三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。

2015/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 家計を眺めていたら、盛大に計算間違いに気づいたので節約生活です。3月にはFateのBD-BOXがあるし、4月からはモバマスのBDマラソンが始まるしね。お金は貯めておかないと。残業代は大切にしましょう。

・新妹魔王の契約者
 3話。動き出す物語。
 話が動き出しましたね。刃更の友達は、どうも敵のようですし。アニメだと声でわかってしまうのがちょっと残念ですけど。他の部分で、それを匂わせてくる描写もいれてましたから、ほぼ確定でしょうけど。
 ついでに、刃更の過去もある程度発覚。刃更が力を使う事に恐れを抱いているのは、過去に柚希を助けたために、仲間を殺してしまっているから。そりゃ、里にいられなくなりますわ。なっぜ、そうなったかは不明なままですけど。
 そして、敵の存在。はぐれ悪魔が増加すれば、勇者の一族に澪を殺されると知らされる。魔族だけではなく勇者の一族とも対立することになるため、澪に黙ってはぐれ悪魔退治する刃更と万理亜。澪の命だけじゃなくて、生活を守ろうとしているのが良いですわ。命を守るだけじゃ、守っていることにならない、という事を表していて。
 澪を守るために凶刃に倒れる刃更。いいところで止めてきますね。ここから、どう復活するかが楽しみですわ。
 しかし、万理亜のキャラがいいですわ。普段はふざけているけど、主のために全力を尽くすスタンスは。こういうキャラが好きなんですよね。

・アイドルマスター シンデレラガールズ
 3話。初めてのライブ。
 良かったです。もう、これしか出てこない。バックダンサーとはいえ、美嘉のライブに出られることに大はしゃぎの未央や卯月。少し冷静な凛。必死に練習をして、ダンスも覚えるが、リハーサルの登場場面でミス。2話では元気いっぱいで凛や卯月を引っ張っていた未央が完全に落ち込んでいるのは見ていて辛いですね。画面全体も暗くして、重苦しさをさらに増してきますし。そこからの、凛の覚悟と先輩のアドバイスでいつもの調子を取り戻し、ライブ成功の流れは、まさに最高でした。これ以上の言葉はいらないです。とりあえず、特典CD欲しさもあって、BD1巻をAmazonで予約してしまいました。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 27話。自滅。
 ジョジョ達を襲う側が、自分たちのスタンド能力を使いこなせずに自滅する流れでしたね。予言は外れてないものの、解釈を間違えていたというか。それ以上に、承太郎達の運が良過ぎたというか。もしくは、イギーが何かしらの危険を察知して、細かい部分を修正していたのかもしれませんけど。
 こういう、勝手に自滅していく話は好きですわ。ついでに、専用EDまであるのはいいサプライズです。

・ガンダム Gのレコンギスタ
 17話。それぞれの思惑。
 人と人との繋がりがだんだん見えていった感じのする話でしたね。クンパの正体もわかりましたし。案の定、トワサンガの人間でしたし。レイハント家の娘と息子が捨てられた事も知っていたようですし。それが、ベルリやアイダーだとは知らなかったようですが。この事を頭に入れて、序盤を見返すと、何か違った事が見えてきそうな気もしますね。
 それにしても、些細な事から戦闘開始、という描写は薄ら寒いものが。ラライヤがMSに振り回されて、バララのMSに衝突し、戦闘行為とみなされて、戦闘開始。最後は、地球の電力を盾に、トワサンガ側が脅しをかけてくれたおかげで、仲良くスペースデブリ掃除になってましたけど。
 アイーダもノレドも、自分が何をしていいのか、迷っている。その迷いが吉と出るかどうか。アイーダが、自分で自分の事をバカ姫と言うのは意外でしたけど。それだけ、自分自身を見つめ直せている、と言う事ですかね。

・探偵歌劇ミルキィホームズTD
 4話。今回は役に立ったフェザーズ。
 もう、なんだったんだろ、今回の話。毎回言いそうな気がしますが。今回は一発屋ネタでしたが。ちょっと懐かしいバラエティのノリだったり、ゲーセン漫画のネタだったり。微妙についていけなくて困ります。いや、ついていけません。そのわけのわからなさに笑っていましたけど。結局、ミルキィホームズは、トイズがあろうとなかろうと関係ないって事がよくわかりますわ。
 それでもちゃんとエレメントが集まってるのが凄い。

・デュラララ!!×2承
 3話。さらに別の角度で。
 こういう、ひとつの出来事に対して、多面的に見ていくのがデュラララらしくていいですね。今回は殺人犯ハリウッドの視点に変わりましたし。まさかの平和島幽の仕事仲間でしたね。そして、新羅が治療する、と。結局、ハリウッドとそれを襲った方、両方とも新羅が治療するという因果な事になってましたけど。さらに、ハリウッド、聖辺ルリをセルティが運び、その間に新羅の部屋に乱入者。乱入者は、新羅の顔見知りだったようで、特に被害はなさそうですね。
 最大の問題は、竜ヶ峰が絡まれてる事ですけど。ダラーズだってバレてるわけですし。どうなるのか。門田達が近くにいれば良いのですが。

・DOG DAYS''
 3話。災厄の芽、断つ。
 最初から最後まで大暴れでしたね。名有りキャラの。レオンは火山を真っ二つにする勢いでしたけど。あとは、英雄結晶の大人モードをはじめ、さらに魔人結晶や精霊結晶でレベッカやナナミも大人モード。今期は、この大人モードは決め技になってくるんでしょうかね。
 しかし、本当、見ていて楽しかったですわ。三国連合による陽動と少数精鋭による敵本体への突撃。こういうのは燃えますね。危機の時に出てくる切り札含めて、バトルアニメの鉄則ですね。見ていて、安心感がありますわ。
 次の話からは、元の異世界日常物に戻るのかな。

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
 16話。なんだこれ。
 前半と後半で落差の激しい話でしたね。おかげで、大体笑いっぱなしでした。前半のオマージュ塗れのアンジュとサラの勝負。後半の、2つの世界を重ね合わせる事で、そこに存在する生物を岩に埋め込み殺すエンブリオの技とそれに対抗するアンジュとサラ。お互いに全力でぶつかりあった事から生まれる友情も良いですわ。サラが、アンジュを所有物にしようとする事を詫びたり、アンジュの方からサラを友達と言ったり。この流れが納得できるんですよね。前半と後半で落差は激しいのに、物語の筋としてきちんとしているからでしょうね。
 これだけやっておきながら、色々と伏線が張られていくのも凄いですが。タスクの両親が死んだ理由が、前述のエンブリオの攻撃だったり、ヴィルキスが自己再生機能を発揮したり、アンジュの歌が世界を滅ぼした歌だったり。思い返せば返すほど、30分の枠組みで見ていたアニメなのか疑問を抱きます。
 そろそろ、アンジュの世界側の話が気になるところ。

・ハピネスチャージプリキュア!
 49話。最終話。
 レッドが救われ、ファントムが大森家に弟子入りして、3幹部もそれぞれの生活をしていたので、安心しました。レッドの憎しみは、基本的に愛の裏返しですし。誰かを愛しても報われなかったからこそ、愛は無意味という形になってしまったんでしょうけど。ブルーを憎んでいるのも、地球がうまくいっていることもあるでしょうが、同時にブルーに対する肉親の情が反転してしまった気がしますね。愛しさ余って憎さ百倍。レッドに関しては、この表現が一番合う気がします。そんなレッドだからこそ、レッドの愛を肯定する人が必要だったんでしょうね。レッドは間違っていなかった、と。レッドの愛は本物だった、と。ブルーやミラージュと一緒にやり直す事でうまくいけば良いんですけどね。
 3幹部も、幻影帝国幹部時代の記憶は持っているようですが、それぞれの今の生活を精一杯やっているようで安心しました。オレスキーとホッシーワに関しては。ナマケルダだけは、精一杯ではなく、いつも通り、面倒くさい、と言ってましたけど。でも、ナマケルダのスタンスとしてはこれで正しいんですよね。むしろ、幻影帝国の幹部だったのに、普通に勤務先がある事が驚きです。
 ブルーから貰った結晶、めぐみと誠司は、大切な人に渡す、とだけ言って終わりの流れが綺麗でしたね。最後の絵で、お互いに渡す、というのが仄めかされていましたし。直接的表現はなくとも、互いを思い合っている描写があるのは良いですわ。
 ところで、ファントムが完全にハッピーエンドの気がするのは気のせいですか。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 13話。クロノのお祝い会。
 クロノのグレードが上がったことによる、お祝い会でした。これで30分きっかりやってしまえるのが凄いですわ。とはいえ、それぞれのキャラが掘り下げられていて楽しかったです。トコハの鍋奉行っぷりとか。そういや、そういうキャラでしたね。まさか、あそこまでとは思いませんでしたが。鍋について語り始めちゃいましたし。ちょっとそれは予想してませんでした。さらには、クロノと一緒に寝ているメンツの顔に落書きしたり。シオンも巻き込まれてましたけど。いや、いい3人組ですね
 グレードが上がれば全国大会に出場できる、と明言されましたし、これからは、そのためのファイトが増えていくのかな。今までは、主要キャラの掘り下げの話をしていた感じですし。
 久しぶりにミサキを見たけど、与える重圧は変わりませんね。店で宴会とかしたのに怒らなかったのは、昔の自分たちを思い出したからかな。

 とはいえ、1月も1月で出費が激しかったし。12月の残業分が全部消えていきそう。
スポンサーサイト
 家族で初詣に行ったり、友達と神田明神に行ったりした際に引いてました。両方、吉という結果でした。多くを望まなければ、悪くない結果が訪れる、と言う事でしょうかね。内容を読むと、割と正反対だったりしますけど。

・新妹魔王の契約者
 2話。刃更と澪の契約。
 マリアが曲者だった、という印象の強い話でしたね。当人、サキュバスでしたし。刃更と澪の主従関係を手伝う振りして、主を刃更にしたり。しかも、澪に呪いをかけたり。やりたい放題ですね。その報いはきっちり受けてますけど。それでも、あのスタンスは変わらなさそうです。
 刃更の転校先、澪が通っている高校、では刃更の昔の知り合いがいますし。5年ぶりということは、勇者の一族の里にいたころの関係になりそうですね。そういう意味では、敵か味方か不明確な部分もありますね。澪に近づくな、と言ってますけど、最終的に味方になりそうですけど。
 高校中の男子を敵に回すも、友人もできたようですし。刃更の新生活がやっと始まりましたね。波乱の幕開けなのは、第1話からわかってますけど。刃更の過去、澪の両親を殺した相手、そしてラブコメ色溢れる高校生活。どれも楽しみですわ。

・アイドルマスター シンデレラガールズ
 2話。シンデレラプロジェクトそろい踏み。
 突然のボイス追加というテロを引き起こした伝説のアニメになりそうです。ゲーム中では、まだ声優のいなかったアイドルに、アニメで声がつくという想定外。この衝撃に驚きつつも、要所要所でキャラクターを配置していくのは見事ですね。アニメには出てこないけど、アイドルとしてみんな活躍しているよ、というのを見せてもらえるので。ニューウェーブ勢がもういる、と言うのは驚きでしたが。
 そんなわけで、今回はシンデレラプロジェクトの中心の14人の紹介がメインという感じでしたね。次はいきなりのライブ。卯月と未央のやる気に対して、不安そうな凛の表情が気になるところ。いきなりうまくいくとは思えませんし、一度失敗することになるんですかね。
 続きに対して、不安と楽しみがないまぜになる、この感覚。嫌いじゃないのです。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 26話。策略VS策略。
 アブドゥルの作戦、ンドゥールの読み、承太郎の機転。絡み合っていて面白かったですね。ンドゥールをどうやって倒すのかが気になってましたし。結局、本体をぶんなぐってましたが。そして、承太郎に良いように利用されていたイギーがちょっと可哀想に。と思ったら、次の瞬間、承太郎の帽子を拾ってあげたと見せかけて、帽子にガムをつけるあたり、負けてない。良くも悪くも、良い仲間になりそうですね。服従ではなく、対等の関係っぽくて良いです。
 DIOに従う9人のスタンド使い。エジプト9栄神を模したスタンド使い。次回の相手の顔見せもしっかりやったうえで、終了というのはなかなか良いですね。次回は、どうやって勝つのか、楽しみですわ。

・ガンダム Gのレコンギスタ
 16話。衝撃の真実。
 まあ、次回予告でバラされてましたけどね。アイーダとベルリが姉弟だって。ラライヤ以外で、この2人がG-セルフを扱えるのは、遺伝子に反応したからなんですね。とはいえ、なぜ両親を失い、捨て子として、地球に送られたのかはわからなかったんですが。政変か何かで負けたんですかね。
 そして、劇中では、とうとう『ガンダム』の名前が登場。多分、ただのサービスっぽいんですけどね。クリムの思惑、クンパの思惑、マスクの思惑、トワサンガ支配層の思惑、色々と絡んできているのが良いですね。そんな中、生まれ故郷が宇宙だと知ったベルリの混乱が際立つのですが。アイーダはなんだかんだで飲み込んでいるようですけど、ベルリはまだ飲み込み切っていないですし。それが焦りに繋がっているように見えますね。
 とはいえ、そんな思惑や懊悩を無視して、宇宙のゴミ拾いをする来週の話は気になって仕方ありませんね。

・探偵歌劇ミルキィホームズTD
 3話。エレメント捜索開始。
 いつものミルキィホームズでした。今回はガンダムネタという話。
 茉莉音を救うためのカレー対決。ミルキィホームズが作ったのが、茉莉音を救うために流した汗と涙となんだかよくわからないものおかげで勝ちましたけど。最後のなんだかよくわからないものは、なんだかよくわからないもので流しているあたりが、実にミルキィというか。ネロは牛を神聖視している国にも関わらず、カレーに牛を入れようとしたため、消されたままなところとか。
 しかし、釈放されたと思ったら、今度は警備員に追われるフェザーズさん……。

・デュラララ!!×2承
 2話。セルティが追われた日の1日を別角度で。
 竜ヶ峰がダラーズの重要人物だと知る新入生が現れたり、そんな新入生と臨也の妹2人に関係が生まれていたり。そんな新入生に池袋の街を案内するために、ダラーズの他のメンバーに協力を仰ぐ竜ヶ峰も見られましたし。そこで、園原は怪しい人物に出会ったり。その人物が静雄の鞄を奪おうとして、静雄が叫び声を上げたり。しかも、その人物、被り物をした変人と戦おうとしてますし。多分、被り物をした方が、連続殺人犯なんでしょうね。さらには、臨也の妹が、怪しい人物に出会ったり、セルティの落したお金を拾ったり。極めつけは、新羅の家に、いかつい顔のおっさんが入り込んだり。新羅にしては珍しい窮地ですね。
 うん、この書いていて、自分でもわけのわからない感じ、デュラララですわ。

・DOG DAYS''
 2話。救出、勇者。
 シンクとナナミ、無事に連絡が取れて救援隊登場。ついでに、魔物と化して襲ってくる、森の獣退治も完了。森の巫女たるシャルは、最初はシンク達の力を借りるつもりはなかったわけですが、なし崩し的に協力してくるシンク達を拒絶するほどの力もなかったわけで。それどころか、ピンチを救ってもらったわけですし。だからと言って、すぐに打ち解けてくれるわけでもないんですよね。まだ、自分だけの力で、竜を守ろうとしてますし。それを察して、勝手に魔物の原因を調べていってますけど。そういうおせっかいなところが、この作品の特徴ですね。
 魔物の原因の正体もわかったようですし、次の話で対峙されることになりますかね。主力部隊勢揃いしそうですし。シリアスな話はここまでなのか、今回はずっとこのシリアス路線で行くのか、気になるところです。

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
 15話。ヴィヴィアンの正体。
 ヴィヴィアンはノーマではなく、もう一つの地球の人類だったわけで。ノーマの人がドラゴンになるのではなく、ドラゴンだったヴィヴィアンがノーマの振りをさせられていただけなんですね。たまたま、生け捕りにされたんですかね。どの段階で人間の姿になったのか、気になるところですけど。制御剤もどうやって作ったのか。結局、遺伝子を操作することで、人間姿で安定するようになったわけですけど。
 汚染された地球に適合するために改造された人類がドラゴン。そのドラゴンの力をもとに、平行世界の地球で、マナを使って生活する人類。どちらが侵略者なのか。それでも、アンジュは元の世界に戻りたいんですが。そりゃ、生まれた場所ですからね。
 しかし、タスクさん、今回はラッキースケベというより。はい。男性は全てドラゴンになっている世界だから、成人男性が珍しいのはわかりますが、まさか、性教育の題材にされて、素っ裸で弄られるとは。可哀想に。

・ハピネスチャージプリキュア!
 48話。レッドとの対話。
 基本的には誠司との踏襲ですけどね。とはいえ、レッドの抱える闇の方が深いですが。自分の星に住むものを愛していたのに滅んでしまった。だから、愛では救えない、という結論に達したわけですから。地球を狙うのは、ブルーへの嫉妬であり、そのことを理解しつつも、それを止めれないんでしょうね。だからこそ、哀れとしか思えない。レッドは、ラブリーに対して一緒に消えてくれ、と言うも、それではレッドが救えないと直感するラブリーは流石としか。苦しみを抱えたまま死ぬのは、救いではないですからね。
 世界中から集まった小ささ愛を、束ねて紡いで繋げて。それで、レッドを救うんでしょうね。
 しかし、迷わずラブリーを庇いに行ける誠司は格好良かったですわ。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 12話。クロノVSハイメ。
 久しぶりに楽しめたファイトでした。ちゃんと最初からファイトしてくれましたし。アクアフォース使いのハイメの連続攻撃。それを必死に防ぐクロノ。度重なる超越。ヴァンガードGになって追加されたルールも駆使しして、アクアフォース、ギアクロニクル、両方のクランの特徴を生かしたファイトでしたね。少し、気になるところもありましたけど。
 最後は、カードゲームアニメの基本として、デッキをより信じた方の勝ち。ハイメも信じていましたが、クロノの想いの方が強かったですね。4枚引いて、全てのカードのグレードが違えば、連続ターンの効果。きっちり発動させての勝利は熱いですわ。
 ハイメと戦うクロノを見て、トコハがうらやましがったり、シオンが悔しがったり。周りの変化が感じられましたね。これからは、ファイトがメインになってくるのでしょうか。伊吹も久しぶりに出てきましたし。
 しかし、かげろう使いは、主人公に圧倒的力を見せつけなければならない仕事でもあるのだろうか。

 今年も自分のペースでのんびりと過ごしますかね。慌てず焦らず騒がず遅れずに。
 初めての対人戦がイベントという凄い展開でしたね。なお、全敗でした。どれほど強力なデッキを作ろうとも、それを使いこなすための戦術と戦略がなければ勝てませんからね。とはいえ、初めてと言う事を伝えれば、大戦後に、フリーファイトしながら、色々と教えてくれたのはありがたかったですね。

・新妹魔王の契約者
 1話。周りの話を聴く限りは私の好きそうな話。
 実際に見たところ、私の好きなタイプですね。基本的にはボーイ・ミーツ・ガール。ボーイが勇者でガールが魔王という形ですが。しかも、魔王が妹という展開。
 当初は、主人公バサラの家を乗っ取ろうとしていた魔王組ですが、バサラの力を見て、逆に出ていくことに。対するバサラも父親が騙されていない事を知って、家族になった以上、魔王を守る事に。この辺の心境変化が良いですね。魔王、妹は騙した事に罪悪感を持っていて、次は騙さないようにしようとしていたり。バサラは、父親が騙された事に憤っていたり。故に、父親が、守るために騙された振りを知り、さらに家族の写真として撮ったのを見た途端、守る事にしたり。騙す側と騙される側の描写が良いですわ。なんというか、これは私の好みです。
 前魔王の娘、ミオ。育ての両親を敵対する新魔王側に殺されているのを考えると、きつい過去を持っていますね。同時に、バサラの父親のバサラに対する守るのはお前だ宣言も、それを踏まえての上だと思うと、本当に、燃えますね。

・アイドルマスター シンデレラガールズ
 1話。今期、一番の楽しみ。
 内容そのものは、シンデレラガールズの主人公格である、島村卯月、渋谷凛、本田未央を中心にしていく、というのが端的に示されていて良かったですわ。始まりは、卯月、次に卯月とプロデューサーに引っ張られて凛という流れ。未央が最期に顔を見せた程度、という扱いはちょっと悲しかったですけど。でも、未央の元気さは、卯月、凛と一緒になってから、より目立つのがなんとなくわかるので、あんまり気にならないかな。
 そして、それ以上に印象を残していったのが、プロデューサー。強面ながらも、基本的に真面目で誠実。そして、不器用。凛をプロデュースしようとして、無下にされても延々と通い続けたり。おかげで、不審者扱いされてましたけど。そんなプロデューサーが素敵で、このアニメは、この1話の時点で何か安心してしまいましたね。
 次は未央が登場。ニュージェネレーションの3人がやっと出会うわけですが、どうなることやら。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 25話。話数はそのまま続けて数えるようですね。
 エジプトに入ったことにより、DIOの本拠地へ。承太郎一行にはイギーという犬のスタンド使いが仲間入り。対するDIO側は、新たに9人のスタンド使いが登場。承太郎一行をさっそく襲ってきましたね。
 今回の相手は水のスタンド使い。聴覚で相手の場所を確認し、水を使って攻撃する強敵。流石のスタープラチナも水は殴り飛ばせられませんし。いつものことながら、どうやって倒すのかが楽しみですわ。今回、やっと登場したイギーが活躍するのかどうかも含めて。

・ガンダム Gのレコンギスタ
 15話。トワサンガへ。
 戦闘描写すげぇ、という印象しか残っていなくて。なんだかんだで、ベルリが人殺しを避けているのは、要所要所で示されていますけど。それでも、当たったら仕方がない、という感覚ですけど。
 物語の方は、無事にトワサンガへ到着。ベルリ達はラライヤの知り合いと合流。対して、クリムはトワサンガの人に捕縛。トワサンガも政府とレジスタンスで対立があるのが明かされてましたが。ラライヤはどこに所属していたのか。クリム達を捕まえたのは、レジスタンスなのか。G-セルフの正体がわかったと思ったら、さらに謎は増えますし。見ていて飽きませんわ。

・探偵歌劇ミルキィホームズTD
 2話。操られる小衣。
 エレメント探しの始まりです。問題は、そのエレメントが何体が不明というのはミルキィらしいですが。1クールなのか2クールなのか。挙句、その後の展開も、十津川に操られた小衣とマリネの勝負が展開されますが、オマージュの連発。聖闘士星矢や謎のカラータイマーまで。そんなノリで決着がつくのもミルキィらしいというか。このわけのわからないけど、凄い勢いで飛ばしていく部分が楽しい。それに、ちゃんとトイズも使ってましたし。
 なんだかんだで、歌以外でもマリネが頑張っている部分を描いてくれるのは良いですね。あと、カズミが無事に釈放されて良かったです。

・デュラララ!!×2承
 1話。2期開始。
 いや、まあ、なんというか、デュラララでしたね。OPの最中に1期のあらすじを撃ちこんできましたし。キャラめっちゃ多いし。1期では狼と香辛料のホロのパネル持っていたメンツが魔法科高校の劣等生を追いかけたり、禁書目録を気に入った人とかできてたり。1話の間に、別の場所で何かが起こっている描写を入れたり。ええ、私の知ってるデュラララでした。キャラが多すぎて、思い出す事も覚える事も出来なくて困ってます。あと、セルティが可愛かったです。
 2期、とりあえず、セルティに懸賞金がかけられて、セルティが追いかけられる話でいいのかな。

・DOG DAYS''
 1話。3期開始。
 シンクとナナミの対決、1期ではシンクが負けた事になってましたが、今回は同着優勝と言う展開でしたね。シンクも、フロニャルドで勇者をやったことで、成長した、と言う事でしょうね。そんな、シンクとナナミ、それとレベッカが、またもやフロニャルドに召喚。召喚時の落雷で、召喚場所がずれるというハプニング。そして、そこから始まるドタバタコメディという感じですが、今回は少し様子が違う模様。本来は、それほど凶悪ではないはずの森の生き物が凶暴になり、同じ森に棲む動物を襲う有様。植物の方もそれに合わせて凶暴か。この流れだけで、2期のような日常物とは違う感じになりそうな印象を与えてくれましたね。日常物をやりつつ、世界の異変を解決する物語になるのかな。
 それにしても、1期2期と見てきましたが、登場キャラが多すぎて、名前を思い出すのに一苦労。というか、まだ名前を思い出しきってませんね……。

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
 14話。世界の真実。
 なんか、アンジュとタスクがカップルになりそうな雰囲気でしたね。タスクの、今まで誰にも話さなかったであろう心に秘めていた想いを、アンジュに対してぶちまけたのが大きそうですね。ヴィルキスが使えるから特別扱いされることを嫌っていたアンジュにとって、タスクの特別扱いはヴィルキスが関係なかったから、救いになったんでしょうね。最後の最後は、いつものタスクのラッキースケベが発揮されていた事には笑いましたけど。
 それと同じくらい重要な世界の説明。繰り返される戦争と最終兵器ラグナメイルの投入による人類の滅亡。そして、それが本物の世界と言う事実。エンブリオが、世界を上書きした、という認識で良さそうですね。だからこそ、世界を作り直せる、とか言えたわけですし。アンジュが、勢いに任せてヒルダに言っていた事が、本当に実行できそうな勢いですね。
 で、来週、タスクはどんなラッキースケベをやってくれるんですかね。それが楽しみで。

・ハピネスチャージプリキュア!
 47話。誠司との対話。
 殴り合いでしたけど。それでこそ、プリキュアですね。
 それらを全て通り越して印象的だったのは、憎しみも受け入れる、というめぐみのスタンスでしたが。消し去るでも、忘れさせるでもなく、受け入れる。それも、相手の感情の一部である限り、否定せずに受け入れる。これが愛なんだなあ、と思えたので。その描写だけで満足です。
 あとは、レッドとの決着だけですかね。ブルー曰く、憎しみだけでなく愛もあるみたいですが。果たして、レッドもめぐみ達に救われるのかどうか。気になるところですわ。笑顔で消えていきそうな気もしますけど。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 11話。クロノの決意。
 割と楽しみにしていた、ハイメとマモルのファイトは大幅カット。かげろう及びアクアフォースのG4ユニットの顔見せ、という印象でしたね。
 とはいえ、クロノがハイメに付き合い、ハイメの過去やそこから育った生き方に触れて、変化しているのが見えてきたのは良いですね。とうとう、クロノが、ハイメ相手にファイトを申し込みましたし。
 というわけで、来週は待ちに待ったファイト。今度こど、ちゃんとファイトが見れると信じてます。
 しかし、地味に、クロノが孤児院の類に入っていた事が明言されましたね。そういう描写はありましたけども。ついでに、ハイメもでしたけど。そういうところで、この2人は気が合うんでしょうね。ハイメが一方的にクロノを振り回しているように見えなくもないですが。でも、いいコンビだと思うんですよね。もう見れなくなると思うと、ちょっと寂しいですわ。

 それにしても、最近の主流はかげろうなんだろうか。3回中2回当たったんですけど。
 まさか、新年最初の新アニメがミルィホームズとは思いませんでしたね。なお、最初に見たのはクロスアンジュですが。まあ、そんなわけで、本年もごゆるりとお付き合いお願い致します。

・探偵歌劇ミルキィホームズTD
 1話。2014年1月期開始の最初のアニメ。
 まさか、2014年開始で最速がこれだとは思わなかったのです。
 内容はいつも通りのミルキィホームズ。相変わらず、楽しませてくれます。ついでに世界観を膨らませてくれました。トイズの使い手が探偵と怪盗だけでなく、アイドルも。そのアイドルから、歌が奪われるという事件が発生。犯人は十津川っぽいんですけど、真相は不明なまま。そんな中、奇跡の歌を持つアイドルの歌も奪われる。そのアイドルの名前が、天城茉莉音。彼女の歌とともにいたエレメントとの繋がりが奪われ、彼女の歌も失われる。そのエレメントを取り戻すのが、今回の話の主軸ですね。
 とはいえ、そこはいつものミルキィホームズ。ぶっ飛んでいる時はぶっ飛んでいましたね。フェザーズの片割れ、かずみを冤罪で刑務所送りにするわ、ジーニアス4ことG4は小衣以外は諸般の事情で出てこないわ、肝心のミルキィホームズはなぜかトイズ使ってないわ。いい感じに狂っていて、今回も楽しめそうです。

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
 13話。ヴィルキスの力。
 エンブリオの目的が見えないですね。ジュリオの虐殺は予想してましたが、エンブリオがそれに否定的だったのは予想外。それどころか、アンジュがジュリオを殺そうとするのを止めてますし。代わりに、エンブリオ自身で殺してましたが。この辺の行動原理がわからないのが怖いですわ。死んだノーマを蘇らせたりね。
 ヴィルキスの方は、アンジュの感情で変化した感じ。怒りの囚われた時は赤く、戦うための機体に変化。対して、エンブリオの攻撃からタスクを助けようとすると蒼く。この時の機体性能は不明なままですが。
 OPもEDも変わり、変化を予感させます。ヴィルキスの機体性能もOPで様々と見せてくれますし。ヒルダも仲直りできたようですし。今後の展開が楽しみですわ。次はコメディ色が強くなりそうですが。

 結局、去年のうちに片付けられてない記事がいくつも。長期休みは長期休みで、用事が色々と入ってなかなかやれないんですよね……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。