三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。

2015/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 もうそんな季節でした。春アニメはついこの間始まったばかりだと思っていたんですけどね。いつの間に。次も色々と楽しみな作品はありますが、プリズマイリヤだけは、気を抜くと録画し忘れそうで怖いですね。なんで、あれだけ7月下旬開始なの……。

・血界戦線
 11話。ホワイトの過去。
 術士の家系でありながら、術士としての力を持っていないホワイト。その分だけ強大な力を持ったブラック。ホワイトの回想から、その対比がうまく描かれていましたね。力を持っていないことにホワイトがコンプレックスを抱いていたのなら、力を使って嫌がらせしたのに泣かなかったホワイトに負けたブラック。この対比は本当に良い。力を持つ者が持たない相手を強いと感じる場面が。そんな2人だからこそ、お互いを思いやり、お互いを救おうとする。その結果が……。
 最後の最後にホワイトには心臓がない、という設定まで明かされましたし。そのホワイトは絶望王に撃たれますし。レオも義眼の力を使わされた後は放置っぽいですし。来週だけで終わるのか不安になってきますね。
 ホワイトを撃ったのは絶望王ではなく、ブラックのような気がしてならないんですよね。
 
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
 13話。答えは……。
 何か中途半端なところで終わってしまった気分。八幡、雪乃、結衣が入試の日に3人で水族館にデート。1日付き合ったうえで、答えを出そうとする結衣。結衣の答えに、それに合わせた回答をしようとする雪乃。それを否定する八幡。雪乃が、周りに求められる人間であろうとしたために、自分の意思がないのが良くわかってしまう話ではありましたけど。同時に、反発したい人間には、その人間が求めないことを選択してるだけでしょうし。結衣も似ていますけど、絶対に引けないものをちゃんと持っていて、それを貫いたのが、八幡にお菓子をあげた場面なんでしょうね。そして、八幡は八幡で、雪乃が、好きなのかな。だからこその、あの反応か。
 そして、答えを探し始める。本物はなんなのかと足掻きながら。
 ……原作が完結してないから、こうならざるを得ないのかなあ、という感想。最後の最後にお預けを食らった気分ですね。

・魔法少女リリカルなのは ViVid
 スペシャルプログラム。
 総集編でした。これ、もともと13話やる予定だったのかな、と邪推してしまいますね。BD情報もまだないですし。何かややこしい事態が発生してるんじゃないかと、不安にもなります。こういうのは、2期の直前に放送するものなんじゃ……。大丈夫かな、2期……。

・Fate/stay night“Unlimited Blade Works” 2ndシーズン
 25話。エピローグ。
 なんだこのエピローグ。Fate本編のEDだけではなく、ロンドン編も混ぜてくるし。ルヴィアと凛の対戦も入れてくるし、ロード・エルメロイⅡ世ことウェイバーも出てきますし。何このファンサービスな最終回。最高かよ……。

・Go!プリンセスプリキュア
 21話。トワの願い。
 カナタの妹のトワの願いをディスピアが利用し、ホープキングダムを絶望のどん底に突き落とし、その絶望で持って復活した事が明かされましたね。ディスピア、なかなかの策士ですね。それでも、トワイライトの中にトワの心と想いと願いが残っている事を、ヴァイオリンの演奏から気づいたはるかによって救出。ヴァイオリンの話が、ここで伏線になっているのが良いですわ。ヴァイオリンは心を開いて弾くもの、という言葉を、カナタが実行することで、プリキュアの力+カナタの想いが合わさって、トワイライトの束縛からトワが解放される流れは美しい。
 そして、最後、はるか達を逃がして、1人残るカナタの格好良さ。死の覚悟はあっても、死ぬ気は全くない当たり、余計に格好良いですわ。なんか、最後、敵として現れそうな予感がしますけどね。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 35話。ヴァンガードファイター、新田シン。
 シンが格好良い話でした。クロノの悩みを知り、ファイトで解決するのはいつもの事ですが、むらくもを使いこなして、クロノを追い詰める戦法は流石。ギアクロニクルのバトルスタイル自体が、むらくもと相性が悪いのもありますけど。それにしたって、シンの余裕差は格好良かったです。最後は、自分を信じたクロノの勝利でしたが。その自分を信じる、という点でクロノの悩みは解決しましたけど。
 何にしろ、シンの交友関係はどうなっているのやら。クロノの父親や叔母に面識があるって……。地味に謎の人ですよね。

 色々と悩んでいる事と考えている事はあるけど、どっかで踏ん切りをつけないとなあ、と思いつつ、ずるずると……。決断って難しい。
スポンサーサイト
 サービス開始されたので、さっそくというほどの速度じゃないですが、やり始めました。ブラウザゲームと言えばブラウザゲームですが、いつも通りのサガでした。安心したと同時に、今後の難易度に不安が……容赦ないので……。

・血界戦線
 10.5話。総集編。
 レオがラジオ番組へのお悩み相談に答える形での総集編でしたね。OPやCM、挿入歌、EDの入り方まで実にラジオ番組。さらに、この作品世界を構成する設定を今一度説明してくれたのはありがたいですね。見てはいても、理解しきってない部分はありますし。クライマックスの直前だからこそ、この総集編は良かったですわ。残り2話、どう決着をつけるのか。
 それにしても、ザップの扱いには笑いますね。
 
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
 12話。バレンタインの話。
 気が付いたら、劇中時間が2年生の終わりに近いんですね。来年は受験だからこそ、今年のバレンタインで好きな人にチョコを食べて欲しいという女の子の想い。それを解決する話でしたね。隼人に食べさせたい、というのもありますし、戸部も食べれましたし。そして、八幡にも。川崎や一色も、どうにも、八幡を意識している雰囲気ありますし。地味に好かれてますよね、八幡。一色は一色で、生徒会長が板についてきましたし。意外とよい人選だったんですね。
 そんな風に、何もかもうまくいっている状況を引っ掻き回す役割が陽乃、という話。何が目的なんだ、この人は。

・魔法少女リリカルなのは ViVid
 12話。幕間。
 2クールやると思っていたので、ここで終わるとは思いませんでしたね。ルーテシアのバトル、そのルーテシアのライバルになりそうな魔女の登場。アインハルトとジークの邂逅。次の戦いに向けての練習を始めるヴィヴィオ、リオ、ミウラ、ハリーと見せてきての終わり。分割2クールだったんですね。なんというか、今からいいところなのに、お預けをくらった気分ですね。しばしのインターバルと言ってましたが、後半はいつ始まるのやら。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 48話。旅路の終わり。
 いい最終回でした。ジョセフの血を吸って調子に乗るDIO。力を増したDIOの隙を見出して反撃に成功する承太郎。なんというか、なんというか、とても良かった、としか書けませんね。声優の演技も含めて最高でした。劇中のDIOのセリフじゃないですが、見ている時のテンションは間違いなく、最高にハイってやつですわ。
 悪口を言い合いながら別れる承太郎とジョセフとポルナレフも良い仲間でした。1期2期合わせて通算1年。いい物語でした。

・ハイスクールD×D BorN
 12話。流石一誠。
 一誠に任せておけば安心、というのは今回も変わらずでした。リアスに攻撃できないところは一誠らしいですが、一誠の声がリアスに届いて、リアスが正気に戻る。覇龍の欠片から生まれた一誠の偽者も、新たな力を得た一誠が撃破。順当だからこそ、良い流れ。満足ですわ。何があっても、一誠がリアスを殴る場面とか見たくないですからね。
 そして、オチは、冥界で人気の一誠。実はおっぱいドラゴンという愛称で子供に人気だったという話。しかも、おっぱいドラゴンの歌まである。作ったの、アザゼルとかサーゼクスなのがひどい。しかも、それがそのままEDという流れは最高でしたね。このノリなら4期も期待してしまいますわ。

・Fate/stay night“Unlimited Blade Works” 2ndシーズン
 24話。最高か……。
 借り物の理想。借り物の魔力。借り物の技。それで本物に挑む士郎の生き様。やっぱり、無限の剣製の詠唱は士郎のが好きですわ。我が生涯に意味は不要ず、と言ってしまえるところが。最後のアーチャーの笑顔も素敵でしたね。
 つまり、最高でした。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 34話。バミューダ販促回。
 ブースターが発売されたばっかりですしね。とはいうものの、母親の影から離れようともがくアイドルと兄の影から必死に抜け出そうとしているトコハの対比が素晴らしかった。兄の手伝いから、アイドル自身を助けるためにがんばるトコハが良かったですわ。巻き込まれるクロノとシオンは災難だったかもしれませんけど。最後はファイトをするところで終わりでしたが。せっかくだから、ファイトも見たかったですね。
 そして、最後に明かされるクロノの父親失踪の秘密。ヴァンガードが原因で失踪って、どういう事なんですかね。そして、それ以上に、来週はシンさんがファイトと思うと。楽しみで仕方ないですね。

 インペリアルサガに課金するかしないか。課金すると難易度が下がってしまう問題点が……。
 登録だけして放置していたグランブルーファンタジーを始めてしまうなど。思っていたより面倒ではなかったですね。キャンペーンやなんやで貯まっていたガチャチケでSSR出したのが原動力になっているのは間違いないですけど。

・血界戦線
 10話。昼飯探し。
 レオがぶっ壊れるのは初めて見ましたね。変な宗教に目覚めそうでしたし。ザップの嫌がらせに動じないツェットのスルースキルには驚き。それくらいなければ、あの師匠にはついていけないのかな、と思ってしまいますが。そして、そんなアホなことやってる中でも、裏の方では色々と動きがあったみたいですし。結界の一部が壊されたようですし。やったのは、絶望王なんですかね。その絶望王はホワイトを利用して、レオの神々の義眼を奪おうとし始めましたし。どうなるのか。頼みのザップはマグロにあたって日帰り入院中ですし。
 このクライマックスで次は総集編か。血界戦線の総集編だから、ただの総集編じゃなさそうなので楽しみ。
 
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
 11話。羽山隼人の話。
 期待に応え続ける隼人をめぐる、周りの人間の話でしたね。三浦にしろ、雪乃にしろ、八幡にしろ、隼人という人間がどういうものか、完全に見極められていなかったように見えますね。雪乃の姉、陽乃だけはわかっていたみたいですけど。いつもながら、不気味な人ですわ。
 隼人と八幡はそりが合わないからこそ、隼人は八幡に本音をいえる気がするな。唯一、期待に応える必要のない相手だから。ただ、期待に応えるために、自分では何も選ばない人生は哀しすぎるんじゃないですかね、隼人……。

・魔法少女リリカルなのは ViVid
 11話。コロナVSアインハルト。
 負けはしましたが、コロナ……いや、コロナを応援するオットーが素敵でした。コロナの最後の切り札である、自分をゴーレムとして操る技を否定した上で、そんな技を使わなくてもコロナは強い、と断言してくれるあたり。コロナの、みんなに必死について行こうとする弱い自分を強く見せるための技を否定して、みんなと同じくらいに強い、と言ってくれたわけですからね。コロナの覚悟も良いけど、それ以上に、オットーの応援が良かったですわ。あの応援があったから、コロナは大切なものを見失わずに済んだ気がしますね。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 47話。承太郎の反撃。
 DIOのびびりっぷりにひたすらに笑う話でしたね。時を止める能力を使って、承太郎相手に優勢に立ったり、ポルナレフの攻撃を防ぎきったりと強者としてあばれてはいるのですが、要所要所で妙に変なミスをしている感じですね。実際、承太郎との読みあいに負けている感じでもありますが。さらに、承太郎も一瞬とは言え、時を止め始めているので、油断はできない状態ですし。ただ、正直、DIOも時を止める事に固執せずに、普通に殴り合いをやれば、勝てると思うんですけどね。なんでそれをやらないのかが不思議。

・ハイスクールD×D BorN
 11話。リアス救出作戦。
 割とあっさりとヴァーリが助けてくれたのが意外。でも、当然と言えば当然の気がしますね。強くなった一誠と戦いたいがために、一誠を強くしようとする、ライバルキャラの王道を突き進んでいてくれますね。そんなヴァーリの力を借りて、リアスの下に。そして、そのリアスとの戦い。大切な、大好きなリアス相手の戦い。一誠が泣きながらバランスブレイカーの力を解放するのが印象的でしたね。一誠の辛さが伝わってきますわ。
 でも、まあ、一誠ならリアスを救出するのがわかるので、安心できますね。

・Fate/stay night“Unlimited Blade Works” 2ndシーズン
 23話。最終決戦の始まり。
 セイバーVSアサシンは燃えますね。互いに時間の無い者同士の決戦。急がなくてはいけないセイバーと、ある意味でこの戦いをいつまでも続けたいアサシン。アサシンの戦いへの想いを聴き、騎士道精神に乗っ取り、風王結界を解放し、聖剣エクスカリバーの刀身を見せたうえで燕返しを破るセイバーってのがまた良いですわ。騎士と剣士の正々堂々の勝負。見ていて気持ち良いんですよね。
 士郎とギルガメッシュに関しては、ギルガメッシュの外道っぷりが最高です。しかも、アニメオリジナルでギルガメッシュを器にしようとする聖杯に乖離剣を使う場面付き。なんだこれ、最高か。
 来週は士郎の無限の剣製。次回も最高か、しか言えなくなりそうですわ。

・Go!プリンセスプリキュア
 20話。4つ目のパフュームの秘密。
 パフュームが4つある理由が明かされましたね。先代のプリンセスプリキュアが、来るべき次の戦いのために、より強大になる闇の力の対策のために作っていたものなんですね。それがトワイライトの手の下にあり、ディスピアの力によって闇色に歪められたのはなんという皮肉。しかも、トワイライトは、カナタの妹のトワのようですし。ディスピアにさらわれて記憶を改竄されて闇のプリンセスにされたようですね。逆に言えば、完全に味方になるフラグですけど。
 それにしても、カナタが、はるかにとっての白馬の王子様をやりきっているのは素敵ですね。ここまで徹底的にやってくれるので、ギャグに見えず、ちゃんと燃える。
 カナタは彼方。トワは永遠かな。それがトワイライト(黄昏)とは。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 33話。クロノVSシオン。
 ヴァンガードを辞める宣言をしたシオン相手にクロノとトコハが奮闘する話。シオンの苦労を見た上で、クロノはシオンにヴァンガードを続けさせようとするわけで。シオンがヴァンガードを辞める、と言ってる本当の理由に感づいていたからなんでしょうね。実際、その通りのわけで。ヴァンガードを辞めたかったわけではなく、ヴァンガードで負けたことを認められなかっただけ。そこから逃げるためにヴァンガードを辞めようとした。それをクロノに指摘される。良い流れですね。というか、クロノがそこまでシオンを見ていたことが良いですわ。そして、クロノとシオンのファイトはシオンの勝利。クロノに勝って、無邪気に喜ぶシオンは印象的でしたね。
 ファイトに負けた悔しさを糧に、シオンがヴァンガードに向き合う。本当、トライスリーはいいチームですわ。トコハがヴァンガードを辞めるって言い出さなきゃいいですけど。まあ、次はバミューダの販促ですから、その辺は気にせず見れそうですけど。

 とはいえ、やり始めるものもあれば、気が付くと辞めていってるものもあるわけで。する時間を減っているものもありますし。束縛時間はあまり変わってないのかもしれません。
 人生で一度はやってみたいことの一つ。この前、ついに実現できましたわ。蕎麦屋で酒を飲んで、肴を食って、最後にうまい蕎麦で締める。日本酒もおいしいのが揃っているのがさらに良い。こういう店は多いので、他にも行ってみたいですね。昼間から飲むのもありですけど。その場合、料理が揃ってなかったりするんですよね。

・血界戦線
 9話。新キャラ追加。
 吸血鬼退治も佳境に。ザップの師匠や弟弟子と共同作戦。ライブラの力の見せ場ですね。ザップが師匠の考えを読んで、しっかり対処したところは流石と。ただのクズな人じゃなかったな、と。そして、師匠に置いて行かれた、ザップの弟弟子にあたるツェットさんが可哀そうでした。Zの長い一日のZって、ツェットの頭文字だったんですね。
 その裏では、絶望王が動き出す。レオの神々の義眼を奪うためにホワイトを利用。兄の肉体を取り戻すためには言う事を聞かなければならず。ある意味、レオと同じで、レオ以上に苦しい立場にいるんですね、ホワイトは。それをどう打開するのか。最終話が近いのを嫌でも意識させてくれますね。
 
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
 10話。クリスマス会は無事終了。
 やはり、八幡・雪乃・結衣の3人が揃うと盤石ですね。一色もとうとう覚悟を決めて動き出しましたし。おかげで、生徒会もうまくいきそうな雰囲気でしたし。澱んでいたものが、一気に洗い流された感じですね。
 と、一段落と思ったら、雪乃の家族の事で一悶着の予感。しかも、雪乃の誕生日プレゼントを結衣と八幡が二人っきりで買いに来ていたかのように、陽乃には言われますし。それを聞いて、動揺する雪乃。なんか、変な三角関係が生まれていそうで怖いですね。特にそれをわかっていて、場をかき乱そうとする陽乃が。

・魔法少女リリカルなのは ViVid
 10話。シャンテVS雷帝。
 前半はシャンテの優位性を見せつつも、後半ではそれを粉砕する雷帝の強さ。ある意味、シャンテがかませ犬になっている、シャンテが好きな身としては哀しい話。なんだかんだで、シャッハや教会のために頑張っているのが良いんですね、シャンテ。悪戯好きだけど、恩人に対する感謝の気持ちは大きいのが。とはいえ、雷帝に勝つには力不足だったわけで。シャンテが強くなる姿、強くなった姿をいずれは見てみたいですね。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 46話。DIOのスタンド能力。
 花京院が命と引き換えに暴きましたね……。そして、DIOに追われながらも、承太郎に必死に伝えるジョセフ。徹頭徹尾、DIOの強敵感を現し続けてくれました。時を止める敵相手にどうやって勝つんだ、と。ジョセフの波紋も不発に終わりましたし。むしろ、勢いでジョセフに攻撃せず、波紋を見切ったDIOも凄いのですが。その唯一吸血鬼を倒せる波紋使いのジョセフが倒された今、DIOにどうやって勝つのやら。
 しかし、余裕が出てきたからと言って、自分のスタンド能力を堂々とばらしちゃうのか、DIOは……。

・ハイスクールD×D BorN
 10話。一誠復活。
 アーシアの能力で一誠も無事に復活。ロキの呪いの影響だったみたいですね、一誠の暴走は。それ故に、危うく命まで落としそうになりましたが。そして、その呪いは次はリアスに。なかなか一段落させてくれませんね。アーシアの次はリアス、と一誠には試練が続く感じ。それを乗り越えられる主人公とわかっているので、安心はできますけど。今回は、リアスを救うためにヴァーリに会う気ですし。必要とあらば、敵にだって会う事をためらわないのが、一誠の良いところですね。

・Fate/stay night“Unlimited Blade Works” 2ndシーズン
 22話。幕間。
 最終戦に向けての最終作戦会議。士郎が凛に魔術回路を移植してもらったり、セイバーが士郎の家を見返したり。ゆったりとした時間が流れていましたね。そして、凛がメインヒロインとして文句なしの可愛さを発揮してました。凛可愛い。
 しかし、龍洞寺に攻め入るというのに、すっかり忘れられているアサシン……。キャスターを倒したから、消えているとみなされてるんでしょうね。

・Go!プリンセスプリキュア
 19話。宝探し。
 寮内イベント、宝探し。第二回と書いてあったので、第一回もあったんでしょうね。そして、宝探しのヒントを出すのが寮母の白金さんだったり。意外とノリの良い方ですね。宝探しを通じて、大切なものを見つけて貰ったり、普段一緒にいない人と一緒に行動することで交流を深めたりして欲しいんでしょうね。実際、はるか、みなみ、きららが別々の人と組んで行動する流れが良かったですわ。いつもの3人以外にもちゃんとなじみ始めているのが良いですね。こういう描写があるのが好きなので。
 トワイライトもトワイライトで、はるか達が宝探しをしている間に、プリキュアが使うプリンセスパフュームを発見。これはトワイライトが仲間になるフラグか何かかと勘ぐってしまいますね。カナタに妹がいる、という話も出てきましたし。この妹がトワイライトなら可能性はありますし。面白くなってきましたわ。
 シャットが、トワイライトの笑顔を取り戻す為にプリキュアに挑むのは良いですわ。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 32話。夏の始まり。
 クロノがトコハとシオンを励ますために必死になってましたね。天気も悪い中、海に連れて行き、釣りやらバーベキューやらあの手この手で奮闘してましたね。初期の頃のクロノを思い起こすと、柄じゃないどころか、全くの別人のようですね。知らず知らずのうちに、クロノもヴァンガードを通して、変化していったわけですね。その変化が見える話でしたわ。
 ところが、そんなクロノの想いをむなしく、シオンがヴァンガードを辞める宣言。クロノが海に連れ出した時は、シオンもあんなに楽しそうに遊んでいたというのに。何が理由なのか。何にしろ、面倒くさいですね、このチーム。

 日本酒、もう家では飲まずに、店で飲んだ方が良い気がしてきた。
 今月後半から忙しくなるので、その前に息抜きと思って有給を取ったのですが、何をするか決めていないと、本当にやることが思いつかなくて、手持無沙汰になりますね。そして、いざ寝る前に、やっておきたいことを思い出す展開。

・血界戦線
 8話。ザップの師匠登場。
 吸血鬼とタイマンで戦えるザップの師匠登場。吸血鬼との戦闘が良い見せ方でした。それ以上に笑ったのはザップのクズみたいな生活でしたけど。ファストフードの店員に一目ぼれしたからって、チキンばっかり食って太ったり、本命の店員にはストーカー扱いくらったり。最高のクズでしたね。そのくせ、女が絡むと、尋常じゃない集中力を発揮して、ほぼ無力化されたとはいえ、吸血鬼相手にとどめを刺してますし。強いんだか弱いんだか、イマイチわかりにくい人ですね。
 それにしても、クラウスすら恐れないザップが、あそこまで恐れるザップの師匠は何者なのか。
 
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
 9話。遊園地デート。
 奉仕部+隼人の仲間+一色の大所帯ですが。何気に年間パスポート持ってる雪乃には驚きましたが。隠してはいるけど、好きなものは好きなんですね。遊園地の方は、奉仕部の仲が元に戻った事がうまく表現されていて、安心しましたね。全体の雰囲気のぎこちなさが払しょくされて、見ていて安心しました。前回の話で八幡が本音を言ったように、今回は雪乃が「困った時は助けてくれ」と八幡に言うなど、本当に、ちゃんと仲間になってきた感じが良いですわ。
 とはいえ、一色が隼人に告白して振られたり。ただでさえ会議は進まないのに、さらに問題が山積みされてしまった感じはありますね。それでも、奉仕部3人が盤石なら、何も気にならないのが不思議ですが。

・魔法少女リリカルなのは ViVid
 9話。ミウラVSミカヤ。
 原作を読んだ時はミカヤの敗北にショックを受けていた記憶がありますね。それだけ、ミカヤに感情移入していたわけですが。逆に、ミカヤが勝ったら勝ったらで、ミウラの敗北にショックを受けたんでしょうけど。短い尺の間に、ミカヤやミウラの戦う理由をしっかりと提示して、そこに秘める想いを丁寧に描いてくれた証拠なんでしょうね。
 バトルの方は、流石のアニメ。バトルシーンは動く方が映えますね。動きに夢中になっていたら、気が付いたら話が終わってましたわ。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編
 45話。ラストバトル開始。
 DIOの圧倒的強さと恐ろしさが徹底的に表現されてましたね。ポルナレフ達の理解を超えたスタンド能力による攻撃。さらにジョセフ達を追うためだけに、歩道の人間を轢き殺させたり。圧倒的なラスボスとしての存在感でしたね。この強敵とどう戦うのか、と思いきや、花京院がわずか一戦闘でDIOのスタンドの行動範囲や攻撃方法を見極める始末。もしかして、DIO戦は花京院の知恵に助けられたところが大きい……?

・ハイスクールD×D BorN
 9話。ヴァーリ格好良い。
 ヴァーリのライバルキャラとしてのポジションが最高ですね。アーシアを失って暴走した一誠が、黒幕を倒すだけでなく、リアスをはじめとした仲間にまで危害を加えかねないところに、登場。朱乃や小猫の頼みもあったとはいえ、一誠を止めるためにリアスに手を貸してくれる流れは最高ですわ。ライバルはやっぱりこうでないといけませんね。だからこそ燃える。ヴァーリの助力もあって、アーシアは見つかるわ、一誠は元に戻るわ、と無事に大団円。良かった良かった、と思ったら、今度は一誠が倒れる。なかなか落ち着かせてくれない展開に驚きですわ。

・Fate/stay night“Unlimited Blade Works” 2ndシーズン
 21話。決着。
 感無量過ぎて言葉が出てこないですね。士郎とアーチャーの決着。ギルガメッシュの陰謀。30分の間に見事に詰め込まれてましたわ。アーチャーの生き様、士郎の決意。それに真っ向からぶつかるギルガメッシュの野望。これで、ギルガメッシュが最後の敵として存在する事が明示されましたし。物語も終わりなんだなあ、と思うと無性に哀しくなってきますね。
 それにしても、慎二の顔芸は最高でした。わかっていたけど、予想以上で笑えました。

・Go!プリンセスプリキュア
 18話。キュアフローラVSトワイライト。
 とうとう部下任せではなく、自ら動き出したトワイライト。闇のドレスアップキーの力を使い、プリキュア達を追い詰めるところは流石のライバルポジション。それに負けないキュアフローラも流石主人公。いい対立構造です。そのあたりは、互いのプリンセスのイメージにも関わってきますね。生まれながらに高貴な者だからこそ、高貴であろうとするトワイライト。プリンセスになるために高貴になろうとするはるか。どちらも正しいんですよね。だからこそ、その対立が映えるわけで。これがどう決着するか楽しみですわ。
 そして、はるかの愛読している絵本の作家が学園長というオチ。はるか、学園長の顔を知らなかったのか、という驚きですね。というか、似たような構図を5でも見た気がしますね。こういうの好きですけど。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 31話。シオンの敗北。
 シオンがファイトで負けたというより、相手の話術に屈した感じでしたけど。最後はトリガー運に見放された部分もありますけどね。正直、予想通りなので驚きません。ただ、トコハともかく、シオンは妙に追い詰められたところがあるので、不安は残ってますけどね。とはいえ、クロノが全く諦めていないところは安心できますけど。この辺は、前の主人公に比べて頼もしいですわ。クロノがいる限り大丈夫、という安心感が生まれてきましたね。
 そして、来週は海で合宿か。Twitterで言われて気づいたけど、恒例の展開ですね。

 ブログ、アップしたと思ったらアップし忘れる始末……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。