリードの魔剣を砕いて、手傷を負わせましたね。逃げられてしまいましたが。
 どれほど壊れても、生きている人がいる限り、街は蘇る。何度でも這い上がる。それが人の強さか。

 今日も洗い物をして寝るか。明日は出かけるし。
 ゲームをする時間が確保できていない、という事に気づきました。おかげで、スパロボもガンダムVSガンダムも止まったままだ。というか、やたらと積みゲーが増えていくのですが。一向に減らない。そういや、リトバスEXも途中でしたね。

・アスラクライン2
 辛い過去を乗り越えた人と辛い過去に屈した人。どちらが強いかと問われれば・・・。
 このアニメは、ある意味で王道ですよね。燃える場面でOPを流したら、最終決戦での主人公のピンチに頼もしい仲間が狙っているとしか思えないタイミングで登場したり。さらには敵の甘言で闘志が鈍りそうになったら、主人公の言葉で戦う気力を取り戻したり。展開としては最高です。
 というわけで、最終決戦。塔貴也はいくつもの世界を回るもの秋希を救える世界がどこにもないと絶望しかかっている状況で登場。どうやら、秋希自身の消える因果が強すぎて、生き残る確率が相当低いようです。そのために、因果を歪めるイグナイターを奪おうとし、智春たちに襲い掛かる。ハガネを始めとする4体のアスラ・マキーナを使い、智春たちを圧倒しますが、そこに現れるのは佐伯会長、六夏会長、瑶、真日和とビビアンという頼もしい仲間。辛い過去を乗り越えて、なお前を向いて生き続ける仲間たち。過去から逃げ出した塔貴也と、過去に向き合った彼ら。どちらが強いかは自明の理。さて、その強さをどう見せてくれるかな。

・夏のあらし!春夏冬中
 そりゃ、好きな人が目の前で演技とはいえキスをするのは見たくないよな。ついでに、初めてのキスは、というか、キスそのものは見せびらかしたいものじゃないよな。一の気持ちはようわかる。
 まあ、そんな事よりも、まさかの真実でしたが。いつもは帽子かぶった爺さんが座っているところにいる漫画家の女性。この漫画家の漫画のモデルになるという話だったんですが。おかげで、男と女のものから、女同士や男同士のキスシーンが危うく繰り出されるところでしたけど。そんな驚きも最後のオチで吹っ飛びました。まさか、漫画家の女性があの帽子をかぶって髭を生やした爺さんだったとは。男なのか女なのか、そもそもどっちが本来の姿なのかが気になる。
 ・・・という事は、次はいつも塩を欲しがっているやつの話か?

 さてと、洗い物をして寝るか。
 やっとブルーレイディスクを買ってきて、HDDレコーダ内のアニメをダビングしました。今日はGAとCANNANだけ。ダビング自体は意外と早かったです。何か録画する時に設定していたのかもしれませんが。次は蒼天航路やNEEDLESSをダビングしないと。

・WHITE ALBUM
 女神の原点はめのうだったのか。
 冬弥がやたらと女神と呼んでいたのは、幼い頃にめのうに刷り込まれていたからのようです。めのう本人もほとんどわすれてましたけど。単純に、目の前で泣いている子供を励ましたくて、つい口を出ただけの言葉の可能性もありますけどね。
 そして、理奈はお茶に混ぜられた劇物によって、精神的ダメージを受けて声が出なくなる。犯人は警備員かと思いきや、他のマネージャーだったようで。むしろ、警備員は大活躍。絶対に田丸は警備員がやった事だったと思っていただろうし、そのために忍び込ませていたんだろうけど。まさか、逆だったとは。ホント、予想外でした。
 神崎社長は理奈に全てを打ち明け、覚悟を決めてめのうと向かい合う。めのうもそれを受け入れる。由綺も理奈に励まされ音楽祭へ。それぞれ、前に進んでいく。残された冬弥と理奈の向かう先はどこになるのだろう。

・とある科学の超電磁砲
 やはり、最終決戦でのOPは最高です。って、あれ、このアニメ、まだ続くんですか?
 というわけで、AIMバースト戦。1万人の能力者の思念の融合体。レベルアッパーのワクチンで暴走を押さえた上で撃破か。暴走を止めたとは言えども、1万人の能力者の思念を打ち破るだけの想い。それだけの想いの強さが、御坂美琴をレベル5とならしめている強さか。
 レベルアッパーの被害者は全員、目を覚まし、木山は刑務所に連れて行かれ、全部解決か。レベルもレベルアッパーの使用前に戻ったとはいえ、また、最初から頑張れば良いわけだし。生きている限り、やり直しはきく。特に子供は。あの中から、どれだけの能力を持った能力者が出てくるのだろうか。
 来週はサービスシーンのオンパレードですか? というか、上条さんは?

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 ブリックスに血の雨を降らせというか。
 大総統の息子が始まりのホムンクルス、プライドか。あどけない振りをして、周囲の目をごまかしながら、大総統と蜜に連絡を取りやすいというわけか。反吐が出るくらいに良い配置だな。とはいえ、これを知っているのはホークアイだけで、しかも、人質か。
 一方、エドはキンブリーから、大総統の仕事の依頼を聞く事に。内容はスカーとマルコーを探す事。ブリックスを血で染める事。エドが受けるわけのない仕事ですね。とはいえ、ウィンリーという人質付。逆に言えば、ウィンリーが手元にいれば、命令無視も出来る。キンブリーがウィンリーを連れてきたのは、どっちに有利に働くのかな。
 そして、雨の日は無能に成り下がる大佐はどう動く。

 寝るにはまだ早いし。何をしようか。
 ドライバを手動で入れないといけないことに気づいたのは今日でした。おかげで、快調に動いてます。

・けんぷファー
 ぬいぐるみになっても会長は素晴らしい。ナツルを踏みつける様とか最高です。
 というわけで、番外編。ぬいぐるみとけんぷファーの体が入れ替わる話。豪華声優陣がやたらと「生きてるって素晴らしい」と言いまくる話。ついでに、田村ゆかりボイスで「頭冷やそうか」というのは恐怖を覚えますが。
 まあ、ぬいぐるみになっても会長は素敵だったという話でした。

・にゃんこい!
 最後の鈴が落ちてきたは潤平のせいじゃないと思うんだ。でも、潤平のせいにされるから話として面白い。というか、なんでタマまで。
 とりあえず、潤平の父親の手紙に書いてあったことが本当になる事を祈る。第二期、早く始まって。超楽しみにしてるから。第2期、やってくれますよね。
 ま、そんなわけで、潤平の呪いは無事に一時中断。解けたわけではないけど。楓が呪いなんてない、と確信したからこそ、一時中断しましたが。危うく、猫の姿のまま楓の胸に抱かれて死ぬとこでしたけど。その代わり、楓の目の前で人間に戻ってしまったので、素っ裸でしたけどね。仮装ということでごまかすには無理だと思うんだ。でも、ごまかし方はそれしかないか。
 第2期は来年の今頃が良いなあ。

・11eyes
 展開が速い上に、見ている人を置いてきすぎだと思うんですよね。菊理の守護天使が現れたかと思ったら、次の瞬間に負けていたようですし。操以外は全員敗北。しおりに至っては自決。どないせいと。
 ついでに、駆と美鈴先輩は能力を上げるために契りを交わしていたり。無音だとより一層エロく感じるから困る。やたらと影が多いのも基本ですが。そうやって、能力を上げて赤い夜への道を開けるも、そこにあったのは絶望という真実と魔女の甘い罠か。
 まあ、赤い夜への道からゆかが出てきた時点で彼女が魔女が化けた姿だという事はわかっていたけどね。どう考えてもおかしいし。駆はある意味で思考停止状態だから、その辺の判断が出来なかったんだろう。アイオンの瞳は役に立ってくれなかったし。
 で、どうまとめるんだ、この話は。

・真・恋姫†無双
 馬超とか久しぶりに見たよ。最終決戦には間に合ったかと思いきや、またもや留守番組。第1期よりも扱いが悪くないか。
 その代わりか、馬超とその妹分の話でしたけどね。馬超の普段の修行がどういうものかがよくわかります。どこのスポ根漫画か、と言いたくなるようなものでしたが。そりゃ、あんな訓練をしていたら、体力もつきそうですね。でも、うさぎ跳びは膝を壊しそうで怖い。
 そして、動き出すのは後戻りが出来なくなった黄巾党。手違いで役人を襲ってしまったがゆえに、役人を襲い続けるしかなくなったんでしょうね。戦術的にも戦略的にも目的がないから、単なる暴徒に成り下がってますし。あの魔導書にとっては好都合な状況か。
 劉備と曹操、袁術の連合軍で黄巾党を説得できる事が出来るのか。というか、第二期になってから、孫家を見た記憶がないぞ。

・DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
 紫苑が手伝ったんじゃなくて、紫苑が創ったのか。蘇芳のコピーを。しかし、パブリチェンコ博士は紫苑のコピーには1つだけ間違いがあるといっていたけど。蘇芳の場合は2つ間違いがある気がする。紫苑と蘇芳は性別と利き腕が違う。どういうこと。
 結局、真実はゲートの中。今回はいったい何が明かされるのだろうか。そういや、未咲さんとマオって初対面か。猫の時にも会話はしていないよな。会った事は合ったかな。

・クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者
 思い出のコインを見せた後に攻撃するレイナはなかなか策士だと思います。
 というわけで、リスティ戦終了。リスティの想いも受け入れ、リスティを魔の手から解き放ち、レイナはさらに前に進む。
 女王の妹を消したのは女王に憑り付いている奴だと思うんですけどね。どうなんだろう。

 さてと、明日は掃除。あと、先週は出来なかった通信教育。終わるかな。あと近所のスーパーでポイントを使ってブルーレイディスクを買ってくるか。HDDレコーダの容量がヤバイ。
 目が痛い。痛いわけじゃないのだが、霞むというか、乾いているというか。どうしたんだろ。

・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 杉崎がいないとボケにもツッコミにも困るな。真冬のツッコミは弱いし。知弦さんはツッコミを入れる気ないし。
 というわけで、珍しく杉崎のいない生徒会。ボケにもツッコミにも会議にも仕事にも切れがありません。やはり、杉崎の存在は大きいようです。その事を一番自覚していたのは真冬のようでしたが。杉崎のために怒り、杉崎に告白までしてましたし。次回予告では流されていたけど。なんだか、来週はなかった事にされてそう。
 そして、杉崎の中学時代が発覚か。二股をかけていたことも、同級生に殴られていた事も生徒会メンバーにばれましたが。逆に見直されていましたが。それだけ、彼女たちの中で杉崎は認められていて、理解されていたわけか。いまさら、その程度の真実では揺るがないほどの絆が出来ていたわけか。まさか、真冬が人を殴るとは思わなかったな。
 このアニメも来週で最終回か。結局、最初から最後までダベっていただけの気がするな。そして、今回は協力に北海道日本ハムファイターズって・・・。本当にやりたい放題だ。

 さてと、今日は寝よう。
 好きなサークルは落選。TYPE-MOONは企業参加なしか。行く必要はあるのかな、と思い始めてきた。ま、妹にアージュのカレンダーを頼まれているので、アージュグッズの委託をしている企業さんのとこに行きますか。あと、デスクマット欲しさにゲーマーズだったかな、そこのブースにも。

・NEEDLESS
 文句なしのハッピーエンドじゃ!
 いやはや、最高でした。神となったアークライトに、敵味方で分かれていたメンツが力を合わせて共に戦うという展開。ありがちで陳腐で使い古されているが、このアニメならば王道といえる。みんな、結構好き勝手に戦っていたイメージがるのもだけど、基本的に敵同士で憎んでいる印象はなかったですし。喧嘩友達みたいな感じでしたからね。力を合わせるという展開には違和感はなかったわ。
 特に最後に初期OPのBGMが流れつつ、全員の力を合わせてアークライトのもとに突っ込んでいく場面は燃えます。約2名、敵を燃やしていた奴もいましたけど。ついでに、刹那が微妙に役に立ってないとこも良い。
 そして、EDは初期OPを使う。うん、基本をわかっているね。どうでもいいけど、たまに作画が微妙になるのはわざとか。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 裕人の春香への告白場面は素直に格好良いと思った。でも、あの台詞って親父さんも全部聴いているんだよな。あ、でも、隣に奥さんがいたから、手出しできなかったか。
 というわけで、春香のアイドルデビューは裕人や春香の父親の玄冬によって潰えました。いやはや、春香を騙した、と怒り心頭の玄冬を止められるのは妻と娘しかいませんからね。事務所の人も可哀想に。春香にさえ手を出さなければ、こんな事にはならなかったのに。まあ、ある意味では自業自得ですが。人の恋路を邪魔する奴はって奴ですね。
 それにしても、大胆という言葉から、ダイターン・カムヒアという言葉が出てくる葉月さんはすげぇと思った。あんた、何を見て育ったんだよ。

 ちょっとRO起動して、知り合いがいなければそのまま落ちて寝るか。
 というわけで、ちょっと早いかもしれませんが、忘年会でした。なんというか、プレミアムモルツの飲み放題は最高だと思います。

・そらのおとしもの
 受けにまわる会長さんに萌え殺されるかと思った。まさか、銭湯であんな展開になるとは。予想できただろ、私。
 まあ、あとは智樹に可愛いと思われたくて、智樹お薦めの下着を身につけるニンフに萌えるくらいですかね。そういや、智樹が女湯に入りたいがために女になってましたね。どうでもいいことですけど。
 しかし、智樹を観察するために女湯を覗いていた事を会長さんにばれたのか、英四郎も・・・。

・聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 シーグフリードさんは、格好をつけようとしたら、格好悪い事になってしまって、八つ当たりのために街を襲っているように見える。
 リサの正体はリーザがルークを守りたいという願いから生まれた存在と、セシリーは結論付けましたね。会議の連中どころか、ルークですら、ルークの願いから生まれた悪魔だと信じていたのに、セシリーだけは違うと、ある意味で決め付けてましたね。実際のところは、リーザ本人にしかわからないのですが、リサの行動を考えれば、セシリーの答えが間違っているとは言いがたいですし。どちらを信じるかは人それぞれなわけですが。私はセシリーの考えを支持しますが。というか、リサの正体、さらにはルークの刀の出来を会議の場で言い放つセシリーは素直に格好良いと思った。普段はバカでダメな子なのに、時に異様に格好良いから困る。
 ルークの愛するものを守りたい、という想いから鍛えられる刀は、果たして悪魔を打ち倒せるのだろうか。少なくとも、復讐の刃よりかは強くなりそうですけど。それが王道。愛の心にて悪しき空間を断つ、って言うしね。

 酒飲み過ぎたかな。明日起きれるかな。
 東方花映塚のネット対戦を始めてやった。2人の人とやったのだが、片方は快適でもう片方はラグがひどい。ちなみに、その2人同士でやると快適らしい。相性が悪いのかな。まあ、ラグがなくても、勝てた気はしないが。

・アスラクライン2
 もとの世界に戻ってきたら、奏が普通に復活してた。どうも、こっちに戻ってきた結果、悪魔契約が効力を発揮し、奏は死の間際から戻ってきたようです。なんという、ご都合主義。てっきり、ニアと契約して、アスラクラインになるものだとばかり思ってたよ。
 というわけで、戻ってきました。朱浬さんのみ生死不明ですが、彼女以外は全員無事だったようですね。瑶はアスラマキーナを失い、六夏会長は右目の視力を失ってましたが。佐伯会長だけ元気でしたけどね。彼だけは運良くあの騒ぎに巻き込まれませんでしたからね。逆に言えば、それだけ出番がなくなっているわけですが。その割には、何気に重要な役回りですけどね。彼が第三生徒会長を智春に決定してますし。というか、そんな決定の仕方で良いのかな。
 塔貴也はハガネを中心に、アスラクラインとしての力を使い、奪った他のアスラマキーナを従え、ニアの予想よりも早く三巡目の世界に向かったか。もう、立ち止まっている時間はないんだな。

・夏のあらし!春夏冬中
 何で絵はドラえもんで、内容はワタルなんだ。そういや、ワタル見てないなあ。見た方が良いのかな。
 潤の誕生日の話でした。そんな中、潤がなぜか成長してました。星の並びの影響か、それとも潤が誕生日だったのが関係があるのだろうか。ちゃんと元に戻っていたけど。
 というか、成長した潤を見て、アラシはすぐに気づいたのにカヤが気づかなかったのは何でだ。後姿と前から見た姿の差かな。前から見たら、潤とはぜんぜん違うからね。アラシは後姿で潤だと思って声をかけて、潤が反応したからわかったんだと思うけど。それにしても、カヤは、なんというか、間が抜けてるな。気づいていないとはいえ、潤相手にサプライズお誕生日パーティのことを話してしまってるし。むしろ、本人の誕生日パーティの準備を本人にさせるアラシもどうかと思うけど。
 まあ、潤本人が潤をどう見ているか、どれだけ見ているか、どう思っているかを、知れたのは良い事なのか悪い事なのか。本人は満更でもない様子でしたが。というか、マスターですら、洗いなおしたくなる洗い方ってどんなのだよ。

 ・・・今日は寝るか。ちょっと早かったし。
 導入しようと思ったが、フィードがIEから移行出来なかったので諦めた。IE8の64bit版がflashに対応すれば良いんですけどね。

・11eyes
 実はこの世界はゆかの世界でした。なんだってー、と驚・・・もうどうでもいいや。
 というわけで、ネタバレタイムでした。黒騎士は世界を崩壊から守ろうとしており、駆たち欠片が封印された少女のもとに集まってしまうと、封印が解け世界の滅びを求める魔女が復活してしまう、という事でした。それならそうと、最初から言ってくれよ、という気分でいっぱいです。しかも、欠片は取り出し可能だし。無理やり剥ぎ取ったせいか、雪子は殺されましたけど。その欠片でもって復活してしまったし。
 菊理はゆかが駆のために出した幻。ここはゆかが望む世界。むしろ、ゆかこそが魔女のような気もしたんですけどね。ゆかが魔女を復活させてしまったけど。その魔女は、世界を滅ぼすために駆の瞳を狙うわけか。愛する駆を守るために封印の少女を助けたのなら、皮肉としか言えないな。

・真・恋姫†無双
 うーん、鳳統って、どこの軍師だっけ。
 そんなわけで、久しぶりに趙雲が行方不明になりました。前と同じように孔明の師である水鏡先生のいる山で霧にまかれてね。劉備以外気にしない辺り、彼女の性格を理解しているとしか思えない。きっと、来週は華蝶仮面の登場だ。と思っていたら、CMで出てきちゃったけどね。・・・次、いつ出てくるんだろう、彼女。
 で、水鏡先生のとこには新しい弟子が居り、孔明は妹のように優しくしようと思っていましたが、なかなか難しかったようで。なんというか、全力で空回っていたわ。気が利きすぎて、鳳統がやろうとする事を全部やってしまってましたからね。そこは、やり方を教えて見守るべきだと思うんですけどね。ま、最後はうまくいきましたけど。真名を教えあう事が出来てしましたし。
 とうとう魔導書が動き出したか。

・DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
 蘇芳は紫苑のコピーか。父親の狂気によって作られたんだろうが、紫苑も手伝ったわけだし。もしや、何か別の目的があるのか。そして、紫苑はその頃から能力者だったというのか。
 まあ、そんな事よりもマオですけどね。マオの人間の頃の体も出てきましたし。まあ、すぐに爆破されて木っ端微塵にされてましたけど。その時に黒猫になっていたわけなんですね。懐かしいですね、黒猫姿。というか、猫じゃないんだから、マオって呼ぶのも変な気がしますけどね。
 ヘイはヨウコを殺していなかった。だけど、ヨウコは殺されていた。だとすると、犯人はマダムと双子か。それともパプリチェンコ博士と紫苑か。いや、紫苑だとすると殺害方法がおかしいし。やはり、マダムなんだろうか。

・クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者
 なにもないレイナだからこそ全てを受け入れ、受け継げるのだろうな。
 トモエとの決戦でした。てっきり、決勝でトモエとは当たると思っていたので、予想が外れましたわ。死んでいった仲間を背負うトモエと何も持たないからこそ、今まで戦ってきた仲間たちの想いを受け止めてきたレイナ。トモエの想いすら受け止めようとする。レイナも成長したな。第1期の頃は何もなくて迷い続けてきたのに。いまや、何もない自分を受け入れ、何もないという事を長所にしているのだから。その想いの前にトモエの鬼気迫る想いすら受け止めるか。
 次はリスティ。操られて捻じ曲げられた彼女の想いも受け止めるんだろうな。
 どうでもいいけど、何でレイナの剣は光ったんだろう。

・WHITE ALBUM
 展開が怒涛過ぎる。あまりにも早すぎて、1話抜かしたんじゃないかと思ったよ。
 緒方さんは脱税の疑いをかけられるし、めのうは歌詞以外は全部吹き替えという事を美咲さんを通して、雑誌でばらしてるし。由綺や理奈の周りがここに来て騒がしくなってきました。しかも、タマルの陰謀により理奈に害が及んだようだし。お茶に異物でも混入させたか。
 しかし、男の情けなさと女の強さを見せ付けられた気がするな。理奈といい由綺といい。マスコミが構えている中、堂々とリハーサル会場に入る理奈に、辞退を勧められながら、自分の意思で出場すると言い張る由綺。理奈はともかく、昔の由綺だったら辞退と言われたら、おとなしく辞退していそうだったのに。強くなったよな。それに比べて、男どもの情けなさっぷりは・・・。
 まあ、彰が無事で良かった。

・とある科学の超電磁砲
 木山春生の思い出か。
 御坂美琴VS木山春生。いくつもの能力を使いこなして、美琴を圧倒しましたが、ゼロ距離からの電撃によって木山敗北。まあ、美琴を少し甘く見ていたが美琴が勝てた要因でしょうけど。もう少し別の戦法を取られていたら、負けていたのは美琴かもしれません。とはいえ、木山の過去の話を見る限り、彼女は子供を手にかけることは出来なさそうですけど。とすれば、結局のところ、木山では美琴に勝てなかったのかもしれませんね。
 木山の過去か。自分を信じてくれた子供を結果的に裏切ってしまってるし、彼女自身、心を許した子供を見捨てる事も出来ないし。必ず救うという想いが暴走しているわけか。見事にやり方を間違えてしまっている気もしますけど。
 あらゆる血と命を犠牲にして科学技術は進歩する。動物か人間かの違いに過ぎないとは言え、やり切れんなあ。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 斬り殺したい、と言う欲望を20分後に実行しちゃったよ、アームストロング少将は。
 アームストロング少将はグリッグスのために完全にホムンクルスを敵に回すことを決意しましたね。結果として、中央にも喧嘩を売る事になりましたし。まあ、彼女の性格を考えれば、懐柔できると思う方がおかしいのでしょうが。それでも、部下も含めて、みんな戸惑ってましたけどね。最初は懐柔されたんじゃないかと思って。とはいえ、部下がホムンクルスに殺されたとわかっていながら、ホムンクルスと手を組む気はなかったようです。部下には厳しいが、部下を無駄死にさせる気はさらさらないわけですね。そりゃ、一枚岩になるわけだ。
 続々と北に主要な人物が集まってくるな。そして、エドやアルの父親のホーエンハイムはいったい何をやったんだろう。

 通信教育もスパロボも全然やってねぇ。
 そんなものなんだ、と諦めながらやっていくしかないのか。

・けんぷファー
 今回で実質最終回っぽいな。最後、ナツル(男)が女性3人に陵辱されてたし。
 とりあえず、沙倉が白のけんぷファーの統率者。そして、けんぷファーの戦いは別の宇宙の争いの代理戦争、という事でした。展開が早すぎるわ。戦闘が単調すぎるわ。まあ、最後のナツルの不幸っぷりがツボに入ったのでいいや。
 最後に、やっぱ生徒会長良い。

・にゃんこい!
 潤平にネコミミが。どうしよう、男のネコミミには萌えない。
 加奈子とデートしつつ、加奈子の回想による潤平の昔話を垣間見てました。今とあんまり変わっていませんが。まあ、昔から良い奴だった事はわかりますが。ニャムサスの飼い主であるのにも関わらず、ニャムサスの遊び相手が出来ない事を悲しめる奴だったんですから。
 しかし、水野に呪いのことがばれかかっているからネコミミになったのか、猫舌の延長でネコミミになったのか。どっちなんだろう。とりあえず、八つ当たりだけは何とかしないとまずいよな。あの寺に金があれば、八つ当たりも受けなかったのに。やはり、住職のキャバクラ通いが全部悪いのか。
 次回で終わりか。もう1クール見たいのに。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 やはり、出来レース。むしろ、既成事実の積み重ねか。
 春香のオーディション合格は、春香をアイドルとしてデビューさせるための作戦だったようで。そんな事は先週からわかっていたことですが。さらに、そのために裕人に対して春香に近づくな、と忠告されますし。結局、アイドルになるより裕人のそばにいたい、と願う春香とそれに応える裕人、という最後になると思うんだけどね。今回はこういう形のクライマックスか。
 それにしても、良くも悪くも裕人はこき使われやすい性格だな。今回もアイドルに気に入られてこき使われてるし。まあ、炭酸抜きのコーラを買おうとするマネージャーよりかは、裕人の方がその辺りの応用性はあるか。単純にコーラを買って、炭酸を抜けばいいだけなんだし。でも、炭酸の抜けたコーラはただの砂糖水と変わらんような。

 緋想天のナット対戦用のツールか。ポート開放をしなくていいという話だが。ちと調べてみるか。
 ファイナルファンタジーでもっとも効果の高い単体回復アイテムが200円で投売りされている現実にちょっと悲しくなった。ちなみに、味の方はオロナミンCかと思っていたら、CCレモンでしたわ。

・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 とりあえず、杉崎を死なせておけば、感動的な話になる・・・わけないか。というか、誰かが死ねば感動するって、最後全員死んだらダメじゃん。それ、いつの富野作品!?
 何だろう、文化祭の話だったのに、文化祭の要素がほとんどなかった気がする。いつもと変わらず、生徒会室でだべっていただけだよ。生徒会による寸劇はCM中に終わっていたよ。さすが、生徒会の一存。やってくれる。
 とりあえず、今回の話の教訓は杉崎に独り言を言わせてはならないという事と知弦さんの考える話は感動できないという事ですかね。何あの悪女の話。いや、最初のは良い話で終わるのに、妙な後付のせいで。何だあのバッドエンド。
 そういや、新聞部の出してたスキャンダル焼きって、何だったんだろう。何が材料か良く聞き取れんかった。

 結局、今日は帰ってくるのが遅かったので乃木坂春香はパス。ま、なのはA'sは見たけどさ。
 前兆がきたので、風呂上りに手にハンドクリームを塗り、皿洗いをお湯でやる事に。まだ、20代なんですけどね。やはり、素手で皿洗いをするのは無茶なのかな。でも、手袋の類は指先の感覚が掴めないから使いたくないのだが。

・NEEDLESS
 やはり、ラスボスはアークライトだったようです。離瑠の肉体を得て復活するというのは予想してませんでしたが。
 おかげで、神無月が何をしに来たのかがわかりません。可哀相なくらいにかませ犬。結局、彼がやった事はイヴ・プロジェクトの全貌を明かしただけ。ついでに、神になろうとした目的は、好きな女性を手に入れるため。かつて好きだったカスミの遺伝子を持ったイヴを欲しがっていただけじゃないか。なんという小物。最後は不意を突かれた上に、罠にハマってアークライトに全フラグメントを奪われた上に、肉体消失。本当、存在自体が可哀想だった。格好良かったのは先週と死の間際にイヴをギドに返した時だけだったよ。
 復活したアークライトにフラグメントを覚えなおさないといけないブレイド。取り戻した6つのフラグメントでアークライトに勝てるのか。まあ、どう見ても、主人公というよりラスボスな主人公だから、勝ってくれそうだけど。何か、凶悪な笑みを浮かべながらさ。
 それにしても、予告でギドを殺しすぎだろ、このアニメ。まさか、最後の最後にまたやるとは思わなかった。

 バンダイチャンネルが何やらリフォーム中で乃木坂春香は見れないか。まあ、明日にでも見よう。
 デジカメのソフトがやっと対応してくれました。ある意味、これのためだけにVistaを残していたので、これで何も気にせずアンインストール出来そうです。余っているHDDはどうしたものか。

・そらのおとしもの
 会長さん、殺す気と書いて、やる気と読む感じだったな。よほど、馬鹿にされたのが腹に据えかねたと見える。
 さて、文化祭の話でした。なぜか、近くの私立高校との音楽勝負まで始まってましたけど。智樹がフルオケと風呂桶を聞き間違えて爆笑したおかげで、私立の連中に思いっきりバカにされてましたけど。おかげで、会長さんブチ切れ。怖い。けど、そんな怒った姿に萌える私。
 結果は智樹の前振り(超引いてた)とイカロスの歌唱力により圧倒。私立に目にものを見せてました。というか、こんな事のためにご近所を巻き込む会長さんが鬼だと思う。PTAを巻き込む私立も同じだけどさ。何やってんのこの人たち。一番謎だったのは、なぜかみんな智樹なら何とかしてくれる、と思っていた事ですけど。なぜ?
 イカロスも変わったよな。智樹と手を繋ぎたい、と思うようになるなんて。智樹は全く気にしてなさそうだけど。ニンフの手を取ったり、そあらに手を取られたり。ハッハッハ、モテモテだな、この男。おかげで、平凡な毎日など望めそうになさそうですが。

・聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 予想通り、リサは人間ではありませんでしたね。悪魔だというのは予想してませんでしたが。大方は先週の予想通り。彼女が人間ではない、と思ったのは初期の頃。適当に書いていたことが当たったよ。まあ、当てたといっても、人間ではない、という部分だけですが。あの時は槌の精霊か何かだと思ってましたから。
 ついでに、こちらも予想通り、魔剣の正体はエルザ。リサに剣を研いで貰った少女でした。最後はその剣で約束どおり主人に止めを刺してましたけど。多分、あの瞬間、あの2人は救われたんだろうな。この方法でしか救われないのは悲しすぎますけど。
 そして、明かされたのは魔剣の存在意義とリサの正体。魔剣の存在意義はバンバニルを殺す事。神を殺すという言葉はバンバニルへの憎しみから。アリアはその事に気づいていなかったようですが。そして、そのバンバニルの血を受けたのがリサ。ルークによって、リーザをもとに創られた悪魔のようですけど。詳しい事はわからず仕舞い。ま、セシリーなら、そのまま付き合いそうですけど。その真実を知っても。
 聖剣を作る事を義務付けられたルーク。バンバニルを倒すには聖剣が必要。バンバニルへの、自分への、憎しみから聖剣は生まれるのだろうか。

 ・・・さすがに、この時間からゲームをする気にはならんな。
 賞与も出た事だし、今のPCのメモリでも増やそうかと思い、マザーボードとの相性を調べてみると、かなり悪そう。BIOSのアップデートをすれば問題なくなるかな、と思ったけど、RAIDの設定のやり直しとかしなければならなくなりそうなのでやっぱり面倒。結論、快適に動く以上はこのままで問題無し。新しいPCを組む時に考えよう。変えるとしたら、周辺機器くらいですね。SDカードスロットとかを手元に置くためにUSB形式を買ったり、ディスプレイを変えたりするくらいかな。逆方向のL字SATAケーブルを購入して、ブルーレイディスクドライブを追加するのも面白いかも。

・アスラクライン2
 大きな犠牲を払って、一巡目の世界は救われたか。
 一巡目の世界を滅びの定めに追いやった門。実験の失敗により生まれたもののため、実験が失敗した時に発生したエネルギーと同じだけのエネルギーを与えれば破壊する事が可能。とはいえ、かつて、一巡目の智春が最強のアスラ・マキーナ鋼を使っても破壊できないものでしたが。門番の如く立ちはだかるドーターに邪魔をされ、力が足りなくなったため。そして、その門と門番にクロガネとシロガネを合体させる事で生まれた新クロガネで持って、智春が挑む。
 やはり、今回は門を破壊するくだりが最高に熱い展開でした。今回はOPがカットされてましたけど、このくだりでBGMとして流れてきて。ドーターの攻撃から智春を守るために文字通り命を燃やして助けに来る奏。二巡目の智春と操緒を守るためにシロガネのベリアルドールとなり、新クロガネに命を注いだ一巡目の操緒。この2人の命で持って、ドーターを退け、門は破壊される。泣きたくなるくらいに熱い展開でした。それぞれがそれぞれに出来る事を命がけで行うその姿を見てると、涙が出そうになったわ。
 どうでもいいけど、これが僕の彼女だ、という言い方だと、まるで奏が物扱いなんですが。

・夏のあらし!春夏冬中
 一のあまりの格好良さに惚れそうです。
 アラシと通じなくなった一は、なぜ通じなくなったのか、アラシを拒絶しているのではないか、と悩み、箱舟のみんなに相談にのってもらう。というか、口げんかした結果として、みんな協力する事になってましたね。何気に結束力の強いメンバーです。マスターだけは置いてきぼりでしたが。
 そして、過去にさかのぼり、アラシの喧嘩に加わる事に。1対多数で、相手には真剣持ちもいましたが、アラシさんを守る、という熱い思いのおかげか、ぼろぼろになりながらも一が格好良く決めてくれましたね。いくら、取っ組み合いの喧嘩を何度もしたとはいえ、昭和初期の子供と対等どころか、圧倒する一にはホント惚れそうですわ。こんなに格好良い男、そうそういませんよ。実際、アラシの初恋の相手だったわけですし。その証拠がアラシが大切にしていて、空襲で焼けたと思っていた眼鏡か。60年以上の時を超えて、やっと再会できた訳か。
 これで元通り。話のヤマも越えたわけですが、来週から最終回まで何をするんだろうか。あと、やよゐがゲームに強いのは驚き。引きこもっていた頃、どんだけゲームをやっていたんだろうか。というか、どうやって、買っていたんだ。

 さて、今日もガンダムVSガンダムNEXTPLUSを練習してから寝よう。
 とりあえず、2つ終わった。後1つが面倒なんですけどね。今年中に終わらせよう。というか、これが終わらんと部屋の整理や漫画の感想や映画の感想やスパロボNEOをする時間が、バランス良く取れない。

・WHITE ALBUM
 冬弥の父親が亡くなったか。彼が冬弥に伝えたかった事はなんだったんだろう。
 そろそろ亡くなるな、という気はしてたんですけどね。冬弥はいざ父親が死んだら、やはり悲しいようだし。仲違いしていても、親子だったんだな。そんな状況の冬弥に、さらに・・・。
 視点を変えれば、他にも発覚した事が。神崎社長の娘はマナだけでなく、離婚した時に別れたもう1人の娘が居り、それがめのう。さらに、マナは昔、由綺を姉のように慕っていた。何やら、人間関係がごちゃごちゃしてきたな。じゃあ、その頃か、めのうと冬弥が出会ったのは。
 しかし、彰は本当に事故に遭遇したのだろうか。もし、死んでしまったら、冬弥は立ち直れなくなるのでは。
 というか、マナが大学に合格した事を忘れそうな展開だったな。

・とある科学の超電磁砲
 レベルアッパーの製作者は木山先生か。
 レベルアッパーを使ってしまい、副作用によって眠りだした左天。その左天を追い詰めたのは自分じゃないかと責める美琴。左天を救うために奔走する初春。レベルアッパーの使用者を抑える黒子。それぞれがそれぞれにやりたい事、出来る事をやった結果か。それが間違っていたら、やり直せるのが子供の特権なんだろうな。能力の手に入れ方を間違えた左天、励まし方を間違えた美琴。さあ、どうやって、やり直す。
 カエル医者、久しぶりに見たな。そういや、この日のうちに上条さんが運ばれてくるのか。本来ならば。ついでに、左天の能力は風系だったのかな。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 ホムンクルスをあんな方法で凍らせるとはな。エレベータに押し込んだのはわかるけど、まさか、さらにエレベータを使って戦車を上げて、ホムンクルスを戦車の砲弾で外に追いやるとは。
 そのホムンクルスが掘っていた穴。全てはアメストリスを1つの練成陣にするためか。そして、建国当時からそのために戦乱を繰り返してきたわけか。残りはブリッグスの地のみ。あの少将がそんな事を許すとは思えないが。
 しかし、百戦錬磨のブリッグスの防衛軍も、エドとアルの師匠であるイズミには敵わなかったと見える。真冬のブリッグス山で1ヶ月こもっていたという話は本当だったのか。しかも、自分たちの国を守ってくれている兵隊から食料とか強奪していたのかよ。

 少し、ガンダムVSガンダムNEXTPLUSやってから寝るかな。
 金曜の夜はあまりにも眠かったので、アニメを見たのにもかかわらず、ブログを書かずに寝てました。賞与の支給日という事でちょっとはしゃいでましたし。買うものはないのですが。ついでに、ガンダムVSガンダムNEXTPLUSを買ってきたり、マクロスFの映画を見に行ったりと、金曜の夜や土曜はそれなりに楽しんでました。まあ、ガンダムVSガンダムNEXTPLUSは下手なせいで、アーケードがクリア出来なくて困ってますけど。

・けんぷファー
 生徒会長に激萌える。押し倒された時とか最高。
 これ以外、特に見るべきところはないね。ああ、最近の沙倉はなかなか良いね。あの本性を曝け出している姿は悪くない。

・にゃんこい!
 何か、いきなりバトル物が始まって何かと思った。
 双子の話。彼女たちには実は友達がいない、という事があかされてましたけど。でも、潤平と知り合って、潤平を通して友達は増えていっていると思う。というか、琴音はともかく朱莉に友達が居なかったのが意外。彼女自身が避けていたからでもありますけどね。他の人とは違う力があり、その力が人を傷つける可能性があったから避けていたんだろうけど。琴音の場合は自業自得だと思う。
 しかし、付喪神退治か。退治はしてないだろうけど。そんな相手に襲われているのに、いや、襲われているのを良い事に、潤平に抱きつく琴音の根性の座りっぷりにはむしろ感心したわ。途中から、わざとじゃないだろうかと本気で思ったけど。

・11eyes
 賢久先輩が死ぬとは。
 草壁先輩は完全に敗北。賢久はサエコを失い、暴走し、雪子に殺してもらう事で止まるしかなく。黒騎士の実力と策謀の前に完全敗北か。草壁先輩の敗北はまだしも、賢久を失ったのはかなりきついだろうな。まあ、最大の問題はそんな状況に関わらず、全く気にしていないゆかだと思うけど。
 というか、このアニメは視聴者置いてきすぎなんだよ。今までの経験である程度予想して、予想を的中させたけど。

・真・恋姫†無双
 関羽の立ち位置は相当おいしいと思うんだよね。血の繋がらない姉と妹が居るんですよ。
 というわけで、劉備が関羽の姉になりました。最初は妹にしてもらおうとしたのですが、張飛が嫌がり、姉なら良いと言い出したためですが。どこにも関羽の意思が介在されていないところが良い。相変わらず、黒髪の山賊狩りはもっと美しいとか言われ、野盗の脅威に晒されている村の門番に信じてもらえなかったり。微妙に不幸でしたね。
 今回は劉備の活躍が光る話。盗賊を罠にはめるために、水をせき止めている岩を雷で割るために宝剣を犠牲にするという覚悟を見せてましたし。戦う力は持たないとはいえ、民のために何かしたい、という想いはあるわけか。その想いが彼女の下に人を集める原動力となるのかな。

・DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
 蘇芳が8年前に死んだとはどういうことだろう。
 蘇芳が母親に再会しました。その途中、あの探偵の力を借りてましたけど。いつもどおり、あの探偵コンビは役に立ってませんでしたが。あの格好だけはハードボイルドの探偵とオタクの助手コンビ。正直、この作品には似合わない雰囲気を放っている、どう考えても場違いな彼らが大好きです。そのくせ、たまに格好をつけた結果として空気を読んでしまうあたりがさらに素晴らしい。
 それにしても、ヘイは能力を失っても強いままだな。昔使っていた武器も引っ張り出してきてるし。髭も剃って、髪も切り、昔の姿に戻ったか。まあ、老けてるけど。

・クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者
 クローデットが死んだかと思った。
 クローデット対リスティはリスティの勝ちでした。女王が何やら手を貸したみたいですけど。実際、リスティはクローデットの猛攻の前に倒されてますし。その後、女王の力で強制復活させられていた印象。文字通り、操り人形だったわけですが。まあ、クローデットと父親の間にある溝が縮まった事を考えれば、家族関係だけ見れば良い方向に転がったわけですが。親父は余計にクイーンズブレイドを嫌いになりそうですけど。
 メローナが何やら動いているみたいだけど。彼女はナナエルから盗んだ聖乳で何をするつもりだろう。あと、エキドナはどこに行った。

 寝るか。明日は部屋の片付けとか出来るかな。
 1月3日の新幹線の予約を17時過ぎにしたら、14時台が全部埋まっていて(N700系)、焦った。無事に15時台を予約しましたけど。予約開始したばっかりなのに、何この量。今日やっておいて良かったわ。

・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 知弦さんの過去が明かされる話か。かつての親友による知弦さんの評価を聞く限り、どうしてあんな性格になったのかがわからない。いじめられていたから、いじめられないように振舞おうとしてああなったんだろうか。
 というわけで、知弦さんがメインの話だったはずなんですが、どうも印象に残っているのは真冬。何か、真冬はボーイズラブについて語り、鍵がギャルゲーについて語り、完全に言い争いになっているのを見て、仲良いなあ、この2人とか思ってましたので。方向性は違うけど、似たもの同士なんだな、と。
 知弦さんにとっては、そんな生徒会が大切で大好きなんだな。いつも、バカやっているだけの気がするけど。主に鍵が。

 日付が変わってるな。今日は賞与支給日か。ちゃんと振り込まれてるかな。
 OS仮想化ソフトの完全起動よりも前に、仮想ドライブを久しぶりに実装。HDDの容量が大きくなったし、DVDーROMが必要なソフトも多くなったので。というわけで、早速、DVD-ROMを変換しようとしたんですが、コピープロテクトの所為かうまくいかず。これでDVDの出し入れという面倒な作業から開放されたと思ったんですけどね。はてさて、どうすればいいのやら。というか、BD-ROMの仮想ファイルも読めそうな気がするな、この仮想ドライブなら。

・NEEDLESS
 本当に、どこで育て方を間違えたんだろう、ギド博士。
 ブレイドとアークライトの決闘。逆拒絶反応の影響でお互い、フラグメントを使えなくなりましたが、肉弾戦でも十分戦えてます。というか、お前ら、スピードやパワーのフラグメントを使っているんじゃないか、と思うくらいに。アークライトにいたっては治癒能力がドッペルゲンガー並みに高いし。それを含めても、ブレイドの方がラスボスっぽく見えるのが不思議。
 そんな激しい攻防も左天によって終わらされましたけど。後天性のアダムシリーズ。人間の体にエデンズシードを注入し、ビャクゴウを埋め込む事によって生まれた不完全なアダムシリーズ。元はギドの助手の神無月。そして、多分、ラスボス。でもアークライトの肉体は残っていたから、復活しそうな気もするんですけどね。というか、左天がイブに興味を持っていたのは、もともと神無月だったからか。そして、かつてはギドとともにブレイドやイブを見守っていた彼が敵になってしまうとは。ギド博士にとっては辛い状況だろうな。
 しかし、彼は逆拒絶反応をしていないから、フラグメントを使い放題。今のブレイドでは分が悪すぎるな。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪
 そういや、デートらしいデートはしてなかったんだな、この2人。
 というわけで、遊園地でデートをしていただけでしたね。裏では春香をアイドルにしようとする動きがありましたけど。ついでに、実際にアイドルのオーディションに合格、という事にされてましたけど。その事態に驚いているのは裕人と美夏で本人は全く気にしていないのが何とも。状況、わかってなさそうだな。
 しかし、さすがの美夏達も初デートは着いていかなかったか。てっきり、後ろに着いていくとばかり思っていたけど。さすがに、あのメンツも少しは空気読むか。まあ、今回はある意味でタイミング良く、ある意味でタイミング悪く、美夏が裕人に電話をかけてしまいましたが。キスの直前で邪魔が入るのは基本か。

 寝るか。
 賞与でブルーレイディスクを買おう、そうしよう。とりあえず、全話残し損ねた「大正野球娘。」は消そう。他は「坂の上の雲」を始めとして、ブルーレイに移していかないとな。ISO形式でPCのHDD内に保管したいところだけど、ブルーレイディスクドライブはないので、しばらくはディスクで残しておこう。ゲームのDVDとかをISO形式にするかな。仮想ドライブも導入して。

・そらのおとしもの
 イカロスの言葉は真逆。嘘をついて人間らしく振舞おうとしていたからだけど。新大陸はあるというとんでもない事実を言ってましたけど、そんな事よりも会長は良い人。真逆の意味で捉えると・・・いや、会長は良い人だ。あの笑顔には逆らえない。
 というわけで、ニンフが何やら密命を帯びて戻ってきました。智樹を人質にとって、イカロスを空に戻そうとしようとしますが、智樹の優しさに戸惑っている間に、智樹のペースに。結局、彼女は何をしに戻ってきたんだろう、という状況ですね。智樹が買ったエロいDVDを見るために戻ったわけじゃないと思うんですけどね。ホント、何やってんだろう。
 空の上の人々は何をする気なんだろう。ニンフにも何かしたようだし。時間制限を設けたのか。

・聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
 リサはリーザとバンバニルの融合体のようなものなのか。バンバニルの血肉を使い、その時に取り込んだ少女を模して生み出された、という方が正しいのかな。
 今まで明かされてなかったルークの話。彼の左目の秘密もわずかながらわかりましたし。あれも、バンバニルに出会った事による副作用なのかな。そのあたりの詳しい説明はありませんでしたが。何かしら、関わりがありそう。ルークが聖剣を創ろうとしているのは、バンバニルを殺すためなんだろうけど。理由は復讐か。無力な自分への怒りか。
 ルークに短剣の修理を依頼した少女、エルザが雷を操る魔剣なんだろうな。アリアは気づいたみたいだけど。もし、アリアがその事をセシリーに伝えていたら、事態はどう変わっていたんだろうか。セシリーはルークの過去と想いを知って、心乱しているから、それを聞いても何も変わらなかったかもしれませんが。

 さてと、今日は寝るか。うーん、OS仮想化とか、DVDをISOファイルに変換するソフトとか色々と導入したいが、なかなか時間がないな。
 デュアルブートするよりも楽だろう、と思ってインストールしてみたけど、使い方が良くわかりません。しばらくはソフトについて調べるだけになりそう。一部のソフト(デジカメの写真取り込みソフト)が7に対応してないけど、ここですっぱりとVistaをアンインストールするかな。必要になったら、仮想化ソフトを使ってインストールすればいいんだし。

・アスラクライン2
 操緒は復帰か。彼女はどれくらい前に飛ばされていたのだろうか。
 勝手の違う一巡目の世界か。智春はそこで二巡目の世界との違いを知ったのか。佐伯兄妹に哀音、朱浬と紫浬。二巡目とは全く違うけど、同じように生活している人たち。実際、二巡目とあんまり変わらない人もいますし。それでも、自分がいた世界の人たちを思い出すのは仕方がない事なんだろうね。紫浬を見て、二巡目の世界での朱浬を思い出したように。自分のために死んでいった以上、立ち止まるわけにも行かないか。誰も死なせない、立ち止まるわけには行かない、という思いが、一巡目の世界に居てはならない彼を悪魔かさせるわけか。クロガネを失った彼が使える唯一の攻撃か。これで、彼も守られてばかり、という事にはならないな。
 それにしても、智春は奏に告白していたのか。多分、彼女には聞こえていないんじゃないんだろうか。見ていた私もわからなかった。ついでに、一巡目の智春はニアから全てを聞かされていたにも関わらず、ああなったのは。彼が間抜けだったから、それとも、運命を受け入れていたからなのか。どっちなんだろう。・・・後者であってほしいけど、智春だからなあ。

・夏のあらし!春夏冬中
 一とアラシが飛べなくなった。通じなくなった、という事か。
 一がアラシに告白しようとするものの、さえぎられてしまう。さえぎったアラシの方にも、さえぎられた一の方にも言い分があって、苦しい胸のうちがあるから、どっちが悪いとも思えないんだよな。アラシはもし一を好きになっても、一に会えるのは夏だけで、しかも今までの経験から忘れられてしまうという恐怖がある。会いたいのに会えない気持ちと会っても忘れられているという恐怖から、どうしても人を好きになる事が出来ない。一の方も告白をさえぎられたら、色々と辛いわな。覚えておく、と言っても、アラシに優しく諭されたり。このあたりのすれ違いが、2人が通じなくなった原因か。この絆、取り戻せるのだろうか。
 まあ、このアニメ、というか、この作品は一の回想という位置づけだから、彼がアラシと結ばれる事がない事も彼がアラシやカヤや潤達と過ごした箱舟での出来事を忘れていない事だけは確かなんだけどね。

 週刊アスキーに夢中になっていたら、こんな時間か。今週号はWindows7についての専用の小冊子が着いていたから、ついつい夢中になってしまったわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。