三月 秀嵐の日記っぽいもの

気が向いた時に、気のむくままに書きまくる乱文集。 あくまで日記っぽいもの。

2015/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 うだうだ悩んでましたが、今回更新分で、定期更新は終了です。書くことが重荷になり、そのために見るアニメの量を調整するのは間違ってますからね。そういうわけで、今回で終わりという事に。今までおつきあい、ありがとうございました。

・空戦魔導士候補生の教官
 2話。裏切り者の意味が明らかに。
 まさか期待を裏切る、という意味での裏切り者だとは思いませんでしたね。とはいえ、一部の仲間は、カナタが空を飛べなくなっている事を知っていそうですけど。実際、今回の話でも空を魔法で飛んでませんしね。
 ついでに、主人公最強は予想してましたが、ヒロイン勢も問題はあるもののそこそこ強いとは思いませんでした。これは良い番狂わせ。ただ、カナタは無意識に更衣室に入ったりする癖はどうにかした方が良いと思います。

・ケイオスドラゴン 赤竜戦役
 3話。今回は犠牲なし。意外。
 赤竜調査開始。今回は、調査隊のメンバーがどんな人間なのかに焦点を当てた感じ。スワローも過去に色々あった感じですが、ローの方はさらに不明な点が多い感じですね。実際、自分の武器を殿下と呼んでいるのが不可解ですし。しかもその武器には魅了の効果付き。なんか怖いですね。

・アクエリオンロゴス
 3話。新キャラ登場。
 OPには散々登場していた金髪少女の登場ですね。ついでに、今回の敵は「夢」という話。親の夢を子供に託す歪さを描きつつ、アクエリオンを通して、その親の夢を乗り越える流れ。ありがちですけど、それ故に良い流れでしたね。アクエリオンらしさと、陽らしさが現していました。母親が自分の過ちに気付くのも含めて。
 アクエリオン搭乗のヒロインの中で、1人だけ焦点が当たっていないのがいるが、次の話は彼女がメインになるのかな。

・うしおととら
 3話。絵に棲む鬼。
 妻と教え子に裏切られた画家の憎悪の結晶でしたね。家族が離れ離れになるのが辛いのか、娘が自分から離れてい行くのが怖いのか、どっちかはわからないままでしたが、娘を束縛する妖怪。結局、潮ととらと幼馴染によって、その娘は父親の呪縛から解き放たれましたが。同時に父親も憎悪から解き放たれる。良い話でしたわ。これも王道ですね。
 そして、どんなにピンチになってもとらに助けを求めない潮が良かったですわ。結局、とらの方が先に折れるんですよね。これは良い関係ですわ。

・アイドルマスター シンデレラガールズ 2ND SEASON
 14話。プロデューサーがストーカーにあう話。
 終わってみれば、まゆがプロデューサーに、まゆの担当プロデューサーの誕生日を聞きたがっていただけですけど。そのストーカーをだしにシンデレラプロジェクトのメンバーが奮闘する話。なかなか楽しかったです。その裏で、色々と動き出しましたけど。凛が加蓮や奈緒と出会ったり、李衣菜が夏樹と出会ったり。さらにシンデレラプロジェクトの解散も発表されましたし。後半が始まって早々問題発生ですね。これからどうなるのやら。まあ、ゲームのユニットが作られていく気がしますけどね。

・デュラララ!!×2転
 15話。赤林の話。
 裏稼業の住人とはいえ、ひたすらに赤林が格好良い話でしたね。しかも、過去の話とはいえ、罪歌の束縛に耐えてますし。何者だよ、赤林。
 そんな赤林だからこそ、若者には昼と夜の境目をきっちりつけて、夜の世界に入ってこないことを願ってるあたりは大人ですね。しかし、そんな想いと裏腹に夜の世界に片足を踏み入れてしまっているのが杏里なのですが。世の中、思い通りにいかないのが悲しいですわ、今回ばかりは。
 さて、平和島の話かな。なかなか帝人の話になりませんね。

・戦姫絶唱シンフォギアGX
 3話。世界を破壊する力を転用したアルカノイズの前に敗北を喫するシンフォギア奏者。
 最強を誇ったはずのシンフォギア奏者が、新たな敵の前に敗北するという基本に忠実な展開。こういう展開は好きですわ。しかも、了子(フィーネ)がいないため、破壊されたギアの修復もできず。適合率の関係から切歌達は頼りに出来ず。戦えるのは響だけ、というのもまた。しかも、その響はいざ戦闘となった瞬間、歌えないという状況。ひたすらにピンチが押し迫ってきますね。常に続きを気にさせるこの手法、本当、好きですわ。来週が待ち遠しい。
 しかし、いきなりビーフストロガノフの歌が流れるとは思いませんでしたね。この辺のコメディを忘れないところも好きです。

・Go!プリンセスプリキュア
 24話。トワの学園生活。
 ホープキンダムのプリンセスであることを隠す気がない、というか、隠さなければならないことを理解していないトワの浮世離れっぷりと、それをフォローするきららのドタバタ劇の感じでしたね。かと思えば、きららが、夢のために邁進していたり、トワが今の生活に慣れるために、自分なりに頑張っていたり、と。どこをとっても1つの話を作れそうなテーマがちりばめられていた印象。そんなきららとトワが仲良くなって、プリキュアに変身してからは合体攻撃でゼツボーグを圧倒するのは良いですね。なんだかんだで、きららの面倒見の良さも見れる良い話でした。こうやって、トワが少しずつ、この世界と寮生活と学校生活に慣れていくのかな、と思うと、次回も楽しみになってきますね。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 38話。決戦、神崎支部長。
 支部長は強かったですね。トライスリーの3人相手に神崎支部長が同時に勝負。トライスリーは己の思いのたけをぶつけるものの、神崎支部長には届かず。代わりに、神崎支部長がひたすらに強さを求める理由だけは明示されましたが。何者かに負けたのが、その原動力。神崎支部長を負かした相手が気になるところですね。ギアクロニクル使いっぽいですけど。そして、神崎支部長が作ろうとしているものがなんなのか、不明な部分もありますしね。そのあたり、少しずつ明らかにしていくんですかね。
 今回は負けましたが、いずれは、クロノ、トコハ、シオンとそれぞれ決着をつけるべき相手と決着をつける展開になるんでしょうね。クロノの前に立ちはだかるのが、神崎支部長か伊吹か、どっちか気になるところですが。

 一応、定期更新はやめますが、映画の感想等不定期更新は続けていく予定。とはいえ、映画感想もだいぶ止まってますけどね……。
スポンサーサイト
 楽しみにしていたアニメの最終回が延びるとなんかね。何が一番怖いかって、忘れる事ですね。ネット配信だと本当に忘れた事があったので(俺妹2期)。地上波で放送されると信じます。むしろ、延期するなら、残り1話じゃなくて2話でもいいんですけどね。1時間スペシャルとか。

・血界戦線
 特別番組。とりあえず、最終話は期待してます。どうせなら、2話くらいしちゃっていいんですよ!
 
・空戦魔導士候補生の教官
 第1話。原作未読。
 地上は謎の生命体によって滅ぼされ、空中に浮かぶ都市で生活をしている感じですね。しかも、空にも敵は出てくるみたいですし。空中版鋼殻のレギオスっぽいですね。アバンを見る限り、主人公カナタは最強ランクの空戦魔導士だったみたいですが、OPでは乗り物に乗っている事から、空を飛べなくなっているみたいですね。裏切り者呼ばわりされている事と何か関係があるのか、気になるところ。
 そして、ヒロイン。教え子たちは、かなりの落ちこぼれ。そんな彼女たちをどう鍛え上げるのかが見どころになるのかな。

・ケイオスドラゴン 赤竜戦役
 2話。展開がきつい。
 マシロを殺したことを、カイに予想通り責められてましたね。しかし、今度は、敵に襲われた孤児院を救うために、そのカイの命を奪う事に。しかも、イブキが手をかけたのではなく、イブキが何もしなかったがために殺され、それをイブキが見殺しにした。つまり、イブキが殺した、という認定方法で。どこまでも、嫌らしくイブキに襲いかかる赤の竜のと契約ですね。今後、どれだけの大切な人の命を犠牲にしていくのか、不安でいっぱいですわ。

・アクエリオンロゴス
 2話。舞亜がメインの話。
 英才教育を受けてきて、外の世界を実体験していなかった舞亜が、掃除のおばちゃんと交流することで、考え方に幅が出てくるのは良いですね。最初は大義のためなら犠牲は仕方がない、という考えだったのに、文字化けのせいで、おばちゃんたちが苦しんでいるのを見て、文字化け自体は否定し始めているのがいいですね。それでも、理想は捨てていないので、ディーバからは逃げようとしますし。しかし、監視目的で残ることに。主人公の陽もそうですが、舞亜の方も人とのふれあいでどう変わっていくのか、楽しみになってきました。

・うしおととら
 2話。妖怪石喰い。
 とらの妖気に惹かれて、次々と強力な妖怪が集まっているみたいですね。妖怪が暴れると獣の槍が教えてくれますけど。とはいえ、授業中とかに抜け出すことになるのは大変そうですね。
 今回は、他人を優先し続ける潮にとらがちょっとばかり心を揺らされているところが良かったですね。何事も自分を優先し続けてきたであろうとらにとっては、潮の行動は理解不可能なものなんでしょうね。その潮の行動が、とらに影響を与えていっているのが良いですわ。
 そして、持ち主の危機に応える獣の槍も良いですわ。持っていなくても、念じれば来る、というのは、その性能だけでもかなりの強さになりますからね。手に取れば超人になるわけですし。

・デュラララ!!×2転
 14話。話数継続形式でしたね。
 臨也が刺されたその日の池袋での話。メインは矢霧波江と張間美香でしたね。お互いに誠二を愛し、誠二のために動く女性2人。両方とも愛が重くて怖かったですけど。波江は前々からでしたけど、美香の方は、誠二の周りにいる人を調べ上げてますし。盗聴器を準備し、忍び込んでセットしている。下手したら、臨也以上に情報を握っている可能性があるかもしれませんね。しかも、デュラハンの首を手に入れたらそれを食べる気でしたし。一番狂っているのかもしれません。そんな美香を受け入れられている誠二も凄いですけど。

・戦姫絶唱シンフォギアGX
 2話。始まってきました。
 謎の敵の正体は錬金術師。なぜに襲いかかってくるのかが不明ですが、翼やクリスでも苦戦するレベル。しかも、ノイズを呼び出し、そのノイズはギアを破壊する力を持つ。慣れた相手だからこそ、急に強敵になるのは怖いですね。錬金術師だけでも強いのに。しかも、ノイズがいると司令が出撃できませんからね。2期までで充分強くなった、と思わせたところで、さらなる強敵の登場と最強キャラの出動不可条件満たしたりと、相変わらず一筋縄ではいきませんわ。これは楽しくなってきそう。
 物語の背景に甘んじてきた響の両親の話も絡んできそうですし、3期になってさらに加速していってますね、この作品。

・Go!プリンセスプリキュア
 23話。トワの想い。
 自分の罪を考えすぎていて、楽しむ事をやめようとするトワ。そのトワが、ホープキングダムを取り戻して、罪を償う事と今の生活を楽しむ事を両立させるまで決意する話でしたね。自分の罪を認めながらも、自分1人では何もできない自分を悔やみ、そのうえで、ちゃんと仲間に手伝ってくれ、という一連の流れ。コメディ要素が強いですけど、この世界の交通ルールを知らない(この世界の事を何も知らない)、住む場所もない、お金もない、という一連の流れで、自分の弱さを思い知らせているところも良いですね。
 その後、かつて自分がゼツボーグにした、自動作家の望月と出会い。年長者からのアドバイス。そして、再びゼツボーグにされて救い出す。ロックの言葉に追い詰められますが、それを文字通り断ち切ってくれるキュアフローラをはじめとした仲間。綺麗に纏まっていましたね。敵だった相手が仲間になるためには、この手の話は必須ですもんね。今回も期待通りでした。
 しかし、学園長、みなみでも知らなかったって、入学式とかどうしてるんだろうか。挨拶しないんだろうか。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 37話。潜入、ユナサン支部。
 ユナサン支部に違和感を覚えた3人が潜入。勘違いした警備員に、別々のフロアに案内されてしまいましたが、当人たちは無事に目当ての相手と再会できているので運は良かったですね。そして、シオンはユウヤとのファイト。
 いや、なんというか、ユウヤがきっちり小物っぷりを見せてくれて満足ですね。シオンには、ファイト中にダメージを受けると電流が走るようにしつつ、自分にはその設定をしない。途中で出力を上げる。という嫌がらせっぷりをしながら、最後はきっちりシオンに負けてるあたり。いや、本当、完璧な小物でした。どうでもいいけど、味方を犠牲にして戦うシャドパラえげつねぇ、ユナサン支部の人が言っていたけど、それ、前々からなのに今更何を言ってるんだこの人たち、という気分になったのは秘密。
 とうとうクロノが伊吹の名前を知ったし、また物語が動きそうな予感。というか、もう神崎支部長とファイトするのが意外。クロノ、負けるのかな……?

 いい加減、決断しないとなあ。
 さて、新作アニメが始まる時期です。今期も良作にあたって嬉しい悲鳴ですわ。デレマスの2期も始まりますし。とりあえず、今のところ、ケイオスドラゴンとうしおととらとシンフォギアが良い感じ。

・ケイオスドラゴン 赤竜戦役
 1話。今期の新アニメ。原作になるであろうレッドドラゴンは未読。
 亡国の王子が主役の物語ですね。他国に攻め込まれ、奪われた国を取り戻す為の戦い。最初は王があるから戦争が起こると嫌っていたのに、そんなものは関係なく戦争が追いかけてきて、覚悟を決める流れ。何より、島の守り神である赤の竜と王族との契約で、何かを得るために、対価が必要。今回は死にかかった仲間を救うために契約したのに、その仲間を殺すという救いのない流れ。これがあって、主人公イブキが覚悟を決めるわけですが。ただ、今後、赤の竜の力を使うたびに仲間を失っていくのかと思うと怖いものがありますね。
 意味ありげな登場人物も次々に登場してきましたし、今後の展開と赤の竜と黒の竜との関係など、楽しみが尽きませんわ。

・創勢のアクエリオンEVOL
 アクエリオンロゴス放映記念でのOVA。アクエリオンのキャラとEVOLのキャラ総出演。
 アポロとカグラのぶつかり合いや、シルヴィアと出会うアマタなど、面白い組み合わせが見れましたね。特に、出会うと喧嘩にしかならないアポロとカグラ。流石、同じ存在。
 全体としてはわけがわかりませんでしたが、これがアクエリオンなんだなあ、と思ったので満足と言えば満足です。EVOLでは幸せになれなかった2人が、別の世界では結ばれて幸せになるところが特に。

・アクエリオンロゴス
 1話。というわけで新シリーズです。
 なんとなくとっつきにくい感じがしてますね。漢字だけにとかそういう話ではないですが。何がとっつきにくいかというと、主人公の陽の性格ですけど。救世主になる、という決意とともに生きているようですが。そこに妙なひっかかりを覚えてしまって。常に冷めているというか、機械めいて見えるというか。とはいえ、そんな陽がアクエリオンと出会う事で、救世主になりながら、人間としてどう変わっていくかは楽しみですね。
 今回の敵は漢字を破壊する事で、その漢字が持っていた意味を破壊する相手。対するディーバは、その相手から逃げ出した組織。おかげで、ディーバ側のベクターと敵側のベクターでも合体が出来るわけですが。おかげで、ヒロインを敵側からさらうというちょっと想定外の展開に。しかも、アクエリオンは二機合体。このあたり含めて、どういう物語になっていくのか楽しみですわ。

・うしおととら
 1話。原作未読。
 実は原作は読んでいないんですよね。設定を見る限り、完全に私の好みなんですけど。妖怪を倒す為だけに作られた獣の槍と、その槍で封じられていた妖怪とらとその槍を引き抜きとらの封印を解いてしまった潮のコンビが妖怪退治をするわけですかね。人と妖怪が、お互いの目的のために手を組んで、妖怪退治をするのはいいですね。とらが潮を殺して逃げ出そうと考えていたり、潮が槍でとらを脅して使役していたりする、この関係性が良いですわ。
 これは見て正解でしたわ。

・デュラララ!!×2転
 2期の2期、実質3期の開始ですね。また、OPで前回までのストーリーを確認しながら、キャラ名を覚える作業が始まります。
 今回のメインは臨也。刺された直後で終わってましたが、無事に生きてましたね。相手に殺す気がなかったわけですけど。そして、そんな臨也の命を狙ってきたのが自殺志願者だった1人。話としてはだいぶ前の話なので、なんかほとんど記憶にないですね。言われてみればそんな話もあったなあ、という印象。そんな死にたがりの彼女が、自分を殺しに来たことが臨也はいたく気に入ったようで。ある意味、臨也が臨也らしさを取り戻した感じですね。
 次回以降は、臨也が入院していた1日に、池袋で起きた出来事が空かされるみたいですね。一部の人にとっては平穏な日だが、他の人にとってはどうだったのか。

・戦姫絶唱シンフォギアGX
 期待の3期。シンフォギアだった!
 これ以上の感想はもういらない。細かい事は公式サイト見るか、来週にならないとどうせわからないし。

・Go!プリンセスプリキュア
 23話。キュアスカーレット覚醒。
 トワが自分の罪と向き合い、その罪を贖う事を決意する話。その結実がキュアスカーレットへの変身。ディスピアに襲われて、絶望にさいなまれて、それでも消えない想いがあった。それでも負けられない想いがあった。トワとはるか、それぞれがカナタから受け取った想いが、ヴァイオリンの演奏を通して繋がるのが良いですね。ヴァイオリンを習うという話、トワイライトがヴァイオリンを弾いていた事、全部伏線になって、ここに繋がっているのが綺麗ですわ。
 来週はトワが、学校生活、というか、この世界に慣れる話になるのかな。

・CARDFIGHT!! ヴァンガードG
 36話。ユナサン支部での大会。
 ユナサン支部の狙いがいまいちつかめなくて不気味ですね。ユナサン支部以外の人とは大会に賭ける意気込みが違いますし。しかも、負けたら、いつぞやの奴みたいに強制連行。かつてクロノがティーチングファイトした相手タイヨウもその支部の影響を受けてしまってますし。クロノの使うギアクロニクルへの対策を徹底的に立ててきますし。クロノにしては珍しく劣勢でしたが、先週手に入れた新カードのおかげで逆転勝ち。正直、負けるんじゃないかと思いましたが、ちゃんと勝つあたり流石ですわ。
 タイヨウに対ギアクロニクル訓練をさせたのは伊吹。カムイがファイトを通して見た限り、伊吹は悪いやつではないはずなのですが。何を考えているのか、わからないから信じにくいですね。

 空戦魔道士、久しぶりにファンタジア文庫原作の全く知らない作者のアニメ見るが、どんな感じだろうか。ちょっと不安。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。