三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。

2011/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 休みの日の過ごし方が、朝は寝て、昼は仕事って・・・。平日も夜遅いし。PSPにアニメを転送して、帰りの時間で見ていくしかないのか・・・?

・レベルE
 久しぶりに雪隆登場。
 というわけで、久しぶりに王子と雪隆の絡みが見れました。王子の言動に振り回される雪隆が、王子を力尽くで黙らせようと、ジャイアントスイングをかけたり、バットで打ったりする場面は笑える。久しぶりに楽しませていただきました。
 内容は雪隆が所属する野球部が地区予選の決勝戦前に、誰かの夢の中に入ってしまうという話。その誰かが、緊張と言うよりも、精神を集中しすぎた結果みたいですが。それだけ、決勝戦に対して本気で勝つ気でいたんでしょうね。劇中で明確に明かされる事なく、夢の中から出てきましたけど。王子は取り残されているオチが良かった。クラフトも雪隆もこれで安心して生活が出来る。来週には戻ってくると思いますけどね。
 結局、誰の夢だったんだろ。主将の夢だったのかな。

・これはゾンビですか?
 ギャグも多かったけど、全体的に暗くて重かったな。
 ユーの前のゾンビと歩達が顔合わせ。前のゾンビの強さは圧倒的ですね、魔装少女に変身出来ないハルナはともかく、吸血忍者のセラすら歯が立たず。友紀をはじめとする吸血忍者の援軍が来なければ誰かが死んでいた可能性もありますし。それがわかっているから、ユーは前のゾンビに着いて行くのかな。ユーがあのゾンビと一緒にいる限り、歩達が狙われる事もないでしょうから。まあ、そんな事で歩達が諦めるわけないですけど。さあ、主人公がどう抗ってくれるのか、楽しみです。
 ところで、妄想ユーさんの目覚まし時計とか発売してくれませんかね。

・ドラゴンクライシス!
 オニキスに思いを寄せるブルードラゴンの少女が登場。登場時こそ竜司や英理子に攻撃を仕掛けてきましたけど、最後はローズと仲良くなってましたね。最初はオニキスの敵討ちでしたが、ローズと会話して、ローズがオニキスに全く興味がなく、ローズが竜司とくっつけば、オニキスがフリーになって、有利になると判断したからかな。
 そして、成竜の儀か。人間で言えば、成人式に近いのかな。実際は大人に一歩近づく感じでしたが。ローズが思春期に入ったと言うのが一番近そう。竜司との関係も少しは変わる事になるのかな。今までと全く一緒と言うわけには行かないと思いますけど。
 とりあえず、最後はもう一度オニキス戦か。いい加減、諦めようよ、オニキスさん・・・。

・IS(インフィニット・ストラトス)
 専用機を手に入れても、ファースト幼馴染さんはあんまり役に立ってない印象。結局、福音相手に負けるし。一夏は大怪我を負うし。
 という前半。後半は一夏と箒の昔話。どちらかと言うと、一夏が箒のフラグを立てた瞬間。いやあ、昔から格好良くて、何も考えてませんね、一夏君は。あんな子供でありたかった。
 そして、福音相手に一夏の敵討ちか。今週の戦闘描写も見ていて楽しかったし、来週も期待出来そう。第1話冒頭に戻って来たようですし。楽しみ。そういえば、箒のISってビットついてるんですね。ビット飛ばしながら別の行動をとっていたような気がするのは気のせい。

・夢喰いメリー
 ミストルティン戦開幕。
 とはいえ、メリーはあっさりと敗北。夢路は黒幕が先生だと知るものの、夢路も何も出来ず。河浪が味方になったため、ミストルティンが状況に満足して手を引いてくれたので、今回は勇魚を守りきる事に成功。単純に見逃してくれただけですけど。今回はエンギがいなかったとはいえ、完敗。エンギがいてもどうなる事やら。エンギ、河浪、メリーで勝てるのかな。
 というか、ミストルティンの立ち居振る舞いがいちいち無駄に可愛いからこそ、余計にむかつくな。

・フラクタル
 ロストミレニアムのディアスだっけ。スンダとか違う部隊を率いている人。その彼が一番、先々の事を考えて良そう。何よりも、使えるものは何でも使う、と言う考えが良いね。フラクタルシステムが生きている限り、フラクタルシステムを利用する、と言う市政が良いな。そして、フラクタルシステムを破壊する。
 対して、スンダ達は、人殺しと言われて少なからず怯んだり、若干状況に流されているきらいがあるったり。彼らはフラクタルシステムを破壊しようとせず、フラクタルシステムの枠外でのんびり生活する方が似合っている気がするな。
 クレインはフリュネを助けて、ネッサも含めた3人で生活出来れば満足そうだし。好きな女の子を守りたいだけなのに、気がついたら、世界を揺るがす状況になっているって、どっかで見た記憶があるなあ。
 そして、フリュネは何をしたいんだろう。祭司長は復讐のためにフラクタルシステムの存続を狙っているし。変態は相変わらず変態だし。これで、次が最終回とか話はまとまるんでしょうかね。

・放浪息子
 女子の男装は許されても、男子の女装は許されないのがこの社会。
 その現実に打ちのめされてましたね、二鳥は。それでも、前を向いて、少しずつ進んでいるのが印象的。保健室登校でしたが。そして、そんな二鳥をからかう人もいれば、助けようとする人もいる。二鳥の周りは優しい人が多いですね。二鳥の人柄のおかげかもしれません。
 あと、土居に対して、直接嫌いだと言えたのも、二鳥の成長か。こうやって、少しずつ人は変わっていくのだろうか。土居の方は、嫌われている事を知って、直接言われて、ひどく悔しがってましたし。土居は土居で、二鳥と仲良くなりたかったのかなあ、と改めて思う。ただ、どう接していいかがわからなかったんでしょう。そんな気がどうしても消えない。
 こっちも次で終わりだよなあ。綺麗に纏まるのだろうか。

・GOSICK-ゴシック-
 総集編。ヴィクトリカ可愛いよヴィクトリカ、と言っていたら、本当に1クール終わってしまいました。そして、2クールだったのか、と驚いてます。

・SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors
 これで最終回か。天玉鎧が劉備、曹操、孫権に力を与えて、3人での勝負。曹操VS劉備&孫権の時点で曹操勝ち目ないだろ。曹操が可哀想で仕方がなかった。
 曹操が散って、その息子のソウヒが国を継ぐ。周瑜が死ぬ中、孫権は新たな国を作る。劉備は新たな国にたどり着く。それぞれの理想とする国家を作り上げようとする。その先に平和が訪れると信じて。というか、何か物足りないな。まさか、真の決着は劇場版で、と言う展開はないよね。あと、何だかんだで、一番盛り上がったのは、袁紹戦じゃなかろうか。

・スイートプリキュア♪
 また喧嘩してるなあ、と言うのが一番の感想。予想通り、毎回毎回響と奏は喧嘩しますよね。そのたびに、仲直りして、絆が深まっていく印象。今回は落し物を届けるために一致団結して、やり遂げてました。まあ、落し物はわざとでしたけど。良い人ですね、音吉さん。響と奏を仲直りさせようとして、わざと大切にしているものを忘れていく辺り。あの2人の事を信じてないと出来ない事ですね。あと、ハミィも人間の言葉を使っているところを見られないようにはしてたんですね。そこまでバカでも、暢気ものでもなかったか。
 今回も必殺技は響だけか。奏が必殺技を覚えるのはいつだろう。というか、私もいい加減、どっちがメロディでどっちかリズムで、ついでに、必殺技の名前も覚えようね。

 さて、洗い物して寝よう。後日に回したアニメを見る時間は確保出来るんだろうか。禁書ⅡとかスパロボOGINとか。
スポンサーサイト
 被災地はまだまだ戻りませんが、地震はあったものの被害がほとんどないところに住んでいるので、この1週間で日常が戻ってきましたね。影響もまだまだ多いですが。計画停電に鉄道の本数の減少、マクロスFを見ようと思っていた映画館は休刊中ですし、近所のスーパーやコンビニは品薄、アニメも放送中止のものも多かったですけど、日常は戻ってきていると思います。私自身は戻りつつありますし。朝起きて、仕事に行って、帰ってきて、アニメを見て、寝る。これが私の日常です。・・・まあ、仕事が遅くてアニメを見る余裕を失ってますけどね。

・レベルE
 カラーレンジャー解体の危機と絶滅危惧種の宇宙人の人魚とのボーイ・ミーツ・ガール。
 今回の宇宙人は相手の嘘を見付いて、嘘をついた相手を反射的に殺す能力を持つ人魚でした。ツインテール型(尾が2つに分かれている)と言う、意外と思いつきそうに無い設定でしたね。それゆえに、密猟者に捕まえられ、高値で取引され、絶滅寸前のようですが。実際、一緒に捕まった4人は密猟者に殺されたようですしね。下手すると、今回出てきた彼女が最後の1人だったのかもしれないな。
 そんな彼女の危機を救ったのがカラーレンジャー。青がアメリカに転校すると言う事でギクシャクしてましたが、密猟者相手に戦う時は息もぴったり。強がっていた青は本音を吐き、無事に仲直り。人魚の彼女も、地球にいたほかの人魚と言う仲間を見つけて、仲間を失った悲しみを乗り越えられそうです。
 そして、最後のオチは、冒頭で人魚に殺されたおっさんが、青の父親の会社の偉い人。おかげで、人事が白紙になり、転校もなかった事に。悪党が退治されて、不幸な人が報われて、カラーレンジャーも解散しない。全部、丸く収まったな。
 宇宙でも、やはり、悪い事をする奴は悪い事をするんだな。しかも、ちゃんと嘘をついてもわからないようにする機械をつけている辺りが余計にあくどい。まあ、密漁する時点で準備するか。そして、自分の能力を信じる故に、明らかに騙されていても、騙されていると気づけない人魚が可哀想だった。

・ダンボール戦機
 今回は2話構成。
 3話目は、対四天王最後の1人郷田戦。アキレスのフレームは自分のLBXには使えなかったからと言って、バンに渡す辺りに男気を感じますね。格好良い。戦闘も遠近両用で強いですし、離れたらキャノン砲で攻撃、近づけば剣でぶった斬る。斬る際のセリフも悪役めいていて最高です。こういう奴が序盤に出てくると言う事は中盤以降で助けに来てくれる気がするので、今後、どう登場するのかが楽しみですね。戦いの方は、LBXを壊されたカズが郷田のLBXをきちんと見ていて、キャノン砲を撃った直後はエネルギー切れを起こす事を知り、残ったアミとバンの連携で撃破。こういう戦いの方が良いわ。
 4話目は、LBXを失ったカズがエジプトという洗脳装置付きのLBXに操られて、アキレスを破壊しようとする話。うん、これ、子供のおもちゃにしては危なすぎるね。これは規制した方が良いと思うんですけどね。何で、普通に売ってるんだろう・・・?
 そして、慣れない砂漠戦で危機に陥ったアキレスが、破壊されそうになった瞬間、Vモードと言う謎の覚醒状態。ある意味で暴走でしたね。バンの操作を受け付けず、エジプトを破壊。相変わらず、アキレスのチートっぷりに、ちょっとげんなりとする。嫌いじゃないけど、やりすぎるとなあ。まあ、これも何やら問題のあるシステムらしいですけどね。
 3話と4話では、チームワークで勝った郷田戦の方が好きだなあ。

・フラクタル
 僧院とロストミレニアムの決戦開始。
 クレインとネッサ、フリュネの3人は戦いから離れて、村で待っているはずだったんですが。フリュネが、自分なら話合いで戦いを止められるかもしれない、と1人で勝手に思い込んで、クレインとネッサの元を抜け出し、1人僧院へ。何だか、第1話を思い出しますね。1人で勝手にいなくなったところが特に。そして、それをクレインとネッサが追いかける。こういう繰り返しは嫌いじゃない。
 ところで、作画が変わった様に見えたのは気のせいか。あと、実際に銃で人を撃ち殺しておいて、人を殺した事を糾弾されて狼狽するのもどうかと・・・。

・放浪息子
 高槻さんが男子の制服で登校。驚かれはするけど、問題にされないのが凄いな、あの学校。
 それに触発されて二鳥も女子の服装で登校。土居君から、女子の服で学校に来てみろ、と言われたのもありますけど、多分、高槻さんの制服が最初のきっかけじゃないのかな。土居君の言葉はそれを後押ししただけの気がする。二鳥自身はきっかけは土居君の言葉だと思っているけどさ。この2点が揃ったから、腹を決めてしまったんだろうな。どうなるんだろう、これ、
 しかし、土居君が二鳥と友達になろうと思いつつ、どう接して良いかわからなくて戸惑っているところが良いな。

・GOSICK-ゴシック-
 警部さん格好良いよ警部さん。
 いやあ、警部さんが格好良かったですわ。デパートの謎はヴィクトリカに解決してもらってましたが、店主の最後の抵抗は警官と警部さんの活躍で強行突破できましたし。警部さん、店長と一緒にいた女性を取り押さえてましたからね。不意を付いたとはいえ、警官3人を一瞬で倒したのに。いやあ、初めて警部さんが頼りに見えました。
 それにしても、アナスタシアはどうやって逃げたんだろう。しかも、馬車を手に入れてたし。実際、久城を攫ったのはアナスタシアだったわけですが、その辺りの描写が無いのでさっぱりわからないな。あと、手品師が顔見せをしているけど、今後、どうかかわるんだろう。

・魔法少女まどか★マギカ
 配信で見ました。TV放送はないんでしょうか・・・?
 ほむらの過去話。彼女は何度か時間転移しているようですね。1周目は魔法少女と言う存在を知り、魔女を知り、マミさんとまどかの2人でワルプルギスの夜に挑み、相打ちを見届ける。まどかを救うために、魔法少女になって過去に遡る。2周目では魔法少女として共に戦い、ワルプルギスの夜に勝つものの、まどかが魔女化。キュぅべぇに騙されている事に気づき、過去に遡って、まどかの魔女化を止めようとする。3周目ではさやかと杏子が登場するものの、さやかが魔女化し、マミさんが発狂して杏子を殺害。直後、まどかに引導を渡される、まどかとほむらの2人でワルプルギスの夜に勝つものの、2人が魔女になる前に、まどかが隠し持っていたグリーフシードでほむらを回復し、魔女化しそうなソウルジェムをほむらに破壊してもらう。4周目は、まどかが魔法少女にならないようにした後、誰にも頼らず1人でワルプルギスの夜に挑むものの、敗北しそうになり、その風景を見せられたまどかが魔法少女になって撃破するものの魔女化。何気に第1話の冒頭。そして、今が5周目。繰り返せば繰り返すほど、状況が悪化していってますね。そこが、ほむらの救えないところなんだろうな。今は3周目の状況に近いですけど。
 しかし、時間を止められるからと言って、やくざの事務所に行って、銃器を盗むほむらの度胸が凄いな。ネットで爆弾の作り方を調べて、作るのも凄いけど。初期の頃はメガネをかけていて、大人しめの子だったのに。いまや、まどかを救うために、あらゆるものを切り捨てる覚悟を手にしているんだろうな。それでも、情を捨てきってませんが。さやかはともかく、マミさんや杏子は死なせたくなかったようですし。戦略的な意味以外でもさ。
 これで、どうハッピーエンドになるんだろう・・・?

・スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
 OPが変わった事以外に書く事がない。それくらい、映像と音でしか表現出来ないよ。あえて書くなら、インスペクターの四天王の結束がなかなか良かった。それとエキドナ。
 素晴らしい戦闘回でした。メキボスVSエクスバイン&グルンガスト、アギーハVSアステリオン&サイバスター、シカログVSアルトアイゼン・リーゼ&ライン・ヴァイスリッター、ヴィガジVSダイゼンガー&アウゼンザイダー。どれもこれも眼福もの。特にグルンガストがメキボスに攻撃する一連の流れがね。つばぜり合いの最中にブーストナックルを使う事で、さらに押し切ろうとするところが良かったです。ゲームに逆輸入できませんか。それと、シカログを殺されて、切れたアギーハさんが上半身だけになった機体で突っ込んで来たのにたいして、サイバスターがアカシックバスターで真正面からぶち当たって、倒す場面も。仲間を殺されたヴィガジが、自分の判断で動かしていたレーザー砲を使おうとした瞬間に登場するグランゾンとか。どう見ても、グランゾンとシュウが悪役でした。あと、責任は自分が取る、と言ったり、仲間が殺されて激怒したり、何気に仲間想いだったヴィガジさんがなかなか。
 最後は、アルトアイゼン・リーゼVSソウルゲイン。アルトに吹き飛ばされたソウルゲインをラミアのヴァイサーガが貫こうとした瞬間、ソウルゲインを庇ってアンジュルグが撃墜。アクセルを守って生き延びろ、と言われたエキドナの死亡。この瞬間、エキドナもW16と言う人形ではなく、エキドナという人間になったんですね・・・。人間になった瞬間、死ぬWシリーズが多すぎるなあ。もの悲しい・・・。
 どうでもいいけど、残り2話か3話で終わるのか、これ。まさか、ウェンドロをアインストにする事で同時決着を狙ってる・・・?

・CARDFIGHT!! ヴァンガード
 忍者マスターの正体は学校の先生かよ。本人は否定してるけどさ。
 というわけで、今回の相手は、手札の枚数で能力を変えてくる曲者。今まで当たった事のないタイプなので、アイチも苦戦しているようですね。手札が相手より多ければ、手札を捨てさせられたり、少なければ相手の攻撃が上がったり。何気に順番に色々な特徴を持ったデッキ使いが登場してくるのがこのアニメの良いところですね。苦戦はしていますが、アイチが勝つんだろうな、と言う気はする。むしろ、トーナメントだから勝たないと話が進まないしね。でも、どうやって勝つんだろう。かなり、追い詰められているように見えるけど。

・Rio - Rainbow Gate!-
 リナとの勝負前の前哨戦。
 今回は毎ターンシャッフルするの神経衰弱。間違えると爆発しますが。ついでに、カードがでかいですが。そして、相手は中国製のものなら効く術の使い手。まあ、今回の勝負に使った道具は中国製ではなかったので役に立ってませんでしたが。
 うん、まあ、リオ側が勝ちました、と言うそれだけの話ですが。中国製にしか効果が無い術、と言うのは面白かったな。

・SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors
 次で最終回なのか。何かすっげぇ、中途半端感が残りそう。
 曹操相手に善戦するものの、天玉鎧を装着した曹操の前に敗北したかと思いきや、龍の力に目覚め、天玉鎧と同等の力を得る劉備。さらに孫権の虎帝刀も輝きだすって、それは、孫権が曹操と劉備の戦いを止めるフラグにしか思えないんですけどね。うーん、やっぱ、この年齢になってくると、劉備の考えは素敵だけど、どうしても曹操の考えの方が正しいと思えてくるのかな。これで劉備が勝つのが納得いかないと言うか何と言うか・・・。想いと力だけじゃダメなんだけどなあ・・・。

・とある魔術の禁書目録Ⅱ
 あれ、まだ3話くらい残っているのに13巻の話が終わってしまった。アックアさんも顔見せしたし。
 そんなわけで、ヴェントは上条さんに説教されて殴り飛ばされ、木原は一方通行さんが謎の力を覚醒して吹っ飛ばされました。前者は生きてますけど、後者は間違いなく死んでますね。というか、一方通行の力はなんだったんだろ。木原は何か気づいていたようなんですけどね。一体、何の力なんだろう。
 基本的に殴り合っていただけなんで、あんまり書く事無いなあ。あ、珍しく、本当に珍しく、インなんとかさんが役立ってましたね、

・スイートプリキュア♪
 奏の家族の話。弟がいたんですね。対し、響は一人っ子だと言う事が明言されましたね。まあ、描写でなんとなくわかりますけど。
 今回はとにもかくにも、追加武装ですね。なんとなくハートキャッチのタクトを思い出しますが。響が奏たちを守りたいと言う強い想いに応じて、使えるようになったと言う事。次辺りで、奏が使えうようになりそうな予感。
 でも、まあ、今回一番気になるのは、これ見よがしに出てきた奏の弟の女友達かな。今回の話に絡むのかと思いきや、全く絡んでこなかったし。今後の話に絡んでくるのは間違いなさそうですが。どう絡んでくるんだろう。やはり、セイレーンに狙われるのかな。あの寂しさに漬け込まれて。

・STAR DRIVER 輝きのタクト
 タクトとヘッドが顔合わせをして、タクトがヘッドを父親と気づいて殴り飛ばす場面があったり、3機のサイバディ相手にタウバーンが苦戦するものの、スガタをタウミサイルとして発射する事で勝ったりしたのに、全部最後のスガタが綺羅星十字団に入った事で吹っ飛ばされた。やはり、エンペラーになったか、スガタ・・・。でも、どうしてだ。委員長が関係するのか、それともヘッドが描いた絵に何か想う所があったのか。それとも、ワコにキスを拒否された事がきっかけだったのか。どれだろ。

・お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
 10話は地震の犠牲になったのだ・・・。いや、ホントに。津波警報が出ているなか、登場キャラが水に流される、と言う場面があったのを権利元が問題視したのか、権利を放棄してしまった。BDやDVDにも収録されない可能性もありますね。少し、過敏になり過ぎな気もするんですけどね。大体、そういうネタなら今まで散々やってきたのに、津波の直後だからって、自粛するのは偽善にすりゃなっていない気がする。まあ、おかげで、10話はtvk(神奈川と一部の東京)が見れる人しか見れないオチに。あいにく、私が住んでいるところまで電波は届いてくれませんでした・・・。
 そういうわけで、1話ぶっ飛ばされたんですが、変態が増えてますね。しかも2人も。片や修輔にコスプレさせようとしてるし、片や奈緒の唇を奪おうとしてるし。何この変態コンビ。結局、その目論見は2人とも成功しませんでしたが。修輔はコスプレ姿で歩いていておまわりさんに捕まりましたし、奈緒は、奈緒と間違えられて彩葉の唇が奪われるものの、そのまま気に入られて、奈緒の変わりに彩葉が持っていかれましたし。あれ、奈緒の1人勝ち・・・?
 しかし、修輔はコスプレイベントを、どうしてエロい方向で考えたんだろう、と思ったけど、あんなに露出が激しかったら、修輔なら思い込むよなあ。まあ、それを着ていこうとする修輔は凄いけど。コスプレは解錠で着替えて下さい・・・。いや、笑えるけどさ。でも、母親が可哀想だった。だって、あの姿の息子を交番から連れて帰るんだよ・・・。

 意外と少ないけど、いざ書こうとすると多いな。今週はいつものペースで・・・書けなさそうだ。休みの日も仕事を少しはしないと間に合いそうに無いしなあ。
 東日本巨大地震の被災者の方々には、お悔やみを申し上げます。

 今回の場合は地震以上に津波の被害が大きかった様子。地震の被害だと北関東以北青森まで。津波ですと、北海道をはじめ日本各地の沿岸、遠くハワイやアメリカ大陸まで及んでいる様子。あの阪神大震災すらをも上回るマグニニュード9.0の地震の恐ろしさを改めて感じますね。それでも、この国なら、何とかなるだろうし、何とかするさ、と言う気持ちだけは忘れずに持っておきたい。40年前に作った原発が今なお致命的な状態になっていない、そんな技術力を持った国なんだ。何とかなるさ。どうにもならない、と絶望するのが一番ダメなんだし。希望は忘れずに。
 ちなみに、私は都内の仕事場にいたので、さいたま市の家に戻れなくなって、次の日の満員電車に乗る羽目になったくらいですかね。どうやら、そこで腰を痛めた模様。あと、部屋に物が散乱していた。まあ、積んであったものが崩れただけで、ちゃんと並べていた本やBD、DVD等はメタルラックの中に納まってました。何も壊れて無くて安心するとともに、経済の活性化のため、と言う言い訳をして貯金を少し下ろして、テレビとか買い換えようかと考えていたのは秘密。PS3用のソニーのスピーカを買ったり、少し大きめのBRAVIAに買い換えたり、しないよ・・・?
 では、節電に励みながら、日常に戻りますか。

・IS(インフィニット・ストラトス)
 OP前も後もセシリアさんが大活躍して嬉しい限り。正座で痺れたり、一夏に食べさせてもらったり、マッサージしてもらったり、色っぽい声も含めて最高でした。そんなところに夢中になっていたら、前半が終わっていて、後半の記憶もあまり無いのですが。あれ、セシリアさん以外、何かあったっけ・・・?
 まあ、箒に第四世代のISが与えられて、晴れて専用機持ちになった事くらいですかね。一夏の周りにいる専用機持ちでは、現状最新にして最強にして最高の機体ですし。流石は、IS開発者である、天才科学者束の製作したISと言うべきか。軽く、今の科学技術を凌駕してくれますね。でも、箒が使う限り、ラウラやシャルなら何とかなるんじゃないかと思えてしまう。ちなみに、ラウラは第三世代、シャルは第二世代のISだったはず。
 どうでもいいけど、四組の専用機持ちって未だに登場しませんね。

・夢喰いメリー
 勇魚が狙われている事が確定しましたね。河浪は河浪で、ミストルティンに復讐しようとする夢魔と手を組んでいて、そのためには勇魚の犠牲が必要らしく、直接助ける事が出来ないようですが。
 夢路は勇魚を守ると近い、エンギ達に協力を要請しつつも、すぐにではなく、次の日の朝に行動に移す、と言っていたが、それが命取りにならなければ良いんですけどね。勇魚が絵を描くのを邪魔したくないのはわかりますけど。大体、こういう思いやりが命取りになるフラグなんですよね・・・。

・フラクタル
 うーん、このアニメも変態が多いなあ。フリュネの育ての親は、フリュネに欲情しているとしか思えない。多分、鍵かどうかって、処女かどうかって事何だろうな。エロいアニメだ。
 そして、フリュネが鍵でなくなった時のために、フリュネのクローンを作って量産。ネッサの姿をしていますが、性格はネッサと全然違うようです。おとなしいと言うより、機械じみてる感じ。感情が無いわけではなく、上の言う事を聴いて、淡々と言われた事を行わないと、消されてしまうからなんでしょうけど。実際、クレインを助けた量産型フリュネは消されそうになってましたし。最後はクレインとフリュネに生き残る場を教えて、ロストミレニアムの攻撃による炎の中に消えましたけど。クレインを助けたいと言う想いがあった以上、量産型フリュネは人形じゃないと思います。
 ところで、量産型フリュネは幼い頃のフリュネをモチーフにしているのに、どうして髪の色がフリュネと違うんですかね。

・放浪息子
 何か、見ていて不安と言うか、痛いと言うか。何だろ、この感情。面白くないわけでもないのになあ。
 春が来て、進級して、二年生になって、友達と別々のクラスになっていく。と言うか、もう春か。秋とか冬の話がいきなりぶっ飛ばされた気分。その間、千葉さんは全く登校していなかったようですが。二年生になったから、良いけじめになったのかもしれない。まあ、いきなり更科さんと同じクラスで幸先は悪そうですが。二鳥の方は、小学校時代にひどい事をして来た土肥と言う人と一緒のクラスになりましたが、どうなるのやら。土肥は今までの事を反省して、二鳥と仲良くなりたいようですが。二鳥は内心では嫌がっている様子。まあ、すぐに心を許せるはず無いですしね。なるようにしか、ならんか。
 そして、アンナと二鳥の仲も相変わらず良さそう。この2人は安心してみていて大丈夫なのかな。大丈夫なんだよね・・・?

・Rio - Rainbow Gate!-
 久しぶりにギャンブルをしているのを見た。
 リオが戦う心を取り戻す話。自称ジョーカーという謎の相手は、最後にあっさりと明かされますけど、リオの母親だったようで。娘に厳しく接しつつ、娘を大事に思う気持ちがわかりますね。優しい娘にあえて厳しく接する事で、娘に誰かに勝ちたい、と言う想いを持たせるか。そして、その試みは成功し、ゲートを譲る事が出来たわけか。
 さらに、占い師もゲート所持者。リオを試し、ゲートを譲る。リナに比べればわずか2枚だが、リナに挑むための道具は手に入ったわけか。どうなるんだろ、これ。

・フリージング
 ノヴァが手にしてきて、目の前に迫ってきているのにもかかわらず、カズヤを取り合って勝負を始めようとするサテラ先輩とラナが面白すぎます。いやいや、そんな状況じゃないだろ。カズヤが止めてましたけど。
 そして、ノヴァの狙いが少しずつ判明していく。最初のパンドラであるマリア・ランスロット(で間違いないはず)の遺体を求めて彷徨っているわけですね。さらに、ノヴァと同じ構成体である聖痕を植えつけられたパンドラを同一化した上で尖兵として扱ってますし。先に、別のパンドラの学校を攻めたのは、尖兵を作るためだったような気がしますね。
 総力戦か。サテラ先輩やカズヤやラナやガネッサが最終防衛線に来た以上、他の防衛線が破られるのは確定だよなあ。3年生がそう簡単に負けるとも思わないけどさ。
 そして、カズヤの姉のカズハは聖痕の力を使いすぎて、ノヴァと化していたのか・・・。

・スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
 アルトアイゼン・リーゼ登場。さらに、アインストに操られていたエクセレンも無事に取り戻せたし、アルフィミィを封じるために、龍虎王の護符とR-3のストライクシールドの合体技も見れたし、ラーズはレイヴン化するし、満足、特に、主人公補正がかかっているとしか思えない強さでした。ヴァイスの攻撃を受けても傷一つ付かないわ、ヒートホーンでまとめて敵を倒すわ、敵に押しつぶされそうになってもクレイモアで吹き散らすわ。何これ、もっとやれ、状態に。まあ、全体的に今回はそんな演出が多かったですけどね。一撃で敵が纏めて吹き飛ばされる描写ばかりでしたし。悪くないね。
 そして、エクセレンを救い出した直後、向こう側のアインストに見つめられるキョウスケの映像。もしや、敵として、アインストと化したゲシュペンストMKⅢとアインストキョウスケが登場するんだろうか。これは期待したい。ついでに、ウェンドロもアインストに魅入られたような描写があるし。アニメはアニメで限られた枠の中でうまい具合に変更していきますね。知っているのに知らない展開になるとか最高です。ついでに、アルフィミィに小ばかにされつつ、笑われるとゾクゾクしてしまって仕方がありませんでした。こっちももっとやって。・・・いや、なんでもないです。
 それにしても、月の決戦はカットか。グランゾンとシュウが全部やってしまったのかなあ。インスペクター側にアインストが攻めてきているせいで、そっちまで手が回らなくなったのもあるんでしょうけど。まあ、グランゾンとシュウだしなあ。

 さて、夕飯にして、風呂に入って寝ますかね。長野の方での地震も心配ですし、今も被災者は苦しんでいますが、私は私のやれる事をやりつつ、日常を過ごすだけ。節電に励みつつ、計画停電に対応して、仕事をして、アニメを見るだけ。今私が為すべき事は、せいぜいに節税に励む事ですよ。さあ、明日からの仕事、頑張りますか。
 流石はソニーさんや。常に時代の先端を行ってくれる。まあ、たまに道を間違えていたり、先端過ぎて誰も付いていけない時もありますけど。
 そんなわけで、PS3のアップデートを行ったら、PS3のゲームのセーブがオンラインで出来るようになりました。PlayStation®Plus(有料会員)に加入しなければ使えないみたいですけどね。サーバー(オンラインストレージ)の保守費用も兼ねていると考えれば、致し方ないかな、と思えます。個人的には使ってみたいところですけど、PlayStation®Plusの年間利用権の支払い方法を調べてないので、飛びつけない。支払い方法がクレジットなら迷わないんですけどね。Edy支払いだと困るなあ。

・ダンボール戦機
 奪われたアキレスって、何だ、アーマーパーツの事か。主人公のバンが手に入れたLBXそのものじゃないんですね。それの強化装甲・・・と言ってもまだバンのものになってませんが、それが奪われただけなんですね。その強化装甲を手に入れて、やっとアキレスという名前になるわけですか。現状、名無しか・・・。
 そんなわけで、偽プリペイドカードを使って、模型屋から強化装甲アキレスを奪った不良4人組、通称郷田四天王との戦い。リーダーである郷田は次週持ち越しですが、他の3人。自称三人衆との戦い。主人公であるバンが正当なルールで始めて自分のLBXを使う場面ですね。基本的に3体3のチーム戦のようです。ところで、四天王と三人衆を同時に名乗るのはどうかと思いますが。肝心の勝負は序盤は四天王側の圧倒的な力量に翻弄。味方の1人であるリュウのLBXが破壊され、ショックでリュウ撤収。そのまま押し切られそうになったところで援軍登場。良いのか、これ。3体3でのチーム戦の最中に乱入してきたんですけど良いんですか。まあ、四天王は何も言いませんでしたが。バトルフィールドを用意していたり、乱入を許可したり、四天王側の方が良い人の気がする。むしろ、バンのLBXが相手の行動予測したり、自動で敵の攻撃を避けたりするチート機能も加わって、何だか、主人公側の方が悪役めいた事をしている気がするな・・・。
 まあ、でも、それらを含めても面白いと思えますが。来週は1時間スペシャルで四天王の最後の1人との勝負。主人公側にどれだけ絶望を感じさせてくれるのかが楽しみです。その絶望が大きければ大きいほど、巻き返した時に燃える。

・ドラゴンクライシス!
 今回も短編の話っぽいですね。1話完結型。
 カースドプレシャス、呪われた絵画の話でしたね。製作者が恋人に裏切られ、投獄された男。故に、女性にしか効かないトラップ型。絵の中に閉じ込められた女性は、絵の中で殺人鬼に追われ、鏡と向き合わされ、真実を告げなければならない。真実を語らなければ、絵に取り込まれてしまう。かといって、真実を言ったら言ったらで、逆ギレされる始末ですが。これが呪われた道具の効果か。
 そして、被害にあったのはロース、英理子、実咲、アイの4人。鏡の前に立って告白する真実は全て竜司に関する事柄。竜司を骨董品屋に連れて行きカースドプレシャスに触れさせてしまった事を公開している英理子、中学校の入学式で竜司と出逢った事を一番の思い出としている実咲、竜司のために死ねると断言したアイ、竜司を愛していると主張し続けるローズ。ものの見事に鏡の前で真実を伝える事に成功。全員が全員、竜司に関する事なのが面白い。特に英理子も竜司に関する事柄(最も後悔している出来事は何か、と言う問い)だったのが意外でした。他の3人は予想通りですけど。
 まあ、でも、アイが本当の両親と仲良く暮らしている事が分かった事が、今回の話の一番の収穫のような気がします。幸せになれて良かった。後、実咲とアイはライバル認定を互いにしたのかな。

 んー、ちょっと配信実験するか。
 何かもう採用活動したくないな。いや、新卒採用じゃないけどさ。パート社員を雇うたびに問題が発生しているような気がする。ただでさえ忙しいこの時期に、ただでさえ手間のかかる採用までやっているのに、何でさらに仕事を増やさなきゃならんのだ・・・。
 とまあ、そんな愚痴です。新卒の採用はもっと大変だけど。

・これはゾンビですか?
 今回は最初から最後までシリアスでした。おかげで、妄想ユーさんの出番が全くなかった。夢中になっていたので、最後の方まで全く気づきませんでしたし、気にもなりませんでしたが。
 前回、ユーを連れ出した男は、かつて、ユーとともにいたゾンビのようですね。そのゾンビの望みは何か不明なままですが、その望みをユーに叶えさせるために手段を選ばないようです。同時に、ユーの事を理解しているからこそ、ユーを追い詰める方法も知っているようですが。今までのメガロ絡みの異変も、元を正せば歩が殺された事さえ、ユーの魔力が原因だと、ユーに思い込ませてましたし。実際のところは不明ですが。仮にそうであっても、歩やハルナやセラは全く気にしないんでしょうけどね。セラはユーを殺せ、と言う任務を拒み、ハルナはユーを友達と思い、歩はユーのゾンビである事に誇りに思っているわけですし。だからこそ、ユーは、ユーを大事にしてくれる人達が傷つくのがイヤだから、姿を隠したわけですが。ま、来週には戻ってくるんでしょうけど。ユーが歩達を大切に想うのと同様に、歩達もユーを大切に想っているのだから、探し出すに決まっている。
 それにしても、大先生の歩への預かり物が友紀だったとはね。確かに、友紀の肉体に隠されている魔装兵器は凄かったけど。あれは一体なんだったんだろう。ついでに、歩が友紀を、件の魔装兵器の暴走から救い出したおかげで、フラグが立ちましたね。

・レベルE
 惚れた男が、実は女だったからと言って、遺伝子を改造しようとするサキ王女も凄いが、サキ王女が惚れた女のクローンを作り、そのクローンを男にして、さらにサキ王女が持つ交配した相手の種族を緩やかに滅ぼさせるウィルスを駆逐するワクチンを仕込むドグラ星の王子はさらに凄いわ。想像の斜め上を行ってくれるな。流石王子、手段を選ばなければ、大概の事はやりきってしまいそうだ。
 そういうわけで、地球は救われたわ、サキ王女は良き伴侶を見つけたわで、双方にとっては良い結末。巻き込まれた地球人(サキ王女が惚れた相手である幹久今日子)と宇宙条例に違反しまくった罪の意識に脅えるクラフト以外は。前者に至っては、無理やり遠くに引越しさせられたみたいだしね。後者は王子に付いていかざるを得ない限り仕方がないか。可哀想に・・・。
 しかし、前述した方法以外の方法も王子は思いついていたらしいが、一体どんな手段だったんだろう。それを聴いたクラフトさんは口にすることすら嫌がっていたけど。気になるが、知りたくはないなあ。

 さてと、これ以上口が増える前に、さっさと寝るか。残り2日。土曜日はマクロスFの映画を見に行くし。これを楽しみに今週は乗り切ろう。
 3月開始のアニメって珍しいよね、と言う話。まあ、2月開始のプリキュアも変則的ですけど。どうして、番組改変期とすれてるんだろ。

・お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
 やっぱ、このアニメの一番の変態さんは近藤さんや、と確信した。まさか浴衣がはだけた修輔を押し倒すとは。思っている事をそのまま実行してしまう以上、修輔よりやばいよ。
 そんなわけで縁日と言う事もあり浴衣回。浴衣の下には何も来ていないと聴いて、大暴走な修輔。それでも、妄想で済むだけマシですけど。何か、もう、近藤さんの最後の行動を思い返すと、それ以前の修輔の行動が普通にしか思えない。そりゃ、貧乳属性の修輔にとっては、胸を押し付けられる状況は、昇天しかねない勢いですし。なのに、ちゃんと自制する修輔は凄いと思えてきた。ついでに、エロいものを無意識に手に入れる能力にも炊けてましたね。まあ、手に入ったものは、強力すぎて、流石のAGEも逃げ出してましたが。
 しかし、このアニメを見ていると、修輔は母親に叱られるのも快感になっているんじゃないかと思えてきた。いや、大原さやかボイスで罵られるとか、ご褒美に近いですが。うん、私もすっかりおかしくなってる。

・ダンボール戦機
 テレビ放送分は見逃していたので、配信で第1話を見てました。
 なかなか面白かったです。主人公の父親があるLBXと呼ばれるおもちゃの開発者。但し、飛行機事故で行方不明。どう考えても生存フラグですね。最後の敵か、最後に助けに来てくれるかのどっちかです。と思っていたら、今回のラストで登場した博士が父親っぽいというオチ。しかも、その博士が所属する研究所から持ち出された、LBXが主人公である山野バンの手元に届き、バンのものとして登録されたり。基本に忠実だからこそ、面白いですね。父親が作った物が、人の手を通じて、主人公に渡される辺りが。
 戦闘の方も悪くなく。説明書を読みながら戦っている辺りは初代ガンダムを彷彿させましたが。あと、おもちゃのくせにものが壊れすぎです。むしろ、何で販売禁止にならないのかが不思議。安全な場所(新時代のダンボールで囲った箱庭)で戦わせるから大丈夫、とか言うレベルじゃないよ。テロリストとかが使ったら危ないよ。まあ、その辺りは考えちゃダメですね。
 今週分からは、ちゃんとトルネに録って見よう。週末に溜め込むとまた大変な事になりますね。

 あ、ゲーム配信はうまくいきそうです。後は時間さえあればね・・・。
 今週も溜め込んでしまいました。昨日、友達と秋葉原を散策し、そのまま友達と家に泊めていたから、感想が書けなかった、と言うのもありますけどね。一緒に、色々と見てましたけど。
 とりあえず、「アニメ」のカテゴリを作った頃のように1つ辺り短めに書いていきますか。いっぺんに見すぎて、記憶があやふやだと言うのもありますけど。

・レベルE
 子安(クラフトさん)大活躍で私は大満足。
 今回登場の異星人は、女性ばかりの星に住む方々。女王のみが繁殖能力を持ち、別の星に行き、伴侶を探して子孫を作る。但し、伴侶に選ばれた人がいる星は数世代後に滅ぶ。クラフトさんが、地球のために頑張ってくれましたよ。地球が嫌いになるように頑張ってくれてましたよ。地球のために。まあ、無駄でしたが。ただ、その星の女王さんが惚れた相手は、男の姿をしているものの女。どうなるんだろう、この恋。とりあえず、繁殖出来ないから、地球は大丈夫そうなんですが。

・ドラゴンクライシス!
 竜司の能力値診断の話。ブレイカーの能力を診断するバズーカはどうかと思いますよ。診断担当のビアンカさん。まあ、反射的に逃げて、どういう行動を取るのかを見ているのかもしれませんが。その後も、健康診断っぽいものや、ゴーレムと戦ったり。いろんな面から見るんですね。女性経験まで訊かれてますし。高校生の男の子は答えられんわ。
 ついでに、ローズの転入か。まあ、竜司がいなくなるたびに暴れられても困るしなあ。あと、ブレイカーの能力は一般人に見せてはいけないのかな。

・IS(インフィニット・ストラトス)
 ラウラ可愛い。ドイツにいる自分の仲間に電話で臨海学校で使う水着の相談をして、スク水だと色物だ、と言われて固まった瞬間とか最高です。そして、水着に着替えるものの、一夏に見せるのは恥ずかしくて、バスタオルを巻きまくって、バスタオルお化けになっている姿も最高です。なぜか、眼帯がバスタオルの上からついていたけど、気にしない。
 あと、シャルと手を繋いで歩いている一夏を見た時のセシリアさんとリンのコンビも面白かった。

・夢喰いメリー
 人に害なす夢魔を倒せば、その夢魔が取り付いていた人間の夢を砕く事になるんだな・・・。エンギもメリーもそこまで気づいていなかったのか・・・。言われてみれば、そうだよなあ。夢魔は人の夢と同化するのだから。それでも、夢魔を攻撃出来るのがエンギか。強い意志なんだよなあ。メリーや夢路はそれをしませんが。
 そして、現れる黒幕。狙われる勇魚か。まさか、文芸部の顧問がジュカイと契約していたとはなあ。

・フラクタル
 追っ手がとうとう追いついてきたか。
 相変わらず、面白いんだか、面白くないんだか、イマイチ図りかねない内容。今回は男が女の姿をしたドッペルを使っていたのが印象的。ある意味でネカマですね。正体を知っていれば、余計に気持ち悪いだけですが。あとは、重病でフラクタルシステムを使い、ドッペル出ないと生活できない男か。フラクタルなくしては自由を得られないから、フラクタルシステムを守る。別にネッサもフラクタルシステムを壊そうとしている訳ではないのだろうけど。ただ、クレインを助けたかっただけなのに、力の使い方がわからなくて、つい本気を出してしまっただけなんだろうな。おかげで、完全なフラクタルシステムが起動している街が壊されましたけど。
 ネッサの能力が判明したと同時に、フリュネのトラウマらしきものが見えた気がする。

・放浪息子
 まさか、修一が姉の仕事仲間であるアンナと付き合う事になるとは。予想外の展開でびっくりした。てっきり、姉のからかいの言葉かと思っていたら、本当だったとは・・・。
 そして、親友の誠と友人の高槻さんに伝え、さらに高槻さんが千葉さんに伝えてしまう。高槻さん、なんて事を・・・。一瞬、千葉さんが死んじゃうんじゃないかと不安になったわ。

・GOSICK-ゴシック-
 着物を貰って喜ぶヴィクトリカ。風邪を引いて、注射を嫌がるヴィクトリカ。電話に出ている最中に不意打ちで注射を打たれて驚くヴィクトリカ。どれも可愛かったです。
 さて、実家から頼まれた買い物をしに行ったデパートで事件に巻き込まれるどころか、犯人グループに捕まったっぽい久城はどうなるのやら。警部は久城が夢を見ていた扱いでいなくなったし、頼みのヴィクトリカは風邪を引いてベッドの中。たまには久城が活躍しても良いと思うんだけど、久城だしなあ。解決はするんだろうけど、どういう風に解決されるのかが気になりますね。
 まあ、ヴィクトリカが可愛ければそれで十分ですが。

・魔法少女まどか★マギカ
 自分のためにしか魔法を使わなかった杏子が、魔女になったさやかのために魔法を使う。救える確率がどれだけ低くても救うために。結局、救えなかったんですが、でも、さやかにとっては死に際に杏子がいたことが、杏子にとっては誰かのために魔法を使った事が救いになったと思いたい。
 そして、魔法少女は宇宙のためにエネルギーを生み出すための道具か。ここに来て、やっとキュぅべえの思惑がわかったか。宇宙のエネルギーを枯らさないために、魔法少女を希望から絶望のどん底に落とす。その際の感情をエネルギーに変換するか。とうとう、まどかに対して、「宇宙のために死んで」と言い出すし。愛と勇気の物語じゃなくなってきたなあ。そもそも、その場合は、脚本家を虚淵玄さんから鋼屋ジンさんに変えないと・・・。
 ほむら1人でワルプルギスの夜に立ち向かえない。でも、まどかを魔法少女にするわけにはいかない。その結果が、1話の冒頭なのかな。

・Rio - Rainbow Gate!-
 ゲートバトルは残り2回か。1枚は持っている人間を把握していると言う事は、もう1人がリオをロールルール内に取り込んだ相手、と言う事かな。その1枚を持って、リナにもう一度勝負を挑む、と言う事かな。
 しかし、序盤に出てきた男2人がリオと勝負をして、リオに発破を掛ける展開は熱いな。表現方法はバカでしたが。しかも、外野の援護があったので、リオ1人で勝ったわけでもないですしね。今のリオでどこまで戦えるのやら。

・フリージング
 カズヤの姉のカズハの聖痕がサテラ先輩に埋め込まれていたから、カズヤはサテラ先輩に惹かれた。そして、その事をカズヤは前向きに考えてるけど、サテラ先輩が聞いちゃったかあ。こりゃ、サテラ先輩がまた意固地になってしまう予感。せっかくデレてたのになあ。でも、来週辺り、カズヤがまた説得するんだろうな。状況もだいぶ悪いし。
 今までは1体ずつしか現れなかったノヴァが複数で出現した上に、今までとは全く違う攻撃をしてきた上に、パンドラを取り込むか・・・。カズヤが出会った別のパンドラ養成学校の3年トップも負けたし。最終回が近いので、厳しい戦いが始まりそう。まあ、今回取り込まれた人達は、後々助け出されそうな予感もしますけど。

・スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
 オウカが記憶を取り戻すものの、マシンセルを取り込み、暴走したセトメ博士相手に特攻か。今まで弟や妹を攻撃してしまった罪滅ぼしもあるのだろうが、やるせないな。
 同時にウォーダンもゼンガーとの勝負に負け、ソフィア博士を助け出し、ゼンガーに託しす。最後はセトメ博士にマシンセルの制御を奪われスレードゲルミルが崩壊し、散る。こっちは潔い死に方、と言う感じ。為すべき事を成し遂げた男の死に様を見た気がします。
 どっちにしろ、セトメ博士は許せない。まあ、オウカが引導を渡したけど。その死を無駄にせず、アラド達は生きる決意を新たにするか。
 どうでもいいけど、残り5話もないのに終わるのかな。あと、零式斬艦刀を素で無視しないでください、ウォーダンさん。

・CARDFIGHT!! ヴァンガード
 ショップ戦幕開け。普段のフリーバトルと違って、緊張してミスを連発するアイチとその対戦相手。相手も緊張している、という事を知って、アイチは普段どおりに戦い、普段どおりに勝ってましたけど。これで、次の試合も普段どおりに動けるかな。
 しかし、今回の相手は井崎か。誰だよ、と思ったけど、いつも森川と一緒にいた奴か。一応、ヴァンガードファイトやってたんだ。しかも、混色デッキか。

・SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors
 曹操VS周瑜。
 曹操の首を取る事も戦艦を破壊する事も出来ませんでしたが、戦艦の燃料庫を破壊する事で戦艦を止める事に成功はしてましたね。ちょっとばかり、曹操の油断もありましたけど。これでお膳立ては揃ったか。劉備VS曹操の決着を付ける時か・・・。
 どうでもいいけど、周瑜はまだ死なないよな。何か、今回の展開だと曹操に倒された印象だけど。

・とある魔術の禁書目録Ⅱ
 風斬を見て、よく天使だと判断できたな、上条さん。どう見ても天使には見えないんだが。
 風斬の天使化、木原に捕らえられたラストオーダー。上条当麻と一方通行の物語が平行しながら、時に交わり、物語を進める。一番面白いのは、2人とも一度は命を懸けてやりあった仲なのに、お互いの事に全く気づいていない事ですけど。一方通行はどこかで聴いた事のある声だなあ、くらいには思ったみたいですけど。そんな事を考えている余裕もないですからね。
 上条当麻、イン・・・・インなんとかさん、美琴、一方通行、それぞれがそれぞれの守りたいもの、救いたいもののために全力を尽くす。美琴は当麻の道を切り開くためにハウンドドックの前に立つ。今まで蚊帳の外だった美琴がやっと戦いの矢面に出てきた感じ。
 しかし、予想よりも展開が速いな。来週で終わるとは思えないけど、尺が余りそうな気がする。

・べるぜバブ
 葵が可愛かった。
 しかし、悪魔であるヒルダとそこそこ戦える時点ですげぇな。ヒルダもその点は褒めていたし。ただ、その腕を持ってしても、辰巳を倒す事は出来なかったわけですが。葵の攻撃を受け続けたのに、次の瞬間にはいつもどおりに動いてましたからね。辰巳と葵を罠にはめたはずなのに、辰巳の前にボコボコにされるオカマの自称女王様。辰巳に喧嘩なんて売るから・・・。

・スイートプリキュア♪
 冒頭から喧嘩してたよ、この2人。毎回毎回喧嘩して、仲直りして、少しずつ絆を深めていくのかな、今回のプリキュアは。
 そんな状態で始まった、町を紹介するTVレポート。最初こそ、カメラがまわっている間も喧嘩してましたが、続けていくうちに2人の本来のコンビネーションが発揮されていくところが良かった。暴走する響を止める奏に、憧れの人へのインタビューで上がりきった奏を落ち着かせる響。何だかんだでよいコンビなんですよね。途中までは、猫(ハミィ)にまで心配されてましたが。
 最後は2人でピアノを弾く事に。このピアノで2人のリズムが合うようになれば良いけど、今のままじゃ、また響が耐え切れなくなって、喧嘩しそうで怖いなあ。

・STAR DRIVER 輝きのタクト
 演劇部の劇を通して、サイバディを巡る物語を語ったわけか。部長と副部長は何を知っているんだろう。まるで、何もかも知っている感じだったな。ただ、知っているだけで、手を出す事は出来ないわけですが。
 今回の劇がサイバディの話に直結すると考えた場合、サカナちゃんがヘッドに語ったあの物語も何か関係があるのだろうか。両者の物語に、イカ大王が出てきたのにも何か意味がある気がしてならない。
 しかし、ヘッドも部長に声をかけたは良いけど、いなくなった後で普通に拒絶されてて笑った。もしかして、部長はヘッドの事も、綺羅星十字団の事も知っているのか。そして、あの狐の副部長にも何か秘密がありそう。何かしゃべっていた気がするし。

 ふぅ、もうこんな時間か。明日は早いし、さっさと寝よう。ゲームの配信実験をもう少しやりたかったなあ。
 今までHDDレコーダにゲームの録画をしていたのですが、反応がワンテンポ遅れるので、PCに録画しようかと思い、USB接続のキャプチャボードを購入。ついでに、最近、音も映像も出てこないスーファミを買い換える。いざ、やろうと思ったら、相変わらずスーファミがつかない。ステレオAVケーブルはもう買い直していて、本体は今日買い換えた。電源が入っているから気づかなかったけど、犯人は電源だったんだろうか・・・。
 そんなわけで、やろうと思っていた配信は出来ないまま。とりあえず、Wiiで実験してみますかね。目的は配信ではないですが。

・お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
 今回も笑わせていただきました。何あの女の戦い。あの状態で良く試験勉強出来たな。
 というわけで、今回は勉強回+近藤参戦の水着回の実質2本立て。正直な話、彩葉特製の何かべとべとする気味悪い色をした栄養ドリンクがかかった近藤さんよりも、プールで近藤さんに乳首を攻められてあえぎ声を出す修輔の方がエロいとかどういう事さ。何で男が乳首を攻められる話を見なきゃならんのだ。面白かったけど。笑ったけど。無意識にSな近藤さんに笑ったけど。特に、最後に海外旅行に行くから、その間に買っておいて欲しいBL雑誌をリスト化して、修輔に渡しているところとかさ。
 あと、怒っている修輔の母親に萌えました。一体、あの母親は何に怒っていたんだろう。それと、いつもどおり、空回りしていて、一向に修輔の気を引けない彩葉も可愛いです。

・これはゾンビですか?
 今回の妄想ユーさんの声は日高のり子さんでした。ちょっと無理がありませんか・・・?
 友紀が歩の嫁になろうと奮闘する話とハルナが歩が好きになっているんじゃないかと言う描写を見せ付けてくれる話。と思っていたら、歩のクラスメイトに1人、これもまた歩に想いを寄せているんじゃないか、と言う描写が。さらには、吸血忍者側がユーを仲間に引き入れるために、手段を選ばなくなってきた印象。セラは友紀が手引きをしたとは思いたくないですが。そもそも、セラと友紀は敵対しているのだから、片方の陣営に引き入れようとすれば、もう片方が止めに入るはずですからね。まあ、セラ側なら、恋敵になるユーがいなくなる事を友紀が見逃した、と言う可能性もない事はないんですけどね・・・。
 しかし、あの透視メガネはセラ宛のものだったんですね。仲間内で手紙をやり取りする際に、その手紙を読むための道具か。じゃあ、大先生からの預かり物って何だろ。来週の伏線かな。

 さて、ちょっとWiiをPCに繋いで見るか。まずは録画出来るかどうかの実験だな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。