三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。

2015/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2015/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2015/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

2015/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 引越ししてから、出費を見直していますが、インターネットとスマホ関係の通信費が思った以上に高い事に気づきましたね。よくよく考えれば、ひかりTVにAT-Xも入れているのですから、当たり前なんですが。そういうわけで、プロバイダの変更も含めて、少しでも安くなる道を模索中。NTTの光の割引も始まりましたし、そのあたりを調べていく感じですね。

・新妹魔王の契約者
 7話。決着。
 白虎の性能は想定通り。上空にも威力を発揮するという特性がありましたね。その特性を戦闘中に知っても、対処していた澪と万理亜のコンビには驚きますが。刃更は刃更でくるみと勝負。こっちは刃更の魔法無効化で決着。でも、くるみは傷つけようとしないのが、刃更の戦い。澪も護りたいし、昔の仲間も護りたい。欲張りですが、こういう欲張りは好きです。
 そして、今回は柚希ですね。勇者の一族の掟を優先するかと思いきや、刃更の味方に。それを刃更に止められないために、刃更を眠らせる手の込みよう。おかげで、刃更が過去の事を気にしていることを、くるみも知る事が出来ましたけど。うん、くるみはツンデレですかね。
 最後は刃更と柚希が力を合わせて、暴走した白虎を封印する。刃更と勇者の一族の和解には遠いですが、少し近づいた感じがする終わりが良いですね。まだ、刃更を許せない人もいましたけど。あと、単純に勇者の一族は一族で、底が読めないのが怖いですね。今回のお目付け役とか。

・アイドルマスター シンデレラガールズ
 7話。そして、再び……。
 卯月の前しか向いていない強さに癒されましたね。そして、その想いをしって動き出すプロデューサー。そこにたどり着くまでは重かったですけど。やはり、最後は青空が広がり、階段を上りだす。
 本当、良かったですわ。卯月に会う前は、自分の担当アイドルと目を合わせようとしなかったプロデューサーが、体調不良で休んだ卯月のお見舞いに行き、卯月の次の目標を聞きながら、目に光が戻っていく描写が良かったんですわ。同時に、声に力も戻りましたし。おかげで、不審者に間違えられたりもしましたが、未央、凛の信頼も多少は取り戻す。プロデューサーにとっても、これが第一歩なんですよね。
 それにしても、凛は、プロデューサーと繋がる時、卯月や未央の後押しで繋げてもらっているのが印象的。あと、今後は、前を真っ直ぐに向き続けている卯月が、前を向けなくなる瞬間が怖いですね。
 未央が、ちゃんと拍手を貰えていた事に気づけて良かった。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 31話。ジョセフの作戦勝ち。
 間抜けな場面も多いですけど、力押しではなく、頭脳で勝負するのはジョセフらしいですね。頭脳というか悪知恵。このあたりは変わらない。ジョセフらしくていいですわ。敵が間抜けなだけとも言えますけど。なんで磁石にした相手の間に入っちゃったんだか。勝ったと思って余裕をみせた結果なんでしょうけど。全体的に、こんな敵が多いような、と思いましたけど、そもそもDIOがそんな感じでしたっけ。
 アブドゥルもアブドゥルできっちり見せ場と格好良い場面も見せましたし。両名とも、面目躍如って感じでしたね。ジョセフとアブドゥルは無事勝利。そんな中、承太郎とポルナレフに襲い掛かる影。次のスタンド使いはどんな能力なのか。
 しかし、敵側、イギーが頭数に入ってないような気がする。おかげで助かってる面もありますけど。

・ガンダム Gのレコンギスタ
 21話。レコンギスタの意味。
 コロニーでの戦い。今回は最初から最後までずっと戦ってましたね。同時にマニィとノレドがジット団のモビルスーツ、Gルシファーを奪って来たり。襲われたと思ったら、逆に返り討ちにした感じですね。
 コロニー内部での戦いと言うことで、コロニーを傷つけないように戦わざるを得ない相手の考えをうまく使って、ベルリは戦ってましたね。賢いと言えば賢い戦い方。ベルリ自身も、コロニーを傷つけないように戦ってましたし。むしろ、頭に血が上って、ジット団の方がコロニー壊しかかってましたけど。そこをベルリに救われたり。なんだかんだで、状況を見えているのがベルリなんですよね。
 海に大穴を開けた、ジット団の隊長はモビルアーマーで穴を塞いで、己の故郷を救う。これも責任の取り方なんでしょうね。まさか、死ぬとは思いませんでしたが。彼の願いであるレコンギスタ。叶う日が来ると良いのですが。
 で、なんでまた子安ボイスが出てくるんですかね。油断してましたわ。

・探偵歌劇ミルキィホームズTD
 5話。本当に放送しやがった……。最後、どうするんだろう。放送枠が足りなくなりそうな予感。

・デュラララ!!×2承
 7話。ヴァローナの過去。
 書物による知識と強盗をあっさりと殺してしまった事による倫理観の欠如によって、暗殺者ヴァローナが完成した感じでしたね。問題はもっと奥深そうですが。むしろ、自分の命の危機に関して興奮しているような感じがします。だから、わざわざ無法者相手に殺し合いを挑んでいる感じ。
 そんなヴァローナが杏里を襲う。杏里は杏里で罪歌で反撃。ヴァローナにとっては予想外の反撃。見ているこっちとしては安心しましたけどね。そういや、杏里は普通に強かったですわ。セルティの援軍もあって、ヴァローナは撤退。とはいえ、ヴァローナの持ってきたライフルはかなり強力なもので。流石のセルティも苦戦は免れなさそう。とはいえ、セルティも帰宅しますし、セルティが求められていた人探しの件は解決しそうですね。
 とはいえ、今一番恐ろしいのは、臨也と青葉ですけど。どちらも、帝人を利用して、火種を爆発させようとしている節があるので。
 しかし、ロシア寿司の2人、元暗殺者だったとは。なんで池袋で寿司屋やってるんだろう。

・DOG DAYS''
 7話。レオンの旅日記。
 レオンが、三国を見て回るだけの話。とはいえ、ミルヒのライブ回でもあったので、満足です。なんだかんだで、世界とそこに住む人を見せてくれるのは面白いですね。相変わらず、主要キャラ以外の作画がちょっと雑なのは気になりますけど。主要キャラの作画がしっかりしてる分ね……。
 個人的にはナナミとリーフの戦いに燃えつつも、アデルの昔話が気になって仕方がないところです。ダルキアン卿の過去にも繋がる話ですし。来週が楽しみですね。
 あと、昔話をすると聞いて、なんだかんだで付き合ってくれるヴァレリーさんの面倒見の良さ、好きです。

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
 20話。エンブリヲの求婚。というか、なんだこのエロ同人誌。
 今回は満足しすぎて、逆に感想が湧かない状態になってます。エンブリヲがアンジュの感覚を操って、心を壊して自分のものにしようとしたり。その際にアンジュがタスクの名前を口に出したせいで、タスクが狙われそうな雰囲気を醸し出したり。ヒルダがアンジュを助けるために行動開始したり。ジルの口から、ジル自身がエンブリヲに心を支配されて入る事が明言されたり。色々とありましたが、一言だけ。これ以上サリアのいじめるのは止めてくれないか!

・Go!プリンセスプリキュア
 4話。3人目のプリキュア登場。
 いや、いいキャラですね、きらら。モデルの仕事に専念したいからプリキュアになりたくない。モデルの仕事を邪魔した相手に、一泡吹かせたいからプリキュアになって敵を倒す。一貫しているのは、モデルの仕事への誇りと情熱ですね。その信念がある限り、はいわかりましたとプリキュアはやってくれそうもないですね。その想いを理解した上で、はるかがどうやって、きららの気持ちをプリキュアにも向くようにさせるか、気になるところですわ。これも、来週が楽しみなアニメ。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 17話。クロノとトコハの勝負。
 まさか、コロッケパンを巡って、ファイトが始まるとは思いませんでしたね。どんだけコロッケパンが食べたかったのやら。私も食べたくなってきますね。
 さて、そんなファイトですが、今回はトコハのプレイミスもあって、クロノの勝利。とはいえ、賭けの対象だったコロッケパンはトコハに上げるという男気のあるところを見せるクロノは素敵でした。問題は、そのコロッケパンはミサキにわたるはずだったということですけど。カードキャピタルの男性陣、かなりビビってますけど、どんだけミサキを恐れているのやら。
 トコハに関しては、有名人の妹という肩書が重荷になっているんだな、という印象。その重荷を、逆に肯定してくれたクロノの言葉で、少しは前向きに慣れた感じですけど。マモルが強いのも、トコハが強いのも、昔から兄妹で競い合って来たおかげ、というクロノの言葉。クロノはどれだけ手を伸ばしても得られないものでもあるんですよね。それに卑屈にならず、素直に羨ましいと思えるクロノの心もまた美しいですよね。
 確実に大会は近づいてきてますが、まだチームが結成されてないんですよね。どうなるのやら。

 そういえば、もう不要かな、と思いながら入りっぱなしの保険があった……。
スポンサーサイト
 艦これのイベント海域の話。ちょっと来週は用事が入りそうだったので、難易度を下げてやったのですが。なんというか、ものすごく簡単になりましたね。こういう難易度調整はありがたいですわ。おかげで、苛立つこともないですし。

・新妹魔王の契約者
 6話。襲い掛かる勇者の里。
 澪が殲滅対象になった事と、柚希のデートの誘いが関係なかったのが救いかな。勇者の里は、澪と澪を守る刃更を殺す気満々ですし。おかげで、魔族の刺客を倒してもらえましたが。一難去ってまた一難を地で行く流れ。今度は強敵たる勇者の里の精鋭相手に、3対3の戦闘の様子。契約を結んでいるからこそ、信頼を深めて強くなったりはしていますが、戦い慣れしている刃更と万理亜はともかく、澪が不安ですね。刃更の知識で対策は立ててますが、その通りになるかどうかの保証もありませんし。不安ですわ。ただ、柚希本人は覚悟が出来てないのが、刃更たちには有利なのか。
 しかし、刃更、勇者の里の人々に恨まれてますね……。生きてる人にとっては、遺体がないと弔う事すらできませんし、それは仕方がない事なんだろうか。

・アイドルマスター シンデレラガールズ
 6話。理想と現実。
 いや、うん。言葉の足りないプロデューサーと未央の認識の違いがあらわになってしまった感じ。まさか、3話の成功体験をこう返してくるとは思いませんでしたね。ニュージェネレーションズのCD発売記念のミニライブ。初めてだから、人がそんなに集まるわけではないのですが、未央は美嘉のライブの経験から来るものだと思い込んでしまいましたし。それに気づけなかったプロデューサーにも落ち度がなかったわけではないですし。このプロデューサー、努力家で真面目なんですが、そのあたりの機微に疎そうな雰囲気ありますからね。今まではいい方向に転んでましたけど、今回は悪い方向に。実際、過去に同じことをやらかした雰囲気もありますし。どう修復するのか、楽しみのような不安のような。
 ヒールの折れたガラスの靴は、何を象徴するのか。思う事は多々あるけども、纏められませんね。美波&アーニャのラブライカとの対比とか5話のみくとの対比とか。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 30話。磁力使い。
 前回とは打って変わってコメディ色の濃い話でしたね。当事者にとっては洒落にならない状態ですが。
 磁力を操るスタンド使いの罠にひっかかり、ジョセフに町中の鉄製品が集まってくる状況。アブドゥルも同じ罠に引っかかり、2人して苦戦中。承太郎やポルナレフの知らぬままに戦いが終わりそうな気配ですね。
 それにしても、アブドゥルさんのキャラが、なんかポルナレフみたいな事に。真面目なキャラだったのに、すっかりギャグキャラめいたことに。ジョセフに何かと無茶な要求されているせいでもありますが。女子トイレを覗けとか。おかげで、女子トイレから逃げる羽目に。
 さて、来週はジョセフがこの窮地をどうひっくり返すのかが楽しみですね。

・ガンダム Gのレコンギスタ
 20話。ジット団の目的。
 ジット団の目的が見えてきましたね。地球に住む人々を、地球に寄生する雑菌と評して、殲滅しようとする。シャアやザンスカール帝国を彷彿させますね。ジット団の場合は、地球と地球周辺のコロニーに住む人たちも含んでいますが。そのために、クレッセントシップのエンジンや、それと関係しそうなG-セルフが欲しいようですし。それをラボに持ち込んで調べようとしたら、メガファウナーのメンバーに逃げられてしまい、乱戦に。コロニーに穴を空けてしまいましたし。ちょっと洒落にならない事態になってますね。まあ、コロニーを背にして戦ったのはベルリですけど。本当、G-セルフに乗ると、敵なしですね、ベルリは。
 敵になっても、ちゃんとフラミリア先生の心配をする、マニィやノレドがいい味を出していたと思います。何だかんだで、アーミィのメンツは人の命を大切にしますよね。

・探偵歌劇ミルキィホームズTD
 7話。ネロの悩み。
 キャラ性の違いで喧嘩するミルキィホームズ。ある意味、いつもの事ですね。翌日にはちゃんと仲直りしてますし。ただ、その時に謝れなかった事を気にしたがために、エレメントに取りつかれるネロ。大女優の養子になりそうになったりしましたが、最後は無茶ぶりに対応できるようになった茉莉音のおかげで、無事に復活。相変わらずのハチャメチャっぷりですが、大筋はいい話でしたね。暴言を吐いたことに対して、謝れなかったことを気にしている描写とか。ミルキィホームズも馬鹿じゃないんだな、と思いましたし。ただ、喧嘩の理由は、唐揚げにレモンをかけるかどうかというバカな理由ですけど。ミルキィらしいですね。
 で、次は5話を放送とか。流石や……。自粛とはなんだったのか。

・デュラララ!!×2承
 6話。5話の背景。
 ルリが所属していた芸能事務所とセルティに依頼をしているヤクザの事務所の抗争に巻き込まれた感じですね。ヤクザ側の社長の孫娘を誘拐しようとする事務所社長と、その社長が雇った暗殺者。孫娘護衛の依頼を受けたセルティが邪魔者として狙われた感じですね。その孫娘は、なぜか静雄を殺そうとしてましたし。しかも、新羅の家にいますし。セルティが真っ直ぐ家に帰っていれば、完全に解決していたのに、真っ直ぐ帰らなかったがために、暗殺者に襲われる事に。しかも、杏里は狙われるし。帝人も、正臣の忠告を気にしてはいたものの、週末は外出するよう仕向けられてしまいましたし。その上、ダラーズが埼玉で暴れている事を知らされる。臨也も、帝人を誘導しようと動きだし。
 はい、いつものデュラララですね。1つの物語を中心に、様々な視点で物語が展開し始めてきましたわ。目が離せませんね。
 しかし、セルティを襲った連中、前の話の時に少し話に出てきたロシアの暗殺者の上位7人なんだろうか。

・DOG DAYS''
 6話。レオンの見合い。
 見合いと言う名の1話丸々レオンの戦闘という感じでしたね。求婚したければ、自分を倒せ、というノリだったのだから仕方ありませんが。そんな中現れたのは、レオンの昔馴染みのリーフ王子。レオンとゆっくり話がしたいがために、お見合い勝負に挑戦。レオンを追い詰めるほどの実力の持ち主でしたね。ただ、お見合いの意味を理解していないあたりの、初心なところは可愛かったです。
 また新しい国家の存在が示唆されましたね。話が進めば進むほど、異世界が広がっていくのは良いですわ。そして、1話丸々の戦闘は見ごたえがありました。特にレオンとリーフの戦闘が。私の好きな描写の仕方で。満足です。

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
 19話。アンジュとエンブリヲの邂逅。
 エンブリヲがどうやって、サリア達を陥落させていったのかがよくわかる話でしたね。相手の心の弱い部分を認識したうえで、その弱さをついて、相手の心を自分に向けさせる。サリア、エルシャ、クリス、全員違う理由でしたし。サリアとエルシャは予想できましたが、クリスはちょっと意外でしたね。クリスは裏切らない友達が欲しかったようで。ヒルダ達が迎えに来なかったことを恨んでいるようですし。でも、ヒルダ達は、アンジュ達にアルゼナルで会ったように、きっと定期的にアルゼナルに行っていた気がするんですよね。それを信じてもらえるかどうかでしょうし。エルシャは子供を救ってもらった恩。サリアは、サリア自身がどう思っていようと、ジルの代わりの依存対象の気がしますね。
 その毒牙にアンジュもかかりそうになりましたが、エンブリヲにキスをされたところで、タスクのキスを思い出して、舌を噛んで反撃。アンジュらしくていいですわ。ヒルダもヒルダで、ジルに不信を持ったり、アンジュを助けに行こうとしたり、動き出してますし。終盤に向けて、物語が加速していきますね。
 ジルもエンブリヲの手の内にいたままなのが怖いところですね……。

・Go!プリンセスプリキュア
 3話。はるかの挑戦。
 無くなったキュアパフュームを探している最中に、パフが見つかってしまう。警察に連れて行かれそうなパフを助けるために、寮で飼う事に。そのためには、寮生全員の賛同を得て、規則を改正しなければならない。という難題に挑戦。ある意味、ゼツボーグのおかげで、一番の反対派だった、風紀委員の如月も味方につけて、無事に改正。さりげなく、アロマも居座っているのが面白い。君、ちょっとずるい、とは思いましたが。
 その規則改正のために、あの手この手でパフの魅力や、パフが役に立つことを証明していったはるかも、如月をゼツボーグから守るために戦ったパフも素敵ですが、相手がパフだからと言って、依怙贔屓せずに、ちゃんと手続きを踏ませたみなみの公平さも良かったですね。だからこそ、彼女が生徒会長として支持されているんでしょうね。
 敵幹部も増えて、にぎやかになってきたので、来週も楽しみ。キュアトゥインクルのお披露目でもありますし。敵側も、三銃士と言われているからには、もう1人幹部がいるはずですし。楽しみですわ。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 16話。マモルの仕事。
 今回はファイトらしいファイトはなく。代わりに、クランリーダーでもあり、ヴァンガードの支部を支えるマモルの話。支部長が支部長ですから、大変そうですね。それでも、好きな事を仕事にしているというやりがいがあるからこそ、頑張れているような。何にしろ、あの支部長、人は悪くないけど、上司にはしたくないな、私。キャラとしては好きですけど。ヴァンガ郎が出来ると聞いて喜んでましたし。というか、マモルもヴァンガ郎担当が早退したなら、支部長にさせれば良かったのに。マモルの胃に穴が開かないか心配ですね。
 ラストはマモルとファイト。マモルは1人で3人同時に勝負と言う離れ業。それで無敗なのだからすごい。あっさり負けたトコハと、粘ったクロノとシオンの対比が良いですね。大会には興味がないと言っていたトコハが、クロノとシオンを見て、何を思ったのか。心境に変化があるのか。気になるところ。
 ところで、クロノの屋台推しは何だったの。どんなこだわりがあったの……。

 難易度を下げても、クリア報酬の艦娘は手に入るのはありがたい。夏の時に実装して欲しかったですね……。
 毎年のことながら、なぜ右手だけ。近いうちに塗り薬を買ってこないとやばそうな感じ。

・新妹魔王の契約者
 5話。変わりだす日常。
 予想通り、エロ回でしたね。そして、万理亜が楽しそうでした。特に刃更にエロゲーをやらしている時は。あとは、悶えている澪を録画しようとか。いいキャラですね。その分、澪がきっちりお仕置きしているあたり、バランスは取れていますね。
 そんなバカな話をしつつも、物語はちゃんと進んでいますが。魔族側は新しい監視役が着たり、勇者側は澪抹殺に切り替えてきたり。柚希が刃更をデートに誘ってきたのは、澪抹殺に刃更を巻き込まないためなんだろうか。もしくは、刃更の邪魔が入らないようにするためか。こんな状況で、刃更が澪をどう守りきるか、楽しみですね。
 それにしても、瀧川とはすっかり仲良しに。

・アイドルマスター シンデレラガールズ
 5話。みくの叛逆。
 CDデビューが決まっていないみくの戦い、という感じでしたね。自分よりも後から出てきた、卯月・凛・未央の3人がデビューするのに、自分はデビュー出来ない。それはとてつもなく悔しい事でしょうし。だからこそ、勝負を挑むは、ストライキは起こすわ。そんなみくの本心を知って、プロデューサーが、ちゃんとみくに本心を離した流れは素敵でしたね。不確定事項でぬか喜びをさせたくないから言わなかったことが、逆に不安を助長してしまっていた。それに気づいて謝って、みくも本当の事を知って、また頑張ろうとする。いい話でした。
 そして、地味にボイスが3人くらい追加されて驚く。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 29話。強敵との決着。
 オチはひどかったですけどね。ポルナレフの戦い方を記憶し、承太郎の戦い方を記憶した状態で、ポルナレフを操って、承太郎に襲い掛かる。承太郎をして、強敵と言わすほどの相手。その割には、オチはあっさりしたものでしたけど。勝ったと思い込んで油断したら、承太郎の腹に刺さったままオラオラで破壊され、残った刀身で攻撃しようとしたらイギーの邪魔で川底に落ちてしまったり。強敵だった割には、情けない最期でしたね。その対比が面白いんですが。逆境に陥ってからの、慌てぶりが。
 次のスタンド使いはどんな相手なのか。

・ガンダム Gのレコンギスタ
 19話。そろそろ公式ページを見ようかと思い始めるなど。
 状況は理解できるのですが、敵味方の判断がわからなくなってきましたね。正確には目的がわからない。味方だと思っていた人がG-セルフを奪おうとしたり、クレッセントシップはトワサンガの政権の意向を受けた部隊にジャックされたり。小さい範囲での、ベルリにとっての敵味方はわかるのですが、ベルリ側も含めて、何の目的で行動しているかが見えなくて困るんですよね。ベルリは、人が死ぬような戦争を、その原因となるものを、なくしたい、と思っているのはわかりますが。なんだかんだで、カーヒルとデレンセンを殺した事に罪悪感があるんでしょうね。
 しかし、G-セルフが、一部の人間にしか使えない事に、なんであれほどまでに怒りをあらわにするのだろうか。

・探偵歌劇ミルキィホームズTD
 5話。配信で確認。
 子役故に大人になる事を恐れ、必死に仕事をしている少女の誕生日を祝うために、子役を誘拐するミルキィホームズ。良い話じゃないですか。そして、誘拐した脅迫状のせいで、きっちり小衣ちゃんによって刑務所に入れられるオチ。いつものミルキィホームズでした。
 6話。歌ってみた配信。
 まさか、動画の閲覧人数を水増しするために、F5を連打していた事に気づくとは。5話もそうですが、地味にちゃんと推理していて驚きますね。とはいえ、PCのキーボードを全部F5にどうやってしたのかが気になるところ。あと、わざわざスマホにトイズを使って、通話とかしない、トイズの無駄遣いっぷりには笑いました。これこそ、ミルキィホームズですが。
 そして、フェザーズはなんだかんだで、いろんな方面で活躍しましたね。

・デュラララ!!×2承
 5話。そして、再び事件が始まる。
 今回は臨也の仕業っぽいですけどね。埼玉の暴走族とダラーズの紛争を起こしたようですし。正臣は何となく気づいて帝人に注意してましたが、今の帝人がその注意を聴くかどうか。静雄もセルティも狙われてますし。また、池袋で事件が起きそうな気配ですね。
 セルティが探す少女が重要人物になるのかな。静雄を殺そうとしてましたけど。

・DOG DAYS''
 5話。結晶鉱山。
 この世界にも、日本の四季にあたるものがあるんですね。今回は結晶がとれる山への散策と温泉。ついでに魔物退治。先週は出番のなかったシンク大活躍でしたね。魔物に囚われていた、森の精霊たる森人を魔物から救い出してましたし。勇者の面目躍如って感じでしたね。
 最後は滋養強壮の飲み物をもらって、温泉でぶっ倒れてみんなに介抱されているのをエクレが目撃して大暴れ、というオチもありましたし。エクレ、何をしていたと思ったんだろう。

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
 18話。対立。
 アンジュとジルが徹底的に対立してましたね。リベルタスのために、ドラゴンも自分の部下も、自分すらをも道具として扱おうとするジルとそれを否定するアンジュ。アンジュがドラゴンとの共同戦線を提案したことには驚きましたけど。
 全体的に、ジルが異常に追い詰められている感じがありましたね。何をそんなに焦っているのかがわからない。部下をあれだけ殺されていれば、そうもなるのかもしれませんが。とはいえ、ヒルダすら引くような状態ですし。すっかり冷静さが鳴りをひそめていて。なんか不安ですね。
 ところで、ヒルダさん、貴女、いつからアンジュを好きになったんですかね。というか、タスクに嫉妬するなよ。

・Go!プリンセスプリキュア
 2話。はるかの成長。
 プリンセスになりたい、という夢の実現のために努力するはるかが良いですね。一生懸命に努力する。ちょっと失敗して、入学式に遅刻と言う盛大なミスもやりましたけど。それのおかげで、みなみとの接点が出来、勇気を出してバレエを教わる。これもプリンセスに近づくための努力。みなみの方も、周りが自分と、近づきがたいがために、距離を置いていることに気づいているからこそ、それをものともしないはるかを気に入ってる感じですし。こういうの良いですわ。
 プリキュアとして戦うはるかを助けて、その想いの強さにドレスアップキーが応える流れも基本。敵を圧倒しているあたり、お披露目と言う感じがありますね。敵としてはプリキュアを2人も出してしまったので、大失態ですけど。
 そして、消えてしまったキュアパフューム。いったい、どこに行ったのか。プリキュアの素質がある人の下に行ったのかな。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 15話。シオンの戦い。
 クロノに台詞が全くない、という珍しい話。シオンに因縁のある相手が登場しましたね。仮面をかぶって、ファイトした挙句、負けた相手からカードを奪う。ヴァンガードファイターの風上にも置けない奴ですね。なんか、初期の頃に何か似たようなことをしていた人がいた気もしますけど。
 そして、その相手の正体がシオンの知り合いユウヤ。シオンは友達を助けるために、自分の夢を投げ捨てて、勝負を挑む。まあ、シオンが勝つのはわかってましたけどね。とはいえ、デッキから12枚もトリガーを引いた状態で勝負を挑んで勝つシオンは凄いですけど、負けるユウヤは何だったんだろう、という気分に。イカサマ使いながらどこかのかげろう使いに負けた裏ファイトの王を思い出してしまいましたね。
 ユウヤ、シオンとは決定的に考え方の違う相手ですが、今後もちょくちょく出番がありそうですし、ファイトを通してシオンと分かり合える日が来るんでしょうかね。
 次は、トコハの話かな、と思ったら、トコハの兄のマモルの話。かげろうの販促でも来るんでしょうかね。

 さて、ハンドクリームはどこのが一番効きますかね……。
 秋葉原にFF14コラボカフェであるエオルゼアカフェが開店しているので、友達と行ってきました。なんというか、テレビやパソコンがなければ、普通にFF14の中にありそうな雰囲気が良かったですわ。蛮神の名のつく飲み物も美味しかったですし。ガルーダは強敵でした。バハムートは甘かったです。その分、悪酔いしそうな気はしましたけど。飲みやすいお酒は怖い。

・新妹魔王の契約者
 4話。停戦交渉。
 なんかもう、刃更格好良いの一言に尽きますね。かつて、仲間を救うために自分の力を暴走させ、里を追われた刃更。今度はその力を使って、大切な家族である澪を救う。いや、もう、本当に、基本に忠実な流れ。これだけで満足ですし。こういうのが好きなんですよ。刃更や万理亜を気遣って、1人で敵のところに出向く澪も、怪我をした刃更を置いて1人で澪を助けに行こうとする万理亜も、そんな万理亜を諭して友に行く刃更も。これこそ、燃えるんですよね。
 仮面の男の正体が、瀧川だと刃更は気づいたうえで、停戦交渉。こういう流れは意外ですね。倒して終わり、じゃないあたりが。今後、刃更と瀧川が、どんな風に付き合っていくのかも気になりますね。
 次の話は、サブタイトルを見る限りは、エロに特化していそうな予感がします。

・アイドルマスター シンデレラガールズ
 4話。紹介回。
 一通り出てはいますが、どんなキャラかわかっていなかったので、今回が実質的な紹介回ですね。シンデレラプロジェクトのメンバーが縦横無尽に画面の中を動き回っていた印象。その中で印象的なのは、みくですね。猫耳をつけて、カメラを向ければ、いつものノリですが。要所要所で悔しさをにじませていたのが気になったので。さらに、最後にCDデビューにアーニャや美波だけでなく、卯月・凛・未央の3人も選ばれる。3人に比べれば、先輩にも関わらず、みくは置いていかれているわけです。そんな彼女の悔しさが、どう昇華されていくのか、見ていくのが楽しみですね。
 しかし、CDデビューということは、新曲が出るのかしら。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 28話。刀のスタンド。
 前回とは打って変わって、シリアスな雰囲気。今回はポルナレフが奥の手を使ってうまく撃退……したと思ったら、再び襲い掛かってくる展開でしたね。最初の相手はそこらの農家か何かの息子でしたが、刀の力かポルナレフすら苦戦。次の相手は床屋、と。刀を手にした相手を次々に支配している感じですね。しかも、誰を支配するかは自分の意思で決めているようですし。ポルナレフも承太郎も、その正体を掴めていないのが、不安なところ。ポルナレフが、刀の戦い方を承太郎達に話しているのが、突破口になればいいのですが。
 最大の不安は、ポルナレフの切り札が見切られて入る事と、ポルナレフ自身が刀に魅了されかかっていることですけどね。その点、イギーは、刀に対して敵対心を持っているのが安心しますね。ただ、人の言葉がしゃべれないから、どれだけ必死に危険性を伝えようとしても、伝わらないところが悲しいですが。いずれ、イギーの感情を、承太郎達が気づくようになるのだろうか。
 
・ガンダム Gのレコンギスタ
 18話。レイハントコードとは。
 金星に向かうクレッセントシップのエンジンルームになぜか描かれているレイハントの紋様。さらに、ベルリが持つ、レイハント家のペンダントを差し込むとエンジンがフル回転。もとはレイハント家の船だったんでしょうかね。今では、別の使われ方をされているのかもしれません。レイハントコードの入力がないと、エンジンがすぐに始動しない設定になってましたし。レイハント家の秘密がわかりそうですね。
 マスクもクリムもトワサンガも、誰も彼もがG-セルフを欲する。それぞれ別々の理由で。気がついたら、4つ巴の戦いになってますね。トワサンガ側も、命令系統が割とぐちゃぐちゃっぽいですし。敵味方がどんどんわかりにくくなってきてますわ。1回しか見てないと、そのあたり、理解しきれなくなってきましたね。
 これでもか、というくらい、ベルリが人を殺さないようにしている描写を見せるなあ。あと、戦闘はいつもどおり楽しめました。足を飛ばしてくるとか、懐かしいですね。それと、クレッセントシップを傷つけないようにする描写とか。

・探偵歌劇ミルキィホームズTD
 5話。放送中止。
 ミルキィホームズが空気を読んで放送中止とか想定外でしたね。でも、しれっと配信はするところが、ミルキィらしいというか……。配信が始まったら見ますか。

・デュラララ!!×2承
 4話。解決編。
 終わってみれば、臨也が全く絡んでいないという事件でしたね。臨也の外で物語が始まって、臨也だけハブられて終わりと言う。
 時系列がわかりにくかったですが、終わってみれば全部すっきり。ルリを運んだあとに、ルリと殺し合ったロシア人のエージェントを運んでいたみたいですし。しかも、それは折原妹がセルティを誘き出すための罠だったり。まあ、おかげで、セルティの落したお金は、これの依頼料と新羅への治療代で全部戻ってきましたけど。挙句、ルリはセルティを助けにきたり、ロシア人のエージェントは罪歌に斬られた結果、杏里を守るためにセルティに加勢したり、と。なんか、お祭り騒ぎ感があって楽しかったですね。
 しかし、危機に瀕して笑い出す帝人、臨也と対立しようとする少年。不穏な空気がだんだん漂ってくるのは、ちょっと不安ですかね。

・DOG DAYS''
 4話。では、いつも通り。
 今回からは、いつもの日常物。パスティヤージュとアデルにお礼を言うためにパスティヤージュに行ったナナミの不運。ヴァレリーが、魔王として君臨していた時に迷宮の入り口に配備していた魔物が脱走。得意技が相手の武器や防具を溶かす事。言ってしまえば、服を溶かす事。いつものお色気でしたね。最終的に結晶の力と勇者の力(シンクの代わりに最初の勇者アデルとその子孫クーでしたが)を合わせて解決。いつものノリでした。とはいえ、パスティヤージュに絡む秘密が少し見れそうですけど。アデルを召喚した人がいるわけですし。そのあたりに焦点を当てる話が出てくるんですかね。

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
 17話。帰還。
 アンジュはサラとは戦わない誓いをしたうえで、サラ達とともに帰還。サラ達はエンブリヲの罠に引っかかって、アウラを救出することは叶わず撤退することになりましたが。さらに待ち伏せしていたのは、アンジュのかつての仲間たちと言う展開。サリアはアンジュに対抗する力を与えられると聞いて、エンブリヲについた可能性はありますが、他の2人ははてさて。クリスはエンブリヲに生き返らされてますから、それが関係しそうですね。エルシャも、子供を救ってもらった恩がありますし。単純にドラゴン退治なら、今までとやる事は変わりませんし。洗脳と言うより、利害の一致で手を組んでいる感じですね。ただ、ジル達が、アルゼナルから脱出する時に、生命反応なし、といった意味が、未だに引っかかってますが。エルシャはいたはずですし、クリスは生き返っていたはずなのに。その部分が明らかになるかどうか。
 そして、アンジュ達は、モモカやヒルダ達と再会。ヒルダが、タスクに不信を抱いてる感じですが、対エンブリヲの戦線が生まれそうな雰囲気ですね。アンジュが、そう簡単に手を組むとは思いませんが。

・Go!プリンセスプリキュア
 1話。新作開始です。
 細かい部分は抜きにして、なんというか、プリキュアの1話を見たな、という感じですね。全寮制の学校に入り、新しい友達が出来て、新しい生活に心を弾ませ、謎の敵に襲われて、友達の夢が奪われて、友達のために戦おうとし、プリキュアに変身し、プリキュアの力に振り回され、それでもなんとか勝つ。一連の流れが見事としか。それでいて、CGパートが追加されているなど、今までとは違う箇所もあるのは良いですね。他の子供向けアニメでもCGパートが多用されるようになってきたので、プリキュアでも、ED以外に使い始めてきたんですかね。
 さりげなく、プリキュア候補を全員出しているのはうまいなあ。あと、なぜ、私はプリキュア5を思い出したのだろうか。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 14話。放浪のファイター、なるかみ使いタケルとの勝負。
 これだよこれ。私が見たかったヴァンガードのアニメはこれだよ。と思わせてくれましたね。久しぶりにパワー表記のあるファイトでした。それが見れただけで満足しましたね。
 話の方も、シオンがやけに注目されるクロノに劣等感めいたものを抱いたり、クロノが強いファイターと戦いたいがために大会を目指す決意をしたり。色々と転換期になってきましたね。あとは、大会に興味のないトコハが大会に出場する決意をどの段階で抱くのかも気になるところ。

 料理が1品運ばれるにつき、コースターが1枚貰えるのだが、シヴァがやたらと渡されたのは何だったんだろうか。ランダムだから仕方がないとはいえ。不思議。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。